7000127 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SOLILOQUY

SOLILOQUY

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Free Space

1/12
150万HIT越えしました!
いつもおいで下さってありがとうございますm(__)m



相変わらずマイペース故、レスのお返しやTBのお返しが全く出来ておらず申し訳ありませんm(_ _)m


リンク集(ブックマーク)


メッセージ


掲示板


今後行くイベントの予定

未定(笑)

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Recent Posts

Comments

aki@ Re:刀剣乱舞のタペストリー等見てきました♪(05/02) この様な書込大変失礼致します。日本も当…
背番号のないエースG@ 水泳部 あだち充「ラフ」に、上記の内容について…
スホ氏@ Re:英國戀物語エマ 第二幕 最終章(最終回)(07/03) エマを大好きなファンです。 今までエマを…
さくらこ@ Re:デス・パレード 第12話(最終話)「スーサイド・ツアー」(その2)(04/05) るみさんお久しぶりです 前に楽天でBlogし…
rumi0503@ デス・パレード 第11話の感想です ノーナが望んでいた方へとデキムが変化し…
rumi0503@ デス・パレード 第10話の感想です 最後のギンティの笑顔がめっさ気になりま…
rumi0503@ デス・パレード 第9話の感想です これは・・もう2人共「虚無」でしょうね…
rumi0503@ 続きです トレンディーアクキーを3つだけ買ったん…
rumi0503@ デス・パレード 第7話の感想です うーん・・・なんかオクルスはわかってて…

Favorite Blog

『愛知県・パワース… New! 春乃もも太さん

2月は誕生月♪ @tom@さん

制作中です シュージローさん

miの囁き部屋 mi'さん
BL主腐日記 ピーチシルクさん
How Deep Is Your Lo… ひびき0503さん
Mama's Diary ぽたママさん

Category

2011.10.15
XML
ペルソナ4 -Persona4- 第2話「The Contractor's key」




公式HPより


『ペルソナ』の力に目覚めた悠。そんな中再び事件が起こった。
よく知る人物の死に対し、悠は陽介と共に事件の謎を追う。




ワイルドの力を得た悠



霧が立ち込める朝、電柱から逆さ吊りされている死体が・・・

その前日、なんとかペルソナの力でシャドウをやっつけた悠
とにかくここから戻りたい・・・やっとクマを探す
最近よくこちらの世界に人がやってきているらしい

とにかく悠たちを邪魔扱いするクマはテレビを三台出し、悠たちをグイグイ押す
すると元いた世界に戻ってこれた3人。
見渡すと、あちらの世界でポスターの顔の部分を破られていたのと同じ、柊みすずのポスターを見つける。

柊みすずの夫は先日亡くなった山野アナと不倫していたらしい

「山野アナが死んだ事と関係があるのかも」


そして翌日
再び事件が起こる

(それにしても、校門の前で雪子を待ち構えていた青年が気持ち悪い)


ずっと連絡が来ないと陽介が心配していた小西先輩が死体で見つかったと朝礼で知らされる。
ショック状態の陽介
そんな中、昨夜、マヨナカテレビを見たか?と聞いてくる
陽介は小西先輩を見たと話す。

山野アナがマヨナカテレビに映ったら死体となって発見され、
今度は小西先輩が映ったらまた死体で発見された
そして似たような状態で発見された事実。

「あのテレビに映った人間は死ぬ・・・とか?」

そして柊みすずのポスター
あちらとこちらの世界が何か関係しているーーー
真剣にそう考えている陽介はもう一度あちらの世界に行く決心をしていた
恐がる千枝を置いて悠は付き合うと言い、互いにロープを巻きつけてテレビの中に入る。
しかしロープは途中で切れてしまってて・・・



しかし、予想どおりクマのいた場所に戻れた悠と陽介
最近、よく霧が晴れる事があると2人を怪しむクマ
どうやら、悠達の世界に霧が立ち込める時、クマの世界では霧が晴れるらしい。
そしてその間に人間が放り込まれると話す
それを聞いて、2人の死体が発見された時、どちらも霧が濃かった事を思い出す悠。

クマは自由にこちらに来れるのなら人を放り込むのも出来るだろうと言う

「もしかして・・・小西先輩も山野アナも無理矢理こっちの世界に放り込まれたのかも」

しかし、頭っからすっかり悠たちが犯人だと思い込んでいるクマ
その言葉に腹を立てた陽介はクマこそ犯人だろうと。正体を探ろうとクマに掴みかかるが。
中身は空っぽ。なのに動いている Σ( ̄ロ ̄lll)
冷静に頭の部分を乗っけると礼を言うクマ

ホント、悠って動じないというか・・・(^^ゞ

助けた事でやっと犯人じゃないと信じてくれたクマ

(簡単だな・・ヾ(ーー ) オイッ)

その代わり、真犯人を見つけて止めさせて欲しいと頼まれる
嫌がる陽介に対し、アッサリ引き受ける悠

「どんだけお人よしなんだよ、おまえ」


とにかくクマと協力関係を持つ2人
悠と色違いの眼鏡を貰った陽介

クマが小西先輩を見かけたという場所に案内されるが、そこは自分たちが住んでいる町の商店街ソックリ。
そして彼女の気配が消えたのは彼女の家ソックリの店。


すると誰か女性の喋り声が!

