000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ニモの気まぐれ日記

PR

X

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

アメリカツアー

2011年08月07日
XML
カテゴリ:アメリカツアー


アメリカツアー

2011年7月29日(金)~8月7日(日) 10日間

会社の都合で、7月30日~8月7日 が強制休暇。
(時差の関係で、出勤日の29日も 旅行日程に入っています。)

とりあえず、行ったことのない国 に行ってみたい!と思い、
1 ドル=76円 のアメリカへ ♪

行き先を先に決めて、
後はどうにかなるかな?ぐらいの勢いだったのですが、
ガイドのSTACYや、ベテランフライヤーのタッギ、
旅先でお世話になった皆さまのおかげで、とても楽しいツアーになりました ♪

初のアメリカは、
大地、食べ物、フライトエリア、何でもかんでも スケールが大きかった!

ツアーのまとめですが、
各日にちの写真の下:各記事、ビデオ(YouTube)、
ログ(LEONARDO) をクリックして ご覧下さい。



7月29日(金) 1日目

IMG_2443

記事 : アメリカへ

この日は、会社に定時まで出社した後の移動。
時差の関係で、一日が40時間?長い長い一日でした。


7月30日(土) 2日目

IMG_2502

記事 : RichField へ!

今回メインのパラエリアのある:RichFieldへ移動。
テイクオフの高度は、3400m!と、スケールの大きさに、いきなりビックリです ♪


7月31日(日) 3日目

Monroe cityへ

記事 : 初フライト!
ビデオ : Paragliding in Utah(Cove) , U.S.A. 

アメリカ初のフライトへ♪
ぶっ飛びでしたが、高度差1000mを楽しめた。
その後は、絶景の観光と、初の海外での運転。盛りだくさんな一日でした。


8月1日(月) 4日目

IMG_2699

記事1 : 歴代最高高度のテイクオフ
ビデオ1 : Paragliding in Utah(Edna), U.S.A.
ログ1 : Edna

パラ人生の中で、最高高度のテイクオフ(3550m)から飛びました♪


IMG_2743

記事2 : まだまだ、エリア開拓中のアメリカ

これからも新しいエリアが出来るのですね ♪ ここも高度が高かった。


IMG_2782

記事3 : Cedar City ♪ 
ビデオ2 : Paragliding in Utah(Cedar Mountain), U.S.A.
ログ2 : Cedar Mountain 

やっとサーマルフライトが出来ました ♪ 景色も絶景!


8月2日(火) 5日目

IMG_2823

記事1 : 午前はのんびり、のちフライトへ
ビデオ1 : Paragliding in Utah(Harricane), U.S.A.


Harricane へフライトに。
アメリカにしてはスケールの小さいエリアでしたが、景色がキレイでした ♪


クロカンログ

記事2 : 予定外のフライト
ビデオ2 : Paragliding in Utah(Graph Peak), U.S.A.
ログ : Graph Peak


   ※ ログについて
   Paragliding Earth に Graph Peak が登録されていなかったため、
   Cedar Mountain のページにログを載せています。
   後、時間も1時間ズレていますね。設定ミスかな。

まさか、夕方からクロカンに出かけるなんて !


8月3日(水) 6日目

砂漠の中のラスベガス

記事1 : 初のトーイング体験 ♪
ビデオ : Paragliding Towing in Nevada(Jean Dry Bed), U.S.A. 
ログ : Jean Ridge Dry Bed

ラスベガスに来て 山飛びの予定が、風が悪く、初のトーイングフライトに。
しかも、砂漠で・・・・。


IMG_3014

記事2 : ラスベガス観光 ♪

カジノの町へ、観光へ ♪


IMG_3094

記事3 : このツアーで一番の夕食 ♪

アメリカの「食」に悩まされ、限界を感じていた頃、一番美味しい夕食に ♪


8月4日(木) 7日目

IMG_3188

記事 : あちこちと

いろいろな体験ができました。


8月5日(金) 8日目

IMG_3243

記事 : アメリカでの最終日

風に振り回されて、終わってしまった(悲)。


8月6日(土) 9日目

IMG_3293

記事 : 帰国の旅へ

時差の関係で、一日が数時間の日。とても疲れていた みたいです。


8月7日(日) 10日目

アメリカ:今回まわったところ

記事 : 帰国 (ツアーを振り返って)

初のアメリカ! スケールに驚かされてばかりのツアーでした ♪







Last updated  2011年09月11日 14時16分11秒
コメント(0) | コメントを書く


カテゴリ:アメリカツアー

2011年8月7日(日)

時差によって、短い土曜日 に 爆睡して、

IMG_3295

↑ 気付いたら、この辺を飛んでいた。

帰国する前に、機内食の朝食?(パンとか)が出たけれど、
さすがに、アメリカの高カロリーな食事に疲れ果てていたため、
「後少し我慢すれば、美味しい日本食に有り付ける!」と思い、食べなかった。

ランディングの直前、飛行機の窓からは、キレイな朝日が観えた。
その後は、雲の下へ。

5:20 AM

羽田空港へ到着。

IMG_3297

下界は、どんより曇り空。

飛行機を降りた瞬間、「 ある違和感 」に すぐに気付いた。
空気がジットリしているのである!

ここまで違いを感じたのは、初めて。

1週間アメリカにいて、ドライな空気に慣れてしまったのか。

後は、やっぱり暑い。
ユタ州は、標高が1800mくらいだったので、涼しかった ♪

他には・・・・
・ セミがうるさい
・ ウォシュレットがある ♪ etc (笑)。

今まで見てきた、アメリカでの広大な大地。
毎日 当たり前のように見ていたのに、それが風景の中から消えた今、
「帰ってきたんだな~。」と、実感。

この後、無事帰国審査をスルーして、念願の日本食 ♪

IMG_3299

やっぱ、日本人だな~。

朝食の後は、家に帰って、また爆睡 ・・・・・・ 。
これだから、いつまで経っても時差ボケが治らないんだよね。。
(ちなみに、2週間治らなかった。)

という事で、適当に行き先を決めた アメリカツアーでしたが、
何でもかんでも、スケールの大きさにビックリ!!

