121962 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

アウトドアーズ・コンパス 旧ブログ(~2008年7月)

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2007年08月08日
XML
こんにちは、アウトドアーズ・コンパススタッフの菅野哲です。
ホテル・エベレスト・ビューとエベレスト街道・トレッキング10日間
担当かんのてつが連載形式でこちらのツアーの報告をしております!

トレッキング5日目。

神々しいヒマラヤの山々に囲まれ、一等地での心地よい眠り
・・・のはずが、恥ずかしながら、
前夜のパーティーの恩恵により夜中から頭が爆発しそうだった・・・。

朝、すばらしい景色が見られた。
タウツェ(6,542m)、エベレスト(8,848m)、
ヌプツェ(7,864m)、ローツェ(8,516m)、アマダブラム(6,814m)

全てがくっきりと望め感動した。

20080808_23

プンキタンガまで下り、上り返しのサナサでランチ。
ここでコックとキッチンボーイとお別れ。
サナサのロッジ前にはたくさんお土産用のアクセサリーがありました。

最終目的地のホテル・エベレストビュー(ビュー)までの道中、
昔の日本の山村のようなのどかなクムジュン村を通り、
イエティ(雪男)の頭皮が祀ってあるゴンパ(お寺)に立ち寄った。

目の前の丘を30分ほど上ると、ビュー(3,880m)に到着。
ここでポーターたちとお別れ、参加の女性陣はやはり涙。。。
チェックイン手続き中の僕には軽い挨拶で足早に下山していってしまった。

えっ?と思ったが、
一番仲良くなったシェルパの目が潤んでいたことを後から知った。

20080808_24

ビュー自慢の展望テラスは、ガスの中寒くて残念だったが、
暖炉のあるダイニングで皆様にお抹茶を振舞った。

日没前に雲の合間から焼けるエベレストとローツェがとても印象的だった。

日本食ディナーで満足した後、大きなベッドでぐっすり眠った。

さあ、明日はいよいよ下山しなきゃいけない。

(次回へ続く)





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2007年08月08日 15時30分43秒
[スタッフ菅野のエベレスト街道トレッキング] カテゴリの最新記事


PR

Calendar

Category

Profile

アウトドアーズ・コンパススタッフ

アウトドアーズ・コンパススタッフ

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.