それは陽介の父が店長をしているジュネスの悪口。潰れろとまで言っている
腹を立てて店に飛び込んでいく陽介
すると今度は彼女の父親がジュネスで働く娘を叱っている声
声はすれど応答は無く・・・
そして足元には陽介が彼女に渡したチケットが破られていた

「花ちゃんの事・・・ウザイと思ってた」

今度は小西先輩の声
ジュネスの店長の息子だから付き合っていた。ウザイという声にショックを受ける陽介

「嘘だ!嘘だ嘘だー!」

しかし、さらに驚くは自分と同じ姿をした者が奥から出てきたのだ

「なぁ、“俺”」
「誰だおまえは?」
「俺はおまえだ」

何でもお見通しだと。小西先輩の為に来たというのは嘘でワクワクしたから来たんだろう?と言うこちらの花村

「あわよくばヒーローになれると思ったんだよな」

こちらの花村にパニックな陽介

「我は影。真なる我。俺はおまえの影」

「ふざけるな!おまえなんか知らない!
おまえなんか俺じゃない!」


しかし、相手は高笑いし力が漲ってきているよう。
そしてとうとう正体を表す。シャドウだった
建物が崩れ、直接陽介に攻撃してくる

寸でで助けた悠はペルソナを発動させる。
しかし、まだ陽介はショックから抜け出せない
だが、あれはそもそも陽介のここの中にあったモノと説明され認めないとばかりに首を激しく振る。
そんな陽介を見て、孤立したくないからヘラヘラしているんだろう?と言って陽介の心をさらにかき乱す。

さらに一体が黒く浸食されていく
早くなんとかしないと

「俺は全部知ってるぜ。おまえがいかに情けない奴かってな」

ウザがられてるのを知っていながらイイ人ぶっていたのだと。

「やめてくれぇぇー!」

そんな陽介をぶん殴ってしまった悠

(本当に間違ったの?/笑)

先輩を好きだったのならそれでいいだろう?そう言って陽介に手を差し出す
それにより冷静さを取り戻した陽介

「本当はわかってたんだけどみっともねーし認めたくなかった」

自分の気持ちを正直に話す陽介
自分がウザイ事はわかってた。それでも本当に先輩の事は好きだったと。
そしてやっとペルソナと戦っているシャドウが自分の一部であると認め向き合う。

「全部ひっくるめて俺だって事だな」

すると、そんな陽介を見て焦ったように暴れ始めるシャドウ
その隙をついて悠はイザナギで倒す

「俺はおまえで、おまえは俺だ」

認めてやるとこちらの花村はニッコリと微笑み、ペルソナへと姿を変える。
そして落ちてくるカード

「これが俺の」
「ペルソナだ」
「鳴上、おまえがいてくれて助かったよ。ありがとな」

微笑み合う2人



そして元の世界に戻ってきた
そこには心配で泣いている千枝が
そこはビフテキと肉丼で手を打つ事に(笑)



2人で帰る帰り道。クマの言葉を思い出していた
無理矢理クマの世界に放り込まれ、シャドウに殺されたのだろうと言っていた

約束したし。とにかくこんな事をしている犯人を見つけよう

「ま、よろしく頼むぜ」
「お、おう」


こうして2人は見えざる犯人探しが始まったーーー






どうやらアッチの世界は抑圧された感情が具現化してしまうんですかね?
知られたくない感情を暴露されてパニくってた陽介ですが、悠のパンチと言葉が効いたみたいでよかったです。
でも、きっと小西先輩や山野アナは負けてしまったんでしょうね。

それにしても一体誰があっちの世界に人を送り込んでいるのか?
そしてどうやら次にマヨナカテレビに映るのは雪子?
千枝のパニックぶりも気になります



<トラックバック用URL>http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/834d480499



にほんブログ村 アニメブログへ ←よろしければ1クリックお願いします


 「ペルソナ4」 2012年カレンダー

 ペルソナ4 1【Blu-ray】【初回生産限定】





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2011.10.15 22:12:55
コメント(0) | コメントを書く
[アニメ(原作:小説&ゲーム&その他)] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.