000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

詩誌AVENUE【アヴェニュー】~大通りを歩こう~

全8件 (8件中 1-8件目)

1

バイクトライアル

2016年02月18日
XML
カテゴリ:バイクトライアル
                イラスト:おいもとバイクさん
                ツイッター:おいもとバイク @fishkanpai

                詩&刻字:塚元寛一さん
                ツイッター:びいふじゃあきい・かもめ @kamome7440






90 sakana-05 原画-1.jpg



『魚』


夜の夢にすてられた
恋人の声は月の光

It abandoned the dream of the night
Light of the lover's voice month





 









最終更新日  2016年02月18日 21時00分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年01月24日
カテゴリ:バイクトライアル
                イラスト:おいもとバイクさん
                ツイッター:おいもとバイク @fishkanpai

                詩&刻字:塚元寛一さん
                ツイッター:びいふじゃあきい・かもめ @kamome7440






90 sakana-04 原画-1.jpg



『きいろい魚』


ももももももも。
ももももも。

ふくれあがり。
もりあがり。

とろんとした眼を、
開けたり閉じたりしながら、
空飛ぶじゅうたんやかぼちゃの馬車、


すてっぷ。
とらっぷ。
いんすたんとふぃっしゅ。


ぷっぷく、ぷくぷく、
ぷくぷくぷ。

現実世界のなかで、
不思議が進行するタイプの、
でぃすいずまいわーるど。

ジョジョーです。
むせるようなゲンジツの匂いです。


シンゾオをダァしなサァい。


うぃんたーぱすてる。
のすたるじあふぁんふぁーれ。
まじっくはんどせんちめんたる。

しづかにゆるやかにふしぎないきもののおよぎ。

れいはいどうのよる。
いぶくろにのこったくものすなよる。

ももももももも。
ももももも。

れでぃ
いいいいいいい!

電子機器があふれている時代、
きいろい魚はプラカアドを持って泳ぎます。




 









最終更新日  2016年01月24日 08時47分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年12月15日
カテゴリ:バイクトライアル
                イラスト:おいもとバイクさん
                ツイッター:おいもとバイク @fishkanpai

                詩&加工:塚元寛一さん
                ツイッター:びいふじゃあきい・かもめ @kamome7440






30 sakana-001-2.jpg



しるし。
風船になった
、泡。

蝶のように
駆け昇る―――。

・・・・・・とくとくとく
・・・・・・心臓は

追いつけ
、ない、
とまど
、い。



 









最終更新日  2015年12月15日 07時24分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年11月29日
カテゴリ:バイクトライアル
                イラスト:おいもとバイクさん
                ツイッター:おいもとバイク @fishkanpai

                詩&加工:塚元寛一さん
                ツイッター:びいふじゃあきい・かもめ @kamome7440






30 sakana-02-1.jpg



I was a fish


手を伸ばせば、すぐに手の中に入りそうな錯覚すら覚える。
わたしは魚だった。
そういうあなたも魚だった。
何枚かあった写真はどれも褪色をはじめていて、
ある写真は赤い色だけが強く残り、
また別の写真はブルーが強く残った。
魚の跳ねる音。
波が打ち寄せる音。
堂々とした隊列で遊弋し、
交尾期をやり過ごし、
水中から月と星の夜空を仰いだ。
透明な水に月と星が踊った。
エーテルの中に光り浮ぶ。
鰭。姿。憂鬱な紋々は、
弥陀の来迎を仰ぐような歓喜の面をかがやかして無言にじっと、
もっと水の深い、日当たりのいいところ。
朝の光を跨いでいたことにさえ気づかぬほど見とれた。
かくて空気は鳥の住処、春の嵐。
見ると、いつの間に近寄った、
あなたはもうどこかへと消えうせてしまったあとで、
わたしは溺れることもできず、高貴な魅力に緊張した顔は、
このまま泳ぎ続けることもできず、空気を離れて、
しかし、泳ぐのを完全にやめてしまうこともできず。
空気が混って融けている水の中。
奈落へふり落とされていくような、
刻々激しさを加えていく鳴動を聞いた。
それが、滅び。
それが、ほろび。
百合の根をはがすように一枚一枚むいて行く、
宇宙の暗いさみしさ、灰と塵が舞い踊りながら、泥くれとなる、
化石となる、夢となる、何物でもなくなる。
わたしは魚だった。
あなたも、多分、魚だった。





