334461 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Der Nakajistil

Der Nakajistil

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2005.06.16
XML
カテゴリ:風変わりなピアノ
プリペアドピアノは既製の楽器にさまざまな部品をとりつけるものであったが、19世紀のはじめ、初めから色々な打楽器が組み込まれたピアノが出回った。右の写真はその一つでJacob Bertscheが1810年に製作した打楽器つきピアノである。多くのペダルがついているが、それらを踏むとドラム、ベル、グロッケンなどが鳴る仕組みになっている。これらのピアノは18世紀末流行したトルコ風音楽を演奏するためのものであった。

17世紀からオスマン・トルコは大規模な軍楽隊を持ちはじめた。18世紀、オーストリアとトルコは幾度となく戦争となったがこの軍楽隊が戦いの時も演奏し、トルコの使節や大使もこの軍楽隊と共にやってきたので、ヨーロッパの人々はこの軍楽隊の音楽に恐れを感じ、そのリズムが嫌というほど耳についてしまった。そして18世紀末頃トルコとロシア帝国との和平条約締結以来、ヨーロッパ諸国で「トルコ風 (alla turca)」の音楽が大流行した。

この音楽はあくまでトルコ「風」であって、トルコのオリジナルものではなかった。 ヨーロッパ人が考えていた「トルコ風」とは、まずあのズンタッタッタという独特のリズム、短調と長調の交替、そしてシンバルやドラム、トライアングルなどの打楽器の使用であった。

18世紀終わりごろからピアノに本来の機能以外にいろいろな効果を加えようと試み出されていた。モーツァルトはKv331「トルコ行進曲つき」ピアノソナタを1780年から81年頃作曲しているが、当時のトルコかぶれの人々には本来のピアノの機能だけで演奏するのはもの足りなかったようである。そのような時代背景の中、ピアノでよりトルコらしい音楽を演奏しようと、このような打楽器つきピアノが登場しはじめた。

しかし、カール・ツェルニーがこのような傾向を批判し、「ダンパーペダルとウナコルダ(現在のピアノの左ペダル)以外不要」と発言したことと、このような文字通り「鳴り物入り」で始まった流行に人々が飽きはじめたことから、打楽器ピアノはしだいに姿を消していった。

(ハンブルク美術工芸博物館蔵)





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2005.06.17 01:29:54
コメント(9) | コメントを書く


PR

Recent Posts

Archives

2024.06
2024.05
2024.04
2024.03
2024.02

Freepage List

Comments

なっぴー@ Re:ハンブルグかハンブルクか(09/27) ハンブルガーって言うじゃん。 だったらハ…
背番号のないエース0829@ Re:ベルリン 映画「風の電話」に、上記の内容について…
那須野@ Re:調律師と耳の良さ(08/26) 僕もヘッドフォンは大嫌いです しかしそ…
まつかわ@ Re:ドイツ人はバイエルを知っているか 第4回 「楽譜の店で」(06/25) はじめまして。ドイツのピアノ教育に興味…

Category

Favorite Blog

CANTOIMA(今泉仁志… cantoimaさん
Swing the Piano.歌… さとうゆきこさん
pastel mint rusfさん
ピアノのへや seina1940さん
poco a poco poco a pocoさん
y'Odare cLub    … Yodare-Club-Tomochanさん

© Rakuten Group, Inc.