000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SOLILOQUY

SOLILOQUY

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Free Space

1/12
150万HIT越えしました!
いつもおいで下さってありがとうございますm(__)m



相変わらずマイペース故、レスのお返しやTBのお返しが全く出来ておらず申し訳ありませんm(_ _)m


リンク集(ブックマーク)


メッセージ


掲示板


今後行くイベントの予定

未定(笑)

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Recent Posts

Comments

aki@ Re:刀剣乱舞のタペストリー等見てきました♪(05/02) この様な書込大変失礼致します。日本も当…
背番号のないエースG@ 水泳部 あだち充「ラフ」に、上記の内容について…
スホ氏@ Re:英國戀物語エマ 第二幕 最終章(最終回)(07/03) エマを大好きなファンです。 今までエマを…
さくらこ@ Re:デス・パレード 第12話(最終話)「スーサイド・ツアー」(その2)(04/05) るみさんお久しぶりです 前に楽天でBlogし…
rumi0503@ デス・パレード 第11話の感想です ノーナが望んでいた方へとデキムが変化し…
rumi0503@ デス・パレード 第10話の感想です 最後のギンティの笑顔がめっさ気になりま…
rumi0503@ デス・パレード 第9話の感想です これは・・もう2人共「虚無」でしょうね…
rumi0503@ 続きです トレンディーアクキーを3つだけ買ったん…
rumi0503@ デス・パレード 第7話の感想です うーん・・・なんかオクルスはわかってて…

Favorite Blog

ハンバーーグ!とき… New! 春乃もも太さん

2月は誕生月♪ @tom@さん

制作中です シュージローさん

miの囁き部屋 mi'さん
BL主腐日記 ピーチシルクさん
How Deep Is Your Lo… ひびき0503さん
Mama's Diary ぽたママさん

Category

2010.06.21
XML
カテゴリ:鋼の錬金術師
鋼の錬金術師FA 第62話「凄絶なる反撃」




公式HPより


ホーエンハイムの策略により身体からアメストリス国民の魂を失ったお父様だったが、自身の中にある神の力を保持し続けるため、自分の周囲にいる人間たちに襲いかかり、魂を得ようとする。お父様の中の賢者の石を消滅させるべく、生き残ったブリッグズ兵やロイ、アームストロングたちはありったけの力を持って攻撃を仕掛けるのだった。だがお父様の反撃に遭いアルは身体を、エドは右腕の機械鎧を壊されてしまう。そのエドの魂を取ろうと迫るお父様。兄を救うためアルは非情の決意をする。それは………。



ホーエンハイムにより奪われた分の賢者の石を再び手にする為地上に出てきたお父様。

「これ以上はやらせんよ!」

阻んだのはホーエンハイム
そしてアル、メイ、イズミが後を追ってきた

「人間はおとなしく石になっておればいい」

あくまでそう言うお父様に対し

「人間からは賢者の石が出来る。賢者の石からはホムンクルスが出来る。
では、ホムンクルスからは何が出来る?何を生む?
安全になったつもりだろうがどん詰まりなんだよっ!」


すると人間を産もう!と言いだし、体内から出してきた人間・・・大量のクセルクセス人
その中にはクセルクセス王もいた
大人だけでなく、イズミの足元には赤ん坊まで

「やめろ!やめてくれ!こんなの違うっ!」

どれも肉体を求めて近寄ってくる
そしてそれはかつてのホーエンハイムの友人たち
その事実に怒りを爆発させる

「貴様ぁぁーーーっ!!!」


そんな彼らの目の前でニヤリと笑いながらクセルクセス人を消滅させてしまうお父様。
その威力は絶大で、中央本部が半分ふっ飛んでしまう程の威力だった


上で何が起こっているのかわからないグリード達
そこへダリウス達が上がってくる
一同を見て、オリヴィエとジェルソに降りろと言うグリードにあくまで自分が指揮をすると言い張るオリヴィエ
どうしても引かない彼女を諭したのは部下達だった。

ボスが不在でも怯まず動ける軍隊だと。


ここでただの人間であるオリヴィエ、シグ、そして怪我をしているジェルソ、スカー、捕虜らはその場に残る事となった。

「通信機を持っていけ!必ず勝て!」


「言われずとも!」



残ったオリヴィエがふと周りを見ると死んでいるブラッドレイが
スカーの言葉に先刻の報告を思い出したオリヴィエ

「どうだ、ブラッドレイ。私の部下は強かったろう?」



ものすごい威力だったお父様の攻撃
メイをそれから守ったのはアルだった

aru2.jpg

しかし、身体はボロボロ。動けないような状態でその場に倒れてしまう

また、エドとイズミを守ってくれたのはホーエンハイムだった

houenhaim.jpg

こちらも、守るのにかなり力を使ったのか?皮膚が変化してきている
そんな動けなくなったホーエンハイムをふっ飛ばすお父様
ホーエンハイムは立ちあがれない


そんなお父様が狙ったのはエドとイズミ
2人から賢者の石を作ろうとする


そんな2人を助けたのはブリッグズ兵
とにかく攻撃する間を与えないようありったけの武器で攻撃する


しかし、金髪長髪の男・・・って確かにそれだけじゃエドと区別がつかないですよね~(^^ゞ



だが、どれだけ攻撃してもお父様は涼しい顔。
しかし、そこに連絡が入り突然攻撃を中止して伏せる!