If you reach out your hand, ready-to-learn even likely illusion enter in the hands.
I was a fish.
Such you was also fish.
Any some photos had photos have started fading,
Some photos remaining only red color is strong,
Another photo Blue remained strong.
Sound bouncing fish.
sound waves lapping.
Is Yuyoku in dignified procession,
The mating season is Yarisugoshi,
I've looked up the night sky of the moon and stars from the water.
The moon and the stars danced in the clear water.
It floats light into the ether.
fin. Appearance. Melancholy crest people are,
Staring in silence by shininess the face of joy, such as seek raigō of Amida,
More deep water, sunny good place.
I was fascinated enough to unaware even that was across the morning light.
Nuclei air of bird habitat, spring storm.
If you look, we were approached unawares,
After you've got vanished into another somewhere,
I can not also be drowning, strained face to noble charm,
You can not be able to continue swimming this state, off the air,
However, it can not also be altogether stopped to swim.
in water with air is melting I mixed.
Such as go dropped pretending to hell,
We heard the sounds that go well every moment the intensity.
It is, perish.
It is, perish.
Go peeled one by one so as to peel off the lily roots,
Space dark lonely is, dancing dance is ash and dust, the mud me,
It is fossil, it is a dream, it is no longer even in nothing.
I was a fish.
You also, perhaps, was the fish.













最終更新日  2015年11月29日 20時05分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年11月02日
カテゴリ:バイクトライアル
                イラスト:おいもとバイクさん
                ツイッター:おいもとバイク @fishkanpai

                詩&加工:塚元寛一さん
                ツイッター:びいふじゃあきい・かもめ @kamome7440






30 sakana-001-2.jpg




魚のように口をぱくぱくと動かした
It moves it PacPac the mouth like a fish


透明で目に見えない時間という水は、
さまざまの複雑な偶然の中の一つ。
言葉ではうまく表現できない感覚として、
驚くほど鮮明に胸の中でゆらめいている。
それは、網にかかった魚のように浮かんでいた。
海の底で何百年も生きてきた魚のような目をして、
その楽旨が自分のうちに踊っているのを感じていた。
祝福でも呪詛でも、と、僕は思った。
それを縛る力をもって、規定航路となる。
そしてそれは避けようがなくなった時、
呼吸ができなくなる。
それでも、ゆったりと水のなかにたゆたう気配。
暗視能力、透明化や迷彩――。
僕には、そういう力が備わっている。
そのまま、ふたたび水にもぐる魚のように、
群衆の中にとけこんでゆく。
帰らないという誓約をしたであろう、
都市の騒音の中でも、
僕は海の音を聞き分けることができる。
海はいつのまに、
こんなに強く目の前にあったのだろう。
時間は、僕等を、
両棲類か爬虫頚にしたであろうか?
それとも、霊長類は、
それぞれの中の別のものになったのだろうか。
でも、都市の中にいると、僕は時折、
魚の顔をした奴に出くわす。
ねえ、いつまでも黙りこくって動かない、ベンチの前で、
君も、海の音を聞いているのだろうか?











最終更新日  2015年11月02日 16時08分51秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年08月15日
カテゴリ:バイクトライアル
詩:ハァモニィベルさん

