15958612 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

北海道庁のブログ「超!!旬ほっかいどう」

カレンダー

サイド自由欄

・本ブログの内容について
北海道庁は、このブログに記載されている個別の店舗及び商品並びに「楽天市場」内の特定の商品を推奨したり、品質を保証するものではありません。

    <関連リンク>

北海道のメールマガジン
ご購読はこちら!


DoLink
北海道のポータルサイト


北海道のメールマガジン
北海道の旬をお届け!


北海道庁ホームページ
北海道公式ウェブサイト



北海道のお魚情報満載!



北海道×ぐるなび 食と観光ナビページ
北海道の食と観光の情報を発信中!!

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全295件 (295件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 30 >

IT・科学技術

2019.09.17
XML
カテゴリ:IT・科学技術
ほっかいどうの希望をかたちに!道総研です。


道総研及び北海道では、損益計算書や製造原価報告書といった従来からの経営指標に加え、企業の利益アップに直結する原価管理の手法やコストダウンのやり方などを、演習を交えて実践形式で学ぶ「原価管理・コスト改善ゼミナール」を開催します。

道内ものづくり企業の皆様のご参加をお待ちしております。

なお、このゼミナールは、​地域活性化雇用創造プロジェクト事業​の一環として北海道から委託を受けて実施されます。ご参加いただいた企業の皆様には、ゼミナール参加後の雇用面での取組や雇用実績などの調査をお願いしております。


■原価管理・コスト改善ゼミナール
【日程・プログラム】 
 ◆第1日目:令和元年10月2日(水) 13時30分から16時30まで 
       「原価の構成、原価と利益の関係、価格見積もり、受注可否の判断、設備投資の判断」などの原価管理手法について学びます。
 ◆第2日目:令和元年10月24日(木)  13時30分から16時30まで 
        製品原価の計算方法を「製造現場の動画を見ながらの原価計算演習」、「玩具を分解しながらの原価計算実習」で学びます。
 ◆第3日目:令和元年11月21日(木)  13時30分から16時30まで 
       「製造現場の動画を見ながらの現場改善演習」などで、実践的なコストダウン手法を学びます。
【会場】 
 北海道立総合研究機構 工業試験場1階 研修室
[札幌市北区北19条西11丁目]
【講師】 
 堀口ビジネスコンサルティング 代表  堀口 敬 氏
【定員】20名程度[定員になり次第、締め切ります]
    ※「各社2名まで(1名でも可)」のご参加でお願いします。
    ※「筆記用具」「電卓」をご持参ください。
    ※基本的に全3日間の参加が可能な方を対象とします。
【参加費】無料 
【申込締切】令和元年9月25日(水)[定員になり次第、締め切ります]

▼詳しい内容はこちらをご覧ください。(工業試験場ホームページ)

【申込み・お問い合わせ先】 
北海道立総合研究機構 産業技術研究本部 ものづくり支援センター 
技術支援部 製品開発支援G  担当:菱川(ひしかわ)
E-mail:hishikawa-yoshiyuki @ hro.or.jp
TEL:(011)747-2336 / FAX:(011)726-4057 






最終更新日  2019.09.17 10:44:22

2019.09.13
カテゴリ:IT・科学技術
ほっかいどうの希望をかたちに!道総研です。


北海道立総合研究機構では、道内のものづくり企業を対象に、5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)活動について学ぶセミナーを開催いたします。

現在、多くの企業で5Sが実施されていますが、活動が停滞している所が多くみられます。「足利流5S」は、モノではなく『人』に焦点をあてた5S活動を実施しており、5Sを手段として働く人たちへの意識改革につなげています。
たくさんの皆様のご参加をお待ちしております!

