7001009 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SOLILOQUY

SOLILOQUY

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Free Space

1/12
150万HIT越えしました!
いつもおいで下さってありがとうございますm(__)m



相変わらずマイペース故、レスのお返しやTBのお返しが全く出来ておらず申し訳ありませんm(_ _)m


リンク集(ブックマーク)


メッセージ


掲示板


今後行くイベントの予定

未定(笑)

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Recent Posts

Comments

aki@ Re:刀剣乱舞のタペストリー等見てきました♪(05/02) この様な書込大変失礼致します。日本も当…
背番号のないエースG@ 水泳部 あだち充「ラフ」に、上記の内容について…
スホ氏@ Re:英國戀物語エマ 第二幕 最終章(最終回)(07/03) エマを大好きなファンです。 今までエマを…
さくらこ@ Re:デス・パレード 第12話(最終話)「スーサイド・ツアー」(その2)(04/05) るみさんお久しぶりです 前に楽天でBlogし…
rumi0503@ デス・パレード 第11話の感想です ノーナが望んでいた方へとデキムが変化し…
rumi0503@ デス・パレード 第10話の感想です 最後のギンティの笑顔がめっさ気になりま…
rumi0503@ デス・パレード 第9話の感想です これは・・もう2人共「虚無」でしょうね…
rumi0503@ 続きです トレンディーアクキーを3つだけ買ったん…
rumi0503@ デス・パレード 第7話の感想です うーん・・・なんかオクルスはわかってて…

Favorite Blog

~天神社~ 令和6年 … New! 春乃もも太さん

制作中です シュージローさん

2月は誕生月♪ @tom@さん

miの囁き部屋 mi'さん
BL主腐日記 ピーチシルクさん
How Deep Is Your Lo… ひびき0503さん
Mama's Diary ぽたママさん

Category

2011.04.17
XML
カテゴリ:ジャンプ作品
青の祓魔師(エクソシスト) 第1話 「悪魔は人の心に棲む」


春アニメ第10弾です



公式HPより


修道院で暮らす15歳の少年・奥村燐は、双子の弟・雪男が名門高校・正十字学園への進学を決める一方、進路が決まらない自分に焦りを募らせていた。
翌日、養父・獅郎に送り出されてバイトの面接に向かった燐は、店内で暴れる悪魔の姿を発見! 
結局この騒ぎで面接は失敗し、またしても落ち込む燐。そんな中、昨夜の喧嘩相手・白鳥が仕返しに訪れる!
悪魔のような形相で襲い掛かる白鳥の脅威に、燐の体から青い炎が噴き出した…!!





恒例のキャスト貼り


奥村 燐:岡本 信彦
奥村 雪男:福山 潤
杜山 しえみ:花澤 香菜
勝呂 竜士:中井 和哉
志摩 廉造:遊佐 浩二
三輪 子猫丸:梶 裕貴
神木 出雲:喜多村 英梨
霧隠シュラ:佐藤 利奈
イゴール・ネイガウス:置鮎 龍太郎
アマイモン:柿原徹也
メフィスト・フェレス:神谷 浩史
藤本 獅郎:藤原 啓治



とうとう、この枠にジャンプ作品登場☆
ただし、スクエアなので未読です

しかし、気になるのは他のジャンプ作品同様連載中の作品だという点です



あんまり勉強は出来なくて、喧嘩ばかりしている兄
逆に勉強が出来る優等生タイプの弟


しかし、兄・燐は別に理由なく乱暴を働いているわけではなく、その日も鳩を矢で射殺しているのにカッときて殴っただけだった。
(声はイトケンさーん)


そんな燐を優しく(ちょっと軽そうな感じですが)見守り、ここまでこの双子の兄弟を育ててくれた南十字男子修道院の神父・藤本獅郎
仲間もとても燐を心配してくれている

そしてそんな兄を一番心配しているのは医者をめざしていて、正十字学園高等学校に進学が決まり、一足先にこの修道院を出る事となった弟の雪男


「俺だって焦ってるんだ」

弟に言われるまでもなく、それは本人が一番わかってる事。
だからこそ、仲間が見つけてきたスーパーのバイトの面接にも出掛けていく


「大変だな、エクソシストって奴は
居もしないものを退治しなければならないんだから」


藤本神父が会っていたのは何か訳ありそうな母娘

「いるんだよ、悪魔は。俺たちの心の中に」

藤本神父にネクタイを締めて貰ってる間のテレた顔が可愛いです♪

本当の親子じゃなくても、それ以上を感じるイイ関係が見て取れます(^^)



スーパーニコニコ堂
面接では・・・なんかイマイチ?

とにかく手始めにと洗剤を店頭に運べと言われる
どうやらこの店長さん、新人イビリをよくしてるみたいですね(^^ゞ

しかし、予想を上回る速さで運んでいく
だが、肝心なところで洗剤をぶちまけてしまい(>_<)
さらに、掃除しようとして水道の蛇口を壊し(>_<)
カートを片付けようとして勢い余って・・・(>_<)

端から失敗続きで大目玉を

「やっぱ、俺って仕事向いてないのかな~?」

しかし、そんな燐に優しく声をかけてくれるパートのおばさんが

そのおばさんがくれた試食が激マズ
しかし、代わりに燐が一工夫してみると「美味しい」と評判になり、麺だけでなく使った調味料らがバカ売れに

この一件で燐の採用決定!



