000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

詩誌AVENUE【アヴェニュー】~大通りを歩こう~

全9件 (9件中 1-9件目)

1

紹介

2012年02月18日
XML
カテゴリ:紹介

  2




    批評 後篇 ぴえーる・ど・はと(^◇^)


4さくひんしょうかい4.jpg*挿絵だよ


 ・・・しかしイズチャン、君はいつまでたっても少女のままだ。そこにPoemがあり、君の-Ism

がある。古今東西の原始的宗教が必ず音楽ー動物の鳴き声ー言語の発明-あるいはテレパシ

ーにまで遡ることができるように、君はそれにおける無垢や、純粋をイメージさせる素質。

処女性としての詩作品として評価できるプレアデス星団。
 、、、
 それは予言的なものを彫刻や、絵画に置き換える作業としての、-ゆがめられたもの。・・・
 
 万有は完全ではないがゆえに、一個の芸術たりえる。永遠の真理の閃き。・・

 ――いま社会は低迷期であり、高齢化を内向化であるというが、・・時代は超高齢層、年金

、より深い暗闇へといざない、いざなう内に臆病にもし、不安にもし、保守的傍観者の年寄

りにする。そしてその時、人は開花・結実するものにまったく無頓着でありえる。それが希

望を胚胎するものであると同時に、まぼろしの花[ロマンチックな時代の徒花]であるから、

だ。だがとりあえず、少女は、ハーゲンダッツのバニラを食べながらまったく健やかな想像

の所在をあかるくし、独自性。閉鎖的な一点に碇を下ろす作業、メルヘンによって、ひとつ

の進歩をはじめている。これを小学生的な頭の柔らかさで。

 男性は漢字が多い、女性はひらがなが多い、男文字、女文字というように。

 ・・・それはまったく赤毛のアン的であり、鏡の国のアリス的である。そしてその詩作品は、

少女が夢を見る、ということの、閉鎖的な精神構造をあきらかにし、悪い向きでは精神病理

の解離的な。よい向きでは、少女は詩人であるため、その羅列は空間の生成にあてられ、台

所からいつのまにか消えた冷蔵庫や、電子レンジ、包丁、そのほんの少しの舞台を想起させ

る。確かに、その詩語は狭い。だが、おかっぱ頭の少女=ちびまる子ちゃんと言うことはで

きるだろう。

 君はラジオ体操をする。ピクニックをするというところの利点。たとえば、無理をしな

い、きちんとしたストーリーをつくりながらあてはめていける。推敲ができる。そこにおい

ていささかの滑稽を含みつつ、そこに失われた少女性の確かな痕跡を見ることができる。そ

れゆえの定型詩、情念を常に孕みやすい媒体、手法なのだ。作品のイメージから看破すれば

、現代の童謡詩人のまったくあたらしい姿として認知されよう。最低、金子みすゞは現代に

生きてはいない。また君は空間をデザイニングするところの、時代の利を獲、イメージの体

系的形式、作品の文法的なくびきを得、君が創造するところの不変の様式を得た。

 君らも評価せよ、今後一切それがイズチャン的になるだろう。・・・

 秩序やリズムはすべて、少女の少女がための少女の歌を完成させる。そしてそれを真実か

らもっとも遠い幸福の記憶、と訳そう。そこには痛みらしい痛みはない。最低、痛みをつく

るための関節や、筋肉、でなければ骨でもいい。そういったものが欠如し、さもなければ溶

解している。だが、ぼくは時折思うのだ。ネットを散策しながら詩を読んでいると、多くの

者が、自分の痛みを訴える。情念の音量はエスカレートしていき、とうとう人の顔を醜く歪

め、すでに芸術でなく、すでに詩でなく、たんに愚痴のように見える不幸のおめでたい話だ

というのが。これを死へと向かうと言わずして何と言おう。イメージの死。希望のない現状
 、、、、 
。それなら、はじめから痛みなどなければいい。

 イズチャンは、痛みというのを、おおくの詩に込めていないように見受けられる。これは

天凛の可愛い性格、妹的なと置き換えてもいいのかも知れない。しかし、そこにおいて、き

みは”妖精の女王”なのである。少女は好きな時に想像しては妖精になり、兎になり、たま