日本からアメリカへは、 フライトツアーに行く人が少なく、
現時点で、あまり情報のないアメリカですが、
Paragliding Earth に登録されているエリアの数は、536エリア
(うち、ユタ州は25エリア、ネバダ州は12エリア。)

アメリカのエリア数

(今回飛んだ、Graph Peak は、まだ登録されていません。)

ちなみに、日本のエリアで登録されているのは、わずか 16 エリア。

今回まわったのは、

アメリカ:今回まわったところ

↑ この範囲を移動しましたが、

まだまだ未知数な、アメリカですね!


<今回のツアーを振り返ってみて >

そこそこ飛べたように思いましたが、実はコンディションが悪かったらしい。

ツアー中に、
「いつもは、こうじゃないんだけど。」という言葉を、何度聞いたことか。

ドライで、湿気が入らなくなる8月は、クロカンのベストシーズンで、
高い確率で、ビックフライトが出来るとの事。
5000m~6000mが、当たり前だとか ??
行く前に、「酸素ボンベが必要ですか?」って、質問したっけ。

他、思いつく情報を いろいろと。

★ 地元フライヤーについて
ユタ州は、フライヤー密度が低い。
リッチフィールド周辺では、数人しかいません。
今回は、単独飛行が多かった(80%以上?)。
良いエリアばかりなので、もっと賑やかに飛んでみたかった。

★ フライトエリアについて
テイクオフに行く途中に、鍵のかかっているエリアが多く、
ガイドがいないと、飛べないエリアがほとんど。
テイクオフもランディングも、広いところばかり。

★ サーマル
今回はコンディションがショボかったため、Maxでも + 5.5 m/s 程度でしたが、
通常だと、もっと怖いらしい。
地元のフライヤーは、ほとんどが1-2機。
サーマルの強い昼間は飛ばず、朝と夕方にフライトするらしい。
100km以上のクロカンをする人は、強者?

★ 道路について
だだっ広くて、道がわかりやすいので、
初めての土地でも、レンタカーを借りての移動が楽♪
(借りたレンタカーには、カーナビが付いていなかった。)
都市部以外は、渋滞しません。っていうか、車がほとんどいない。

★ 気候
ユタ州は、標高が高く(地上でも1800mくらい)、
ドライで、とても涼しい♪ 日本の10月ぐらいの気温かな。
夏休みに涼みに行くには、最適かも♪

★ 宿
各町に、ビジネスホテルのような宿やモーテルがたくさんあり、
当日の夜に行っても、だいたい泊まれる。

★ 物価
ドルが安いので、とても助かりました♪

★ ガイドの STACY ( ステイシー )

IMG_2984

↑ 写真左

本業は、数学教師。
8月は夏休みで、長期休暇のため、
パラグライダーのガイドの仕事を 始めたいそうです。
(まだ駆け出しでしょうか。)
6人グループがベスト。(3人でお願いした場合の、半額になるとか?)
とても面倒見が良く、良いガイドさんなので、
アメリカツアーにご興味ある方は、
是非彼に、ガイドを頼んでみてはいかがでしょうか?
( 連絡先は、こちら です。)

以上、「食」には悩まされましたが、
スケールのデカさに、驚かされてばかりのアメリカ!
ガイドのSTACYはじめ、ベテランのタッギ、他、お世話になった皆さまのおかげで、
とても楽しいツアーになりました ♪
心より、感謝致します。

END

まとめ へつづく 。






Last updated  2011年09月11日 11時08分41秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年08月06日
カテゴリ:アメリカツアー

2011年8月6日(土)

8月5日(金) の 22時10分の飛行機に乗って、
ソルトレイクシティー から ロサンゼルスに向かう。

深夜にロサンゼルスに着いて、
短い8月6日(土)が始まる。

時差によって、
アメリカに向かった 7月29日(金) は、1日が40時間ぐらいになるけれど、
日本に帰国する 8月6日(土)は、数時間か。

私にとっては、短い日になってしまったけれど、
この日に、フライト仲間の ここうじ & ミーちゃん が、
結婚式を挙げたようです お誕生日

おめでとうございます!

これから、1時20分発の羽田空港行きに乗り継ぐのだけど、
アメリカに入る時は、あれだけ厳しかったセキュリティーチェックが、
出て行く時は、楽々スルー。

で、飛行機に乗って席に着いたら、即落ちちゃったみたいで、
起こされた時には、飛んでるし・・・・。いつの間に??

テイクオフ時に気付かないなんて、よっぽど疲れていたのか。。

寝起きで、夜食?です。

一応、和食??を注文してみたけれど、

IMG_3294

白いご飯 が出てこなくて残念・・・! 日本に帰るまで、おあずけか?(悲)

食べてまた、爆睡・・・。

つづく






Last updated  2011年08月17日 21時49分32秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年08月05日
カテゴリ:アメリカツアー


2011年8月5日(金)

アメリカでの最終日。
昨日 飛べなかったので、今日こそは、飛んでから帰りたい!

Monroe エリアに 再々チャレンジ。

IMG_3225

頂上の Monroe Peak ( 3410m ) は風が強いけれど、
一つ下の Monroe 9 ( 3000m ) だったら、飛べるだろう との事。

IMG_3227

↑ Monroe 9 にて、STACY が風速計を使っている。
昨日よりは、若干マシかな?

