源氏物語の世界

フリーページ

2021年03月23日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

今上帝と明石中宮の皇子(みこ)匂宮(におうのみや)は、

 

浮舟に淡い恋心を抱きます。匂宮は浮舟の所在を知らず

 

その行方を探していました。

 

ある年の春、浮舟から中の君あての手紙が届きます。

 

中の君に仕える小さな子が、その手紙を届けようとして

 

小走りに中の君の元へ行こうとしている時、

 

そばにいた匂宮は、「誰からの手紙だろう」

 

と不審をいだきます。

 

 原文には、次のように記されています。

 

 

「みや(匂宮)、大将(薫の君)のさりげなく

 

志(し)なしたる文(ふみ)にや」

 

現代語訳は、次の通りです。

 

「匂宮は、ひょっとしたら、薫の君があらぬ体裁をつくろって

 

寄こした手紙ではないかと疑う」

 

 

 薫の君からの手紙ではないかと疑った匂宮は、中の君との間で、

 

次のようなやりとりを交わします。原文の9行目から末尾まで。

 

(匂宮)「あ(開)けて見んよ。ゑんじや志(し)給(たま)はんや」

 

(中の君)「見ぐるしう。なにかは、その女どちの中に

 

か(書)き(記)しかよはし・・・・」

 

現代語訳は、次の通りです。

 

(匂宮)「手紙を開いて読みますよ。おうらみなさいますな」

 

(中の君)「どうして、そんなみっともない真似をなさるのでしょうか。

 

 そんな女同士の内輪の手紙を・・・・

 

どうしてご覧になる必要があるのでしょうか」

 

 結局、匂宮が見た手紙は、薫の君から浮舟へあてたものではなく

 

浮舟から中の君へあての手紙でした。

 

 しかし、浮舟を探していた匂宮は、この手紙をきっかけに

 

浮舟の所在を知ることとなります。

 

 やがて、薫の君のふりをして浮舟の寝所へと忍び込み

 

後の浮舟に悲劇をもたらすことになります。







最終更新日  2021年03月23日 03時12分46秒
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


joox

お気に入りブログ

愛しい日々 New! 細魚*hoso-uo*さん

国分寺で太宰を読む会 成人46さん

© Rakuten Group, Inc.