に人に戻ったりする。コーヒーカップの黒い液体に陽が射して、「砂金がある」と錯覚する

ように、夜、君は君のように、やさしい絵本をめくりたくなる人の心を承知し、銀色の粉を

ぱらぱらやりはじめる。妖精は夜を明るくすることを感知し、みずからの美しい声をナイチ

ンゲールから、たとえば季節外れのうぐいすのようにする。
    、、、、、、、、、、、、、、、
 ・・・それは彼女が妖精の女王だからだ。

 いつか君をシェリー的だと言ったことがあるが、段々と作風が変化し、どう説明しようか

と迷っていたけれど、たぶん、君は創造するという時代の、夜の天使でいていい。最低、君

の詩語は昼や、朝を想像させるものではない。でもそれは牧歌的な、童話的な性質によるも

のだろう。多くの人のチャンネルの接続とはすこし違う。しかしそれもまた君の魅力だ。

 妖精は夜にいて、そしてこの妖精はみずから、籠の中にはいる。

 もし君がそこから都会の哀愁を感じるというのなら、君はこの詩人のファンの一人なのだ

ろう。そう、我々はあまりにも、多くの童話をメディアの情報操作、さながら報道規制とい

わざるをえない偏執的な見方によって、多くのことを歪めてしまった。しかしそれは致し方
        、、
ないことだ。ただ、ここに情報の入らない場所が、神話のようにある。


  × × ×


   ――終わりだよ(^◇^) 最後に、はとから、
 
    スペシャル俳句を送ります。


   ・・・・・・・・・と こ ろ で

  コメントがこんなに寄せられました *自作自演だよ(^◇^)


       K原りょう(?)・・おお、すでに俳句ですらない。

    N井ますみ(?)・・・おお、はと!公園へ行かなくていいの?

     T元寛一(?)・・・おお、なんだかよくわからんコメント載せてる。

      マメール編集長(?)・・・おお、俳句的奇跡!(俳句わかんないけど・・)

  G代詩部長(?)・・・クオリティーの低い自作自演。

        痔と思想(?)・・・ああ、ケツいてえ。

     マメイカ(?)・・・ちょめちょめえ!ちょめちょめえ!

       キョウフダック(?)・・・わあ、馬鹿なことしてるなあー。

   金田一フォーラム(?)・・・はんにんは、はとだあ(^◇^)

     糞楽極道(?)・・・ノーコメントで。糞ポエムの典型。てか、俳句か(笑)

  100万部売ったと豪語するB芸社(?)・・・オーイエ、あなた何型ですか?

    S庁舎(?)・・・すばらしい出来栄え――とは、うーん、うーん。

  

   皆さん、ありがとー、自作自演です(^◇^)

   みんなに愛されて、とうとう豆のごはんのかわりができました!

    ・・マイクロパトロンになってください。クリエイター支援してください。

     ・・・愛されてブランドになります。(注、自作自演のシナリオです。

   ――では では はとの作品を見て下さい(^◇^)


     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    :: 気管内チューブは光合成する             ::
    ::  酸素マスクと静脈ルート確保       ::
    ::ムキシツ ナ シンゴウオン ノ ムレ::
     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::


     ・・・俳句じゃない(-"-)

       ・・・じゃあ、川柳だ(^◇^)


     ・・・というか、五七五ですらない(-"-)

       ・・・じゃあ、自由律だ(^◇^)

     ・・・なめてるか(-"-)

       ・・・はと、いぬじゃないよ(^◇^)











AVENUEロゴs10






最終更新日  2015年08月04日 15時29分36秒
コメント(0) | コメントを書く

カテゴリ:紹介
  1


4さくひんしょうかい1.jpgピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!

