手持ちのまっちゃんの「ほどらいこ日記」

全116件 (116件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >

オーストラリアで観察した野鳥・動植物

2012年04月11日
XML


オーストラリア・ケアンズ近郊で観察した、チドリ目レンカク科の「トサカレンカク」(TL ♂20-21cm,♀24-27cm)です。
熱帯地域でスイレン科やホテイアオイのような浮葉性植物が豊富に水面を覆っている、淡水の湿地に多く生息しています。食性は雑食性で、水面や浮葉植物から種や水生昆虫を探しだし食べています。
この時は2羽観かけたのですが、水生植物の中で採食に夢中で開けた場所に出て来てくれませんでした。
(追伸)
今日で昨年12月中旬、オーストラリアの真夏遠征(日本は真冬)で観察した最終の野鳥で113種目となってしまいました。
毎日1種づつ記録として連載を続け、4ヶ月もかかりました。ちょうど日本では夏鳥が渡って来る頃となり、これで一区切りつけそうです!(^^)! ご覧頂きありがとうございましたm(__)m
まだ、花等の植物が残っていますので、これらも記録として残すため、別途紹介していきたいと思います。

〇ケアンズ近郊で観察した「トサカレンカク」
トサカレンカク1IMG_4118
トサカレンカク1IMG_4118 posted by (C)手持ちのまっちゃん

トサカレンカク2IMG_4119
トサカレンカク2IMG_4119 posted by (C)手持ちのまっちゃん

トサカレンカク3IMG_7348
トサカレンカク3IMG_7348 posted by (C)手持ちのまっちゃん







最終更新日  2012年04月11日 17時26分20秒
コメント(6) | コメントを書く


2012年04月10日
(本日更新1)
オーストラリア・ケアンズ近郊で観察した、スズメ目サンショウクイ科の「ヨコジマカッコウサンショウクイ証拠」(TL 22-29cm)です。遠くの木の上を一瞬横切っていきました。
背面と胸は灰色をしていて、腹部には黒と白の横縞模様がついています。眼とクチバシの間に黒色の線がある、眼は黄色です。主食は果実のようです。

〇ケアンズ近郊で観察した「ヨコジマカッコウサンショウクイ証拠」
ヨコジマカッコウサンショウクイ証拠IMG_3492
ヨコジマカッコウサンショウクイ証拠IMG_3492 posted by (C)手持ちのまっちゃん






最終更新日  2012年04月10日 18時07分14秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年04月09日

(本日更新1)
オーストラリア・ケアンズ近郊で観察した、スズメ目オウギビタキ科の「ハイイロオウギビタキ」(TL 16cm)です。
熱帯雨林から乾燥した薮やマングローブ林に生息します。主に地表近くの茂みで見られます。自分の体よりも長い尾を扇子のように開いて、尾羽を振りながらダンスするようなしぐさをします。

<よく似た「ヨコフリオオギビタキ」>
 http://plaza.rakuten.co.jp/mattyan328/diary/201112250000/

〇ケアンズ近郊で観察した「ハイイロオウギビタキ」
ハイイロオオギビタキIMG_7194
ハイイロオオギビタキIMG_7194 posted by (C)手持ちのまっちゃん







最終更新日  2012年04月09日 18時12分30秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年04月08日
(本日更新1)
オーストラリア・ケアンズとその近郊で観察した、スズメ目ツチスドリ科の「ツチスドリ」(TL 26-30cm)で、羽色は黒白の粗い模様で,雌雄は頭部の模様が違っているようです。
オーストラリア本土に広く分布していて、開けた林・農耕地・人家近くの公園などの、水があると開けた場所を好むようです。餌は主として地上であさり、昆虫類を主食としていますが、種子や果実なども食べるようです。

〇オーストラリア・ケアンズとその近郊で観察した「ツチスドリ」
ツチスドリ1IMG_6600
ツチスドリ1IMG_6600 posted by (C)手持ちのまっちゃん

ツチスドリ2IMG_6607
ツチスドリ2IMG_6607 posted by (C)手持ちのまっちゃん

ツチスドリ3IMG_2950
ツチスドリ3IMG_2950 posted by (C)手持ちのまっちゃん






最終更新日  2012年04月08日 18時24分34秒
コメント(4) | コメントを書く
2012年04月07日
(本日更新1)
オーストラリア・ケアンズ近郊で観察した、ペリカン目ウ科の「オーストラリアヘビウ」(TL 80-101cm)です。同じ木にオーストラリアクロトキ・シロハラコビトウと一緒に3羽で留っていました。
カワウは日本にもお馴染で、主に河川部や湖沼などに生息し、潜水して魚類を捕食します。