とりあえず、セットアップ。

けれど、準備が終わってから突風になってしまい、断念。
とても 残念です。

結局、RichField のメインエリアを飛ばずに退散する事に。

そうそう、
このツアーでお世話になったお菓子を、お土産に欲しいと言ったら、

IMG_3232

↑ どっさり頂きました。ナッツや穀物を 砂糖で練りこんだお菓子です。

ランチ代わりに いつも STACYにもらっていて、
テイクオフで飛ぶ前や、飛んでからランディングで食べたりと、
旅のお供になっていました。

RichField を後にし、次なるエリアへ向かいます。

広大な大地から一変して、Provo という都会の町へ。

IMG_3238

↑ 正面に観える山が、エリア( Inspo )です。

まずは、ランディングで エリアの方々と合流します。

IMG_3252

↑ 街中にある、芝生のキレイなランディング( 1482m )。
ここに降りたら、気持ち良さそう ♪

IMG_3241

↑ 早速テイクオフへ。

眼下に Provo の街が広がり、
ユタ湖が観える絶景のテイクオフ ♪ ( 2014m )

IMG_3242

飛べたら気持ち良さそう ♪

IMG_3243

Inspo_LZ

↑ ランディングの確認。
本当に、街中にありますね。

IMG_3249

↑ 湖の右側?には、ソルトレイクシティーが。
今までのエリアと違って、街が繋がってる!

IMG_3250

↑ 裏の岩山に付けたら、楽しそうだな~。

けれど、風が強すぎるようで、これだとランディングに届かない(汗)。
地元の方は、帰ってしまいました。

夕方まで待てば、飛べる可能性があるかもしれないけれど、
残念ながら今日は、そんな余裕はない。
下山します。

IMG_3251

↑ なんだか、ヨーロッパの風景みたい。

時刻は、14時過ぎ。
この辺で、ソルトレイクシティーに行って、買い物でもしようかと思っていたら、
「 Point Of Mountain 」が飛べるかも?と聞いて、
エリアに向かうことにした。

IMG_3255

IMG_3257

IMG_3258

↑ こちらが、南斜面のテイクオフ。
講習斜面みたいな感じだけど、
リッジソアリングには いい感じ の風が吹いている ♪

IMG_3261

↑ しっかりと注意書きがあります。街中のエリアだからか? ↓

IMG_3263

残された時間が短いので、さっさと準備して飛ぼうと思ったら、
風向きが変わり始めた。

この時間からは、北風に変わるので、北斜面で飛べると言う。

またまた移動します。

IMG_3265

↑ 住宅地が増えて、エリアが縮小しているようです。

IMG_3271

↑ こちらが北斜面。今までのエリアと違って、賑わっています ♪

ただし、風が変わったばかりなので、ソアリングが出来るかどうか。。。
フライトするには、フライヤー登録書を2枚書かないといけない。

・ 時刻は、17時を過ぎている。
・ ソルトレイクシティーの空港に、19時までに行かなければならない。
  → という事は、18時に ここを出発しなければならない。

さすがに、リスクを考えて、フライトを諦めました。
昨日からやっと、フライト出来るチャンスに巡り会えたのに!
遅すぎるよ~。

IMG_3268

↑ 17時20分頃から、ソアリングコンディションに。
何もしないで、高くトップアウト。

IMG_3273

↑ ガイドのSTACY が、気持ち良さそうに飛んでいるのを、
羨ましそうに眺めながら、荷物をパッキングします。

IMG_3274

↑ 18時。
ツアーでお世話になった STACY に、お別れの挨拶を。
楽しいツアーを、本当にありがとうございました!

IMG_3275

↑ 空港方面へ。

少し時間に余裕が出来たので、ソルトレイクシティーを車窓観光。

IMG_3283

IMG_3281

IMG_3282

ただし、この旅のもう一つの目的としていた、
Bath & Body Works の店舗に行って、大好きなシャンプーを大量購入する。」
というのを、果たす時間が、もうない・・・・(悲)。

このために、
多めにドルにしておいたのに、これにはかなりショーーック!
円高なのにね~。
で、余ったドルを、今は 円に変えたくないな~。

結局、後半2日は、
風に振り回されただけで、飛べずに終わってしまった(悲)。

IMG_3277

↑ Rental Car Returun という車線に行きます。

IMG_3286

↑ レンタカー返却。

フライトを諦めたおかげで、空港には 余裕を持って到着。

IMG_3288

↑ 夕食で、イタリアンを食べます。ピザがデカ過ぎ!

IMG_3293

↑ 22:10 の飛行機に乗って ロサンゼルスへ。

つづく 。( これから、「旅のまとめ」 と ビデオ編集が。)







Last updated  2011年08月15日 00時25分08秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年08月04日
カテゴリ:アメリカツアー

2011年8月4日(木)

昨日 あれだけの雷雨だったのに、

IMG_3119

↑ スッキリ晴れ渡った朝。
RichField に向かいます。

IMG_3120

↑ STACY の自宅に招待され、
ニモブログ を見せて。 」 と 言われたので、ページを開いた。

英語バージョンは、こちら
( ↑ 内容バレバレじゃん・汗。 変な英語だけど。 )

フライト に出かける前に、昨日パンクさせた分のタイヤの修理から。

IMG_3121

最初に自分達の車がパンクしてSTACYタッギSTACY

と、今週1週間でパンク4回。
なぜ、そんなにパンクするのか?

