024665 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

家族留学奮闘記

家族留学奮闘記

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

2023.12.01
XML
テーマ:海外生活(7789)

BaltimoreのPoeの家から徒歩で約15分歩いたところにあるWestminster Burying GroundにPoeは今も安らかに眠っている。


このモニュメントは1875年の11月に建てられたらしい。Baltimoreの市役所を設計したGeorge A. Frederickによってデザインされ、建設に10年の歳月がかかったという。

Frederickはこのモニュメントに対して以下のコメントを残している。

“My idea in designing this monument was to produce something simple, chaste, and dignified, to strike more by graceful outlines and proportions than by crowding with unmeaning ornament.”

派手な飾り付けはせずにシンプルの中に美を追求したことがうかがえる。

1847年に結核で息を引き取ったPoeの妻であるVirginiaと1871に亡くなった義母であるMariaも1885年にこの墓地に移され、1977年には二人の名前もモニュメント追加された。

Westminster  Churchの裏側にはPoeがはじめに埋葬されていた墓石がある。墓石の近くにはRavensの羽がそっと置かれていた。Poeは私の研究外なのだが、今回Poeにまつわる場所を巡り非常にPoeという人物に興味が湧いた。休暇中にPoeの作品を読んでみたいと思う。コナンドイル、江戸川乱歩、漫画「名探偵コナン」の生みの親である青山剛昌氏にも多大な影響を及ぼしたとされる推理小説の生みの親の苦悩多き人生から学べることはたくさんあるような気がする。

エドガーアランポーの簡単な半生については​こちら​。



きたろう









お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2023.12.01 22:10:27
コメント(0) | コメントを書く
[アメリカの生活情報] カテゴリの最新記事


プロフィール

きたろう...

きたろう...

コメント新着

きたろう...@ Re[1]:「心の支え」を英語にすると?(01/05) きのあハシロさんへ 温かいお言葉をかけて…
きのあハシロ@ Re:「心の支え」を英語にすると?(01/05) A mental spot、まさにぴったりの対訳=心…
ひびまま@ Re:仕事・育児しながら海外大学院に出願するということ(大学院出願編)(10/26) WESのサービス関連で検索しておりましたら…

キーワードサーチ

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.