なお、このセミナーは、​地域活性化雇用創造プロジェクト事業​の一環として北海道から委託を受けて実施されます。
ご参加いただいた企業の皆様には、セミナー参加後の雇用面での取組や雇用実績などの調査をお願いしております。

【日時】令和元年10月31日(木) 14時00分から16時00分まで
【会場】北海道立総合研究機構 工業試験場 1階研修室
    [札幌市北区北19条西11丁目]
【内容】「足利流で学ぶ5S実践活動の進め方」
【講師】鈴木5Sコンサルティング 代表 鈴木 浩也 氏
【定員】20名程度[定員になり次第、締め切ります]
    ※「1社2名まで(1名でも可)」のご参加でお願いします。
【参加費】無料 
【申込締切】令和元年10月17日(木)

▼詳しい内容はこちらをご覧ください。(工業試験場ホームページ)

(お問い合わせ先)
北海道立総合研究機構 産業技術研究本部 ものづくり支援センター 
 技術支援部 製品開発支援G
 担当:中村
  Email:kaihatsu@hro.or.jp
 TEL:(011)747-2324 / FAX:(011)726-4057






最終更新日  2019.09.13 08:47:04

2019.09.11
カテゴリ:IT・科学技術
​​ほっかいどうの希望をかたちに!道総研です。


道総研では、農業、工業、建築の分野において、​研究業務を行う職員​を募集しています。


やる気と情熱のある方のご応募を、お待ちしています!!

【 受付期限 】令和元年(2019年)10月11日(金)まで<消印有効>​​
【第1次試験】令和元年(2019年)10月27日(日)(試験地:札幌市)

▼詳しくは、こちらをご覧ください(道総研のホームページ)
https://www.hro.or.jp/hro/recruit/recruit/

※採用後の身分は地方独立行政法人北海道立総合研究機構の職員となります。
(北海道職員ではありません。)

(お問い合わせ先)
北海道立総合研究機構(道総研)経営企画部経営企画グル-プ 
担当:木藤・室矢
電話:(011)747-2813 
​​​​






最終更新日  2019.09.11 11:21:08

2019.09.10
カテゴリ:IT・科学技術
ほっかいどうの希望をかたちに!道総研です。


この度、道総研では3Dプリンターの普及を促進すべく、『第1回3Dプリンター活用セミナー』を開催いたします。

本セミナーでは、「3D プリンターとは何か」という基礎部分から、実際に企業などでどのように活用されているかを紹介するとともに、実機を用いた3Dプリンターの説明および造形のデモ体験を行います。
今後の製品開発、研究開発に向けた情報収集の場としてお気軽にご参加ください。



【日時】令和元年(2019年)9月27日(金)   13時30分から17時00分まで
【会場】北海道立総合研究機構 工業試験場 研修室(1F)
    (札幌市北区北19条西11丁目)
【プログラム】
 ・3Dプリンターの歴史と沿革
 ・3Dプリンターの活用・導入事例紹介
 ・3Dプリンター実機によるデモ体験
 ・質疑応答
【定員】20名(各社2名までとさせていただきます。)
【参加費】無料
【申込締切】令和元年9月24日(火)
※定員に達しましたら申し込みを締め切る場合がございます。

▼詳しい内容はこちらをご覧ください。(工業試験場ホームページ)

【申込み・お問い合わせ先】 
 北海道立総合研究機構 産業技術研究本部 工業試験場 
  製品技術部 生産システム・製造技術グループ 担当:川島
  E-mail:kawashima-keita@hro.or.jp
  TEL:(011)747-2964 / FAX:(011)726-4057 






最終更新日  2019.09.12 17:13:42

2019.09.09
カテゴリ:IT・科学技術
ほっかいどうの希望をかたちに!道総研です。


本セミナーでは、食品加工研究センターの概要や最近の研究開発の取組みについてご紹介するとともに、北海道よろず支援拠点の田所コーディネーターに「地域資源を活用した魅力的な商品開発について」ご講演いただきます。

また講演終了後には、個別の技術相談現地での技術指導も行います。​​
多くの皆様のご参加をお待ちしています。 

~概要~
【日時】令和元年9月26日(木)13時30分から17時00分まで
【会場】十勝総合振興局4階4AB会議室
    (帯広市東3条南3丁目1番地TEL 0155-26-9047)
【主催】道総研 食品加工研究センター
【後援】北海道十勝総合振興局

