深夜ぶろぐ便

サイド自由欄

僕が好きな音楽は、オフコースです、小田さんも好きですが、オフコースの演奏や
ハーモニーなどがいいんだね、稲垣潤一さんもすきです、安部恭弘さんもすきですね、同じレーベルでしたね、70年代のフォークから80年にかけての音楽がとてもすきです。谷山さんもすきですな、斉藤哲夫さんも最高。山本潤子さんもあのボーカルは日本一だとおもいます、まっさんもすきで、人間性が好きです。亡きひとでは、英五の「生きてりゃいいさ」がすきです、イルカさん、シュリークス時代からのファン、冬馬くんもすきです。ヤス、鈴木康弘さん、甘くていい声、巣晴らしギター。チューインガムもたまらなくいいんですね、海の見える放送局。
まだまだ、あります、洋楽も大好きです。千春も好きです。
馬場さんもすべてのCDもってます、ピース!
音楽は尽きない、ラジオ小僧でありました、つるべ、のファン、
一方、政治経済についてもぐたぐた、語ります。
それから、超常現象にも興味ありますが、ブラジルのあのおっさんには、
むかつく。

カテゴリ

フリーページ

全て | カテゴリ未分類 | 行方不明 | 政治経済 | 弁当画像 | 馬場俊英 | 雑感・・・ | 少年犯罪 | 犯罪(児童被害) | 高齢化問題 | お勧め洋楽 | 音楽(すきな。。1980) | アリス | ユーミンブランド | 中島みゆき | 松山千春 | 小田和正 | オフコース | 教育問題 | 核保有問題 | 北朝鮮問題 | いじめ問題 | 体サイエンス教室 | 拓郎の世界 | 日本フォーク史 | 斉藤哲夫 | さだまさし | 鈴木康博 | 大津あきら | ぼくがいいたいこと | 不思議な体験 | 安部恭弘 | 地震 | 若い音楽家たち | ぼくが失ったものたち | 蒸気機関車 | 鉄道ネタ。。 | 戦争と平和 | 竹内まりあ | 深夜ブログ便 | fushion | イルカの歌 | 1970年代アイドルたち | 1980年アイドルたち | アイドル理論 | 英五 | 1970年代の話 | 懐かしの深夜ラジオを語ろう | 新・深夜風呂具便 | テレビ批判 | 谷山浩子ねこもりもりもり | 偽装。虚偽、うそつき | 落陽
2011.05.22
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
「あっちがおがみやをよんだのなら・こっちのほうはくちよせにするか・・」

拝み屋は「祈祷し」のこと、口寄せは「いたこ」のこといわば霊媒師。

どちらも実を言えば「あやしい」90%以上は演技とおもわれる。

大谷の永田は、そういいながら、大谷のサークルのメンバーに
決行日はいつにするか、と聞いた。


メンバーは3人しかいない、みんなくらい学生だった。
だいたい、仏教関係の大学でありながら、オカルトの同好会にはいるのは

かなりずれている。

メンバーの長髪の男がさめや声でいった・・。
「このさい、かみがものやつらには負けてはだめですから・・なるべくはやくしよう」

もうひとりは、少年チャンピンを読みながら笑っている。
「マカロニほうれんそう、おもしろいですよ!みなさん・・」

もう同でもいいかんじで、話は決まった。

「あさっての午前2時に突入!」

一方、かみがもといわれていた、京都産業大学の心霊サークルのメンバーは
「ひめこさん、調子わるいそうですわ・・なんか、持病のりゅうまちがいたいとか・・」

「おいおい、ひめこさんは20代でなかったのか!」

「いいえ、78歳ですよ!」

「ばかか、あの下宿の階段が上れないじゃあないか、その年では・・」

そういいつつ、霊媒師を呼ぶことをやめた、

「こっくりさんでもよびましょうか?」

「そんなもん、中学生じゃああるまいし・・」

こちらのサークルのほうはまったくまとまらず、話は頓挫した。

一方、失神した二人だが・・いつもの草原に寝転んでいた・・。
北山とみゆきちゃんは、その草原で寝転んでいた。

「あれ、これどこ?夢?」みゆきちゃんは叫んだ。
「おや、おや、ふたりできたのかい?」そういいながら野菊の墓の松田聖子の
ようなみゆきからすれば、ひいおばあさんになる「幽霊」が現実の姿で
現れた・・

「また、ここですか・・・」北山はまたしてもおなじ光景に頭を抱えた。

「もうね、復讐なんて考えてはだめですよ、もう、そういう気持ちは捨てたほうがいい
もっとね、建設的に生きないと、いや死なないと、あれ、どっちだ・・
まあ、もう、供養もしたし、お骨もみつけたし・・
いまさら、相手もいないことだしね・・」

といいながら、幽霊のほうを見ると、
「そうだね、そうおもうけどね、巡る因果というものは
あなたにも、同志社の学生さんにも、あの組長のおじょうさんにも
それぞれの因縁で、こうして出会ったいるのだから、
川の流れのように止められないんだよ・・」

そういいながら、しくしく泣き出した。


気がつくと、二人は下宿で朝まで寝ていた。

ふすまをたたいて、外から声がした。

「北山さんいますか!」
やばい!大家さんがきたのだ!!

「ああ、すこしまって。。ください・・」
あわてて、みゆきちゃんを押入れの中にいれた。

「はい、なにか、・・」

つづく






最終更新日  2011.05.23 01:47:18
コメント(4) | コメントを書く

PR

カレンダー

コメント新着

長七7614@ Re:深夜ブログ便(05/27) コメントありがとうございます
歩世亜@ Re:深夜ブログ便(05/27) お早う御座います。 オフコースも懐かし…
長七7614@ Re[1]:2019/05/22(05/22) はるのひ1918さんへ そうですね、画像がな…
はるのひ1918@ Re:2019/05/22(05/22) 私もブログはあまり書かなくなりましたが …
長七7614@ Re:2019/05/22あさがお(05/22) あさ・がおさんへ あさがおさんもやってる…

ニューストピックス

プロフィール


長七7614

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天カード

お気に入りブログ

こら~!この馬鹿な… New! 歩世亜さん

『都会』Vol.10 New! @たれぱんだ@さん

社説で「サンタクロ… New! ありんこbatanさん

AIにどこまで あさ・がおさん

買っちまった♪ 志津ママさん


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.