まもなく、AVENUE線

いずちゃん号twilight行きが、参ります。あぶないですから、

虹色のとりたてて赤っぽい線の内側までお下がりください。

退れって言ってんだこの馬鹿野郎

この、いずちゃん号は回転ドア、たぶん百万両です。

ホームの、KAMOME寄りには止まりません。

この、列車は、葛原駅手前で、後ろ百万石、切り離しとなります。


 ≪作品紹介 No.6≫

――――――――――――――――――――――――――― 
husiginoizumi:今日のポエム(736) 顔文字詩「チックルトックル」
―――――――――――――――――――――――――――
Last updated December 24, 2010 18:14:06
―――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――――
    絵本の、
―――――――――――――――――――――――――――
    おしゃべり二頭 メェ~◎(*(x)*)◎ ◎(*(x)*)◎メェ~
―――――――――――――――――――――――――――
    まきばの噂話。(以下略)
―――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――――
        URL http://plaza.rakuten.co.jp/iz1114/diary/201012240000/
―――――――――――――――――――――――――――
        click on the OK button OK
―――――――――――――――――――――――――――
        make or write a comment on?
―――――――――――――――――――――――――――


4さくひんしょうかい2.jpgピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!ピンポン!!

        「さあ、サイクリングに出掛けようよ」

      「サイクリングに出掛けよう」

     サイクリングでありえない無力感を手に入れよう


      
*オウムだよ


  批評 前篇 ぴえーる・ど・はと(^◇^)


4さくひんしょうかい3.jpg
                                                             *挿絵だよ


            ママレード
 この作品はいずちゃんの名作として数えられるでしょう。モダニズムのオルゴール的暗示

と、擬音との融合、ならびに顔文字との衝突する前衛性――それはおそろしくCoolなヴェラ

ンダへ着地。それはたとえば詩が相容れないもの(心臓マッサージ、人工呼吸器)によって

、美を得る。“ように”相容れないものの残滓、蒸留できなかった願望、悔恨のまだ生々し

い傷は、木や草や土、きわめて定型詩的な韻律を含む、古い型の詩人の性質を語っています

。ジャム、マルチパン、カスタード!

 おおドナルドダック、・・・ぼくは君にいささかのペンギンの歩き方思う。すこし、融通の

きかない詩語ドクターコール知りつつ、・・・それを世界へのアンチョビ的否定。おおデニッシ

ュペストリー受難者の自覚。おお、生地はクロワッサン。その個性のあり方には、特殊な関

係性の想像力、我田引水的な、童話や絵本(による、)衝撃や純粋な歓びが、夢の記述さま

ざまな記号によってあたらしく創造されており、それは血筋・教育・訓練のあとの遠足リク

エーション。仮にそれが今後百年残らないものであるとしても、百年チーズバーガー食べる

男、ポテト可?――それは文学を志すもの、批評する側の者なら誰しも知っていることだ。

つまりそれだけポエマーの言葉は多様化ー粗製乱造ー百花繚乱。

 そしてげんに、このテクストを産みだす過程においてもアイディアは優先され、進歩が原

始人的であることが証明されえよう。
             まほう
 ところで、君の多くの作品は、満月をみている鳳仙花サブカルチャー的神話再生劇のよう

だ。鳳仙花は、かのオリュンポスで神々の宴が行われた時、黄金の林檎が一つ失踪。給仕の

女神に嫌疑、追放。その汚名を晴らそうとするが志し半ばに最期を遂げ、その身を鳳仙花に

かえたという、あの鳳仙花。そしてそれは鏡の論理ナルッキソスで説明される。すべてのも

のは逆転する不完全生涯無限。美一時的に非ず。おお逆転した世界においては、寓話は断片

の熱でありそれも制限と干渉において、光を弱める雲のパルミジャーノ・レッジャーノなの

だがしかしそれも波の皺、自然の事物を模倣したものである。妥当である。それは君の少女

性がきわめて健全な形で発揮されていることを意味する。
               
――さまざまな記号は恰も月光のRhythmと共に、金平糖となっておちてゆき、それはひとつ

の虹の心電図フラット、さもなければ湖、金いろの波紋のESUKARUGO料理となり、さもなけれ

ば鳥の翼インターナショナル的ロマンチシズムとなり、また鳳仙花の爆発という魔法になっ

た。それはずっしりと重い蕾の束を独り占めする写真展さながらの快挙です。

 やがて空想と現実との境がなくなり、意識の流れはニュートラル、少女から大人へのつく

づく無常な移り変わりを、たとえば「なかよし」から「花と夢」という雑誌、しかしいまで

は、男性の雑誌もおおく読まれるようになりメッセージ・ユーラシア・ジェンダーギャップ

。君は羽根玻璃色の教会の屋根の風見鶏のようなものです。

 しかしもちろん新たな確執の萌芽、先見性のあるものが常に原風景であるように、時代は

かなりVividで、性を平等にした。そこに性をアクセサリーのように並べた露天商がいるなか

で、君は、雇用均等法、さながら性を意識する前、目覚める前の読み物をつくろうとしてい

る。メルヘン、メルシー? 新たな地平の言葉スウィートバスタブもうまれ、新たな心理形

態、焦りと緊張からいかにも脱ぎ捨てた喪失感的変身願望。

 だが、やはり人びとには永遠の日々などない。つづく かも?











