176897 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

jasjeの絵日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


jasje

Calendar

Category

全25件 (25件中 1-10件目)

1 2 3 >

僕の好きなもの

2010.06.06
XML
カテゴリ:僕の好きなもの
4日の晩のNHK「世界ふれあい街歩き」は僕も去年の春に訪れたスロベニアの首都リュブリャナでした(番組サイトのリュブリャナの回).この番組では以前にアドリア海岸のピランも扱っている.どちらも撮影は僕が歩いたひと月ちょっとあとの2009年5月だったらしい.

リュブリャナのあんな町中に市民農園みたいな畑があったとはね.機会があったらまたリュブリァニッツァ川沿いの道をのんびり散歩してみたいと思います.1980年代のはじめに初めて行ったときは通りに軍人の姿が多くてあんまり楽しくなかったけど,独立してからずいぶん雰囲気が変わった.

リュブリャナにしてもスロベニア全体にしても,何かを見物にいくというよりゆったりとした時を過ごしに行く場所.ポストイナの大鍾乳洞みたいな観光スポットがあることはありますけどね.

去年3月末の写真とブログ記事:
090328a.jpg 090328b.jpg

090329a.jpg 090329b.jpg

2009.04.01 イリリアの塔
2009.04.01 スロベニアの雲






Last updated  2010.06.07 21:41:06
コメント(1) | コメントを書く
2010.04.16
カテゴリ:僕の好きなもの
どうもこういうのに弱くて.まとめのインテリアブログの特集






Last updated  2010.04.16 17:16:02
コメント(0) | コメントを書く
2010.04.01
カテゴリ:僕の好きなもの
なるべくながく咲いていてほしい、仙川遊歩道の桜。

1004010745.jpg 1004010746.jpg

善福寺川の桜もきれいらしい->善福寺川 リバーサイド Blog






Last updated  2010.04.03 22:22:46
コメント(2) | コメントを書く
2009.12.11
カテゴリ:僕の好きなもの
0911271950.jpg 0911281029.jpg 0911281116.jpg

この3景に共通するのは「光と陰」かな.ちょっとこじつけみたいだけど.

右端の弁慶橋ボート場の建物,なんとなくコルビュジェじゃありません? 水辺のサヴォワ邸.






Last updated  2009.12.11 17:50:07
コメント(1) | コメントを書く
2009.11.04
カテゴリ:僕の好きなもの
IMG_0054.jpg

文化の日の前後になるとふとシデロイホスを想います.ま,だいたい今頃原田和男さんの個展が開かれていることが多いからなんですけどね.今年はどうしたのかなと思っていたら,10月24日から11月29日まで北鎌倉のポラリスで開催中だとわかりました.今月末から来月はじめにかけては鎌倉の紅葉も見頃だし,なんとか時間を作って行ってみたい.鎌倉市台といえば北大路魯山人の星岡窯が昔このへんにあったんじゃなかったっけ.

今回の個展では絵にも力を入れたということで原田さんから展示作品の写真をいただいたのでご紹介します.

kh7.jpg kh6.jpg kh5.jpg






Last updated  2009.11.04 23:00:42
コメント(2) | コメントを書く
2009.02.28
カテゴリ:僕の好きなもの
まもなく2000点目(巻というのか号というのか)が発行されようとしている中公新書は1962年に創刊されていて岩波新書の次に古いんだそうな.当時新書といえば岩波と決まっていたので,別の出版社からも新書が出たというのは新鮮でもあり,なにか胡散臭い感じもしました.光文社のカッパブックスなんかも人気があったけど,あれは新書とは呼ばれていなかった.うちにも母が買ってきた「記憶術:心理学が発見した20のルール」(南 博,1961)があって,カッパはこういうハウツーものみたいなのを得意としていたと思いますね.ちなみに家族の中でこれを読んで記憶術を実行したのは僕が最初だったはず.

さて,2000点の中公新書のなかから「わたしの3冊」を選ぶとすると,これはまた難しい.アカデミー賞にならってまず候補作品をあげてみます.中央公論社のサイトにあるPDF目録から選ぶという手もあるけれど絶版のものは載っていないし,本棚の目に付くところに置いてあるものと,記憶に「中公新書」としてしっかり残っているものだけを対象にすることにしました.

