16225899 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

北海道庁のブログ「超!!旬ほっかいどう」

カレンダー

サイド自由欄

・本ブログの内容について
北海道庁は、このブログに記載されている個別の店舗及び商品並びに「楽天市場」内の特定の商品を推奨したり、品質を保証するものではありません。

    <関連リンク>

北海道のメールマガジン
ご購読はこちら!


DoLink
北海道のポータルサイト


北海道のメールマガジン
北海道の旬をお届け!


北海道庁ホームページ
北海道公式ウェブサイト



北海道のお魚情報満載!



北海道×ぐるなび 食と観光ナビページ
北海道の食と観光の情報を発信中!!

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全123件 (123件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >

自然・環境・エネルギー

2019.10.07
XML

 

おはようございます。

経済部環境エネルギー室です。

経済産業省の主催により全道6か所で開催するセミナーご案内です。

 

――  

資源の少ない日本は、省エネルギーとともに、さまざまな資源の組み合わせによるバランスのとれたエネルギーミックスを推進し、安全性を前提に、エネルギーの安定供給、経済効率性、環境適合を同時達成することが求められています。

北海道経済産業局と道は、我が国におけるエネルギーの現状や将来の姿についてご紹介し、道民の皆様にご理解を深めていただくためのセミナーを、全道6か所で開催します。

 

◆プログラム

○ これからのエネルギーミックスについて

  (第5次エネルギー基本計画 ほか)

  <説明者>

   札幌会場:資源エネルギー庁 資源エネルギー政策統括調整官 覚道 崇文

   その他の会場:経済産業省北海道経済産業局 資源エネルギー環境部

○ 北海道における新エネルギー導入拡大の取組

○ 道の節電の取組について

○ 停電時の備え(事例紹介)

  <説明者> 北海道 経済部 環境・エネルギー室

 

◆対象

 消費者、事業者、団体の方

 

◆開催地及び日時等

10月28日(月)に札幌市内で開催するほか、全道か所で開催

 

札幌市以外の開催地や、申込み方法など、

詳細については環境・エネルギー室ホームページ内の特設ページをご確認ください。

 

【特設ページURL】

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/kke/seminar2019.htm







最終更新日  2019.10.07 09:36:47

2019.10.01


みなさん、こんにちは!循環型社会推進課です。

 日本の農村漁村の景観・文化を守りつつ、最も美しい村として自立を目指すNPO「日本で最も美しい村」連合に加盟する道内
9町村1地域による「第1回日本で最も美しい村クリーンデー」、一斉ごみ拾いが105日(土)に開催されます。
      
                日本で最も美しい村連合ロゴマーク


   各地域で一斉にごみ拾いを行うことで、村の美しい景観を守るとともに、海洋汚染等でクローズアップされているプラスチックごみの流出について考えるためにも、お近くにお住まいの方は、参加されてはいかがでしょうか。
   
  



 本行事の事務局がある中札内村の風景です。こうした景色をごみで汚さないためにも、普段からごみの散乱防止に努めましょう。(写真提供 中札内村)


 第
1回日本で最も美しい村クリーンデー

   主催:日本で最も美しい村づくり北海道連携会議 
  後援:北海道、環境省北海道地方環境事務所(予定)

   実施日時:令和元年(2019年)105日(土)
        ※実施時間は開催地により異なります。
 実施場所:中札内村、鶴居村、標津町、清里町、美瑛町、滝川市江部乙、赤井川村、京極
      町、黒松内町、江差町(詳細は各自治体へお問い合わせください。)

   
   






最終更新日  2019.10.01 14:39:58

2019.09.24

北海道庁経済部環境・エネルギー室からのお知らせです。

 

道では、省エネ・節電の呼びかけを目的としたリーフレットを作成し、

事業所や市町村等に配布していますが、

そのリーフレットの中で、昨年の北海道胆振東部地震の教訓等を踏まえ、

「もしもの時のための備え」について、ご紹介しています。

 

