15941746 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

北海道庁のブログ「超!!旬ほっかいどう」

カレンダー

サイド自由欄

・本ブログの内容について
北海道庁は、このブログに記載されている個別の店舗及び商品並びに「楽天市場」内の特定の商品を推奨したり、品質を保証するものではありません。

    <関連リンク>

北海道のメールマガジン
ご購読はこちら!


DoLink
北海道のポータルサイト


北海道のメールマガジン
北海道の旬をお届け!


北海道庁ホームページ
北海道公式ウェブサイト



北海道のお魚情報満載!



北海道×ぐるなび 食と観光ナビページ
北海道の食と観光の情報を発信中!!

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全74件 (74件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

消費生活・安全

2019.09.12
XML
カテゴリ:消費生活・安全
環境生活部くらし安全局道民生活課です。

 9月11日、札幌市内の複数の高齢者宅に、道庁の「安全課」を名乗る男から、「あなたの個人情報が流出している」「あなたの名前が3社(大手通販会社等)に登録されている」「登録を削除するためには、代わりの人が必要」などと電話がありました。

 過去には、このような電話の後、「紹介した男が逮捕され、あなたが訴えられる」「保証金を払えば穏便に終わる」などと言われ、高額の現金(※)を宅配便等で送ってだまし取られてしまう被害が発生しています。※本年6月には、約3,700万円をだまし取られる被害が確認されています。

〔被害に遭わないために〕
○道庁職員のほか、市町村や防犯協会等の職員をかたる詐欺の電話が、道内各地で確認されておりますので、公的機関などの職員を名乗っても個人情報は電話で教えないようにしましょう。
(※今回の不審電話に関しては、前日にも「社会福祉協議会」などを名乗る不審電話があり、通院病院や困りごとの確認などと言って、個人情報を聞かれています。)

○また、「名義貸しは違法」、「お金を支払えば解決できる」、「宅配便で現金を送れ」は詐欺ですので、お金に関する電話は一人で判断せず、家族や警察などに相談してください。
(※この種手口では、企業や役所等の複数の登場人物による劇場型として展開することで被害者を信用させ、さらに「犯罪」、「逮捕」などのワードで被害者の冷静さを失わせて金銭を支払わせようとします。一人で見破るのは難しいため、お金に関する話や身に覚えのない話があった場合には、必ず家族や警察などに相談するようにしてください。)

○被害を防ぐためには、相手と話さないことが有効ですので、電話防犯機器の設置や留守番電話機能の活用をお願いします。








最終更新日  2019.09.12 10:52:43

2019.07.18
カテゴリ:消費生活・安全
​​​​ 環境生活部くらし安全局道民生活課です。

 7月12日から16日までの間、札幌市内で、警察官を名乗る者等にキャッシュカードを盗まれる事件が4件発生しており、7月17日、道警察が「特殊詐欺警報」を発令しました!

【警報の概要】
①発令期間
~7月17日から7月30日まで
②発令区域
~北海道全域
③主な手口
~警察官を名乗り、「詐欺グループを捕まえたら名簿にあなたの名前があった」「あなたの口座からお金が引き下ろされている」などと電話をかけて、その後被害者宅を訪問し、「キャッシュカードを封筒に入れて割印してください」などと言って、印鑑を取りに行かせた隙に、カードが入った封筒を別の封筒とすり替えカードを盗むものです。

◇7月17日中も、札幌市内や釧路市内で警察官を名乗る不審電話が多発していることから、札幌市以外でも警戒の強化をお願いします。
◇警察官や金融庁職員などを名乗っても、キャッシュカードを渡したり、暗証番号を教えたりしないでください。また、身に覚えのない不審な電話があった場合には警察や消費者センター等へ相談してください。
◇ご家族やご友人、ご近所の方など、身近な方が詐欺等の被害に遭わないよう注意喚起をお願いします。






​​​​






最終更新日  2019.07.18 09:00:20

2019.07.16
カテゴリ:消費生活・安全
​​ 環境生活部くらし安全局道民生活課です。
 7月12日から13日までの間、札幌市白石区に居住する複数の高齢者宅に、警察官等を名乗る男から、
「口座番号の資料が流出している」「口座から不正に現金が引き下ろされている」「暗証番号を書いたメモを準備しておいて」などと電話があり、その後、自宅を訪れた金融庁職員等を名乗る男に、キャッシュカードを封筒に入れて封印するよう指示され、印鑑を取りに行っている隙に、別の封筒とすり替えられる被害が連続発生しました。
 このような電話は、全道各地にかかってきています。
 警察官や金融庁職員を名乗っていても、キャッシュカードを渡したり、暗証番号を教えないようにしましょう。
 お金やキャッシュカードを要求する電話には応じず、警察や消費者センター等へ相談しましょう!
【相談連絡先:警察相談専用ダイヤル「#9110」・消費者ホットライン「188」】