その場を覆ったのは紅蓮の炎
ロイとロイの目となるリザ、そしてアームストロング少佐だった

完全なるロイとリザの連係プレーきらきら


「目が見えんから加減がわからん!」
「加減する必要などありません!」
「どうもこの手合わせ錬成はしっくりこん!」

しかし、ロイの放った炎を受け止め返してくるお父様
リザの指示で慌てて錬成して炎から2人を守るロイ

そうか・・今の彼には錬成が出来ちゃうんですよね~
ちょっと違和感あるけど大笑い

「反撃の隙を与えるなぁーーっ!」

ロイやブリッグズ兵だけでなく、自分も加わるアームストロング少佐
彼らだけでなくダリウスもザンパノ、ランファンもそれに加わる
総出で、とにかくお父様に賢者の石を使わせ続けようと攻撃をし続ける


それをちょっと離れた所から興奮した面持ちで見ているグリード
あの力を手に入れたら世界は全部自分のものに出来ると。空っぽが埋まると。

「浅ましいな、グリード
おまえが欲しいものはそれじゃない筈だ」


しかし、リンにそう言われてしまう
それを打ち消してお父様に向かっていくグリード


攻撃をずっと続けているのに全く効いていない
防壁を何とかしなくては無理
しかし、人間では指1本触れられない・・・
ならばホムンクルスなら?

お父様の額に一発パンチを叩きこむグリード。   しかし・・・


「いいとこに来たな、グリード。親孝行な息子よ」

そう言って笑む
そしてグリードの中の賢者の石を奪おうとする
しかし、それは逆に防壁を外した事になる

このチャンスに一斉に飛びかかり攻撃するエド達
そしてとうとう焦れたお父様はグリードまで放して攻撃を。
そのせいで壊れかけていたエドの右腕は粉々に(>_<)

「諦めるなぁーーっ!!!」

それでも防壁で防御していたお父様だったが、その身体にも変化が!
とうとうエドの攻撃を素手で受ける事に

father3.jpg

とうとうお父様にも限界がきた
神を押さえこんでいられなくなっていた
そんな彼が再び攻撃を。吹っ飛ばされる一同
そしてそのお父様が次に狙ったのはエド。
しかも、左腕を鉄骨に貫かれ身動きが取れない

助けたいのにホーエンハイムもアルももう動けない
そんなアルはある方法を思い付く
自分の魂をこの鎧に定着させられたのなら逆も出来るはずと。
それをメイに頼むアル
時間が無いと
アルの決意に目に大粒の涙を溜め項垂れるメイ


どんどんエドに近付いてくるお父様

「石 人間 エネルギー  寄こせぇぇーー!!!

次の瞬間、アルが

「何をする気だ!・・止めろ!・・おいっ!アルッ!」

しかし、アルは自分の魂と交換にエドの右腕を錬成させる

「勝てよ、兄さん」
「やめろぉぉーーーっ!!!」



そしてアルの魂は肉体の所にいた

「もう、いいのかい?」
「うん。あとは兄さんを信じる」

aru3.jpg

そして握られる腕と腕
消えていく鎧

魂の入ったアルの肉体に話しかける真理

「アイツはおまえを取り戻しに来るか?」
「来る!絶対に」

アルの迷いのない表情
そして真理の右腕が消えていく

「何を犠牲にするか楽しみだ」




そしてエドの身体には失くした筈の右腕が出現☆
それはすなわち・・・

「バッカヤロォォーーーっ!」

そして両手揃ったエドは錬成してお父様を吹っ飛ばす!
さらに鉄骨を左腕から抜く
そして間髪入れずに攻撃を!!!
さらに槍をお父様の頭部目がけて投げ込み、当たった場所からどんどん力が流出していくお父様


この光景にみんなが思う「いける!」と

「「「「「「「いけぇぇーーーーーーっ!!!!!!!」」」」」」

みんなの声が津波のように・・そして1つとなっていく


そんな光景を背後からぼんやりと見ているグリード
それを内からリンが呼びかける

「おまえが欲して止まなかったもの 本当はこの・・」

その間にもエドを呼ぶ、声声声

「ああ、そうだ。俺が欲しかったのはコイツらみたいな仲間だったんだな・・」

みんなの声に応えるように繰り出されるエドの一発が顔面に入る

「立てよ、ド三流!
俺たちとおまえの格の違いってヤツを見せてやらぁ!」





ここのところアニメに泣かされっぱなしです涙ぽろり
でも、もしかしたら皆さんと泣いた個所が違うかな?
私は「いけぇーー!」「エドぉーーっ!」とみんながエドを呼び託す声に泣けましたー!
もちろんアルのシーンだって泣けたんだけど、なんかこっちに非常に泣けました。


最終回を読んだので知っているのにハラハラしっぱなし。
アニメではどう表現されていくでしょうか?
またアルに向かって言った真理の言葉へのエドの答え。
一緒に唸って欲しいです!
そして残すところあと2話、心して見ます!





にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 ←よろしければ1クリックお願いします








お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2010.06.21 15:20:05
コメント(3) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.