AVENUEロゴs10






最終更新日  2015年08月04日 15時34分05秒
コメント(1) | コメントを書く
2012年02月13日
カテゴリ:紹介
  • 自由律写真詩10.jpg
    自由律俳句:葛原りょうさん  写真詩:塚元寛一さん  写真素材:足成





  

朗読バンド「ムジカマジカ」として
舞台「星降る夜に」の出演が決定しました!
恵比寿にあるBAR Starsがご縁となり、
昨年末はTV製作会社アクロの10周年記念パーティのクラブで朗読・絶唱し、
今年は演劇初出演となります。

従来の「ムジカマジカ」スタイルを貫きながらも、どう舞台に絡んでゆくかは
観てのお楽しみ。葛原はもともと演劇が好きで、天井桟敷はもちろん、
野田秀樹氏の「劇団夢の遊眠社」を中心に「第三舞台」や「大人計画」など多大な影響を受けていた。

演劇とムジマジライヴの2つが同時に楽しめるかつてない企画です。

舞台稽古が楽しみでもある。少しでも多くの詩を届けたい一心で頑張ろう。

「星降る夜に」公式サイトはこちら
http://ameblo.jp/hoshifuru2012/

★前売りチケットはムジカマジカ宛てにお願いいたします!
 折り返し、フライヤー(現在作成中)&チケットをお送りいたします。

†お問い合わせ・前売りチケットご予約†
e-mail musicamagica_info@yahoo.co.jp
Tel. 080-5378-2116(代表)



以下、「星降る夜に」公式サイトからの引用です。

2012/05/10(木) ~ 2012/05/13(日)
会場 ブディストホール
出演 原口勝, 渡辺恋, 柏崎コースケ 他
脚本 原口勝
演出 原口勝
料金 4,000円 ~ 5,000円
【発売日】2012/01/13

前売)¥4000-
当日)¥4200-

スーパーシート)¥5000-
※舞台上特別席

サイト ※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。

説明 スターズ☆シアター
2010年5月から始まった、客席とステージが別れていない
お店全体をステージとしたお芝居イベント
今まで何十作品と行ってきた公演の中から、「星降る夜に」が劇場版として公演を行う事になった。

物語は、BAR Starsのバーテンダー、鹿島なおの「心」プレゼント
彼は時を操る不思議な能力を持っていた
タイムスリップさせた2人の少女達は
自分の生まれる前の世界や遠い未来へと色々な時代に行く事になる
過去では死んだ両親に会い、未来では思わぬ出来事に巻き込まれて行き
いつしかパラレルワールドにさえ来てしまっていた

書き換えらていく歴史、時が織りなす悪戯
逃れる事の出来ない呪縛、消えていった記憶

タイムスリップを繰り返した行く末は…
現代には何が残っているのか…

2012年5月、明らかになる

[最終更新] 2012/02/07 13:05 by Stars
【情報提供者:Stars】










AVENUEロゴs10






最終更新日  2015年08月04日 15時42分54秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:紹介
  • 自由律写真詩9.jpg
    自由律俳句:葛原りょうさん  写真詩:塚元寛一さん  写真素材:足成





  

「スターズLIVE」ムジカマジカワンマンライヴ!
 2012年2月22日(水)

 恵比寿 エンタメバースターズ http://db-stars.com
(JR恵比寿駅西口/地下鉄日比谷線恵比寿駅より徒歩5分) 
  
開場 20:00
開演 20:30
入場料 2,000円(1Drink付)

役者さんや、常連さんでいつも賑わうカウンターショットバー「スターズ」にて
ムジカマジカのミニワンマンライヴを敢行します!
こちらはチケット無しのアットホームなライヴとなります。
至近距離から全身全霊のコトダマを堪能してください。
ピアノ・伊藤愛
ヴァイオリン・山本美嶺
朗読絶唱・葛原りょう
さらにパーカッションが入ります!