□講演
◆「食品加工研究センターの取組みについて」~最近の技術開発と商品化事例~
 道総研食品加工研究センター 研究参事 錦織 孝史
◆「チルド食品の道外展開へ向けたロングライフ化技術について」
 道総研食品加工研究センター 応用技術部 部長 川上 誠
◆「地域資源を活用した魅力的な商品開発について」 
 北海道よろず支援拠点 コーディネーター 田所かおり
※SEED TO HARVEST代表。野菜ソムリエ上級プロ。新商品開発、メニュー開発、ブランディング等を中心に活動。
◆「食品分野の共同研究と知的財産~支援も含めて」
 INPIT北海道知財総合支援窓口 理解増進担当 金木 裕一

□個別相談 16時00分から​
セミナー講師等による個別相談です。希望される方は、相談内容を参加申込書に記載してください。

□現地技術指導 令和元年9月27日(金)9時00分から12時00分まで​
◆指導を希望する十勝管内の食品企業に食品加工研究センター職員が訪問し、技術指導を行います。参加申込書に記載してください。

【参加申込方法】
​参加申込書に必要事項をご記入の上、9月19日(木)までにFAXにてお申込みください。​

▼詳細はこちら(食品加工研究センターのホームページ)
▼申込書はこちら

(お問い合わせ先) 
道総研食品加工研究センター食関連研究推進室(下岡)TEL:011-387-4116
★食加研facebookでは最新情報配信中!ぜひ「いいね!」してください!
※十勝平野の写真は、十勝総合振興局「十勝の農業農村写真館」からお借りしています。
​​







最終更新日  2019.09.09 10:25:51

2019.09.06
カテゴリ:IT・科学技術
ほっかいどうの希望をかたちに!道総研です。


本セミナーでは、地域の水産素材を活用した研究開発と商品化事例の紹介を北海道立工業技術センター研究主幹の吉岡様から、食品の企画開発について北海道どさんこプラザ札幌店店長の吉岡様からご講演いただきます。

また、食品加工研究センターの概要や最近の研究開発の取組みについてもご紹介するほか、講演終了後には、個別の技術相談や現地での技術指導も行います。

多くの皆様のご参加をお待ちしています。


~概要~
【日時】令和元年9月18日(水)13時30分から17時00分まで
【会場】渡島総合振興局 3F 講堂
    (函館市美原4丁目6番16号 TEL 0138-47-9461)
【主催】道総研 食品加工研究センター
【後援】北海道渡島総合振興局、北海道立工業技術センター
□講演
◆「食品加工研究センターの取組みについて」~現代の消費者が求める水産食品とその開発~
  道総研食品加工研究センター 研究参事 錦織 孝史
◆「地域の水産素材を活用した研究開発と商品化事例の紹介」
  北海道立工業技術センター 食産業技術支援グループ 研究主幹 吉岡 武也
◆「食品の企画開発について」                          
  北海道どさんこプラザ札幌店 店長 吉岡 史世
◆「食品分野の共同研究と知的財産~支援も含めて」
  INPIT北海道知財総合支援窓口 理解増進担当 金木 裕一

□個別相談 16時00分から
◆企業課題の解決に向けた個別相談です。希望される方は、相談内容を参加申込書に記載してください。

□現地技術指導 令和元年9月19日(木)9時00分から12時00分まで
◆指導を希望する渡島管内の食品企業に食品加工研究センター職員が訪問し、技術指導を行います。参加申込書に記載してください。

【参加申込方法】
参加申込書に必要事項をご記入の上、9月11日(水)までにFAXにてお申込みください。


▼詳細はこちら(食品加工研究センターのホームページへ)
▼申込書はこちら

(お問い合わせ先) 
道総研食品加工研究センター食関連研究推進室(下岡)TEL:011-387-4116
★食加研facebookで最新情報配信中!ぜひ「いいね!」してください!
※函館を一望するこの写真は、渡島総合振興局「渡島写真帖」からお借りしています。








