22439826 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

北海道庁のブログ「超!!旬ほっかいどう」

全119件 (119件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >

消費生活・安全

2021.10.22
XML
カテゴリ:消費生活・安全
こんにちは。
環境生活部消費者安全課です。

消費生活に関する様々な情報を展示したパネル展を開催することとしました。
若年者における消費者トラブルの事例や、エシカル消費に関する啓発パネルなどを展示しますので、是非ご来庁ください。

開催期間 令和3年10月28日(木)8:45~
     令和3年10月29日(金)16:00
開催場所 北海道庁 本庁舎1階 道政広報コーナー

​令和3年度消費生活パネル展​
 

※ご来庁の際は、マスクの着用など、新型コロナウイルス感染症対策を取った上でお越しください。マスクを着用していない場合は、ご来庁をお断りする場合がございますのでご留意ください。

○関連リンク
・​~18歳から大人~若年消費者のための特設ページ
・​エシカル消費(倫理的消費)の推進について






最終更新日  2021.10.22 08:54:50

2021.10.01
カテゴリ:消費生活・安全

こんにちは。
環境生活部消費者安全課でございます。

令和3年10月23日(土)に札幌弁護士会と共催で「消費者トラブルなんでも110番」を実施します(画像をクリックするとチラシおよび申込用紙が開きます)。

■主催者
 北海道立消費生活センター、札幌弁護士会
■受付日時
 令和3年10月23日(土)10:00~15:00
■実施方法
 特設電話による無料電話相談(通話料のみ負担)
 面談での相談も受け付けます(要事前予約)
 ※新型コロナウイルス感染症の状況により
  電話相談のみとなる場合があります。
 電話番号:011-221-0110

 F A X:011-421-4210
 特設電話番号:011-221-0188(当日のみ)
■実施場所
 北海道立消費生活センター
 (札幌市中央区北3条西7丁目北海道庁別館西棟2F)

「定期購入のダイエットサプリメントを契約してしまい解約したい」、「賃貸アパートを退去したらフローリングの張り替え費用などの高額な請求をされた」などの様々な消費生活に関するトラブルについて、道立消費生活センターの相談員と札幌弁護士会の弁護士が、一緒に電話または面談でお話を伺いますので、トラブルに遭った際にはご利用ください。







最終更新日  2021.10.01 17:35:05

2021.09.27
カテゴリ:消費生活・安全
こんにちは。
環境生活部くらし安全局消費者安全課です。

​令和4年4月の民法改正に伴う成年年齢の引き下げにより、若年者の消費者被害の増加が懸念されることから、当課では若年者のための特設ページを開設し、消費者被害に関する注意喚起情報として「~18歳からの『君ならどうする?』~若年者のための消費生活サポート情報」​を定期的に作成しています。​

今回は「実態のわからない投資話」に関する注意喚起です。
消費生活相談サポート情報【第5号】

​この資料には​​道内の若年者からの相談事例​​​被害に遭わないための一言アドバイス​などを掲載しています。​

若年者のための特設ページはこちらから
○~18歳から大人~若年消費者のための特設ページ

被害に遭われた場合など、困ったときは一人で悩まず以下の相談先に相談しましょう。
○北海道立消費生活センター 平日 9:00~16:30
 相談専用電話 050-7505-0999
○消費者ホットライン 188
 ※全国共通の電話番号。お近くの消費生活相談窓口をご案内します。​​






最終更新日  2021.09.27 17:00:07

2021.09.08
カテゴリ:消費生活・安全

こんにちは。
環境生活部消費者安全課です。

独立行政法人国民生活センターでは、​「火災保険を使って自己負担なく住宅の修理ができる」や「保険金が出るようサポートする」など、​「保険金が使える」と勧誘する住宅修理サービスに関する相談が急増している旨の注意喚起情報を同センターのホームページにて公表しました。