詩:塚元寛一さん
びいふじゃあきい・かもめ





【特に風通しの悪い言語ゲーム】
      ハァモニィベル

1 ひどい降りかたの雨の下にいた。収穫がみな吹き飛ばされた荒野にも似た世界で
2 眼の前に訪れた〈し〉のすべてが数でしかなかった。「史」思」氏」死」「詩「」飼」
3 レンジから弁当を取り出すわが子よ、思い出しておくれ。アルハズの光る骨のこと。
4 渇きの嵐が胸を砂ボコリで一杯にした深夜、めざめると不眠の雑種犬が舌を垂れる
5 〈真昼の球体〉は4角い鉄柵に囲われ、コツッ、コツッ、と誰かが叩く音が聴こえた
6 誰ひとり目撃されない者達が、えて勝手な論証と和讃を投げ合っている世界の子守唄
7 出発した駅の名前は、もはや誰もが覚えていない
8 見知らぬ景色は、灼熱の風と、季節を負う家族の背中
9 皮膚が地に貼りついて叫んでいた顔こそがまったく顔ではなかった事例
10 「集団で鰯になったことがある」と、そう言ったのはソーセージを頬張る彼女
11 偏食した双生児のように、そぞろ歩く僧侶と二人凍ったまま
12 夏の夜、四畳半のアパートは孤独の爆心地で、嗚呼、「空が剥がれ」ていく
13 焼けてしまった〈紫の脳髄〉に夢を、静かに吊るしていたのに疲れはじめて
14 その部屋を出る。稲妻のない丘を降りるように。玄関の小さな靴を履いて
15 湖から、夏の門の燃える眩暈へ、執着の・・・
16 火の街の静寂が漂う終着の駅まで。玄関の小さな靴を履いて

                  
     《
時代はフヤケにまみれた腸(はらわた)の続巻を吐いて

17  わたしは、私ではない。わたしですらない。ふりをしていても。―と
17-2 さわらないことで確かめ合うさわりかたの法則 [触/障]。にふれて
17-3 遮断機の上がらない踏切の向こう側。並んだ沈黙の総和が出血する。
18 比喩のスピードが、旋回した脳の外側に膨らむとかならず
18-2 ただの好ききらいを断定するTシャツの批評家がノックする
18-3 目の前の部屋には入れず。が」部屋ですらなし。ただ窓なき「儀式」の事例
・・・
・・・