初の恵比寿でのムジマジライヴをお見逃しなく!


「ムジカマジカ玖」
 2012年4月8日(日)

 吉祥寺曼荼羅 http://www.mandala.gr.jp/man1.html
(JR中央線/井の頭線吉祥寺駅 公園口より徒歩3分)

開場 18:45
開演 19:30
入場料(前売り) 2,500円 + 1Drink
   (当日) 3,000円 + 1Drink * 学生 1,500円 + 1Drink(要学生証提示)

ピアノ・伊藤愛
ヴァイオリン・山本美嶺
ドラムパーカッション・まぁびぃ
朗読絶唱・葛原りょう 

★前売りチケットはムジカマジカ宛てにお願いいたします!
 折り返し、フライヤー&チケットをお送りいたします。

†お問い合わせ・前売りチケットご予約†
e-mail musicamagica_info@yahoo.co.jp
Tel. 080-5378-2116(代表)

昨年のムジカマジカ2周年記念ライヴから約1年・・・ふたたび吉祥寺にやってきます!
新作揃いの渾身のフルメンバー・ワンマンライヴ!
詩と短歌の絶唱と凄まじいグルーヴ感あふれる演奏に
魂まるごと洗われる悦びをお届けします。
期待していてください。あらたな朗読ライヴの幕開けです。

二つとも、ライヴの後はそのまま同じ会場で二次会&交流会となります。
2012年も全力疾走で駆け巡ります。詩の伝導を国内はもとより世界に眼を向けながら。。。

どうぞ、あたたかなご支援よろしくお願い申し上げます!

葛原りょう拝










AVENUEロゴs10






最終更新日  2015年08月04日 15時44分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年02月12日
カテゴリ:紹介
 ≪作品紹介 No.5≫

――――――――――――――――――――――――――― 
                            かぜのとびら
husiginoizumi:台風
―――――――――――――――――――――――――――
Last updated April 23, 2010 19:28:04
―――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――――
    虹色の夢を見るカナリアは
―――――――――――――――――――――――――――
    水に映る
―――――――――――――――――――――――――――
    ゆらめく歌です(以下略)
―――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――――
        URL http://plaza.rakuten.co.jp/iz1114/diary/201004230001/
―――――――――――――――――――――――――――
        click on the OK button OK
―――――――――――――――――――――――――――
        make or write a comment on?
―――――――――――――――――――――――――――

 
   ・・・詩はこんな曲のイメージかも知れないよ(^◇^)

     ・・・イエー!チェキダウ!ワオ!ナッシンコー!ハイセイコー!

    ・・・そんな曲じゃねえだろ、この野郎(-"-)





  ・・・冬になると乙女は寒いなあ(^◇^)

    ・・・テクラ・バダジェフスカは女性作曲家だよ。

   ・・・女性差別の根付いていた時代に作られたポーランドの不幸な曲です。

     ・・・ポーランドではあまり知られていないってホントかな(^◇^)

    ・・・おお女性よ蜂起せよ。はともおんなのこである。

       ・・・うそつくんじゃねえよ、この野郎(-"-)

         ・・・はとだよ(^◇^)


AV作品紹介3

                                       写真:写真素材足成 



′′●●●●●●●●′′   
′′●′′′′●′●′′        
′′●●●●●′′●′′   
′′●′′●′′′●′′    彼等は風の中で蒔き嵐の中で刈り取る。
′′●●●●●●′●′′               --『ホセア書』8:7
′′●′′●′●′●′′             
′′●′′●′●′●′′        
′′●●●●●●′●′′     見よ、すべては空しく、風を掴むことに似ていた。
′′●′′●′′′●′●               --『コヘレトの言葉』2:11
′●′′′●′●′●′●        
′●′●●●●′●′●●
http://www20.atpages.jp/cazzo/kyodai/kyodai.html


  ・・・あ。風が。

  ・・・か、風が吹いてる。

  ・・・ここは。風の吹かない町。

  ・・・何か起こるかも知れない。な、なにか、不吉なことが。

  ・・・カットオ!ナウシカのパクリやっぱりやめよう。

  ・・・バレますかね。設定相当違いますけど。

  ・・・そりゃおまえ、バレるだろ。ファンの難癖をなめるな。

  ・・・じゃあ、バレないように。

  ・・・バレないように?