最終更新日  2019.09.06 14:59:14

2019.09.04
カテゴリ:IT・科学技術
ほっかいどうの希望をかたちに!道総研です。

北海道立総合研究機構、北海道では、道内ものづくり企業のQCD対応力強化を図るため、道内企業の特性である多品種少量生産で労働集約型の企業形態に対応し、自社の強み、弱みを総合的に把握、判断できる「生産管理自己診断システム」を開発しました。

今回、道内ものづくり企業の現場及び管理部門の管理者等を対象に、このシステムを活用し、企業自らが改善活動を実施できる中核人材(評価担当者)を育成するための研修を開催します。

人材育成に取り組まれている企業の皆様のご参加をお待ちしています。


■中核人材育成研修
【日程】 
 [第1日目]令和元年9月30日(月)  13時30分から16時30分まで
 [第2日目]令和元年10月28日(月)13時30分から16時30分まで
 [第3日目]令和元年11月25日(月)13時30分から16時30分まで
【会場】
 北海道立総合研究機構 工業試験場1階 研修室
 ※3日間とも同じ会場で開催します。
【定員】
 10名(各社2名・5社)程度[定員になり次第、締め切ります]
 ※第3日目に「自己診断結果や改善計画の発表」を参加企業にお願いしておりますので、各社2名以上でのご参加を原則といたします。
【参加費】無料 
【プログラム】 
 [第1日目]令和元年9月30日(月)13時30分から16時30分まで
    ◆生産管理自己診断システムの概要
   北海道立総合研究機構 ものづくり支援センター長 飯田 憲一
    ◆管理に着目した評価手法・評価基準
     北海道科学大学 未来デザイン学部 教授 三上 行生 氏  
 [第2日目]令和元年10月28日(月)13時30分から16時30分まで
  ◆現場に着目した評価手法・評価基準
   元トヨタ自動車北海道(株) 取締役技術部長     齋藤  均 氏
 [第3日目]令和元年11月25日(月)13時30分から16時30分まで
    ◆受講各社による自己診断結果や改善計画の発表と講評
   元トヨタ自動車北海道(株) 取締役技術部長     齋藤  均 氏
   北海道立総合研究機構 ものづくり支援センター長  飯田 憲一
【申込締切】
 令和元年9月26日(木)

▼詳しくはこちら(道総研 工業試験場のホームページへ) 

【申込み・問い合わせ先】 
北海道立総合研究機構 産業技術研究本部 ものづくり支援センター 
技術支援部 製品開発支援G  担当:菱川(ひしかわ)
Email:hishikawa-yoshiyuki @ hro.or.jp
TEL:(011)747-2336 / FAX:(011)726-4057 






最終更新日  2019.09.04 18:04:04

2019.08.29
カテゴリ:IT・科学技術
ほっかいどうの希望をかたちに!道総研です。


北海道開拓の村において、“森林とふれ合う”“森づくりに関心を持つ”“森づくりに参加する”きっかけづくりの場として「道民森づくりの集い2019」が開催されます!
森林や木に関わる体験・遊びや、木を使った生活用品や道産材製品等の展示等、さまざまな企画が用意されています。

道総研からは、林業試験場が「森のめぐみで工作をしよう」、林産試験場が「木のタマゴでバードコールを作ろう!」というブースでそれぞれ出展します。

参加は無料です!
皆さんのご来場をお待ちしております。


​道民森づくりの集い2019​
【日時】9月8日(日)10時00分から15時00分まで
【場所】野幌森林公園(北海道開拓の村、自然ふれあい交流館)
【出展内容】
≪林業試験場≫樹木の葉や花、種などレジン(樹脂)で固めてストラップを作ります。
≪林産試験場≫林産試験場が開発した3Dターニングマシンで作った木のたまごを使ってバードコールを作ります。
【参加費】無料
【主催】北海道/林野庁北海道森林管理局/道民森づくりの集い2019実行委員会
【事務局】公益社団法人 北海道森と緑の会
▼イベントの詳細はこちら(特設サイトへリンク)