IMG_3122

それは、タイヤの種類にあったのですね。
通常のレンタカーですと、
普通の道にしか対応しておらず、山道を走るとパンクする。

IMG_3123

↑ LT と呼ばれるこちらの種類だと、パンクしないようです。

タイヤの種類が終わったところで、
初日飛べなかった Monroe Peak へ向かう。

先週のコンペの大会の初日には、とてもコンディションが良かったらしく、
5000m以上上がって、
トップの選手は、Monroe Peak から130 km クロカンしたらしい。

「今日は、どこまでも回収に行くから、好きなところまで飛んでいって良いよ。」
と、STACY。

18時にテイクオフしても 40 km 以上飛べるのだから、
朝から飛んだら、何 km 飛べる?? 100km 飛びたいな~。
ワクワクします ♪

IMG_3128

↑ 3410 m のテイクオフへ上がって行きます ♪

途中、鹿の親子が現れると、

鹿の群れ

↑ 鹿の群れが!
最初は、この3倍の数が、一箇所にいて こっちを向いていたのですが、
ベストショットを撮り逃したのが、大変惜しい!

それから、ヤル気満々でテイクオフに着くと、

IMG_3136

風、強過ぎない??

さすがに後ろに吹き飛ばされそうなので、少し下山します。

IMG_3140

↑ こちらが、Monroe 9 のテイクオフで、3000m( 高度差=1600m )。

山頂の風が強い場合に、こちらを使うそうです。
けれど、風が強い上にサイド。
出れなくはないけれど、何回か潰されそうなので、辞めた。

残念ながら、クロカンは諦めか・・・(悲)。

ここで選択肢が。

1.観光
2.高度差 400m のリッジソアリングエリアへ行く

400mあれば、十分でしょう!
という事で、2番 ♪

一度下まで下山して、次のエリアに向かう。

IMG_3144

↑ こちらが、リッジソアリングエリア(エリア名を忘れました)。

う~~ん、飛べなくもなさそうだけど、
風が斜めなのと、たま~に突風が(汗)。
楽しくなさそうなので、観光プランに切り替える。

で、どこを観光するかと思いきや、テイクオフの下へ下りだす STACY 。

IMG_3147

付いて行きます。

IMG_3190

↑ こんなところに、洞窟が。
ここは、廃鉱になった ウラン鉱山らしい。
確か、1950年代から発掘が始まったのだとか。

IMG_3149

クロカン用に持ってきていた ヘッドランプ を着けて、いざ中へ。

IMG_3154

観光地ではないので、中は真っ暗だし、
かなり斜度があるのに、手すりもありません。

コケないように注意しながら、ズリズリと、見えない底 を目指します。

IMG_3163

ようやく、底に到達 ♪ 分かれ道がありました。

IMG_3171

↑ 一番奥へと潜入します。

IMG_3167

↑ こちらの黒い部分が、ウランです!

IMG_3170

↑ サンプリングの後がありました。
このサンプル(棒)を持ち帰る事が、一番奥地まで行った証拠となるようです。

IMG_3176

サンプリングの穴に何か生き物が。

IMG_3175

↑ こんなところに、ねずみが。
何を食べて生きているのだろう?こんな暗闇で。

IMG_3186

↑ 調査が終わったところで、地上を目指します。
メチャクチャ遠い(汗)。
ズリズリと、3回ぐらいコケました。

IMG_3188

↑ こちらが、戦利品 ♪

IMG_3195

↑ 洞窟探検の後は、こんなところを歩いてみたり。

サバイバル体験?の後は、のんびりと、ユタ州の歴史と文化に触れる。

IMG_3204

IMG_3199

IMG_3207

IMG_3209

IMG_3213

↑ 鍛冶屋

IMG_3215

↑ 大きな木製のクレーンが!

IMG_3216

↑ ねずみトラップの話が、おもしろかった。

IMG_3220

↑ 夕陽に染まる、赤い岩山。

IMG_3224

↑ 夕食は、アメリカらしく、ステーキを。

今日はあちこちと、飛べない1日でした。

で、明日はいよいよ、日本に帰る日。
夜の便なので、まだ フライトチャンスはあるようです ♪

つづく






Last updated  2011年08月13日 14時19分21秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年08月03日
カテゴリ:アメリカツアー


2011年8月3日 Dinner

午後の ラスベガス観光 の後、ユタ州まで北上します。

ユタ州へ

↑ ここからユタ州。
ユタ州に入ると、岩の色が赤くなりますね。

St.George  という町に着いて、選択肢が。
1. リッジソアリングエリア に 飛びに行く(風が良くないらしいが。)
2. 他にやりたい事をする

1.について
砂漠 で 疲れてしまっているため、飛びに行く気がしない。

2.じゃあ、他にやりたい事は?
→ St.George に来たら、行ってみたいところがあった。

数日前に、
「アメリカのお寿司を食べてみて、日本のお寿司と比べてみたい。
 どこか、お寿司屋さんはないですか?」
と、聞いたところ、

「RichField にはないけれど、St.George に行けばあるよ。」
と言われ、気になっていた。

「お寿司が食べたい。」と言ってみたところ、
ガイドのSTACYが、「この町で一番美味しいお寿司屋さん」と評判の、
Benja Thai & Sushi へ連れて行って下さいました。

そうそう、ここでまた、
STACY の車がパンクしているのに気付き、
STACYは、寿司屋に行っている間に、スペアタイヤに変えていたらしい。

IMG_3082

↑ 店の入り口

IMG_3084

↑ 外観

IMG_3088

↑ 店内

IMG_3089

↑ 板前さんが。

IMG_3086

↑ 寿司のメニュー ↓

IMG_3085

「寿司スペシャルセット」 と 「緑茶」を注文 ♪

IMG_3087

で、早速、緑茶 が来ました。

飲んでみて、本物の日本の緑茶 でした ♪
今まで散々、アメリカの食べ物に悩まされてきた分、
これを飲んだだけで、かなり落ち着きました。

IMG_3090

↑ 醤油。アメリカの工場で製造されているみたい。

しばらくすると、念願のお寿司 が、大皿に盛られて来ました ♪
「 廻らないお寿司 」です!(笑)