  ・・・あ。わたし。風邪ひいてる。

  ・・・は、鼻水が出てる。

  ・・・ここは。咳が止まらない町。

  ・・・そりゃおまえ、全員病院へ送り込めばいいだけだろう。

  ・・・ですね。

  ・・・それにしても。

  ・・・それにしても?

  ・・・ひどい映画になりそうだ。

  ・・・ですね。

  ・・・ちょっと待て、いまおまえ、ですね、って言ったか?

  ・・・デスウネ。です畝。それは畝のような風が――。

  ・・・風が?

  ・・・こほこほ。









AVENUEロゴs10






最終更新日  2015年08月04日 15時48分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年02月10日
カテゴリ:紹介
 ≪作品紹介 No.4≫


――――――――――――――――――――――――――― 
husiginoizumi:音符今日のポエム(250)音色の朝
―――――――――――――――――――――――――――
Last updated April 3, 2010 06:54:27
―――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――
     そっと弾いてみる
――――――――――――――――――――――――――――――
     指先に(以下略)
――――――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――――
        URL  http://plaza.rakuten.co.jp/iz1114/diary/201004030000/
―――――――――――――――――――――――――――
        click on the OK button OK
―――――――――――――――――――――――――――
        make or write a comment on?
―――――――――――――――――――――――――――


┏┓  ┏━━┓  ┏┓    ┏┓      ┏┓      ┏┓  ┏┓
┃┗◎┗┓  ┃  ┃┃┏━┛┗┓┏━┛┗┓┏━┛┗┓┃┃
┃┏┛  ┃┃┃  ┃┃┗┓  ┏┛┗┓  ┏┛┗┓  ┏┛┃┃
┃┃    ┃┣┛  ┃┃  ┃┃┃    ┃┃┃    ┃┃┃  ┗┛
┃┗┓  ┃┃  ┏┛┃┏┛┃┃  ┏┛┃┃  ┏┛┃┃  ┏┓
┗━┛  ┗┛  ┗━┛┗━┻┛  ┗━┻┛  ┗━┻┛  ┗┛
http://www20.atpages.jp/cazzo/kyodai/kyodai.html


 ・・・ピアノといえば、ショパンだよね。

 ・・・そうそう、パンチョ伊藤だ。

 ・・・(こういう時、俺は、肯き、かわす、)ですよねー

 ・・・パンはやっぱりセカイノヤマザキ!

 ・・・ヤマザキか。

 ・・・ザキヤマ。

 ・・・(はたしてひっくり返す意味があったのか)で、ですよねー

 ・・・ズキュンズキュン!

 ・・・な、な、な、何故、撃った。

 ・・・ザキヤマに聞け。

 ・・・いやおれはおまえに聞きたいよ。








AVENUEロゴs10






最終更新日  2015年08月04日 15時52分28秒
コメント(3) | コメントを書く
カテゴリ:紹介
 ≪作品紹介 No.3≫


――――――――――――――――――――――――――― 
husiginoizumi:熱帯魚今日のポエム(201)水色のシラス☆
―――――――――――――――――――――――――――
Last updated March 12, 2010 06:58:34
―――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――
    あぁ 君に会えた幸せ
――――――――――――――――――――――――――――――
    パク(以下略)
――――――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――――
        URL http://plaza.rakuten.co.jp/iz1114/diary/201003120000/
―――――――――――――――――――――――――――
        click on the OK button OK
―――――――――――――――――――――――――――
        make or write a comment on?
―――――――――――――――――――――――――――



┃  ┃   ┃       ┃      ┃   ━━━┓      ┃ ┃ 
 ╋━╋ ━╋━┓ ━╋━┏━┻┓       ┃    ┏┛ ┃ 
 ┃  ┃   ┃  ┃   ┃  ┃    ┃ ┗┓┏┛  ┏┫   ┃ 
     ┃   ┃  ┃   ┃        ┃   ┗┫  ┏┛┃      
     ┛   ┃  ┃ ━┛      ━┛     ┗      ┃   ● 
http://www20.atpages.jp/cazzo/kyodai/kyodai.html


 ・・・高校生の時に一番好きだった魚はカレイです。

 ・・・カレーと加齢と華麗と加盟と仮名かけてるよ。

 ・・・かけてねえよ。

 ・・・ティラミスもな!