(お問い合わせ先)
道総研 森林研究本部 企画調整部普及グループ
TEL 0126-63-4164
道総研 森林研究本部 林産試験場 企業支援部 普及連携グループ
TEL 0166-75-4237(直通)






最終更新日  2019.08.29 16:27:17

2019.08.26
カテゴリ:IT・科学技術
ほっかいどうの希望をかたちに!道総研です。


道総研 建築研究本部(北方建築総合研究所および建築性能試験センター旭川オフィス)では、多くの方々に研究所を知っていただき、また、科学技術に対する理解を深めてもらうため、年に一度、施設の一般公開を行っています。

今年のテーマは『みんなで学ぶ暮らしと住まいの科学』です。普段は見ることのできない実験施設の見学や体験・工作ブースなどへの参加を通じて、楽しみながら「建築・防災・まちづくり」を学べます。



~概 要~
【日時】2019年8月31日(土) 10時00分から15時00分まで(受付締切14時00分)
【場所】道総研建築研究本部(旭川市緑が丘東1条3丁目1番20号)
【共催】・北海道建築士会旭川支部…「バリアフリー体験」コーナー
    ・旭川高等技術専門学院…「旭川技専ものづくり展示とかんながけ体験」コーナー
    ・日本建築構造技術者協会北海道支部
      …「地震でこわれた建物を判定しよう!-きみも子ども判定士-」コーナー
【内容】詳しくはホームページをご参照ください。
【参加申込】不要

▼道総研 建築研究本部ホームページ イベント予定のページ
▼道総研 建築研究本部ホームページ 公開デー詳細

(お問い合わせ先)
担  当:道総研建築研究本部 企画調整部 高倉・佐々木
電話番号:0166-66-4218






最終更新日  2019.08.26 09:33:23

2019.08.23
カテゴリ:IT・科学技術
 ほっかいどうの希望をかたちに!道総研です。


 本セミナーでは、食品加工研究センターの概要や取組み、食品企業の生産管理に関すること、ご当地グルメ「オホーツク北見塩焼きそば」など道内各地で食品開発に携わってきた北海道よろず支援拠点の拔山コーディネーターによる「食をとおした地域の活性化」について講演します。

 また、食関連企業が抱える技術的課題解決に向けた​個別技術相談​も行います。​

 多くの方のご参加をお待ちしています。

~概要~
【日時】令和元年8月30日(金)13時30分から16時30分まで
【場所】留萌振興局 2F 講堂
     (留萌市住之江2丁目1番地2 TEL 0164-42-8768)
【主催】食品加工研究センター
【後援】北海道留萌振興局、留萌市

□講演
 ◆『食品加工研究センターの取組みについて」~現代の消費者が求める水産食品とその開発~
  道総研食品加工研究センター 研究参事 錦織 孝史

▲魚のにおいを低減させた鯖(上)、魚醤油(左)、骨まで食べられるカレイ(右)

 ◆『食品企業の品質と利益向上に向けた生産管理について』
    道総研 食品加工研究センター  食関連研究推進室長 柿本 雅史

 ◆『食をとおした地域の活性化』
  北海道よろず支援拠点 コーディネーター 拔山 嘉友

 ◆『北海道知財総合窓口の支援内容について』
  INPIT北海道知財総合支援窓口 理解増進担当 金木 裕一

□個別相談 15時55分から​
 ◆企業課題の解決に向けた食品加工研究センター研究職員による個別相談です。参加申込書に記載してください。 
【参加申込方法】
​参加申込書に必要事項をご記入の上、8月23日(金)までにFAXにてお申込みください。​


▼詳細はこちら(道総研 食品加工研究センターHPへリンク)
▼申込書はこちら(道総研 食品加工研究センターHPへリンク)

(お問い合わせ先) 
道総研食品加工研究センター食関連研究推進室(下岡)TEL:011-387-4116
★食加研facebookでは最新情報配信中!ぜひ「いいね!」してください!






最終更新日  2019.08.23 09:17:26

全295件 (295件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 30 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.