・・・
21今日もまるで出ないペンのようだ。心に何も描かない。ネット投稿詩を見たいち読者の〈し〉。





                      BT3 30 gi01a201503170100.jpg




【赤い彗星シャアと見せかけたパンティーへの国会議事堂プレイ】
                          塚元寛一

    1 雨 


   雨は固有な性格に分かれた拍子と韻律である。先入見からの推論はこ

  うだ。舞踊や笛吹きや立琴弾きの音楽がつくりだした悲劇と喜劇のため

  の演劇的作用である。詩的定式乃至様式が揺れ動くカーテンのように火

  の消えた夜の息を無常のうちに伝え、われわれはそこに幽霊を見、挙句

  ドッペルゲンガーを目撃したと一瞬のうちにすみやかなる混乱をして、

  夢の中のように自分が何処にいるのか一体全体判らなくなってしまう。

  そのために槍は必要であり、これは竹槍である。真っ直ぐに咽喉に突き

  つけるのだが、ドンキーホーテの風車よろしく異常な好奇の賜物として

  の狂気は硝子のように割れてしまう。やがて割れた破片は、狂奔な追従

  へはしらせ混沌へと邪悪なメビウス-再現される在りし日の磔刑へと追い

  やられるであろう。また構成的・生産的な技術は、動物的な部分として

  説明される。君は被害者ではなく、加害者である。けだし、典型は卓越し、

  蓋然的な要素を一切持ち合わせるものではない。一つ逃れたところで同じ、

  すぐまた次の過ちを犯すのが習い。だから君は言うのだ、変身、と。


    2 赤


   血まみれの追剥がやって来る。その時、詩作、思索という行為は憂慮す

  べき嗜欲と言えよう。精神の中の若干の不定が煽情的な発明へと模範的な

  多様性、全体性を否定しながら同時進行する。またこのふるえおののくべ

  き複雑な彩の感得は、燃え残った焚き火に末期的様相をいだいたものにし

  か訪れえない。これはのろまな黒い牛が、尻尾をちぎられ、猛突進してく
  
  るようなものである。暴走。否、元々角砂糖を積んだような積み木細工の

  当然の帰結である。そしてこれは都会の宙ぶらりんの凧における八本の足

  をつけたいという滑稽な妄想のようなものであろう。しかしそれが殺人的

  な光の骨組をつくり、鯨が潮を吐く。可能だが俄かには信じ難いもの、信

  じ難いが不可能だと盲信する者によって解体される。秋の日のヰ"オロン

  のためいき。この時、トロイの木馬は生まれ、夢魔のかたまりは一斉に増

  殖活動をはじめる。そのような時、旅人と呼ぶ節もあるが、宇宙的な溶接

  機のために一体化する交差点の浮游感覚とでもいうべきエロイムエッサイ

  ムであろう。ボルトとネジを見てみよ、弁証論における反駁のようにパー

  ルハーバーの夜景を、すべてのもの――あるいはより多くのものを含むも

  のを・・。そしてそれは裸のランチと呼ばれ、またの名を厚顔無恥と言い、

  節操がない。しかし巨大な空洞のふりをしたがる者にはよい目晦ましであ

  る。最後には喀血し、必ずと言っていいほど死にたいと口にする。


    3 技術

       アルス
   君には『技術』が欠けていると、如何なる知識を持っていようとも、口
             ア ヌス
  にしてはいけない。『尻穴』が欠けている、と法螺吹きな海豚たちは、自

  らが海の藻屑、悪魔の手先であるがゆえに豚となったがゆえにオーヴンへ

  とオープン・ザ・ドアし、その人工的な熱や気魄を持つことで逆説的にみ

  じめに熱弁をする。愚か者よ、焼けた火箸を背中にあてて何を刺青してい

  るのだね。爪を剥がしてあげようか、血の涙を流させてあげようか。彼等
               バルス
  は逆上する。何を隠そう、『破壊呪文』だからである。毒々しい傷跡よ、

  闇に涵った漆塗りの街にかぶれて悶えながら、帆のようにはためくことな

  く無様にそよ風ごときに吹き飛ばされる風船たち、否、アリスよ! おお、

  アマリリスよ、なんて君は身の程知らずのお馬鹿さんなんだろう!


    4 犬


   題材に対して歪んだ鼻の犬になることが多い。困ると、猫の鳴き声をす

  る。これは古びた羅紗の衣類のようにすりきれた魂の深い谷底の清澄なる
  きょうおん
  跫音のせいかもしれぬ。一切が光晴、田村のように気負い過ぎであり、そ

  のまた一切が絶望的な呼吸困難である。まるで廃墟となった孤島のコンク

  リート建造物的な印象が、卵の黄身のように崩れ出す時、それゆえに彼等

  は曖昧模糊ないしは軽妙洒脱なものにすがらなくてはいけない。時間と風

  と光の世界。しかしその高速度撮影はしかしながら、スローモーションで

  なければならないという制約があるのだが、カメレオンの舌では巻きとれ

  ない。蓄音器は巻くだけであり、それは針金を頭に巻いているだけのアブ

  ない野郎です。お陀仏! しかし冷静になれ、そこには純粋な脱帽がある。

  帽子を脱ぐと首ももげる。もはやその時、トカゲと呼ばない者がいないの

  が許される範囲内ことだからであるらしいと煙に巻くしかない。月にホエ

  ール・ウォッチング! 右手に、恐竜の卵に見せかけた段ボールの箱!


    5 球体


   遠く山々を照らしだし、きけきけ、わだづみの声、これは双生児として

  の月の妖しげな誘い、ルナティックという魔の悪意にみちた歪なる輝き。

  仏教では球体を瞑想の景象のように扱い、たとえばそれは紋章との一致を

  も可能にする。大丈夫、困ったらフリーメーソンを出しておけばセピア色

  のゆるやかな連中は座礁したまま動かなくなる。陰謀! そんな陰 毛!