 ・・・蜂蜜もな!

 ・・・ついでに言えば市販のクリームもな!

 ・・・そうそう、俺の近所にある和菓子屋のごまもな!

 ・・・ごまはふれよ。

 ・・・まご、ふれよ。

 ・・・ジジイか。

 ・・・ババアか。

 ・・・やめよう、でも、ひとつだけ言わせてくれ。

   まごふったら、腕折れるぞ。

 ・・・足にすりゃいいじゃん。

 ・・・おまえ、まごのあしつかんで、ふって、「そうそう、

  こういうクラブが欲しかったア!」ナイスショオット!

  ってなんでやねん、おかしいやろ、おかしいわ!

 ・・・おまえもな。







AVENUEロゴs10






最終更新日  2015年08月04日 15時54分27秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:紹介
 ≪作品紹介 No.2≫

――――――――――――――――――――――――――― 
husiginoizumi:時計今日のポエム(153)ゆめとびら
―――――――――――――――――――――――――――
Last updated March 1, 2010 13:26:021
―――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――
    かわいい あのこの ゆめとびら
――――――――――――――――――――――――――――――
    こんや あけるの だれのばん(以下略)
――――――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――――
        URL http://plaza.rakuten.co.jp/iz1114/diary/201002240003/
―――――――――――――――――――――――――――
        click on the OK button OK
―――――――――――――――――――――――――――
        make or write a comment on?
―――――――――――――――――――――――――――



′′●′′′′′′′′′′′●●′′′′′′′′′′′●●′′
′′●●′′′′′′●●●′●●′′′●′●′′●●′●●′′
′′′●●′′′′●●●●′●●●′′●′●′′●●′′′′′
′′′●●′●●′′●●′′●●●●′●′●′●●′′′′′′
′′′′●●●′′′●●′′●●′●′′′′′●●′●●●●′
′′′●●′′′′●●′′′●●′′′′′′′●●●●′′●●
′′●●′′′′′●●′′′●●′′′′′′′●●′′′′●●
′●●′′′′′′●●′′′●●′′′′′′′′′′′′′●●
′●●′′′′′′′●●′●●′′′′′′′′′′′′●●●′
′′●●●●●●′′′●●●′′′′′′′′′′′●●●′′′
http://www20.atpages.jp/cazzo/kyodai/kyodai.html


  ・・・アンタの名前を教えてくれ。

  ・・・いいのか、聞いたら、死んじまうぜ。

  ・・・ごくり。

  ・・・いや、ごくり、とかいわれるとなにか

    すごいこと書かなきゃいけなくなるじゃん。

  ・・・マジデー

  ・・・ありがと。

  ・・・で、名前は?

  ・・・とびら。

  ・・・はずしたね。

  ・・・いまはずしたよ。






AVENUEロゴs10






最終更新日  2015年08月04日 15時56分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年02月09日
カテゴリ:紹介
 ≪作品紹介 No.1≫


――――――――――――――――――――――――――― 
husiginoizumi:今日のポエム(100)
―――――――――――――――――――――――――――
Last updated February 10, 2010 14:03:40
―――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――
    白い心の世界に 澄んだ歌声が流れる
――――――――――――――――――――――――――――――
    言葉を内に含むこともなく 語りかけている(以下略)
――――――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――――
        URL http://plaza.rakuten.co.jp/iz1114/diary/201002100001/
―――――――――――――――――――――――――――
        click on the OK button OK
―――――――――――――――――――――――――――
        make or write a comment on?
―――――――――――――――――――――――――――



  × × ×



作成:ぴえーる・ど・はと(^◇^)

