043315 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ラブコメディアン・モーリーのブログ

ラブコメディアン・モーリーのブログ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

ラブコメディアン・モーリー

ラブコメディアン・モーリー

Calendar

Archives

Freepage List

【2023年】秋アニメレビュー


『16bitセンセーション ANOTHER LAYER』


『シャングリラ・フロンティア』


『ティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~』


『葬送のフリーレン』


『攻略うぉんてっど!~異世界救います!?~』


『暴食のベルセルク』


『SHY』


『とあるおっさんのVRMMO活動記』


『ラグナクリムゾン』


『しーくれっとみっしょん~潜入捜査官は絶対に負けない!~ オンエア版』


過去アニメレビュー


マンガレビュー


ジャンプ+


ラブコメ関連


その他


『Lv1魔王とワンルーム勇者』


『事情を知らない転校生がグイグイくる。』


『スーパーの裏でヤニ吸うふたり』


『異世界おじさん』


『モブ子の恋』


【2024年】冬アニメレビュー


『魔都精兵のスレイブ』


『ダンジョン飯』


『外科医エリーゼ』


『俺だけレベルアップな件』


『最強タンクの迷宮攻略』


『愚かな天使は悪魔と踊る』


『佐々木とピーちゃん』


『道産子ギャルはなまらめんこい』


『治癒魔法の間違った使い方』


『ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で自由気ままな花嫁生活を満喫する』


『婚指輪物語』


『ゆびさきと恋々』


『最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。』


『ぽんのみち』


『即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。』


『魔法少女にあこがれて』


Category

Recent Posts

Comments

Keyword Search

▼キーワード検索

2023.11.29
XML

©椎名ほわほわ・アルファポリス/とあるおっさんのVRMMO活動記製作委員会


※人名、組織名などは敬称略でお伝えしております。


『第9話 アース、妖精国へ行く』感想


アースギルド「ブルーカラー」の面々と、
キャンペーンについて語らうシーンから始まる。

現在のVRゲームは本作の舞台となっている
『ワンモア・フリーライフ・オンライン』のほかに、
『格闘モノ』と『FPSモノ』と『メカモノ』と、
全部で4作品あるとのこと。

今まではそれぞれのゲームをプレイする際に、
専用のヘルメット機器が必要となっていたが、
各社が調整を加えた結果、どの機器を使用しても
すべてのゲームがプレイ可能になったらしい。

このキャンペーンに合わせて、
『ワンモア』が新規イベントも実施するため、
プレイヤー数が一気に増える可能性がある。

「ブルーカラー」としてもメンバーを増やしたいので、
ツヴァイから正式なメンバーに誘われるが、
やんわりと拒否をするアース。

一人で自由にやりたいということもあるが、
本ゲーム内での自分の影響をの大きさを懸念して
という理由のほうが強いようだ。

そこに龍ちゃんも乱入してきて、
彼女との交流も描かれるが、
私が前回スパイ疑惑を持っていた女性陣も、
特に変わった様子はなかった。

私の考えすぎだったのか、
キャラクターがしらばっくれているのかは、
現時点では判断できない。

フェアリークイーンの治める妖精国が実装されたので、
そちらへ向かうことにしたアース。

本来は行列に並ばなければいけないのだが、
女王陛下の指輪を持つアースは特別扱いを受ける。

ピカーシャと呼ばれるデカイもふもふの鳥をタクシー代わりにして、
1人だけフェアリークイーンの元へとひとっ飛び。
おまけに国を挙げての大歓迎を受けるという始末。

本作はアースが主人公であるので、
視聴者である自分としては問題なく見られているが、
特定の1人をここまで優遇するゲームが実際にあったとしたら、
正直ほかのプレイヤーはたまったものではないと思う。

まあ、運営から注目されているプレイヤー、
というせいもあるのかもしれないが……。

その後、妖精国の住人たちとの交流が描かれ、
元の街にいた時のように人々に料理を振る舞うという流れになる。
しかし「砦の責任者のバカ娘」とやらが、
料理の噂を聞きつけてアースの捜索にやってきてしまう。

どうでもいいが、このバカ娘について、
ゲーム内の人物もバカバカ言いすぎな気がした。
そこまでヒドいのだろうか?

街の住民にかくまわれながら、
ほかの街へと避難することになったが、
アースを運んでくれるという
熊みたいな生物の声が小山力也で驚いた。

憶測でものを言うのはよくないと思うが、
本作の作画とのバランスを考えると、
声優のギャラというのは、
思いのほか安いという可能性がある。

ちなみにデカ鳥ピカーシャや熊のゼタンは、
エンディングではずっと登場していたキャラクター。

いつ出るのだろう? と薄々感じていたので、
とりあえず回収されてよかった。

あと、今回よかったところは、
フェアリークイーンのセリフが多かった点。
公共の場で女王陛下として振る舞う演技と、
2人きりになってアースに甘える演技のギャップがあり、
かなりかわいかったと思う。

やはり上田麗奈は偉大だった。


過去の記事はコチラ


▼『とあるおっさんのVRMMO活動記』アニメ公式サイト
https://toaru-ossan.com/
▼『第1話 アース、ログインする』感想
https://plaza.rakuten.co.jp/lovecomedian/diary/202310070000/
▼『第2話 アース、パーティに初参加する』感想
​https://plaza.rakuten.co.jp/lovecomedian/diary/202310120000/
▼『第3話 アース、妖精をたらしこむ?』感想
https://plaza.rakuten.co.jp/lovecomedian/diary/202310230001/
▼『第4話 アース、あんまり素直に喜べない報酬をもらう』感想
https://plaza.rakuten.co.jp/lovecomedian/diary/202310280000/
▼『第5話 アース、女王様とド派手に戦う』感想
https://plaza.rakuten.co.jp/lovecomedian/diary/202311030000/
▼『第6話 アース、新ダンジョン実装でテンション上がる』感想
https://plaza.rakuten.co.jp/lovecomedian/diary/202311090001/
▼『第7話 アース、ボスに挑む』感想
https://plaza.rakuten.co.jp/lovecomedian/diary/202311150001/
▼『第8話 アース、龍人少女と出会う』感想
https://plaza.rakuten.co.jp/lovecomedian/diary/202311220000/
​​​​​​





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2023.11.29 12:00:10
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.