14989632 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

北海道庁のブログ「超!!旬ほっかいどう」

カレンダー

サイド自由欄

・本ブログの内容について
北海道庁は、このブログに記載されている個別の店舗及び商品並びに「楽天市場」内の特定の商品を推奨したり、品質を保証するものではありません。

    <関連リンク>

北海道のメールマガジン
ご購読はこちら!


DoLink
北海道のポータルサイト


北海道のメールマガジン
北海道の旬をお届け!


北海道庁ホームページ
北海道公式ウェブサイト



北海道のお魚情報満載!



北海道×ぐるなび 食と観光ナビページ
北海道の食と観光の情報を発信中!!

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全68件 (68件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

消費生活・安全

2019.05.17
XML
カテゴリ:消費生活・安全
環境生活部くらし安全局道民生活課です。

 5月14日、札幌市内の高齢者宅に、市職員を名乗る男から、「還付金がある」「通帳はあるか?」「暗証番号を教えて?」などと電話があり、男に暗証番号を伝えると、「ほかの職員が通帳とカードを取りに行くので渡して」と言われ、自宅に来た男に通帳とカードを渡し、その後、ATMから現金67万6千円を引き出される被害がありました。

 5月15日には、別の高齢者宅に、警察官を名乗る女から、「詐欺の犯人を捕まえた」「悪用されたリストにあなたの住所と名前が載っている」「キャッシュカードが偽造され使われている」「1週間保管しなければならない」「金融庁の担当者を向かわせる」などと電話があり、自宅に来た男に、キャッシュカードを盗まれる被害がありました。
 
 市役所職員や警察官を名乗っていても、キャッシュカードを渡したり、暗証番号を伝えることなく、まずは詐欺を疑って家族や警察等に相談しましょう。
【相談先 警察相談専用ダイヤル「#9110」/消費者ホットライン「188」】







最終更新日  2019.05.17 09:15:21

2019.04.08
カテゴリ:消費生活・安全
​​​​ 環境生活部くらし安全局道民生活課です。

 4月4日、石狩市内の70代女性に「警察官を名乗る女」と「銀行員を名乗る男」から​​​、「キャッシュカードの暗証番号が詐欺グループに漏れている」「カードはありますか?」「家に行く」などという電話があり、その後、自宅に来た「警察官を名乗る男」の指示に従い、​キャッシュカードを封筒に入れた後、封印のため、印鑑を取りに行っている隙に、別の封筒とすり替えられ、カードを盗まれて、ATMから約230万円を引き出される被害​​がありました。

 警察官や銀行員を名乗っていても、他人にキャッシュカードを渡したり、暗証番号を教えないでください。また、このような警察官をかたる不審電話は札幌市内を中心に複数確認されておりますので、不審な電話が来た場合には、家族や警察、消費者センターへ相談してください。
【警察相談ダイヤル「#9110」・消費者ホットライン「188」(いずれも全国共通)※緊急時には110番通報をしてください。】



​​​​






最終更新日  2019.04.08 08:51:10

2019.03.06
カテゴリ:消費生活・安全
環境生活部くらし安全局道民生活課です。

 2月5日、日高振興局管内にお住まいの40代の男性に、有料サイト関係者を名乗る男から「有料サイトの未納料金がある」と電話が入り、この男や弁護士を名乗る男から、「このまま放置すれば裁判になる」「裁判を取り下げるのにお金が必要だ」などと言われ、2月5日~25日までの間、複数回にわたり、犯人の指定する口座に現金を振り込み、​​約2,700万円をだましとられる被害​がありました。
 「サイト料金が未納」といった架空請求詐欺の手口は、多くがメールによるものですが、今回のように突然電話がかかってくる場合もあります。
 身に覚えのない料金を請求された場合は、一人で悩むことなく、必ず家族や警察等に相談してください。
 【相談先~警察相談ダイヤル「#9110」・消費者ホットライン「188」】
 