本日は、リーフレットで紹介した事項の中から、

備えの具体例をご紹介します。

 

    大規模停電が発生した場合に備えた<事例集>

 

大規模停電が発生した場合に各分野で懸念される事象、

停電への備え及び対応事例等について、関係業界や個別企業、

行政機関等へのヒアリングを実施し、<事例集>としてとりまとめました。

生活・産業・交通インフラ等、各分野における今後の備えの例等を

豊富に記載しておりますので、ご活用ください。

 

  詳しい情報はこちらへ 
 
    http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/kke/jireisyuu.pdf







最終更新日  2019.09.24 11:49:57

2019.09.17


みなさん、こんにちは!北海道省エネ新エネキャラクターのこまめさんです。 

 

少しずつ秋の気配が感じられるようになってきましたね!

きょうわたしから、家庭でできる節電メニューについて、ご紹介します!

 

【家庭の節電】

    温水洗浄便座

・便座保温・温水の設定温度を下げ、不使用時はふたを閉めましょう。

 

    待機電力

・リモコンの電源ではなく、本体の主電源を切りましょう。

・長時間使わない機器はコンセントからプラグを抜きましょう。

 

以上の例を参考にしながら、

この夏も無理のない範囲でかしこく節電に取り組みましょう!







最終更新日  2019.09.17 09:25:36

2019.09.09

みなさん、こんにちは!北海道省エネ新エネキャラクターのセーブくんです。 

 

9月に入り、朝晩は少しひんやりした空気を感じられるようになってきましたが、

きょうは夏が戻ってきたような暑さですね!

 

さてきょうぼくから、オフィスでできる節電メニューについて、ご紹介します!

 

【オフィスの節電】

    ブラインド

・室温の上昇を防ぐため、ブラインド、
  遮光フィルムなどを活用しましょう。


    OA機器

・長時間席を離れる時は、OA機器の電源を切るか、
  スタンバイモードにしましょう。

 

 

以上の例を参考にしながら、

この夏も無理のない範囲でかしこく節電に取り組みましょう!

 









最終更新日  2019.09.09 09:13:40

2019.09.02

北海道庁経済部環境・エネルギー室からのお知らせです。

 

道では、省エネ・節電の呼びかけを目的としたリーフレットを作成し、

事業所や市町村等に配布していますが、

そのリーフレットの中で、昨年の北海道胆振東部地震の教訓等を踏まえ、

「もしもの時のための備え」について、ご紹介しています。

 

本日は、リーフレットで紹介した事項の中から抜粋して、

非常用発電機をお持ちの方にご留意頂きたいことについて、ご紹介します。

 

    非常用発電機をお持ちの方へ:
非常用発電設備の燃料備蓄状況を確認してください

 

 ・十分な量があるか

  災害時には、燃料の輸送手段が確保できなくなったり、

営業している給油所に対し給油を求める方が集中する等、

燃料の確保に時間を要する可能性があります。

日頃から十分な備蓄量があるか確認しましょう。

 

・保存方法と定期的な点検

 酸化・劣化による燃焼不良や、セジメント発生による燃料フィルターの

 目詰まり等を防ぐため、涼しい場所に密閉して保存するとともに、

   定期的に点検及び入替を行ってください。







最終更新日  2019.09.02 10:15:31

2019.08.29

みなさん、こんにちは!北海道省エネ新エネキャラクターのネオンくんです。 

 

先日から、道が省エネ・節電の呼びかけを目的として作成した

リーフレットの中から、節電の取組について紹介をしていますが、

きょうぼくから、家庭でできる節電メニューについて、ご紹介します!

 

【キッチンの節電】

    冷蔵庫

・冷蔵庫の設定を「強」から「中」に変え、

 扉の開閉をできるだけ減らし、
  食品を詰め込みすぎないようにしましょう。

 ※食品の痛みにご注意ください。

 

    ジャー炊飯器

・早朝にタイマー機能で1日分まとめて炊いて、

 冷蔵庫や冷凍庫に保存しましょう。

 

以上の例を参考にしながら、

この夏も無理のない範囲でかしこく節電に取り組みましょう!







