22428013 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

北海道庁のブログ「超!!旬ほっかいどう」

全371件 (371件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 38 >

IT・科学技術

2021.10.15
XML
カテゴリ:IT・科学技術
ほっかいどうの希望をかたちに!道総研です!



​​目指せ、花と野菜のプロ農家!

花・野菜技術センターでは、現役の生産者や新たに農家を目指す方々を対象に、「北海道花き・野菜技術研修」を実施しています。

今年度も4月から約6か月間にわたり実施してきましたが、10月8日(金)で全ての研修生が修了を迎えました。

研修生のみなさん、おつかれさまでした。そして新たなスタートにエールを!

花・野菜技術センターは、道内の「花き」・「野菜」栽培の発展に向けて、新品種や新技術の研究開発・普及を行っています。

ホームページはこちら
https://www.hro.or.jp/list/agricultural/research/hanayasai/index.html


10月7日は研修の総まとめとなる「報告会」。
事前に予演会を実施し、場内みんなで意見等を出し合い、磨き上げて臨みました。

​各々とりまとめに苦労したようですが、研修生同士で助け合い、
しっかりやり遂げました。


10月8日 修了を迎えた研修生のみなさんおめでとう~\(^~^)/


一瞬だけ脱マスク はい!チーズ~⸝⋆ みんな笑顔で修了!


(問い合わせ先)
道総研花・野菜技術センター技術研修グループ
TEL:0125-28-2211 メール:saitou-yuuko@hro.or.jp
担当:齊藤





​​











最終更新日  2021.10.15 13:07:45

2021.10.08
カテゴリ:IT・科学技術
​​​​​​​ほっかいどうの希望をかたちに!道総研です!


目指せ、花と野菜のプロ農家!

花・野菜技術センターでは、現役の生産者や新たに農家を目指す方々を対象に、「北海道花き・野菜技術研修」を実施しています。

約6ヶ月間の研修も修了目前。

この日、最後となった「さつまいも」を収穫し、講義・演習・実習の全てが終了しました。
あとは栽培報告をまとめて、いざ報告会へ!

研修の模様は、今後もお知らせします。

花・野菜技術センターは、道内の「花き」・「野菜」栽培の発展に向けて、新品種や新技術の研究開発・普及を行っています。

ホームページはこちら

​​
10月1日 今日は最後の品目「さつまいも」の収穫です。
まず、ツルを切り取って、マルチをはがします。

掘取機の作業に興味津々!(^^)! あっという間に掘れます。


穫れました~ って、デカっ!Σ(・ω・ノ)ノ!


どんどんコンテナへ。気持ちがもうホクホク(#^^#)


左が「黄金千貫(こがねせんがん)」、右が「紅あずま」

​​​​

(問い合わせ先)
道総研花・野菜技術センター技術研修グループ
TEL:0125-28-2211 メール:saitou-yuuko@hro.or.jp
担当:齊藤







最終更新日  2021.10.08 13:07:30

2021.10.05
カテゴリ:IT・科学技術
ほっかいどうの希望をかたちに!道総研です!



食品加工メーカー等において、コロナ後の生産性維持に向けたロボット導入を図るため、その担い手(食ロボSIer)を育成します。

参加のお申し込みは下記のWEB申し込みフォームまたはFAXにより受け付けています。

詳細は下記URLをご参照ください。皆さまのご参加お待ちしています。

▼詳細はこちら(リーフレット)


(問い合わせ先)
産業技術環境研究本部 ものづくり支援センター
TEL:011-747-2324 FAX:011-726-4057
E-mail:kaihatsu@hro.or.jp









最終更新日  2021.10.05 10:32:07

2021.09.17
カテゴリ:IT・科学技術
​​​​​​​ほっかいどうの希望をかたちに!道総研です!


目指せ、花と野菜のプロ農家!

花・野菜技術センターでは、現役の生産者や新たに農家を目指す方々を対象に、「北海道花き・野菜技術研修」を実施しています。

今回は、野菜の中身「内部品質」の勉強です。
研修で栽培している「ほうれんそう」の硝酸と、「ミニトマト」のビタミンCの含量を簡易測定しています。

約6ヶ月間の研修も残すところ1か月ほど。
研修の総仕上げとなる「栽培報告会」に向けて、皆さん頑張っています。

あともう一息!! 


硝酸とビタミンCの含量を簡易測定してみました(^^)


試料溶液をつくります。ジューサーで磨砕して、「ろ過」します。


研修では何度目かのピペット使用。手慣れてきましたね。


硝酸の測定はろ液を希釈します。撹拌は試験管ミキサーを使ってみましょう。


こちらがRQフレックス。手のひらサイズ~!!(゚Д゚ノ)ノ
短時間で簡単に試料溶液中の成分濃度を測定できます。
専用の試験紙を液につけて差し込むだけ。
ビタミンCは標準値を上回る高含量でした(≧▽≦)ゞ


(問い合わせ先)
道総研花・野菜技術センター技術研修グループ
TEL:0125-28-2211 メール:saitou-yuuko@hro.or.jp
担当:齊藤



​​​​​​​






最終更新日  2021.09.17 13:58:34

2021.09.10
カテゴリ:IT・科学技術
​​ほっかいどうの希望をかたちに!道総研です!



目指せ、花と野菜のプロ農家!

