1345267 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

かずまる@の・・・スローライフは忙しい!

PR

Profile


かずまる@

Favorite Blog

予想外?の観光列車… New! こたつねこ01さん

ツキがデカイな!🤗 … New! ナイト1960さん

go to 北海道 函館 … New! yorosiku!さん

車の冬支度が終わり… New! masatosdjさん

晴れ時々にわか雨の… New! ちゃげきさん

Free Space

2020.11.30
XML
​​冬のボリュームが増していく中、仙台も昨日あたりから気温がグッと下がっている様です。

ま、ズルい仙台w(^_^;)なんで気温なんてさがっても大したことはナイ・・・でもアパートは寒いw・・・だけなんですが。

かずまる@の単身アジトも・・・灯油を焚くようになってしばらく経ち、先季の残りな灯油を使ってましたが・・・それも残り僅かとなり、今季初灯油買い出しwもしナイトいけなくなりました。

石油ストーブは活躍してましてw



先日の・・・「ナニモノになるかわからない鍋」も?生塩ホルモンを投入し、出汁仕立てのもつ煮となり、大量過ぎて食べきれず、鍋ごと冷蔵庫に入れてあったのを・・・夕べアジトに戻ってきて、また石油ストーブでコトコト煮込み、冷凍保存の豆腐と、アンタ単身のクセに、誰がこんなに使うってんだよ!ってくらい入ってる¥177-のこんにゃくの一部を追加し、今朝も煮立ててからアパートを出てきたのです。

デ・・・味噌煮込みではナイもつ煮の完成(^_^;)



なかなか・・・美味く出来たと思うんだけど、もう少し食べて、いくつかのタッパーに分けられる量になったらいったん終了デスねw



夕べは23時頃から詰めるだけ弁当をつめて・・・(^_^;)

またぬか漬け出来てるだろうなぁ~~って、きゅうりと大根を出して洗って・・・『あ?・・・ゆでたまごをぬか漬けにしてみたんだった!』って思い出しましてw

恐る恐る・・・一個だけ味見・・・・(・・;)



(コレ・・・・ヤバいかも!( ゚Д゚))

ヘタな味たまより美味しっw・・・そして、白味よりも黄身に味が入ってる感じがする・・・

いわゆる野菜のぬか漬け・・・に付く味とは・・・明らかに違うな?

弁当には入れませんでしたがw



明日は誰かに食べさせてみよw( ̄ー ̄)ニヤリ


先日の日記に、北海道で300㎏のヒグマが駆除されたニュースから想い出した​三毛別羆事件​の話を紹介しましたが(以前​ナイトさん​が旅の途中で紹介されてましたね)、北海道はヒグマの生息域なのでもちろんそれらはヒグマの話。

ヒグマはカラダが大きくなるので、当然山菜や木の実だけでは食べ物が追いつかなくなって、農作物から家畜やヒトを食おうとする個体が出てくるし、一旦【ヒトの味】を覚えたクマは、絶対に殺さなきゃまたヒトを食いに来る・・・というのは、北海道限定の話だったのは昔の話で・・・

2012年の秋田八幡平クマ牧場事件という、飼われていたヒグマがヒトを食った事件がありましたが・・・従来ヒトが食われた事はナイはずの・・・北東北のツキノワグマがヒトを殺傷し、食害する事件が起きているんです。

この事件は・・・ワタシが思うに、前段に過ぎないのです


秋田八幡平クマ牧場事件 
​(リンクを貼ろうと思いましたが、コメント欄に美しくナイ書き込みが多数ありましたので、文言を多少修正し、お借りしたい文章のみ掲載させて戴きます)​

事件概要
2012年4月20日、午前8時頃、冬期閉鎖中のクマ牧場では、春の営業再開に向け、3名の従業員が作業中だった。
女性従業員は餌場に餌を置き、クマを運動場に放つ為に冬眠房を開けたのだが、この時、運動場内には、2日前の除雪作業中に圧雪し損なった事で雪山が出来ていたが、その事態に、従業員達は気付いていなかった。

午前9時頃、運動場に放たれたヒグマの内、6頭が、高く積み上がった雪山を利用し、堀外に脱走。
餌場で作業中の女性従業員・館花タケさん(75)は、ヒグマの脱走に気付き、急いで、外通路に飛び出し、
「クマが逃げ出した!」
と、付近で雪を水で洗い落とす作業をしていた男性従業員に叫び知らせた。

男性従業員は、タケさんの叫び声に気付き、瞬時に事態を把握したが、その叫び声に気付いたのは男性従業員だけではなかった。 男性従業員が目を向けた先では、逃げ走るタケさんにヒグマが襲いかかり、噛み付いていた。