IMG_3094

↑ カリフォルニアロール & お寿司7巻 & 刺身  (25ドルでした。)
あっ、ちゃんと お箸 が。

まずは、カリフォルニアロール から。
アボガド と カニ身 と シャキシャキとした野菜 が、味・食感共にうまく調和されていて、
日本で食べるものよりも GOOD !
さすが、本場ですね。

次は、大好きなサーモンから。
アメリカのお寿司は、日本で食べるものとは比べ物にならない・・・と聞いていたけれど、
これ、普通に美味しい! 脂乗ってるし、口の中でとろけるし。
日本の100円回転寿司よりも、断然美味しいと思う ♪ ネタも大きいし。
違うところと言えば、シャリのお米の種類(米が細長い)と、酢が薄めなところ。
↑ 特に気にならない。

他のネタも、同じように美味しい。

あっ、刺身ですが、ぶつ切りになってます。
日本だったら、これ1つで3枚は取れそう。
この辺は、アメリカサイズなのかな。全体的に、量も多いし。

IMG_3096

↑ ツマは、かなり太くてクルンとしてます。

以上、アメリカに来て、一番美味しい夕食でした ♪
やっぱ、日本人だな~。

寿司屋から戻ってきたところで、
ちょうど STACYのタイヤ交換が終わっていた。

それにしても、パンクし過ぎ!
最初に自分達の車がパンクしてSTACYタッギ → STACY
岩が多いからかな??

帰りは、更に北上。
RichField まで行きたかったけれど、雷雨に当たってしまい、

IMG_3112

↑ アメリカは、雷のスケールもデカイ!

途中の町に宿を取る事に。

つづく







Last updated  2011年08月11日 01時33分45秒
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:アメリカツアー


2011年8月3日(水) PM

砂漠でのトーイングフライト の後、
「少し時間が出来たので、どこか観光したいところはないか?」と聞かれ、
「Las Vegas!」と即答する。

ガイドのSTACYに、案内して頂く事になりました。

砂漠地帯から町に移動する。

IMG_2990

↑ 黄金に輝くホテル。

IMG_2993

↑ 道路も混んでいる。

せっかくなので、駐車場に車を停めて、

IMG_2999

↑ カジノ方面へ。

ちなみにここの駐車場、こんな町中にあるのに、無料です!
カジノでまかなっているのですね。

IMG_3003

↑ エントランスに噴水の仕掛けが。

IMG_3005

↑ 紫陽花

では早速、カジノ に行ってみましょう!

IMG_3006

昼間から、とても賑わっています!

IMG_3007

IMG_3009

IMG_3013

本場のカジノを、初めて見ました。

外に出て、

IMG_3017

↑ ここで、15分後に噴水ショーがあるらしい。

それまで町の散策に。

IMG_3014

↑ パリのエッフェル塔が。

それにしても、ここはとても暑い!
普段は 40℃になるそうですが、今日はいつもより涼しくて 36℃らしい。
砂漠の中にある町だから、仕方ないか。

IMG_3019

IMG_3018

↑ 町を歩く人は、ほとんど観光客らしい。
地元の人は、暑過ぎて ここに住みたくないらしい。

適当に町を散策したところで、噴水ショーが始まりました。

IMG_3030

IMG_3033

キレイだな~、と、眺めていたら・・・・、

IMG_3036

ん!?

IMG_3034

もしかして!? 風向きって、こっちだよね・・・??

IMG_3035

↑ あ”~~、やっぱり!こうなるのね。 涼しいけど。

IMG_3037

IMG_3038

IMG_3039

とてもダイナミックな、噴水ショーでした!

ショーが終わった直後に、

IMG_3045

通りで、マジックショーが始まりました。

IMG_3042

IMG_3046

目の前で見ると、不思議ですね。

再び車に戻ってきて、町の車窓を楽しむ。

IMG_3048

IMG_3050

IMG_3051

↑ よ~く見ると、人間じゃない人がいる?

IMG_3055

IMG_3056

↑ 観光客いっぱい!

IMG_3067

↑ これって、ハンター×ハンター で、見た事あるような?? なんだっけ?
右奥にある船が、沈むそうです。

IMG_3069

↑ イケメントラック。

IMG_3074

↑ 町のシンボル?のタワーが。
さっき飛んでいて、これが目立って観えた!

IMG_3077

↑ 遊園地のコースター。

ラスベガス観光を楽しんだ後、町を抜けて、

IMG_3078

元来た道を、ユタ州へ戻って行きます。
次の目的地は、St.George

つづく







Last updated  2011年08月10日 01時03分13秒
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:アメリカツアー


2011年8月3日(水) AM

今日は、朝10時に ラスベガス に集合。
7時にいつもの朝食を食べて、Cedar City から目的地に向かう。

IMG_2867

↑ もう、飽きてきた・・・。

ネバダ州のラスベガスに向かう途中に、
ユタ州から、アリゾナ州を経由していくのだけど、

IMG_2894

↑ こんな岩場の道を、ず~っと 走って行きます。大迫力!
日本だったら、観光地になりそう。

その、岩場の道を抜けて、

IMG_2910

↑ 砂漠地帯へ。ラスベガスまで、32 マイル。

町に近付くにつれて、交通量が増える。

IMG_2916

↑ 3連のトラックが!

しばらくすると、砂漠地帯にうっすらと、ラスベガスの町が見え始めました。
本当に噂通り、「砂漠のど真ん中」にあるのですね。

IMG_2925

↑ 金銀に装飾されたビルが目立つ、ラスベガスの町。

で、集合場所は、「M」の近くのガソリンスタンド。
STACYから、「絶対に分かるハズだから。」と言われていたけど、
「M」って、マクドナルド??
それは、たくさんあり過ぎる・・・・・。

もう少し探してみたら、

IMG_2932

↑ ありました。カジノ付きの、有名なホテルらしい。

IMG_2933

↑ ここで、「クレーンを積んだ エリアの方」と合流。

ん!? クレーン??

