136393 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

jasjeの絵日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Category

2015.08.16
XML
カテゴリ:こんなのみつけた
昨日(2015/08/15)のアド街ック天国で藤沢の辻堂を取り上げていました。鵠沼に住んでいたころの辻堂はとくに特徴もない場所で、なんとなく同じ市内なのに遠い場所という印象だったのですが、いまは湘南最大のショッピングモールだかもできてにぎやかになったらしい。

収穫だったのが「浜辺の歌」の浜辺が辻堂海岸だと分かったこと。これは読売新聞文化部著(1999)の


唱歌・童謡ものがたり」(岩波書店)にも書かれていない事実でびっくりです。この本は作曲作詞双方の事情をバランスよく書いてあるケースが多いのですが、読み返してみると作曲の成田為三にまつわる逸話ばかりで、作詞の林古渓については名前ぐらいしか出ていない。

ところが、地域新聞辻堂タイムズのサイト(http://tsujidotimes.com/2009-2/hamabenouta.html)には郷土史家大石静雄氏の「「浜辺の歌」の作詞者である林古渓の父、三郎は、羽鳥学校で教鞭をとっていた。幼少の古渓は父母に連れられて、辻堂海岸へ防風と松露を取りに来た際、辻堂東海岸の砂山の高台より相模湾を眺めた。…」という文章が掲載されていて、このときの体験が30数年後の作詞につながったという。これがWikipediaでも参照されています(異論も多い、とか)。羽鳥は湘南高校のずっと西の方で東海道線の北側だから、海岸まではちょっとありますが、週末にでもてくてく歩いて行ったのでしょう。「浜辺の歌」は中学あたりで必ず習ったはずだけど、授業中に地元の海岸を詠った歌詞だということは聴いていません。とするとここ15年くらいの間になにか新事実が明るみに出たのでしょうか?

わたしには浜辺の歌というといつか書いた「燃える太陽」(Cuando calienta el sol)のほうが思い出深いのですが、あした浜辺をのこの歌もなんだか距離がさらに縮まったような気がします。






Last updated  2015.08.17 00:34:29
コメント(0) | コメントを書く

Shopping List

Wikiでつくるかんたんホームページ
本の編集などのため,既に使っているWiki.そろそろ開設側にまわりたくなった.ウェブの上にもいろいろ解…[>>]
>> お買い物履歴一覧を見る

Comments

jasje@ Re[2]:夏の終わりの恋のバカンス(08/29) バケーションってなあに、という時代では…
胡麻胡麻胡麻@ Re:夏の終わりの恋のバカンス(08/29) この歌より少し前に、コニー・フランシス…
胡麻胡麻胡麻@ Re:夏の終わりの恋のバカンス(08/29) ピーナッツのCD持ってます.名曲中の名曲で…
胡麻探偵事務所@ ご依頼の件 調査いたしました.4年上の某女子画家によ…
jasje@ 肩を並べて浜辺を歩く人は意外に少ない? 驚いたことにこの広いWebの世界で『肩を並…

Headline News

Favorite Blog

まだ登録されていません
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.