最終更新日  2019.03.06 15:50:29

2019.03.01
カテゴリ:消費生活・安全
環境生活部くらし安全局道民生活課です。

 道庁職員を名乗る不審電話が道内の複数の地域で確認されています。
 電話の内容については、道の「安全課」などと名乗り、「あなたの情報が漏れている」「あなたの名前が名簿に載っている」などと言い、「登録された個人情報を削除する」というものです。
 道では、職員が「個人情報の削除」や「名簿に関する注意喚起」を理由として、個人宅に電話をすることはありません。
 このように公的機関をかたり、「個人情報を削除する」などというのは詐欺の手口であり、最終的に第三者を名乗る者から現金を要求されます。
 道庁職員をかたる一連の不審電話に関し、今のところ現金をだましとられる被害は確認されていませんが、道庁のほか、公的機関を名乗る者からこのような電話が来ても一切対応しないようにしてください。

 このほか、不審な電話がきた場合などには、警察相談ダイヤル「#9110」、消費者ホットライン「188」に相談するようにしてください。(自宅に不審者が押しかけてきた場合など、緊急時には110番通報をしてください。)










最終更新日  2019.03.01 15:23:42

2019.02.18
カテゴリ:消費生活・安全
北海道環境生活部くらし安全局道民生活課です。

 2月18日、胆振総合振興局管内のご家庭に、「道庁のナカガワ」を名乗る男から、「警察と合同で詐欺に気をつけるように呼びかける電話をしている。」という電話がありました。また、電話があったご家庭で留守番電話機能を使用していたことについて、電話の相手は「留守電にしたままでいると、留守と勘ぐられて泥棒に入られるおそれがある」などとも話してきたそうです。

 道庁では、個人のご家庭に電話で注意を呼びかけるような取組は行っておりませんし、本件に該当する職員もおりません。また、今月に入り、札幌市、旭川市、岩見沢市、釧路市のご家庭に、道庁職員をかたる不審電話が確認されており、これまでは「名簿にあなたの名前が登録されている」などの内容でしたが、これらの電話と同様に今後詐欺などの犯罪に発展するおそれの高い不審電話と思われます。

 更に、詐欺等の犯人は、留守番電話機能を嫌がる傾向にありますので、道としても留守番電話機能や録音機能等がある詐欺対策電話機器の設置や使用を推奨しているところであり、今回の不審電話の相手も自分たちの声を残したくないと考え、留守番電話の使用を止めるように話してきたものと思われます。

 このような電話の後には、道庁や道警等の行政機関や第三者を名乗る者から、銀行口座等の個人情報を更に聞き出されたり、理由をつけて現金を要求されたり、キャッシュカードをだまし取られるなど、詐欺などの犯罪に発展するおそれがありますので、決して個人情報は教えず、対応しないようにしましょう。

 また、今回のケースでは、道庁職員を名乗る電話の前にNHK職員を名乗る者から電話があり、「家族構成」や「介護保険受給の有無」、「貯金額」などを聞かれており、同一の犯人グループの電話である可能性が高いものとなります。道庁のほか、行政機関や団体の職員から電話がきた場合にも、安易に個人情報を教えないようにしましょう。

 ご家族やご友人、ご近所、お知り合いなど、身近な方が犯罪の被害に遭うことがないように、この情報を伝達していただきますようお願いいたします。
 なお、道庁をかたる不審電話があった場合には、道民生活課(011-231-4111内線24-154)までご連絡ください。また、そのほか詐欺などが疑われる不審電話などにつきましては、警察相談ダイヤル「#9110」、消費者相談ホットライン「188」にご相談していただきますようお願いいたします。






最終更新日  2019.02.18 17:35:13

2019.02.07
カテゴリ:消費生活・安全

道庁職員をかたる不審電話が複数確認されています!!