どうやら、今日は山の風が良くないらしいので、
Jean Dry Bed  という トーイングエリア に向かうらしい。

90エリア目になります。

車は、町から砂漠地帯へ。

IMG_2939

この、だだっ広い砂漠で、

IMG_2940

トーイング 初体験!

IMG_2944

↑ 装備の説明を聞きます。
・ 高度が上がって、ロープを切り離す時はどうするか?
・ ロープに引かれている時のグライダーコントロールについて。

うまく、できるかな~??

IMG_2952

↑ まずは、トーイング経験者の タッギ からテイクオフ。
とてもスムーズに、500m上空まで 飛び立っていきました。

次は、自分の番。

クロスで立ち上げて、フロントに向き直ったところで、勢い良く引かれる!
グライダーが右向いたり、左向いたりしているのに、
全くコントロールが出来ない(汗)!

失敗

100mも上がらないうちに、強制的に降ろされてしまいました・・・・。
あ”~~~、テイクオフ失敗。

もう一度説明を聞いて、再チャレンジ!

IMG_2956

↑ 今度は成功 ♪
写真のライザーが、左右均等になるよう意識すれば、うまくいきますね!
車が進む方向に、グライダーコントロール!

500 m上空まで上げられたところで、切り離しました。

IMG_2957

「サーマルで上げる事が出来たら、裏山に行ってリッジソアリングして、
その付近に降りたら、回収に行ってあげるよ。」
と、言われていたのだけど、
この砂漠地帯に、サーマルなんて あるのだろうか・・・??
せっかく上げてもらった高度は、シンク帯でガンガン下がる。

ダメ元で、砂漠と草地の合間を狙ってみたら、
地面まで後100mというところで( 高度=950m )、サーマルゲット ♪
ガンガン流されながら、1650mまで上がりました。

IMG_2960

↑ 広い砂漠。

回収に来てくれると言うので、お言葉に甘えて、
リッジソアリングに行ってみるか。

IMG_2961

裏山に着けたら、広い砂漠地帯の中に、
蜃気楼のような、ラスベガスの町が!

砂漠の中のラスベガス

↑ 写真では良く分からないですが、ものすごい風景!

IMG_2965

↑ ラスベガスの町に引き寄せられるように、
砂漠の山沿いを進む。

IMG_2966

↑ トーイングの輪っかが、音を立てている。

けれど、リッジもないし、サーマルも無い。
そろそろ、降ろす場所を考えないと。

砂漠に、人がいる♪

↑ すると、なんとも幸運な事に、砂漠に人影を発見 ♪
ランディング場所を決めた。

IMG_2971

トーイングログ

↑ ログです ↓

トーイング高度

トーイングって、ただ ぶっ飛ぶだけだと思っていたけれど、
こんなに遊べるのですね ♪


フライトビデオは、こちら ↓




ただし、、
降りたら、無線も携帯も繋がらない・・・・(大汗)。
自分の居場所を伝えられる手段がないのに、
こんな砂漠に置き去りにされたら、30分で干からびそう。
回収を、のんきに待っていられる状況でない事を 思い知らされた。

降りた場所にいた方に、人生で初めて、自分でヒッチハイクをしました。

IMG_2972

方向音痴なので、自分の撮った写真を見せて、
「ここに行って下さい。」と伝えた。

IMG_2974

↑ この方のおかげで、助かりました!
砂漠でゴミ拾いをされていた、とても良い方です。

テイクオフポイントに戻ってきて、水をもらって生き返る。

それから、後から来た地元フライヤーの方と挨拶をしていたら、
腕に、針に刺されるような痛み が走った。

IMG_2979

↑ いつの間にか、大量のブヨに囲まれていた。
4か所一気に刺され、

IMG_2978

↑ ポケットの中に持っていた、「塩」を使う。

ブヨ刺され

↑ 効果抜群! 痛みも痒みも腫れも、すぐに引いた。

この後 突風になり、トーイングは終了。
あらゆる意味で、とてもとても、貴重な体験が出来ました!

ここで、ツアーを共にしてきた、タッギ とお別れ。
用事があって、スイスに帰ってしまうらしい。

IMG_2984

↑ 右が タッギ で、左が ガイドの STACY(ステイシー)。

寂しくなるな~。

そういえば、タッギの車がパンクしてしまっていて、
帰る前にタイヤ修理に行くらしい。
パンク、多いな~。

タッギを見送り、残りのメンバーで、ランチを食べる。

IMG_2988

↑ 左の飲み物ですが、一口でギブアップ。

つづく







Last updated  2012年09月12日 01時04分25秒
コメント(4) | コメントを書く
2011年08月02日
カテゴリ:アメリカツアー

2011年8月2日(火) PM


時刻は、16時。

午前中にフライトした後
夕方からも 別のエリアでフライトするため、移動します。

向かうエリアは、Graph Peak
89エリア目 になります。

IMG_2831

まずは、ランディング探しから。

IMG_2833

↑ え!? 道路にランディングするの?

斜度もあるし、今までの広いランディングと比べて、難しそうだ。
ツリーランしないように、気をつけないと!

ここで、このエリアのオーナーの方と合流し、
羊の放牧場に続く鍵を 開けて頂く。

IMG_2835

テイクオフに到着しました。
高度は、2750 m。
(ランディングの高度は、1900 m。距離は、約 4 km。)

IMG_2838

↑ 時間も遅いため、準備の早い タッギが、すぐにテイクオフ。

高く高く上げて、裏へ走っていきました。
4000mくらい、上げているだろうか??