最終更新日  2019.08.29 13:24:06

2019.08.19

北海道庁経済部環境・エネルギー室からのお知らせです。

 

道では、省エネ・節電の呼びかけを目的としたリーフレットを作成し、

事業所や市町村等に配布していますが、

そのリーフレットの中で、昨年の北海道胆振東部地震の教訓等を踏まえ、

「もしもの時のための備え」について、ご紹介しています。

 

本日は、リーフレットで紹介した事項の中から抜粋して、

満タン&プラス1缶運動について、ご紹介します。

 

    満タン&灯油プラス1缶運動

満タン&灯油プラス1缶運動とは、大規模災害発生直後、

店頭混雑によってガソリン等燃料が入手困難となった状況を回避するために、

「日頃から車の燃料を満タンにしておくこと」や

「灯油を1缶余分に保管しておくこと」を推奨する運動です。

 

【車が満タンになっていれば】

・プライバシー空間としての車内を情報収集拠点として利用できます。

・400km程度の移動が可能になります。

(タンク容量、車両燃費により異なります)

 

【灯油が1缶(18L)余分にあれば】

・暖かい空間を85時間程度維持できます。

(和室7帖を中火燃焼した場合)

・ホームタンクをお使いの地区でも、1缶余分に持つことで

災害時の安心度が高まります。

 

もしもの時のために、車は満タンに、灯油は多めに備えましょう!







最終更新日  2019.08.19 11:40:27

2019.08.15


みなさん、こんにちは!北海道省エネ新エネキャラクターのこまめさんです。 

 

夏休み中の方もいらっしゃるかと思います。

暑いときには、冷たいかき氷を食べたり、涼しいところへ出かけたりするなど、

かしこく、涼しく過ごせるような工夫をしてみましょう!

 

さて道では、省エネ・節電の呼びかけを目的としたリーフレットを作成し、

事業所や市町村等に配布しています。

 

きょうから、そのリーフレットに記載された内容のなかから抜粋して、

家庭でできる節電メニューについて、ご紹介します!

 

【リビングの節電】

    照明器具

・不要な照明はできるだけ消しましょう。

    テレビ

・省エネモードに設定するとともに、

 画面の輝度を下げ、必要な時以外は消しましょう。

    
以上の例を参考にしながら、   

この夏も無理のない範囲でかしこく節電に取り組みましょう!







最終更新日  2019.08.15 13:29:26

2019.07.30


   北海道庁経済部環境・エネルギー室からのお知らせです。

 

道では、省エネ・節電の呼びかけを目的としたリーフレットを作成し、

事業所や市町村等に配布していますが、    
   そのリーフレットの中で、昨年の北海道胆振東部地震の教訓等を踏まえ、   

「もしもの時のための備え」について、ご紹介しています。

 

本日は、リーフレットで紹介した事項の中から抜粋して、

停電に備えた日頃の準備について、ご紹介します。

 

    災害時に役に立つアイテム

・懐中電灯(電池残量は定期的に確認を)

・携帯ラジオ(電池式や手動充電できるもの)

・食料品、飲料(3日分程度)

・携帯電話やスマートフォンの予備バッテリー

・常備薬

・軍手など

 

日頃から以上のようなアイテムを備えておくと、いざという時に安心です。
備えておくだけではなく、非常時に使えるよう、定期的に点検をしておきましょう。

 

    太陽光発電を自宅に設置されている方は


 ご自宅の屋根などに太陽光パネルを設置されている方は、
停電時でも太陽光パネルの「自立運転機能」で電気を使うことができます。
長時間停電になったときも、発電している日中は活躍します。


 自立運転機能の使用方法は、メーカーや機種により操作方法が異なります。あらかじめ、取扱説明書などを確認しておきましょう。

 

    ※自立運転コンセントがない場合は使用できません。







最終更新日  2019.07.30 10:35:14

全123件 (123件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.