 環境生活部くらし安全局道民生活課です。
 2月7日、札幌市内や釧路市内のご家庭に道庁職員を名乗る男からの不審電話が確認されております。

電話の内容は次のとおりです。


〈札幌市内における電話内容〉

 札幌市内の女性宅に、「道庁安全課のマツモト」を名乗る男から、「あなたの個人情報が3カ所で漏れているので削除する必要がある」と電話があり、「どうしますか?」と聞かれ、女性が削除してほしいと伝えたところ、男は確認すると言い、一度電話を切った。
 再度男から電話があり、男は「3件のうち1件は削除できない」と言い、所持金などを聞かれたが、女性が道庁に電話する旨を伝えたところ電話が切れた。


〈釧路市内における電話内容〉

 釧路市内の男性宅に、「道庁安全課のオガワ」を名乗る男から、「あなたの情報が(インターネット系の会社3社を示し)3カ所に漏れている。」と電話があり、削除してよいか聞かれ、男性が削除してほしいと伝えたところ、男は一度電話を切った。
 再度男から電話があり、「3社のうち、1社が現在、会員がちょうど100名になったので、1名減ると99名になってしまうため、削除することができなかった」と言われ、電話を切ったが、再度男から電話があり、「ある団体の理事長が名義を代わってくれることになった。後ほどその方から電話が行くので、名義を代わるのに必要な情報を伝えてほしい」と言われ、電話が切れた。


 2月4日に確認された不審電話と同様の内容であり、道庁に「安全課」という所属はなく、該当する職員もおりませんし、このような事業も行っておりません。
 今後、第三者を名乗る者から、銀行口座等の個人情報を聞き出され、詐欺などの犯罪に利用される可能性がありますので、このような電話があっても対応せずに、決して個人情報を伝えることのないようにしましょう!


 道庁のほか、行政機関や団体の職員から電話がきた場合にも、安易に個人情報を教えないようにしましょう。また、ご家族やご友人、ご近所、お知り合いなど、身近な方が犯罪に遭うことがないように、この情報を伝達していただきますようお願いいたします。

   なお、道庁職員をかたる不審電話があった場合には、道民生活課(011-231-4111内線24-154)までご連絡ください。
   また、そのほか詐欺などが疑われる不審電話については、警察相談ダイヤル「#9110」、消費者相談ホットライン「188」までご連絡いただきますようお願いいたします。







最終更新日  2019.02.07 19:06:20

2019.02.04
カテゴリ:消費生活・安全
​​​​​​環境生活部くらし安全局道民生活課です。

 2月4日、岩見沢市のご家庭に、『道庁生活安全課のナカガワ』を名乗る男からの不審電話が確認されております。
 不審電話をかけてきた男は、自分のことを「特命事項で、『北海道百人のボランティア』事業などを担当している」などと話した上、インターネット系の社名を数社挙げて、「ボランティアをしている方、百人の名簿にあなたの名前があるが、別の方が希望しているので削除することになった」「しかしなかなか削除できずに困って上司に相談している」などと話しております。
 しかし、道庁に「生活安全課」という所属はなく、該当する職員もおらず、また、このような事業は行っておりません。更に、先週、同宅にNHK職員を名乗る男から不審電話があり、「家族構成」や「貯金額」などを質問されたという経緯があることから、今後、銀行口座などの個人情報を聞き出し、詐欺などの犯罪に利用される可能性があります。
 
 道庁職員をかたる不審電話はこのほか、上川総合振興局管内や札幌市内で確認されており、所属も「生活課」や「安全課」などと名乗っており、使用する名前もバラバラです。

 今後道庁のほか、行政機関や団体の職員から電話がきた場合には、安易に個人情報を教えないようにしましょう。また、連絡を取る必要が生じた場合には、相手が名乗った電話番号を鵜呑みにせずに、電話番号を電話帳やネットを利用して調べるようにしましょう。
 
   ご家族やご友人、ご近所、お知り合いなど身近な方が詐欺などの被害にあわないよう、この情報を伝えていただきますようお願いいたします。

 なお、道庁職員からの不審電話があった場合、道民生活課(011-231-4111内線24-154)までご連絡ください。
 また、そのほか詐欺などが疑われる不審電話については、警察相談ダイヤル「#9110」、消費者相談ホットライン「188」までご連絡いただきますようお願いします。​​​​​​