私も準備をめちゃ急ぐ。
18時03分に、やっとテイクオフ。

すると、タイミングが悪かったせいか、
2400mまで、ガンガン下がってしまった。
午前中に、運を使い果たしてしまったかな?(汗)

方向音痴な私は、ランディングの道路を 一生懸命探してみる。

諦めかけたその頃、ようやくサーマルに当たる。
時間をかけつつも、外さずに追いかけていったら、

IMG_2841

やっと、復活 ♪
しかも、かなり流されてる・・・・。

雲は、まだまだ上にある。
高度は、富士山頂の高度を越え、

IMG_2840

4000 m まで、あとちょっと。
今までの最高高度は、スイスの 4025 m

これは、記録更新のチャンス!

雲底すれすれ、もうちょっと粘っていれば!
と、頑張っていたら、

「 クロカンに出かけます。 」と、師匠が無線を入れた。

ま~~~じでぇ~~??この時間から??
聞いてないよ~~。

気付いたら、北方向へ 2km ぐらい進んでいた。
高度記録はここまでにして、追いかけるか。

後でGPSを確認したら、
4069 m まで上がり、わずかに記録更新したようです ♪

IMG_2842

雲のある山ルートではなく、雲のない沖ルートを通ります。

IMG_2843

高度は、3000m まで下がり、そろそろサーマルに当たりたい。
麓ルートに変えます。

赤い岩の上なら、ガンガンサーマルが出ていないかな?と、

IMG_2844

上空に行ってみたけれど、なぜか下がる一方。
ここで、師匠に同高度( 2400m )で 追いついた。

IMG_2845

↑ しっかし、なんとなく見覚えのあるような ??

この上がらない岩の上で、しばらく のた打ち回り、
私は 2800 m まで復活。師匠は、ここで降りたようです。
Graff Peak のランディングから、10km地点。

飛んでいる時は全く気付かなかったのですが、
昨日飛んだ「 Cedar City 」の Red Hill だったのですね。

昨日は高度が高過ぎたし、地名の位置関係が分からない方向音痴だから、
ランディングした後に教えられるまで、全く気付かず(笑)。

Cedar City のテイクオフから、Graph Peak のテイクオフは、
5 km くらいしか離れていないようです。

けれど、この先は、完全に単独飛行。
タッギも、Cedar City の付近に降りてしまったようだ。

今飛んでいるグライダーは、私だけ。
見知らぬ 海外の土地での、単独クロカン。

とりあえず、進むとしたら、
携帯の通じるところで、回収されやすいところ。

町を狙うか、高速道路の脇に降ろすか。

山ルートを通らず、だだっ広い草原ルートに変えます。
雲がないけれど、アーベントサーマルがところどころにあって、
+ 0.1 ~ + 0.5 m/s の弱い上昇率で、
北西方向に、どんぶらこ~と、少しずつ流されて行く。 

IMG_2847

↑ このまま流されれば、高速道路に辿り着きそう ♪

それにしても、日本の首都圏と違って、
町から町の間は、ただ、だだっ広くて、何もないですね。
出来れば、町に降ろしたい!

一つ町に到達したら、高度があれば次の町を目指す。
どこの町だか分からないけれど、遠くの町まで行きたい。

しばらくすると、高速道路まで流され、
昼間に熱せられたサーマルがところどころに残っていて、
道路上を進むことにした。

こちらはフォローで、45 ~ 55 km/h のスピードで飛んでいるのだけど、
高速道路の後ろから、ガンガン車に追い越されていきます。
( 後でこの区間の制限速度を確認してみたら、130 km/h でした。)

この町まで行きたい

↑ 次の目標地点が定まってきました。

IMG_2848

↑ 大きな畑。さすが、アメリカ!

IMG_2852

↑ 時刻は、20時を過ぎ、陽が沈んでいく。
降りたら、真っ暗になりそうだな~(汗)。

IMG_2853

↑ 大地が日陰に包まれた頃に、町が 手の届く範囲に ♪
ここに 降ろそう!

IMG_2855

↑ 町の手前の橋が、ラストサーマル。
ここから、ファイナルグライドへ。

IMG_2857

↑ 町の外れに、高速道路のICと、ガソリンスタンドを発見。
アメリカでは、だいたいICに、
「ガソリンスタンド」と「食事が出来るお店」がセットになっている。

あそこに降ろせば、確実に携帯が通じるし、回収も分かりやすいし、
待っている間に食事して、ゆっくり出来そうだ ♪

IMG_2859

↑ 付近の空き地を狙います。

IMG_2860

↑ 20時32分に、無事ランディング。
陽は沈み、最後のサーマルを全て使い切りました!


フライトビデオは、こちら(途中で、容量オーバーしました。) ↓




EXIT 78

↑ 高速道路のICを確認すると、「 EXIT 78 」
すぐに電話して、居場所を伝えた。

急いで機体を畳み終わった頃には、真っ暗に。

IMG_2863

ICにあるトラベルセンターにて(SUBWAYがあるのね)、

IMG_2864

↑ チェリーコーラを買って、ゆっくりしていようと思ったら、
すぐに回収車が到着した。

ところで、ここは、どこの町だろう??

町の名前

↑ レシートを捨てようと思ったら、書いてありました。
「 Parowan 」という町らしい。

クロカンログ

↑ ログです ↓

クロカン高度

クロカン距離は、42.5 kmでした。久々の 40 km オーバー です♪
もう少し早くテイクオフしていたら、もっと距離を伸ばせたのだろうか。

ガイドのSTACYに聞いてみたら、
「Graph Peak から南に行く人はいるけれど、北方向はいないので、
おそらく、北方向のクロカン記録でしょう!」

との事でした。

18時過ぎからクロカンに出かけるなんて、さすがアメリカ!