また、奥通路で作業中の筈である、もう一名の女性従業員・館花タチさん(69)からは、何の応答も無く、最悪の事態も想定された。

男性従業員は、急ぎ、牧場経営者に電話連絡し、其の足で、近隣の鹿角市猟友会会員
の青澤さん宅にも事態を知らせに向かった。

午前10時頃、牧場経営者から緊急要請を受けた警察、救急隊が牧場出入口に到着。

暫く後、男性従業員と青澤さんも現地に到着。 国道側から牧場を見下ろせる為、青澤さんが上に上がってみると、牧場内での凄惨な光景が目に飛び込んできた。

直ぐには、タケさんなのか、タチさんなのが判別が付かないが、横たわっている人物がおり、更に、2頭のヒグマが、その人物を餌でも奪い合うかの様に引っ張りあっていた。

青澤さんは、警察からの緊急召集要請が猟友会に掛けられる事を予測し、自宅に戻り、銃器の準備に取り掛かった。

その後、まもなく、警察隊は自分達だけでは手に負えないと判断し、猟友会に緊急救助要請を発令し、関連施設に於けるヒグマの射殺許可要請を発令することになる。

午前11時半頃、猟友会のツキノワグマ撃ちの名人・斉藤良悦さん(57)も要請を受け、現地に到着。

正午頃には、射殺許可も発令され、斉藤さんを含む領友会の会員は、次々とヒグマを射殺していく事になる。
一頭目は、脱走原因になったとされる雪山近くの外通路におり、体長は約1.5メートル、体重は約250キロ程の大きさだった。 
ヒグマを撃った経験が無かっただけに不安な部分もあったが、見事に頭部を撃ち抜き、射殺した。

最初に発見したヒグマを射殺後、「こっちにもいるぞ!」との猟友会の他会員の声を耳にし、声元の方に移動すると、一匹目よりも明らかに大きく、体長、約2メートル、体重、約300キロ近くと見られるヒグマが2頭いたので、片方を、付近の手摺で銃身を支えながら銃弾を放ち、射殺に成功すると、もう片方のヒグマが、突如、立ち上り、仁王立ちの態勢で威嚇してきた。 急ぎ、斉藤さんは弾を装弾し、頭部を一撃の下、3頭目の処理に成功。

餌場付近に、4頭目のヒグマが彷徨いている事を確認し、目眩などが発生するリスクを考慮し、合図と共に、数人が一拍置きに銃弾をヒグマの体に浴びせ射殺。その後、5頭目のヒグマも発見したので、4頭目を射殺した時と同じく、合図と共に、一拍置きに銃弾を浴びせ、手応えを感じたが、ヒグマは、くるりと後ろを向き、近くの餌場内に、もう一頭のヒグマと共に隠れた。

そこで、斉藤さん含め、皆で餌場を包囲したが、ヒグマが出て来ない為、斉藤さんがショベルカーに乗込み、餌場のトタンの外壁を強引に剥がし、中の様子を確認すると、5頭目のヒグマは既に絶命していた。

その亡骸の近くに、6頭目のヒグマがおり、斉藤さんとの距離は5メートル程だった。ヒグマは斉藤さん目掛けて、飛び掛かろうとする仕草を見せたが、斉藤さんが目を見開き睨み付けると、後ずさりを始めたので、直ぐに飛び掛かっては来ないと判断し、斉藤さんは、急いでショベルカーに乗込み、車内から半身を出す姿勢でライフルの照準をヒグマの頭部に定め、一撃で射殺。
脱走した6頭全てを射殺した頃には、午後4時近くとなっていた。

【その後】
2名の女性従業員は、既に絶命しており、病院に搬送された。射殺されたヒグマらは、22日に解体解剖され、胃内からは、握り拳程度のくすんだ赤色の肉片、毛髪、捲れた皮膚、胃液で黄色に変色したタイツなどが発見された。
また、クマ牧場は経営難で、施設の老朽化が目立っていた点を以前から問題視されていた事も、後に分かった。


​​今日のところは・・・こういう事故を起こしたクマ牧場があった・・・という事をまず知っておいて欲しいんです。

長くなったので(いつも長いじゃんw)続きはまた明日にでも書きますね?

タイトルで吹っ掛けたクセに、オチが先送りwww


よろしければ?(^_^;)


  ポチっと応援お願いしま~す!  \(^o^)/ 

    このカテゴリ-のランキングにエントリーしています にほんブログ村 ライフスタイルブログへ          

    こちらのランキングも応援お願いします!     






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

丸太の玉切り・薪作りの必需品 ティンバージャックティンバージャッキ並行輸入品
価格:12131円(税込、送料無料) (2020/11/30時点)

楽天で購入くま






Last updated  2020.11.30 19:50:04
コメント(6) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.