​​






最終更新日  2019.07.16 16:07:24

2019.07.02
カテゴリ:消費生活・安全

 環境生活部くらし安全局道民生活課です。

 個人情報流出トラブル解決費名目の架空請求詐欺被害が道内で相次いでおり、予兆となる不審電話についても道内各地で確認されています。

 概要ですが、旭川市内において、道庁職員などをかたる不審電話から詐欺被害に遭うケースが相次ぎ、6月中も偽の道庁職員からの不審電話(2月上旬頃にかかってきた電話)から、詐欺被害に遭った事案が2件判明しました。
 被害額についても、70代女性が約1,450万円、60代女性が約3,700万円といずれも高額の被害であり、現金を宅配便などで複数回に分けて送り、被害に遭っています。

 また、詐欺グループの犯人が使う団体や組織の名前は、「警察」や「防犯協会」のほか、架空の「特殊詐欺防止コールセンター」などさまざまで、最初の電話の後に、企業・団体・役所等を名乗る複数の登場人物による劇場型として展開し、最終的に「トラブル解決費名目」で現金を要求されます。

 このような詐欺の電話は、道内各地で確認されておりますので、公的機関などの職員を名乗っても個人情報は電話で教えないようにしましょう。
また、「名義貸しは違法」「お金を支払えば解決できる」「宅配便で現金を送れ」は詐欺ですので、お金に関する電話は一人で判断せず、家族や警察などに相談してください。


















最終更新日  2019.07.02 09:30:07

2019.06.20
カテゴリ:消費生活・安全
環境生活部くらし安全局道民生活課です。

 皆さんご存じのとおり、先月28日、神奈川県川崎市において、登校中の児童らが殺傷されるという大変痛ましく、凶悪な事件が発生しました。また、道内においても子どもを対象とした不審な声掛けやつきまとい等は後を絶たず、子どもたちを取り巻く環境は憂慮される状況であります。

 未来ある子どもたちのかけがえのない命を守っていくためには、地域・社会が連携して、子どもたちを見守り、また、子どもたちに危険な場合にあった際の具体的な行動について伝えていくことが重要との考えから、6月17日、北海道犯罪のない安全で安心な地域づくり推進会議(事務局:道、道警察、道教育委員会)の会長として、鈴木直道知事から「子どもの安全を守るための知事メッセージ」を発表しました。

 現在、道内においては、学校関係者、ボランティアなどの多くの方々による、子どもたちの登下校時間帯を中心とした見守り活動や防犯パトロールなどの活動が行われています。しかし、子どもたちの安全を守っていくためには、地域における多くの方々の「見守りの目」が必要となります。

 時間に余裕がない方も多くいらっしゃると思われますが、散歩や買い物、花の水やりなど、何かをしながらの「ながら見守り」についても、見守りの目を増やす有効な対策となりますので、皆様のできることから、取り組んでいただくようお願いします。
 
 また、通園・通学中のお子様がいらっしゃるご家庭におかれましては、防犯標語「いかのおすし」を活用するなど、不審者に遭遇したときに、どのように行動するのかという具体的な対策について伝えていただくとともに、防犯ブザーなどの防犯対策機器が使用可能な状態であるかを確認するようにしてください。

 地域・社会が一体となって、「子どもたちの安全を守る」という共通の思いをもって、子どもたちの安全を守っていきましょう。

【子どもの安全を守るための知事メッセージ】​


【防犯標語「いかのおすし」】



​​






最終更新日  2019.06.20 14:22:24

2019.05.27
カテゴリ:消費生活・安全
環境生活部くらし安全局道民生活課です。

 3月上旬頃、旭川市近郊のお宅に、札幌の特殊詐欺防止コールセンターを名乗る男から、
「あなたの個人情報が登録されていて広がっている」
「あなたの代わりに個人情報を登録してくれる人がいないと削除できない」
等と電話がありました。
 その後、5月16日までの間に、
エージーサポーター、メジャーワークス、国の監督官庁
を名乗る複数の男から電話で、
「あなたの番号は〇〇〇〇。登録完了まで教えないで」
「あなたが番号を教えたおかげで、あなたが捕まってしまう」
「刑事事件から民事事件にすれば捕まらない」
「それには、保釈保証金が必要」
等と言われ、複数回にわたって、宅配便で現金を送付して1,900万円をだまし取られる被害がありました。
 公的機関などをかたり「名簿に登載されている」、「個人情報を削除する」等というのは、詐欺の手口であり、最終的に第三者を名乗る者から現金を要求されます。