IMG_2865

↑ さっき飛んできた高速道路を、Cedar City まで 帰って行きます。
なんだか、実感が沸いて嬉しい ♪

長い一日でした。

つづく

 







Last updated  2012年09月12日 01時01分59秒
コメント(4) | コメントを書く
カテゴリ:アメリカツアー


2011年8月2日(火) AM

朝起きると、快晴の空!
いつもだったら、朝起きると、雲が一面にかかっていたのに、
今日はやっと、晴れてくれました ♪

IMG_2790

今すぐに 飛びに行きたいところだけど、
昨日パンクさせた タイヤの修理へ行って、
( 修理代は、レンタカー屋が持つらしいので 無料 でした。 )

それが終わったら、観光へ。

IMG_2791

ガイドのSTACYの 一番のオススメ 「 KOLOB CANYONS 」

IMG_2795

↑ 「 ファイブフィンガー 」 という ビューポイント の説明

IMG_2796

↑ これが、実物。
5本の指は、広すぎて 写真に写りきりません。

ところで。
ユタ州の岩が赤い理由ですが、鉄が入っているからだそうです。

この後、また新たなエリアを求めて移動。

車内にて、
「 テイクオフポイントから、16 km ソアリングすると、
  ハネムーンサイト というのがあって、
  そこをアウト&リターンできるエリアがあるのだけど、行ってみる??」

今日は、正面の西風が吹くので、いい感じ らしい。

なかなか、面白そうですね ♪

そして、行き着いたエリアが、
Harricane

88エリア目になります。

ここで、我々4人と、地元の方2名が合流します。
まずは、ランディングの見学から。

IMG_2801

向かいに見えている丘から テイクオフするのですが、

IMG_2802

ぐるっと迂回して、回り道。

IMG_2803

ようやく着いたところで、アクシデント!

IMG_2809

今度は、ガイドの STACY の車がパンクしていました。
準備する前に、スペアタイヤに交換。

それから、テイクオフの見学です。

IMG_2811

↑ 遠くに「赤い岩」と「青く澄んだ湖」のコントラストが 美しい!

IMG_2815

ここでGPSを入れてみると、高度が 1350 m。
あれ!? GPSが狂ったかな??

今まで高いテイクオフばかりだったから、これには違和感。
地元の方に確認してみると、高度は合っているようです。

そういえば、ここは かなり暑いな。

ランディングの高度が、1050 m なので、高度差は 300 m。
珍しく? 日本のエリア並み なのですね。

ここは、日本人に有利だったり? そうだと良いけど。

皆がのんびりしていると、ガイドの STACY が、ダミーフライト。

IMG_2817

問題なくソアリング出来るコンディションで、トップラン。
それを見て、「 ハネムーン♪ 」の声が!

皆、続々とテイクオフします。

『 置いて行かれる (汗) 』 と思い、急いで準備しようとすると、
妙に胃もたれが。。。
さすがに気分が悪くて、三光丸 を飲んで休憩。

その後は、GPSの電源が入らなくなるトラブルも・・・・(大汗)。
どうやら、暑すぎるテイクオフで、温度が急激に上昇したらしく、
電源が入らなくなっているみたいです。
直射日光を当てないように、気をつけないと いけなかったんですね。

なんとか冷やして、準備が完了した頃には、
急に風が強くなり、さっきまで200mほど浮いていた機体が
一斉に沈みだして、ランディングへ。

その後テイクオフした機体も、一瞬にしてランディングへ。

大幅に出遅れて、テイクオフに取り残された私。
今出れば、確実に ぶっ飛ぶな~ と思いつつも、
次の予定があるので、出るしかない。

12時ごろ、テイクオフ。

IMG_2819

直後、一気に沈みだします。

やっぱ、予定どおり、ランディングに直行か~??と 思っていたら、
低くなった岩場で 突然、+ 5.5 m/s の上昇帯を食らって焦る!
こんなところで潰されたら、大変だ~。

なんとか機体を抑えて、すぐにセンタリング。

すると、高く上がってしまいました ♪ 2000 m!

トップアウト

IMG_2823

↑ 湖がキレイに観えます ♪

皆は、ランディングに。
私は、運良く 一人勝ち をしてしまい、、、、
一人で、ハネムーン へ ??

IMG_2825

↑ この丘のリッジ帯を進めば良いのかな??
高塚 みたいな感じ?

行けるところまで、行ってみるか。

IMG_2826

裏の風景が、フランスの「 Gourdon(グルドン) 」に似てますね。

2000 m 上げた後は、丘沿いに進んでいるのに、
シンク帯にハマり続けて、一気に沈みだす(汗)。
正面の強い風が吹いているのに、なぜ??
高塚 を想像していたので 戸惑った。どこかでサーマルに当たると良いけど。

IMG_2824

↑ 途中に、2個目の飛行場が。

結局、
一人寂しく 3 km ぐらい進みましたが、
サーマルに一つも当たらずに沈み続けたので、リターンする事に。
ハネムーンは、遠かった(悲)。

IMG_2827

ランディングを探して、
GPSが指し示すところを目指したつもりが、
風景が似ているため(方向音痴のため)、隣の放牧場に 間違って降りてしまった。

IMG_2830

すると、
出口に、大きな 泥の水溜り が(汗)! Oh My God !!

靴と靴下を脱いで、覚悟を決めようと思っていたところ、
タッギが車でジャブジャブと、迎えに来てくれました ♪

タッギの優しさに、大感謝!


フライトビデオは、こちら ↓




その後、STACY が、タイヤ屋で パンクの修理 を待っている間に、
タッギ(スイスの方)に、日本でフライトした時の写真を 見せてもらった。

日本には、4~5回訪れていて、
55本フライトしているそうです。

私が行った事のないエリアがいっぱい!
負けてるな~。

写真を見終わったところで、タイヤ修理が終わり、時刻は16時。
これから、また別のエリアに向かいます。

つづく







Last updated  2012年09月12日 00時59分23秒
コメント(4) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.