  しかし御存知ないのかね、かの仏教徒たちが小川のまるい石を拾いながら、

  揺曳する飛沫の帳に石を投げてはヘヘヘン、どうでえ、していたように、

  それは一つの女性的なとある部位のごむまりであった。古き時代からドメ

  スティックバイオレンスの芽が脈々と編まれていたのである。そして詩は

  この歴史をあたかも正史のように取扱い、黄金虫する。放埓、非行、不良、

  そして美人を見るたびに毒蛇の叱声を浴びたがごとく、孤独なマトリック

  ス-それも一つのイナバウアーをする。そして賢治にとりあえず石を投げ

  るだろう。投げろ、投げろ、それがお前の林檎だぞ、脳味噌だぞ。


    6 仮面


   仮面劇は運命の悪夢のように、いつの日にか、訪れ来る生の終りにも似

  た秋の歌を聴かせる。この淫乱というほかない多情は繊細であり、羞恥に

  よる紅潮をもユゴーの意匠であり、ヴァレリーの鬱屈した不安定な精神の

  妄想によって炸裂する。騙りの構造。いわば個性という知的対応物には価

  値の迅速な変換が特別な想像力の中でおこなわれるので、ダンテ・アリギ

  エリのように天空までぶっ飛んでゆかなくてはいけない蝶のように! 男

  色ごときで、自分の師をさもえらそうに地獄の底で見つけ出さなくてはな

  らない。そのような時、僕は呟く。おお、地球儀よ踊れ、そして銀河に踊

  れ、ご都合主義の青い靴、くねくねと大きく身をくねらせて真っ逆さまの

  イカロスよ。お前は羽根じゃない、大地にうずくまり懺悔しな、この蛇野

  郎。蒲焼にされて犬の餌になる前に何とかいいな! 月を失踪させ、火星

  を血に染まったぼろ布に変え、水星をヒドラへと変えながら、このめちゃ

  くちゃな回収不可能な詩ですらまだ仮面という一つの言い訳をして。


    7 駅


   われわれが駅について思う時、それはあらゆる種類の再生が海であるよ
  
  うに、その幸福をもたらす旅としてある種の悔恨と純度の高さを説明する
             ヴェール
  だろう。万華鏡よ、その紗は街燈のようなお飾り、しかし文明の腐りきっ

  た幻想と言い捨てるにはまだ早い、しかしそれは拷問、拘束、檻、息苦し

  さ、家畜、愛玩動物としてただちに共犯者的なよろこびを見出すだろう。

  そしてキセルをし、そしてただちに掏摸をし、ただちに女のスカートへと

  右手を突っ込む。それが特異で説明し難い詩人の本質の一つであることは

  疑いがないので、詩人は駅でよく、サラリーマンですと答える。そうでな
   
  ければ脱糞する、嘔吐する、よくわからない? 何故だね、彼等は駅とい

  うものの正体を誰よりもよく知っている、自分自身だとね。
  
 







最終更新日  2015年08月16日 21時46分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年07月25日
カテゴリ:バイクトライアル
※メビウスリング詩人会勉強会より
2015年5月(テーマ【画像とのコラボ詩】)における
投稿作品1篇と、(勉強会外の)AVENUE依頼の画像。



                     写真素材:kororin(茜)さん
                     ツイッター:kororin(茜) @kororin19600510
                     写真加工:とよよんさん
                     ツイッター:とよよん @to_yo_yo_n

                     詩:るるりらさん
                     るるりらの流支(るーしー)







これからは
花になった 君のために歌を
こころの続く限り歌を謳おう
旅立ちの日の黎明を謳おう


  有るがままに
  生きようとするなら
  かえって 見失うことばかり



     BT2 65.png


  木蓮は
  無いがままに 
  燈(ひ)を灯す
  裸の枝々に 花を開く

  聴くと 太古 動物たちが初めて陸に上った日も
  咲いていたのかもしれない花だという 
  ならばそれは未踏のリズム
  はじけるように花ひらく


               『蜜林廟』




















最終更新日  2015年07月25日 10時24分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年06月01日
カテゴリ:バイクトライアル
詩:黒髪さん
ツイッター:黒髪の雑草 @weedishair