最終更新日  2019.02.05 11:59:50

2019.01.18
カテゴリ:消費生活・安全

​ 環境生活部くらし安全局道民生活課です。

 神奈川県内において、「全国銀行協会」をかたり、「元号の改元による銀行法改正について」という文書を送りつけ、『5月1日からの元号の改元による銀行法改正に伴い、全金融機関のキャッシュカードを不正操作防止用キャッシュカードに変更する手続きが必要です。「キャッシュカード変更申込書」に暗証番号等を記載し、現在お使いのカードを返送してください。』などと指示する新たな詐欺の手口が確認されました。
 返送すると預金を勝手に引き出されてしまいます。
 北海道にも波及するおそれがありますので、ご家族やご友人、お知り合い、ご近所の方など身近な方が被害にあわないようご家族にも情報をお伝えください。

【詐欺の文書↓↓】   





 ​







最終更新日  2019.01.18 15:21:54

2019.01.08
カテゴリ:消費生活・安全
環境生活部くらし安全局道民生活課です。

 本年1月6日から7日にかけて、留萌警察署管内の複数のご家庭に、息子を名乗る男から「のどにポリープができた」「携帯電話をなくして新しい電話番号になった」「旦那のいる女性を妊娠させ、弁護士に相談して示談金が必要になった」などというオレオレ詐欺の電話が入っています。

 妊娠示談金を装った詐欺の手口は、「弁護士の口座に示談金を振り込む」などという名目で、犯人の口座にお金を振り込ませるものです。
 また、犯人が、窓口で振込限度額をあげるよう被害者に指示し、一度に高額現金をATMで振り込ませる手口が増えています。
 
 このような電話がきたら、警察相談電話「#9110」や消費者ホットライン「188」に相談してください。(緊急時には110通報をしてください。)

 また、この情報をご家族、ご近所、友人、知人などにお伝えしていただき、身近な方が詐欺の被害に遭わないよう注意しましょう。

◇◆「絆メッセージ」を活用した注意喚起のお願い◇◆
   北海道犯罪のない安全で安心な地域づくり推進会議(会長:北海道知事)では、子や孫世代の方から両親、祖父母にそのまま読み上げてもらうことで、簡単かつ印象に残る注意喚起ができる「絆メッセージ」を作成し、同メッセージを活用した注意喚起をお願いしています。「絆メッセージ」による注意喚起を行っていただくとともに、普段からの連絡・非常時の対応について話し合っておきましょう。








最終更新日  2019.01.08 13:16:16

2018.11.28
カテゴリ:消費生活・安全
​​​​ ​​環境生活部くらし安全局道民生活課です。

 11月26日から27日にかけて、札幌市中央区のご家庭を中心に、区役所や社会保険庁を名乗る者から「保険料を還付する」​という詐欺の電話が複数入っています。
 「携帯電話を持ってATMに向かってください」という言葉には注意するよう呼びかけをお願いいたします。

 また、11月16日から11月20日にかけて、苫小牧市で、「会員登録の未納料金がある」という、大手インターネット通販会社を装ったショートメールを受けた方が、メールに記載の連絡先に電話したところ、「支払わなければ裁判になる」と言われ、電子マネー120万円分をだまし取られる被害が発生しています。
 電子マネーの番号を尋ねてきたり、宅配便で現金を郵送するように指示してくるものは詐欺です。
 身に覚えのない請求である場合には、相手に連絡しないよう呼びかけをお願いいたします。

 道内では詐欺の被害が相次いでおり、予兆電話も多発しています。
 身近な方が新たな被害者とならないよう、普段からの声掛け、注意喚起をお願いいたします。






​​​​​​​​​






最終更新日  2018.11.28 16:12:00

全68件 (68件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.