保険金の申請後に工事をキャンセルすると、違約金や手数料などの名目で保険金の40%など高額な請求を受けることがあります。

保険金請求は消費者ご自身でも可能です。業者の勧誘を鵜呑みにして安易に契約せず、契約内容をよく確認して慎重に対応しましょう。

被害に遭った場合には、お近くの消費生活相談窓口か道立消費生活センターにご相談ください。

【ご相談先】
道立消費生活センター 050-7505-0999(平日9:00~16:30)
消費者ホットライン 188(お近くの相談窓口のご案内)

●独立行政法人国民生活センター公表資料
​​●チラシ「保険が使える」にご用心!(一般社団法人日本損害保険協会)
●チラシ「保険を使って無料で修理します」(消費者庁)







最終更新日  2021.09.08 17:40:07

2021.08.25
カテゴリ:消費生活・安全
こんにちは。
環境生活部くらし安全局消費者安全課です。

​令和4年4月の民法改正に伴う成年年齢の引き下げにより、若年者の消費者被害の増加が懸念されることから、当課では若年者のための特設ページを開設し、消費者被害に関する注意喚起情報として「~18歳からの『君ならどうする?』~若年者のための消費生活サポート情報」​を定期的に作成しています。​

今回は「借家・賃貸アパート等の退去トラブル」に関する注意喚起です。
​​消費生活相談サポート情報【第4号】

​この資料には​​道内の若年者からの相談事例​​​被害に遭わないための一言アドバイス​などを掲載しています。​

若年者のための特設ページはこちらから
○~18歳から大人~若年消費者のための特設ページ

被害に遭われた場合など、困ったときは一人で悩まず以下の相談先に相談しましょう。
○北海道立消費生活センター 平日 9:00~16:30
 相談専用電話 050-7505-0999
○消費者ホットライン 188
 ※全国共通の電話番号。お近くの消費生活相談窓口をご案内します。






最終更新日  2021.08.25 17:00:07

2021.08.11
カテゴリ:消費生活・安全
こんにちは。
環境生活部消費者安全課です。


​​​​​​道内で​「市役所職員を名乗る者が訪問して有料でワクチン接種の予約代行を持ちかけられた」、「『指定口座にお金を振り込むとワクチン接種ができる』という電話が来た」​などの新型コロナワクチン詐欺に関する相談や情報が寄せられています

​新型コロナワクチン接種を受ける際の費用は全額公費​無料で受けられ、電話やメールで個人情報を求めることはありません。​​​​
また、市町村から「接種券」「接種のお知らせ」が届くこととなっています。

不審な電話やSNS等でのショートメッセージがあった際には、以下の相談先へご連絡ください。

​・新型コロナワクチン 消費者ホットライン
 0120-797-188​(なくな、いやや)​

 (受付:10:00~16:00(土曜、日曜、祝日を含む))

​​消費者ホットライン
 188(いやや!泣き寝入り)​​

 ※最寄りの消費生活センター等の案内をする全国共通の3桁の番号です。​​

【関連情報】
​・​新型コロナワクチン詐欺等の便乗悪質商法にご注意!(消費者庁)
・​見守り新鮮情報「新型コロナワクチン詐欺に注意」(国民生活センター)
・​「新型コロナワクチン詐欺 消費者ホットライン」の受付状況について(国民生活センター)
・​「新型コロナワクチン詐欺 消費者ホットライン」の受付状況について(2)(国民生活センター)
・​「新型コロナワクチン詐欺 消費者ホットライン」の受付状況について(3)(国民生活センター)






最終更新日  2021.08.11 17:40:40

2021.07.26
カテゴリ:消費生活・安全
​こんにちは。
環境生活部くらし安全局消費者安全課です。

​令和4年4月の民法改正に伴う成年年齢の引き下げにより、若年者の消費者被害の増加が懸念されることから、当課では若年者のための特設ページを開設し、消費者被害に関する注意喚起情報として「~18歳からの『君ならどうする?』~若年者のための消費生活サポート情報」​を定期的に作成しています。​