写真:LUPIN☆さん
ツイッター:LUPIN☆ @LUPIN97057353








                  鬼が睨んでる

                  鳥のように震えている女の子

                  僕は一生懸命だった

                  呼ぶように空いっぱいにあった雲の中に


                 【 鬼の海岸 】
BT1.jpg


隠された秘密を知ろうとしている
知らなくて知ろうとしない
それが完全であるからと君は言う

不一致だな君と僕の一対は
許してくれるかい天の中にお住まいの方よ


許されざる公園で
閉鎖中の公園で
引き裂かれない
でも何かに流される
工事現場に砂を捨てて
鬼の顔がいつまでも思い出される
仏の顔に変わってくれ

君と僕だったね
砂を捨てたのは









※メビウスリング詩人会2015年5月勉強会投稿作品の詩






最終更新日  2015年06月03日 07時25分59秒
コメント(0) | コメントを書く

全8件 (8件中 1-8件目)

1

PR

カレンダー

サイド自由欄


  Art詩スライドショー

  作へ

  注目作へ
   紫苑1~水原紫苑の歌によせて
     新たなイラストの扉がいま開かれた!




    詩誌AVENUEの 掲示板

    詩誌AVENUEの 私書箱

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

塚元寛一のお部屋★


創刊に向けて


コラボ詩の心得


顔文字詩


『ふろいど』のために


311


オリジナル意訳詩


TITANのお部屋★


『ふろいど』


動物さんたち 1


動物さんたち 2


作家の部屋★


poet 塚元寛一さん


poet 田中宏輔さん


poet 香鳴裕人さん


artist 羊谷知嘉さん


poet samleさん


reviewer 澤あづささん


poet NORANEKOさん


poet 天野行雄さん


poet 黒木アンさん


poet はかいしさん


poet 紅魚。さん


poet しぇりーいすちゃん


poet 泡沫恋歌さん


e-shi トラ太郎さん


e-shi 黒沙鐶ミイカさん


e-shi コマさん


artist ホングウ セラさん


reviewer 藤一紀さん


reviewer 水野英一さん


poet メビウスリング詩人会勉強会


poet 僻猫さん


artist 美々婆々さん


poet カニエ・ナハさん


ミュージシャンのお部屋★


hiroyuki


森 ミキ


編集室★


ブックマーク★


Home


room 1 企画


room 2


box 1 ✔


box 2 ✔


box 3 ✔


box 4 ✔


box 5


pro1 陽気なこまどり


pro2 coffee


pro3 花のやうに


pro4


pro5 


PBook 1


PBook 2


PBook 3


PBook 4


PBook 5 ✔✔


PBook 6


PBook 7


PBook 8


PBook 9


PBook 10


PBook 11


PBook 12


PBook 13 ✔


PBook 14


PBook 15


長編詩投稿サイト


日本人 カモメ7440


水深九十八メートルの夜



月舞の宴 (コメント付)


1~71行詩


今日の写真詩:詩文by塚元寛一


No.1


作品


十一次元の詩人たちへ


青いレモン


『青いレモン』の前駆詩


古井戸の底に浮かぶ


オリジナル意訳1    by塚元寛一


オリジナル意訳2


オリジナル意訳3


オリジナル意訳4


オ意ロートレアモン1


オ意ロートレアモン2


オ意ロートレアモン3


オ意ロートレアモン4


オ意ロートレアモン5


写真詩詩文控え1   by 塚元寛一


写真詩詩文控え2


写真詩詩文控え3


写真詩詩文控え4


写真詩詩文控え5


写真詩詩文控え6


ひろやすさん写真詩詩文控え1 by 塚元寛一


ひろやすさん詩文控2


ひろやすさん詩文控3


ひろやすさん詩文控4


ひろやすさん詩文控5


wa!ひろさん写真詩詩文控え1 by 塚元寛一


wa!ひろさん詩文控2


wa!ひろさん詩文控3


wa!ひろさん詩文控4


イラスト詩文控え1  by 塚元寛一


イラスト詩詩文控2


イラスト詩詩文控3



Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.