203777 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中学入試国語専科「国語の森」 東京本部校・新宿校・三田校

中学入試国語専科「国語の森」 東京本部校・新宿校・三田校

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

ワタリイヌヤ

ワタリイヌヤ

Freepage List

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

2016.09.28
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
秋の足音はまだ遠いのでしょうか。
この時期塾の面談も結構行われているのではないでしょうか
私もこれまでにかなりの数の面談をこなしてきました。
そして、今日、ある親御さんから大手塾の面談結果について
相談を受けました。
今まで様々なデータを並べての面談だったようです
その中で大手の塾さんのおっしゃった
『9,10,11月の模試の結果を見て志望校は決めます』
この言葉実に気になりませんか???
これは取りようによっては
『塾がデーターで、より確実な志望校を決めますので』
と言っているのと同じです
志望校というのはだれが決めるものなのでしょうか
当然、親御さんと本人です。
その希望にかなうように全力でサポート
アドバイスするのが私の仕事です。
その際、データがどれほどの役に立つのでしょうか?
日頃教えている感触こそが最もものをいうと思います
その子がどういう特性を持ち、どういうところが
長所で、どこに欠点があるのか。
データーの向こう側にあるものがより大事なのです
数字を追っても良い結果は得られません。
私はデーターはほとんど信用しません。
そんなものを眺めている暇があるなら
この子が志望校に合格するために
なにをすべきかに時間を使います。
ワタリ イヌヤ





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2016.09.28 21:53:57



© Rakuten Group, Inc.