職業:事務作業コホコホ

将来の夢:ハンバーガー屋に入って、顔なじみになって、「いつもの」というかわりに、

      「はとだよ」ということ、小市民の夢です。


  × × ×


はとに、こんな仕事できるの?と先程、

いずちゃんに聞かれましたが、簡単に言えば、

飯のタネです。マメが貰えるわけです。

・・・・・・うう、泣いたら、ハンバーガーと大福くれるかな。

オヨヨ、オヨヨ・・「夜鳴きすんな、うるせえ(by塚元さん)」

働きます。・・はとは大変だなあ。あ、目に涙が、キラリ。

皆さん、はとに豆を下さい。宛先はビキハノシティの公園まで。

「おい、てめえ、何宣伝してんだ」

クークルポオ、クークルポオ(都合の悪い時だけ、はとのふり)

なんでしょう?・・はと、なにもしらないよ。はと、

いまから、いずちゃんのさくひんしょうかいするよ。

はと、まめもらってないよ。おなかへったよ。にほんご、ぜんぜん、

たんのうじゃないよ。たいへんだよ。

・・・そ、そういう態度がむかつくんだよ!!!

はとだよ(^◇^)





AVENUEロゴs10






最終更新日  2015年08月04日 15時58分30秒
コメント(0) | コメントを書く

全9件 (9件中 1-9件目)

1

PR

カレンダー

サイド自由欄


  Art詩スライドショー

  作へ

  注目作へ
   紫苑1~水原紫苑の歌によせて
     新たなイラストの扉がいま開かれた!




    詩誌AVENUEの 掲示板

    詩誌AVENUEの 私書箱

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

塚元寛一のお部屋★


創刊に向けて


コラボ詩の心得


顔文字詩


『ふろいど』のために


311


オリジナル意訳詩


TITANのお部屋★


『ふろいど』


動物さんたち 1


動物さんたち 2


作家の部屋★


poet 塚元寛一さん


poet 田中宏輔さん


poet 香鳴裕人さん


artist 羊谷知嘉さん


poet samleさん


reviewer 澤あづささん


poet NORANEKOさん


poet 天野行雄さん


poet 黒木アンさん


poet はかいしさん


poet 紅魚。さん


poet しぇりーいすちゃん


poet 泡沫恋歌さん


e-shi トラ太郎さん


e-shi 黒沙鐶ミイカさん


e-shi コマさん


artist ホングウ セラさん


reviewer 藤一紀さん


reviewer 水野英一さん


poet メビウスリング詩人会勉強会


poet 僻猫さん


artist 美々婆々さん


poet カニエ・ナハさん


ミュージシャンのお部屋★


hiroyuki


森 ミキ


編集室★


ブックマーク★


Home


room 1 企画


room 2


box 1 ✔


box 2 ✔


box 3 ✔


box 4 ✔


box 5


pro1 陽気なこまどり


pro2 coffee


pro3 花のやうに


pro4


pro5 


PBook 1


PBook 2


PBook 3


PBook 4


PBook 5 ✔✔


PBook 6


PBook 7


PBook 8


PBook 9


PBook 10


PBook 11


PBook 12


PBook 13 ✔


PBook 14


PBook 15


長編詩投稿サイト


日本人 カモメ7440


水深九十八メートルの夜



月舞の宴 (コメント付)


1~71行詩


今日の写真詩:詩文by塚元寛一


No.1


作品


十一次元の詩人たちへ


青いレモン


『青いレモン』の前駆詩


古井戸の底に浮かぶ


オリジナル意訳1    by塚元寛一


オリジナル意訳2


オリジナル意訳3


オリジナル意訳4


オ意ロートレアモン1


オ意ロートレアモン2


オ意ロートレアモン3


オ意ロートレアモン4


オ意ロートレアモン5


写真詩詩文控え1   by 塚元寛一


写真詩詩文控え2


写真詩詩文控え3


写真詩詩文控え4


写真詩詩文控え5


写真詩詩文控え6


ひろやすさん写真詩詩文控え1 by 塚元寛一


ひろやすさん詩文控2


ひろやすさん詩文控3


ひろやすさん詩文控4


ひろやすさん詩文控5


wa!ひろさん写真詩詩文控え1 by 塚元寛一


wa!ひろさん詩文控2


wa!ひろさん詩文控3


wa!ひろさん詩文控4


イラスト詩文控え1  by 塚元寛一


イラスト詩詩文控2


イラスト詩詩文控3



Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.