今回は「悪質な出会い系サイト(サクラサイト)」に関する注意喚起です。

​​消費生活相談サポート情報【第3号】

​この資料には​​道内の若年者からの相談事例​​​被害に遭わないための一言アドバイス​などを掲載しています。​

若年者のための特設ページはこちらから
○~18歳から大人~若年消費者のための特設ページ

被害に遭われた場合など、困ったときは一人で悩まず以下の相談先に相談しましょう。
○北海道立消費生活センター 平日 9:00~16:30
 相談専用電話 050-7505-0999
○消費者ホットライン 188
 ※全国共通の電話番号。お近くの消費生活相談窓口をご案内します。






最終更新日  2021.08.23 15:12:36

2021.07.06
カテゴリ:消費生活・安全
​​​こんにちは。
消費者安全課です。

​​​​​札幌市内の公共施設や文化施設、​​​企業施設を夜間開放し、子供から大人まで誰もが楽しめる行事として、認定NPO法人カルチャーナイト北海道が主催となり、​令和3年7月16日(金)午後5時から​「カルチャーナイト2021」が開催されます!

今年度についても、新型コロナウイルス感染症対策の観点から、従来の集客型開催ではなく、YouTube動画配信によるオンラインでの開催となります。

​​北海道立消費生活センターでは、施設の紹介と、施設の取組に関するクイズを動画で配信します​​​ので、是非ご覧ください。

     

○カルチャーナイト2021トップページ
○カルチャーナイト2021チャンネル登録ページ






最終更新日  2021.07.08 14:17:10

2021.07.02
カテゴリ:消費生活・安全

こんにちは。
環境生活部消費者安全課です。

国(消費者庁)では、
消費者被害の防止及びその回復の促進を図るための特定商取引に関する法律等の一部を改正する法律(令和3年法律第72号)が、令和3年6月9日に成立し、同年6月16日に公布されました。

この改正法のうち、
売買契約に基づかないで送付された商品に関する規定(特定商取引法第59条及び第59条の2)が、令和3年7月6日に施行されることとなり、これまで、売買契約に基づかないで送付された商品について、販売業者が返還請求できるとされていた期間(14日間)が撤廃され、施行日以降は、一方的に送り付けられた商品は直ちに処分可能になります。

道としては、
この度、施行となる改定規定の内容について、広く消費者の皆様に周知するため、次のとおり消費者庁が公表している資料等についてご紹介させていただきます。

特定商取引法の通達改正・一方的に送り付けられた商品に関するチラシ等
令和3年特定商取引法・預託法の改正について
●消費者庁公式Twitter
●消費者庁公式Facebook

消費者の皆様におかれましては、このような一方的に商品を送りつけて代金を請求するような事業者からの被害に遭わないようご注意ください。万が一、被害に遭った場合には、お近くの消費生活相談窓口か道立消費生活センターにご相談ください。

ご相談先】
○道立消費生活センター 050-7505-0999
 (平日9:00~16:30)

○消費者ホットライン 188(お近くの相談窓口のご案内)






最終更新日  2021.07.02 14:16:13

2021.06.25
カテゴリ:消費生活・安全
​こんにちは。
環境生活部くらし安全局消費者安全課です。

​令和4年4月の民法改正に伴う成年年齢の引き下げにより、若年者の消費者被害の増加が懸念されることから、当課では若年者のための特設ページを開設し、消費者被害に関する注意喚起情報として「~18歳からの『君ならどうする?』~若年者のための消費生活サポート情報」​を定期的に作成しています。​

今回は、「お試し」「初回のみ」などのSNS広告に関する注意喚起です。
​​​​消費生活相談サポート情報【第2号】

​この資料には​​道内の若年者からの相談事例​​​被害に遭わないための一言アドバイス​などを掲載しています。​

若年者のための特設ページはこちらから
○~18歳から大人~若年消費者のための特設ページ

被害に遭われた場合など、困ったときは一人で悩まず以下の相談先に相談しましょう。
○北海道立消費生活センター 平日 9:00~16:30
 相談専用電話 050-7505-0999
○消費者ホットライン 188
 ※全国共通の電話番号。お近くの消費生活相談窓口をご案内します。
​​






最終更新日  2021.08.23 15:11:17

全119件 (119件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >


© Rakuten Group, Inc.