〇ケアンズ近郊で観察した「オーストラリアヘビウ」
カワウIMG_4136
カワウIMG_4136 posted by (C)手持ちのまっちゃん






最終更新日  2012年04月08日 18時52分57秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年04月06日
(本日更新1)
オーストラリア・ケアンズで観察した、オウム目オウム科の「アカオクロオウム」(TL 60cm)で大型のオウムです。
オーストラリア北部・東部・西部に分布し、乾燥地の林に生息します。ユーカリの実を好んで食べるようです。
群れで行動することが多く、大きな声で鳴きながら飛びます。この時も遠くを大きな声で鳴きながら群で移動中でした。近くに留っているところを観察したかったのですが、出会えなかって残念です。

〇ケアンズで観察した群で移動中の「アカオクロオウム証拠」
アカオクロオウム(トリミング)IMG_2758
アカオクロオウム証拠(トリミング)IMG_2758 posted by (C)手持ちのまっちゃん

アカオクロオウムIMG_2758
アカオクロオウム証拠IMG_2758 posted by (C)手持ちのまっちゃん







最終更新日  2012年04月06日 18時12分02秒
コメント(2) | コメントを書く
2012年04月05日
(本日更新1)
オーストラリア・ケアンズ近郊で観察した、カイツブリ目カイツブリ科の「ノドグロカイツブリ」(TL 25-27cm)です。
カイツブリの中では小型のカイツブリで、潜水をして小さな魚や水生昆虫を捕食します。この時は湖の遥か遠くを泳いでいました。

〇ケアンズ近郊で観察した「ノドグロカイツブリ」
ノドグロカイツブリ1IMG_3695
ノドグロカイツブリ1IMG_3695 posted by (C)手持ちのまっちゃん

ノドグロカイツブリ2IMG_3697
ノドグロカイツブリ2IMG_3697 posted by (C)手持ちのまっちゃん






最終更新日  2012年04月05日 18時23分48秒
コメント(2) | コメントを書く
2012年04月04日
(本日更新1)
オーストラリア・ケアンズで観察した、スズメ目サンショウクイ科の「マミジロナキサンショウクイ」(TL 18cm)です。
食性は昆虫や果実類を好み、山椒は食べるわけではないようです。生息地は、熱帯雨林の森や樹冠の木立の中の方にいて、開けた所にはなかなか出てこないようで、撮影にはなかなか難しい野鳥です。

〇ケアンズで観察した「マミジロナキサンショウクイ」
マミジロナキサンショウクイ1IMG_2764
マミジロナキサンショウクイ1IMG_2764 posted by (C)手持ちのまっちゃん

マミジロナキサンショウクイ2IMG_4830
マミジロナキサンショウクイ2IMG_4830 posted by (C)手持ちのまっちゃん

マミジロナキサンショウクイ3IMG_4837
マミジロナキサンショウクイ3IMG_4837 posted by (C)手持ちのまっちゃん






最終更新日  2012年04月04日 18時20分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年04月03日
(本日更新1)
オーストラリア・ケアンズ近郊で観察した、タカ目タカ科の「シロハラウミワシ証拠」(TL 70cm)です。
海岸や湖沼などの水辺に生息しています。獲物の大半は魚類とウミヘビのようで、樹上や崖の上から待ち伏せし、水面近くに現れたところを捕らえるようです。
この時は、湖で突然現れ遥か遠くの対岸の木に留りました。

〇ケアンズ郊外で観察した「シロハラウミワシ証拠」(328×2で撮影、大幅トリミング)
シロハラウミワシ証拠1IMG_3804
シロハラウミワシ証拠1IMG_3804 posted by (C)手持ちのまっちゃん

〇同じく「シロハラウミワシ証拠」(フィールドスコープにコンデジを押し当て撮影)
シロハラウミワシ証拠2IMG_1712
シロハラウミワシ証拠2IMG_1712 posted by (C)手持ちのまっちゃん









最終更新日  2012年04月04日 18時50分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年04月02日
(本日更新1)
オーストラリア・ケアンズ近郊で観察した、タカ目タカ科の「オナガイヌワシ証拠」で、オーストラリア最大(TL 81-110cm)の猛禽類で、♂より♀の方が大きく、尾羽はくさび形(菱形)をしています。
ソアリングをしながら上空から動物の死骸・ノウサギ・ワラビー・カンガルーなどの獲物を探し、急降下して捕らえるようです。
また、複数で狩りを行うことがあるようで、地上や地上近くから獲物の気を引いているうちに、他の個体が上空から攻撃をするようです。
観察時は、遠くて証拠程度の写真しか撮れませんでした。

〇オーストラリア・ケアンズ近郊で観察した「オナガイヌワシ証拠」
オナガイヌワシ証拠1IMG_3862
オナガイヌワシ証拠1IMG_3862 posted by (C)手持ちのまっちゃん

オナガイヌワシ証拠2IMG_4048
オナガイヌワシ証拠2IMG_4048 posted by (C)手持ちのまっちゃん






最終更新日  2012年04月02日 18時32分41秒
コメント(0) | コメントを書く

全116件 (116件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >

PR


© Rakuten Group, Inc.