   旭川市及びその近郊では、架空請求詐欺の高額被害が連続発生しています。
 お金を要求する電話には応じず、警察や消費者センター等へ相談しましょう!
 【相談連絡先:警察相談専用ダイヤル「#9110」・消費者ホットライン「188」】








最終更新日  2019.05.27 11:53:58

2019.05.17
カテゴリ:消費生活・安全
環境生活部くらし安全局道民生活課です。

 5月14日、札幌市内の高齢者宅に、市職員を名乗る男から、「還付金がある」「通帳はあるか?」「暗証番号を教えて?」などと電話があり、男に暗証番号を伝えると、「ほかの職員が通帳とカードを取りに行くので渡して」と言われ、自宅に来た男に通帳とカードを渡し、その後、ATMから現金67万6千円を引き出される被害がありました。

 5月15日には、別の高齢者宅に、警察官を名乗る女から、「詐欺の犯人を捕まえた」「悪用されたリストにあなたの住所と名前が載っている」「キャッシュカードが偽造され使われている」「1週間保管しなければならない」「金融庁の担当者を向かわせる」などと電話があり、自宅に来た男に、キャッシュカードを盗まれる被害がありました。
 
 市役所職員や警察官を名乗っていても、キャッシュカードを渡したり、暗証番号を伝えることなく、まずは詐欺を疑って家族や警察等に相談しましょう。
【相談先 警察相談専用ダイヤル「#9110」/消費者ホットライン「188」】







最終更新日  2019.05.17 09:15:21

2019.04.08
カテゴリ:消費生活・安全
​​​​ 環境生活部くらし安全局道民生活課です。

 4月4日、石狩市内の70代女性に「警察官を名乗る女」と「銀行員を名乗る男」から​​​、「キャッシュカードの暗証番号が詐欺グループに漏れている」「カードはありますか?」「家に行く」などという電話があり、その後、自宅に来た「警察官を名乗る男」の指示に従い、​キャッシュカードを封筒に入れた後、封印のため、印鑑を取りに行っている隙に、別の封筒とすり替えられ、カードを盗まれて、ATMから約230万円を引き出される被害​​がありました。

 警察官や銀行員を名乗っていても、他人にキャッシュカードを渡したり、暗証番号を教えないでください。また、このような警察官をかたる不審電話は札幌市内を中心に複数確認されておりますので、不審な電話が来た場合には、家族や警察、消費者センターへ相談してください。
【警察相談ダイヤル「#9110」・消費者ホットライン「188」(いずれも全国共通)※緊急時には110番通報をしてください。】



​​​​






最終更新日  2019.04.08 08:51:10

2019.03.06
カテゴリ:消費生活・安全
環境生活部くらし安全局道民生活課です。

 2月5日、日高振興局管内にお住まいの40代の男性に、有料サイト関係者を名乗る男から「有料サイトの未納料金がある」と電話が入り、この男や弁護士を名乗る男から、「このまま放置すれば裁判になる」「裁判を取り下げるのにお金が必要だ」などと言われ、2月5日~25日までの間、複数回にわたり、犯人の指定する口座に現金を振り込み、​​約2,700万円をだましとられる被害​がありました。
 「サイト料金が未納」といった架空請求詐欺の手口は、多くがメールによるものですが、今回のように突然電話がかかってくる場合もあります。
 身に覚えのない料金を請求された場合は、一人で悩むことなく、必ず家族や警察等に相談してください。
 【相談先~警察相談ダイヤル「#9110」・消費者ホットライン「188」】
 








最終更新日  2019.03.06 15:50:29

2019.03.01
カテゴリ:消費生活・安全
環境生活部くらし安全局道民生活課です。

 道庁職員を名乗る不審電話が道内の複数の地域で確認されています。
 電話の内容については、道の「安全課」などと名乗り、「あなたの情報が漏れている」「あなたの名前が名簿に載っている」などと言い、「登録された個人情報を削除する」というものです。
 道では、職員が「個人情報の削除」や「名簿に関する注意喚起」を理由として、個人宅に電話をすることはありません。
 このように公的機関をかたり、「個人情報を削除する」などというのは詐欺の手口であり、最終的に第三者を名乗る者から現金を要求されます。
 道庁職員をかたる一連の不審電話に関し、今のところ現金をだましとられる被害は確認されていませんが、道庁のほか、公的機関を名乗る者からこのような電話が来ても一切対応しないようにしてください。

 このほか、不審な電話がきた場合などには、警察相談ダイヤル「#9110」、消費者ホットライン「188」に相談するようにしてください。(自宅に不審者が押しかけてきた場合など、緊急時には110番通報をしてください。)










最終更新日  2019.03.01 15:23:42

全74件 (74件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.