000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

火の治療(苦悩するやいと屋)

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


笠沙太郎

Favorite Blog

毎日笑顔で輝いて!… mariron-opさん
ころぎにっき ころぎさん
釣りに行こうよ! Gアクシスさん
なみがしら 楽天家ク… なみがしらMさん

Comments

コメントに書き込みはありません。

Freepage List

Headline News

2014年10月26日
XML
カテゴリ:東洋医学
 なぜに、半身浴とお灸の熱は『痛みを止め』、赤外線(近・遠)・可視光線・レーザー光線(単一波長光)・マイクロ波・蒸気・温灸・ライト照射熱が『短時間の痛み止め』なるのか?

 生理学や解剖学を学んだ医学人ならば説明は必要が無いと思いますが、失念されている方もいらっしゃるかも知れないので、復習の意味も含め、そして医学を医学足らしめる目的で記します。

 皆さんご存知の通り、たんぱく質は42度を超えますと凝固します。つまり煮えると言う事です。人体はその防御の為に、皮膚の表面温度が上昇すると、皮下の毛細血管の血流を増大させて、皮下の温度が上がる状況を防ぎます。

 これに失敗した状況が低温火傷です、非常に深い部分まで火傷をしますので治りが悪い事で知られます。

 もうお解かりと思います、つまりどんなに部分を暖めても皮下1センチ温められないのです。暖めたら火傷に成るだけです。つまり温熱を加えるほど、皮膚温が上昇し、身体は皮膚温を下げる働きをするのです。

 五十肩の治療時に上記した、部分温熱をしても、病院を出て5分もすると痛みます。

 では、半身浴(腰湯と言われ、腰や足を湯に浸し暖めます)すると10分程度で痛みが止まります。理由が解りますか?部分を暖めると表面を冷却しようと身体は働き、下半身浴は温かい血液を患部に運びます。その結果深部に痛みの原因のある痛みは、半身浴の方が効果的に働く事になるのです。

 ではなぜに温熱治療を行うか?
それは皮膚の表面血液の循環を良くする目的の為です。痛みやしびれ感覚の原因場所が皮下1センチ程度の場所に存在すると判断しているからです。

 なぜお灸といわれる火傷が効果があるのか?
初めにお断りします、千年灸や温熱灸にはこの理論は、当てはまりません。この方法は一種の部分温熱ですから、赤外線と同じ理由です。お灸は火傷です、熱さの刺激、皮膚淡白の凝固、生じるヒストトキシンが効果を出します。

 火傷をさせると身体は火傷を治す働きをします。火傷を治す働き(焼けた細胞を復元する)を利用する方法です。
つまり、身体に負担にならない程度の火傷を作り、身体の防御作用を引き出す方法です。ですから火傷が必要なのです。






Last updated  2014年10月26日 23時43分25秒
コメント(0) | コメントを書く
[東洋医学] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.