花・野菜技術センターでは、現役の生産者や新たに農家を目指す方々を対象に、「北海道花き・野菜技術研修」を実施しています。

今回は、次々と収穫期を迎えている研修品目の中から、「スターチス」と「かぼちゃ」の収穫をご紹介します。

約6ヶ月間の研修も残すところ1か月ほど。
研修の総仕上げとなる「栽培報告会」に向けて、皆さん頑張っています。

あともう一息!!



8月27日 今日は花の収穫です。こちらは、「シネンシス系スターチス」。


株をまとめて鎌でザクッと・・と思いきや、意外に堅い!
地道にハサミにて採花しました(+д+)


出荷規格に基づいて選花調製したら、鮮度保持のためすぐに「水あげ」します。
輸送時の蒸れ防止のため、少量にするのがポイント。


鮮やかな色とボリュームで、ざっくり花瓶にさすだけでも
サマになりますね~(*^_^*)


8月31日 今日はかぼちゃの収穫です。
ヘタ部分がコルクっぽくなっていれば適期。


収穫後は、切り口を乾燥させて腐敗を防ぐため、10日間ほどキュアリングします。
コンテナに入れて、遮光ネットをかけた温室に保管しました。
この間に追熟も進み、おいしいかぼちゃになります。


ホームページはこちら
https://www.hro.or.jp/list/agricultural/research/hanayasai/index.html

(問い合わせ先)
道総研花・野菜技術センター技術研修グループ
TEL:0125-28-2211 メール:saitou-yuuko@hro.or.jp
担当:齊藤



​​






最終更新日  2021.09.10 14:34:16

2021.09.03
カテゴリ:IT・科学技術
​​ほっかいどうの希望をかたちに!道総研です!


道総研が開発した「生産管理自己診断システム」を活用し、企業内に自らが改善活動を実践できる中核人材(評価担当者)を育成するための研修を開催します。

詳しくは下記リーフレットをご覧ください。皆さまのご参加お待ちしています。
※コロナウイルス感染拡大状況により、オンライン開催に変更する可能性があります。

▼リーフレットはこちら
http://www.hro.or.jp/list/industrial/research/iri/news/21/work/21jinzai.pdf
​​


(問い合わせ先)
産業技術環境研究本部 工業試験場・ものづくり支援センター(高橋、中村)

TEL:011-747-2337 メール:kaihatsu@hro.or.jp




​​










最終更新日  2021.09.03 15:20:23

2021.09.02
カテゴリ:IT・科学技術
ほっかいどうの希望をかたちに!道総研です!


コロナ禍でより一層重要視されている企業の生産性向上や、利益アップに直結する原価管理の手法、コストダウンのやり方などを、演習を交えて実践形式で学ぶ研修を開催します。

詳しくは下記リーフレットをご覧ください。皆さまのご参加お待ちしています。
※コロナウイルス感染拡大状況により、オンライン開催に変更する可能性があります。

▼リーフレットはこちら
http://www.hro.or.jp/list/industrial/research/iri/news/21/work/21genka.pdf​​
​​
(問い合わせ先)
産業技術環境研究本部 工業試験場・ものづくり支援センター(中村、高橋)

TEL:011-747-2337 メール:kaihatsu@hro.or.jp


​​






最終更新日  2021.09.02 13:44:20

2021.09.01
カテゴリ:IT・科学技術
​​​ほっかいどうの希望をかたちに!道総研です!


「カイゼン」は、世界的に知られ、最近では企業のコロナ対策にも活用されています。

「カイゼン」手法について、その源流である「トヨタ生産方式(TPS)」に着目したセミナーを開催します。

詳しくは下記リーフレットをご覧ください。皆さまのご参加お待ちしています。
※コロナウイルス感染拡大状況により、オンライン開催に変更する可能性があります。

▼リーフレットはこちら



(問い合わせ先)
産業技術環境研究本部 ものづくり支援センター(中村)
TEL:011-747-2324 メール:kaihatsu@hro.or.jp





​​






最終更新日  2021.09.01 14:19:15

2021.08.31
カテゴリ:IT・科学技術
​​​​ほっかいどうの希望をかたちに!道総研です!​



今日から、水産研究の最新成果について、成果発表会をオンライン開催します。

メインテーマは「気候変動・資源変動の中で北海道水産業を支えるために」。

14の研究課題はどれも私たちの生活に関わりのあるものです。

「温暖化でコンブ養殖はどうかわるか」「サンマの漁獲量減少の実態をつかむ」「美味しいカキを、早く美味しく食べてほしい」などについて、ご紹介します。

ホームページからアクセスできますので、ぜひご覧ください。

▼水産研究本部成果発表会ページ​
http://www.hro.or.jp/list/fisheries/marine/work1/seika2021.html



(問い合わせ先)
​水産研究本部 企画調整部企画課 主査(連携推進)佐々木 典子
TEL:0135-23-8705 FAX:0135-23-8720​​






最終更新日  2021.08.31 11:40:05

2021.08.12
カテゴリ:IT・科学技術
​​​​ほっかいどうの希望をかたちに!道総研です!​



今日から、水産研究本部の一般公開をYouTubeチャンネルで開催しています!

通常、公開していない飼育魚の様子や水生生物にまつわるクイズ、夏休みの宿題にも最適なクラフトワークなどを配信しています。

ぜひご覧ください!

▼水産研究本部YouTubeチャンネルはこちら






(問い合わせ先)
水産研究本部 企画調整部
TEL:0135-23-8705 メール:central-fish-kikaku@hro.or.jp

​​​






最終更新日  2021.08.12 14:06:25

全371件 (371件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 38 >


© Rakuten Group, Inc.