1417351 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

マイライフ・マイシネマアルカディア

マイライフ・マイシネマアルカディア

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

コメント新着

キメジマ@ Re[1]:ドラマレビュー 「自転しながら公転する」(04/09) みみみさんへ はじめまして、こんにちは!…
キメジマ@ Re:ドラマレビュー 「自転しながら公転する」(04/09) はじめまして、こんにちは! コメントあり…
みみみ@ Re:ドラマレビュー 「自転しながら公転する」(04/09) はじめまして、検索から来ました。原作が…
背番号のないエースG@ Re:NHK 朝ドラ 『NHK「澪つくし」  ~ ああ銚子鉄…
背番号のないエースG@ Re:NHK 朝ドラ  『NHK「澪つくし」  ~ ああ銚子鉄…

ニューストピックス

2024.05.05
XML
カテゴリ:家で見た映画

The Boys in the Boat (2023) (imdb.com)

この映画、映画館で見たならば感動できたのかもしれない。
著名な俳優は出ておらす、魅力は少ないのかも。
オリンピックの実話の映画化としては名作「炎のランナー」を思い出し、つい比べてしまうが傑作と比べるなんて酷な話。この作品はこれで良いのかも。
この文章を書こうとして監督がジョージ・クルーニーだと知った。彼がカメオでも出演していれば話題になったのかもと思った。

<ネタバレ(実話ゆえ)>
さて、物語は1936年のベルリン・オリンピックにワシントン大学の貧しい学生たち2軍のボート部員たちが心血を注いでアメリカ代表となり、開催国ドイツが優勝を打ち立てていく中、背水の陣、不利なルール改正にも負けず、大逆転して勝利を掴む話である。
映画としては主人公の苦学生にスポットを当てすぎたのかもしれない。部員それぞれにドラマがあるのだるから群衝撃として描けば、観客それぞれに気持ちを投入できる登場人物がいて感動をよんだのかもしれないと思えた。


amazon prime video にて

2023年/アメリカ/123分/


監督:ジョージ・クルーニー
原作:ダニエル・ジェームズ・ブラウン
脚本:マーク・L・スミス
出演:ジョエル・エドガートン、カラム・ターナー、ピーター・ギネス、ジャック・マルハーン、ジェームズ・ウォーク、ハドリー・ロビンソン、コートニー・ヘンゲラー、サム・ストライク、トーマス・エルムズ、ルーク・スラッテリー、ブルース・ハーベリン=アール、ウィル・コーバン、トーマス・ステファン・バリー、クリス・ディアマントポロス

原題:The Boys in the Boat(「ボートの青年たち」)

お薦め度
「​ボーイズ・イン・ザ・ボート 若者たちが託した夢
★★★☆(70%)
 





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024.05.05 17:48:15
コメント(0) | コメントを書く


プロフィール

キメジマ

キメジマ

カテゴリ

お気に入りブログ

「人生タクシー」ジ… りぃー子さん


© Rakuten Group, Inc.
X