早速、雪男に連絡する燐
修道院を離れる前に嬉しい知らせが聞けたと涙ぐむ
藤本も今夜はすきやきにしてやる!と嬉しそう



しかし・・・

「やめてー!」

マフラーを追いかけている少女
その子は藤本のもとに挨拶に来ていた子だった
マフラーを捕まえ渡そうとした燐だったが、変に棚引くそのマフラーには猿の様な変なモノが・・・

そのままマフラーを持って逃げてしまう謎の物体
慌てて追いかけるが、その度に客にぶつかりそうになったり、陳列している物にぶつかったり・・・



「遅いね、燐くん」


いつまでたっても帰ってこない
雪男が探しに行くといつもの公園に

「クビだってさ」


結局乱暴者と思われて取り消されてしまったのだ

「何があったの?」

そう言われても言葉にならない
だが、それではなにもわからない。
せっかく嬉しいニュースを聞いたばかりのクビの話につい雪男は声を荒げてしまう

「説明したってわかんねぇ事だってあるだろう!」

いつになく大きな声を出す兄に、家に帰ろうと促す





修道院に帰ってみると、玄関先にあの少女と父親の姿が。
礼を言われた燐だったが・・・

父親はその子がそそっかしくて生傷が絶えないのだと思い込んでいた
両親には見えていないのだ

つい、そうじゃない!と言い返す燐
すると顔色を変える藤本

燐が見た変な物体の特徴を話すと、学校のいじめっ子だと思い込んでる父親は学校に乗り込もうとするが、それを止めたのは少女だった


「違うの!私を苛めているのは人間じゃない!悪い妖精なの」

以前から両親にユイは訴えていたのだ
しかし、その姿を見れない両親はユイがおとぎ話を言っているのだと

「空想なんかじゃない!どうして信じてあげないんだ!
親に信じて貰えなかったら、子供は一体誰を頼ればいいんだよ!」


だが、藤本はそれ以上言う事を止める
代わりにユイによつ葉のクローバーのお守りを渡し、父親にはユイちゃんを責めないようにというのと両親を頼りにしているのだという事を添える


黙って娘と帰っていく父親

そして燐は暫く外出禁止と言われてしまう



神妙な顔をした藤本は地下にあるたんすに鍵を差し込む
すると引き出しの中にしまわれた刀の封印が破れかかっていた


「やはり・・・」




翌日、起きてみると挨拶も無しに雪男は1枚の手紙だけ残して行ってしまった

「薄情者!挨拶ぐらいしていけっつーの!」

外を見るとマックロクロスケみたいなのがフワフワと漂っている
慌てて外に出てみると
白鳥が仲間を連れて門の外で待ち構えていた


別の場所に連れ出された燐

金で片を付けようとする
拒否する燐

すると今度は雪男の事を持ち出してきた
(白鳥は雪男と同じ学校の生徒だった)

「俺の事はどう言ってもいいけどよ、弟の事はバカにするんじゃねぇ!」

雪男をバカにされ、白鳥を殴る

「痛ぇな。何調子こいてんだー!」

ところが、白鳥の様子が昨日と違う。
マックロクロスケみたいなのが白鳥の周りに群がり、そして牙のような鋭い歯
耳は尖り、爪も鋭く変化し、頭には山羊の角のようなモノが

「コイツ、人間じゃない!」

しかし、気付いているのは燐だけ

あっという間に仲間に抑えつけられてしまい、白鳥は真っ赤に焼けた鉄の棒を持って近寄ってくる
その様子にさすがに仲間も止めるが、そんな仲間を蹴り飛ばし焼けた棒を燐の顔へと近付けていく。


「やめろぉぉー!!!」

すると、身体中から青い炎が燐を包み、抑えつけていた仲間達は吹っ飛ばされ、そのまま逃げて行ってしまう

「やはり私の目に狂いはなかった。我が名はアスタロット。
参りましょう、若君。サタン様がお待ちかねです」


サタン?


「その心には悪がある」

突然聞こえてきた呪文

「貴様、エクソシストかぁー!!!」

ニヤリと笑う藤本

呪いの言葉を唱えながら悪魔と化した白鳥の攻撃を退け、地面に叩きつけ

「汝、とに滅びん」

すると白鳥の口の中から大量のマックロクロスケが(>_<)
そのまま意識を失ってしまう白鳥


取り憑いた悪魔を祓っただけで命には別状ないようだ
そして空中にフワフワ浮いているものは魍魎(コールタール)と言われる悪魔だった


「この次元には2つの次元が合わせ鏡のように存在している」

1つは自分たちが住むアッシャー。そしてもう1つが悪魔の住むゲヘナ
本来なら互いに行き来どころか干渉も出来ない筈だが、こちらのありとあらゆる物に憑依して干渉してくるのだと話して聞かせる

燐の覚醒を知られてしまった?
ありとあらゆるものに狙われる?
隠れなければ?


何が何だかわからない


「俺は一体なんなんだよ!」
「悪魔が人間に生ませた子供
魔人、サタンの子だ」



燐の周りを悪魔が増殖していく




うわー!
半端無く作画がイイですね!
そして展開が個人的に好きそう♪
始まったばかりでわからない点も多々ですが、

この双子の兄弟だけでも結構萌えられそうな(〃∇〃) てれっ☆(笑)
中途半端で終わるだろう事がわかってるだけになんか勿体ないなぁ(>_<)


とにかくバッチリ視聴決定ですね(^_-)-☆



◆19日よりTB受付機能が停止します
この記事にTBが飛ばない場合は、コチラに送って下さいますようお願いします



にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 ←よろしければ1クリックお願いします



 青の祓魔師 全巻セット(1~6巻)続刊/加藤和恵

 青の祓魔師 (1) 【初回限定生産】





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2011.04.18 00:20:59
コメント(5) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.