うんと古いものでも,
   3 会田雄次「アーロン収容所」
  13 加藤秀俊「整理学」
なんかは確かに読んだ記憶があるけど中公新書かどうかあやふやだったしなぜか目に見えるところには実物がない.

目の前にあるものの数はざっと20タイトルなので,あちこちに持っている総数は100冊を超えていると思います.

で,候補は以下の通り:

 136 発想法(川喜田二郎)
 174 カンの構造(中山正和)
 210 続・発想法(川喜田二郎)
 230 発想の論理(中山正和)
 332 野外科学の方法(川喜田二郎)
 757 問題解決の心理学(安西 祐一郎)
 907 人はいかに学ぶか(稲垣佳世子・波多野誼余夫)
1345 考えることの科学―推論の認知心理学への招待(市川伸一)
1479 安心社会から信頼社会へ(山岸俊男)
1506 連想活用術(海保博之)
1724 現代建築の冒険(越後島研一)
1747 <快楽消費>する社会(堀内圭子)
1909 ル・コルビュジェを見る(越後島研一)

いちいち解説するのはやめとくとして,3作選んでしまうと:

(1)カンの構造(中山正和)
 川喜田先生の「発想法」より先にこれを読んで発想法的なものに関心を持つようになった.もちろん「発想法」はいまでもよく参照するけれど,おなじ川喜田先生の「野外科学の方法」や現代教養文庫ででた「パーティー学」をさしおいて「発想法」選ぶのはちょっとためらうので.これに136,210,230,332を代表させてしまう.
 
(2)問題解決の心理学(安西 祐一郎)
 認知心理学,認知科学の分野のものとしては草分けなので,907,1345,1506,それにちょっと分野は違うけど1479,1747も代表してもらうことに.そういえば波多野・稲垣「知的好奇心」も中公新書でした.

(3)現代建築の冒険(越後島研一)
 比較的最近読んだものの代表.建物についての見方が変わるという評判.賛成です.

こうやって並べてみるとちょっと好みが偏ってる気もしますが,しょうがないかな.






Last updated  2009.03.01 14:04:36
コメント(5) | コメントを書く
2008.12.03
カテゴリ:僕の好きなもの
成城のライトアップもはじまります.

0812031950.jpg

駅前で.

出迎えてくれるという程度の小ぶりさかげんが嬉しい.






Last updated  2008.12.04 09:07:29
コメント(2) | コメントを書く
2008.11.28
カテゴリ:僕の好きなもの
0811250701b.jpg

今週火曜日の朝.見慣れた場所なんだけど,この写真はなぜかくりかえし見たくなるので.






Last updated  2008.11.28 17:04:34
コメント(4) | コメントを書く
2008.11.22
カテゴリ:僕の好きなもの
0811221552.JPG 0811221553.JPG
0811221557.JPG

沼津の御用邸記念公園西附属邸で鈴木丘さんの個展を見てきました.「ブロンズ彫刻 種に還る果実」.11月30日まで.丘さんの作品には障子に映る影が似合うことがよくわかります.

0811221613.JPG 0811221648.JPG

4時半の閉園までねばって帰路に.江浦湾で海の上の雲を眺めたあと伊豆半島の根本を横切って熱海へ.






Last updated  2008.11.24 14:19:52
コメント(0) | コメントを書く
2008.11.08
カテゴリ:僕の好きなもの
Image4c.jpg

白昼の空白」に胡麻さんから面白いコメントをいただいた.せっかくなので地下鉄駅で輪を回すキリコの少女を想像してみました.






Last updated  2008.11.08 16:20:01
コメント(3) | コメントを書く

全25件 (25件中 1-10件目)

1 2 3 >

Comments

jasje@ Re[2]:夏の終わりの恋のバカンス(08/29) バケーションってなあに、という時代では…
胡麻胡麻胡麻@ Re:夏の終わりの恋のバカンス(08/29) この歌より少し前に、コニー・フランシス…
胡麻胡麻胡麻@ Re:夏の終わりの恋のバカンス(08/29) ピーナッツのCD持ってます.名曲中の名曲で…
胡麻探偵事務所@ ご依頼の件 調査いたしました.4年上の某女子画家によ…
jasje@ 肩を並べて浜辺を歩く人は意外に少ない? 驚いたことにこの広いWebの世界で『肩を並…

Headline News

Favorite Blog

まだ登録されていません

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.