手持ちのまっちゃんの「ほどらいこ日記」

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >

ムクドリ科の野鳥

2018年04月18日
XML
カテゴリ:ムクドリ科の野鳥
(本日更新2)和泉市鍛治屋町の貸し農園(美農里の丘)で観察した「コムクドリ (小椋鳥)♂♀」です。
農園の桜の樹で昨日、雨が降る夕刻前に観察したたった1羽のコムクドリ♂が、今朝は雨が降っていたので、もういないかと思い込んでいて11時頃に覗いてみると、何と5~6羽に増えていて、♀も観察できました(^-^)
※軽量セット(100-400mm×1.4)での手持ち撮影

☆和泉市鍛治屋町の貸し農園(美農里の丘)観察した「コムクドリ (小椋鳥)♂♀」
 【コムクドリ (小椋鳥):スズメ目ムクドリ科 TL 19cm 】
  <英名:Chestnut-cheeked Starling>
コムクドリ♂(1)FK3A5192
コムクドリ♂(1)FK3A5192  ☆posted by 手持ちのまっちゃん

コムクドリ♂(2)FK3A5056
コムクドリ♂(2)FK3A5056  ☆posted by 手持ちのまっちゃん

コムクドリ♂(3)FK3A5116
コムクドリ♂(3)FK3A5116  ☆posted by 手持ちのまっちゃん

コムクドリ♂(4)FK3A5253
コムクドリ♂(4)FK3A5253  ☆posted by 手持ちのまっちゃん

コムクドリ♀(1)FK3A5356
コムクドリ♀(1)FK3A5356  ☆posted by 手持ちのまっちゃん

コムクドリ♀(2)FK3A5359
コムクドリ♀(2)FK3A5359  ☆posted by 手持ちのまっちゃん

コムクドリ♀(3)FK3A5361
コムクドリ♀(3)FK3A5361  ☆posted by 手持ちのまっちゃん






最終更新日  2018年04月18日 18時35分43秒
コメント(0) | コメントを書く


2018年04月17日
カテゴリ:ムクドリ科の野鳥
(本日更新2)近所の貸し農園(鍛治屋町美農里の丘)で観察した「コムクドリ (小椋鳥)♂」です。
雨が降る前にと夕刻前に、モズの営巣状況を観察に近所の農園に行くと、桜の樹がムクドリで騒がしかったのですが、何かに驚いてムクドリが一斉に飛んで行ったあと、まだ何かが動いているのでよく観ると、何と1羽のコムクドリ♂でした(^-^)
ムクドリの群に何羽かいたと思いますが、1羽が残ってくれてラッキーでした。
家にいたふうさんに連絡すると、走って来て「はぁはぁ」言いながら一緒に撮っていました(^-^)
こんな近所の農園で、コムクドリに出会えるとは思っていませんでした^^
※軽量セット(100-400mm×1.4)での手持ち撮影

☆近所の貸し農園(鍛治屋町美農里の丘)観察した「コムクドリ (小椋鳥)♂」
 【コムクドリ (小椋鳥):スズメ目ムクドリ科 TL 19cm 】
  <英名:Chestnut-cheeked Starling>
コムクドリ(1)FK3A5224
コムクドリ(1)FK3A5224  ☆posted by 手持ちのまっちゃん

コムクドリ(2)FK3A5120
コムクドリ(2)FK3A5120  ☆posted by 手持ちのまっちゃん

コムクドリ(3)FK3A5166
コムクドリ(3)FK3A5166  ☆posted by 手持ちのまっちゃん

コムクドリ(4)FK3A5191
コムクドリ(4)FK3A5191  ☆posted by 手持ちのまっちゃん

コムクドリ(5)FK3A5260
コムクドリ(5)FK3A5260  ☆posted by 手持ちのまっちゃん

コムクドリ(6)IMG_5227 by ふうさん
コムクドリ(6)IMG_5227 by ふうさん  ☆posted by 手持ちのまっちゃん

コムクドリ(7)IMG_5236 by ふうさん
コムクドリ(7)IMG_5236 by ふうさん  ☆posted by 手持ちのまっちゃん






最終更新日  2018年04月18日 18時36分49秒
コメント(2) | コメントを書く
2017年01月15日
カテゴリ:ムクドリ科の野鳥
(本日更新2)槇尾川散策路で観察した「ムクドリ(椋鳥)」です。
ムクドリは20羽ほどの集団で、センダンの実を採食していまし。中にムクドリ科の珍鳥が混じっていないか確認しましたが、残念ながらすべてお庭にやって来ると嫌われ役の普通のムクドリでした(^^;)ゞ

☆槇尾川散策路で観察した「ムクドリ(椋鳥)」
 【ムクドリ(椋鳥)=スズメ目ムクドリ科 TL 24cm 】
 <英名:White-cheeked Starling 又は Gray Starling>
ムクドリ(1)FK3A3043
ムクドリ(1)FK3A3043  ☆posted by 手持ちのまっちゃん

ムクドリ(2)FK3A3047
ムクドリ(2)FK3A3047  ☆posted by 手持ちのまっちゃん

ムクドリ(3)FK3A3055
ムクドリ(3)FK3A3055  ☆posted by 手持ちのまっちゃん

ムクドリ(4)FK3A3064
ムクドリ(4)FK3A3064  ☆posted by 手持ちのまっちゃん






最終更新日  2017年01月15日 18時09分29秒
コメント(2) | コメントを書く
2016年04月13日
カテゴリ:ムクドリ科の野鳥
(本日更新2)浜の宮公園付近で観察した「ハッカチョウ(八哥鳥)」です。
ハッカチョウは、先日の姫路城見物の帰りに浜の宮公園付近で観察したもので、道路脇の芝生の上に10羽ほどの群で降りて来て、ムクドリと一緒に採食していました(^o^ゞ
中国からラオスにかけて分布しており、江戸時代に輸入されていたものが野生化したようです^^

☆浜の宮公園付近の道路脇で観察した「ハッカチョウ」
【ハッカチョウ(八哥鳥)=スズメ目ムクドリ科 TL 25-27cm 】
 <英名:Crested Myna>
ハッカチョウ(1)IMG_8183 by ふうさん
ハッカチョウ(1)IMG_8183 by ふうさん  ☆posted by 手持ちのまっちゃん

ハッカチョウ(2)IMG_4153
ハッカチョウ(2)IMG_4153  ☆posted by 手持ちのまっちゃん

ハッカチョウ(3)IMG_4156
ハッカチョウ(3)IMG_4156  ☆posted by 手持ちのまっちゃん

ハッカチョウ(4)IMG_4183
ハッカチョウ(4)IMG_4183  ☆posted by 手持ちのまっちゃん

ハッカチョウ(5)IMG_4175
ハッカチョウ(5)IMG_4175  ☆posted by 手持ちのまっちゃん

ハッカチョウ(6)IMG_4199
ハッカチョウ(6)IMG_4199  ☆posted by 手持ちのまっちゃん






最終更新日  2016年04月14日 15時28分29秒
コメント(2) | コメントを書く
2016年01月21日
カテゴリ:ムクドリ科の野鳥
大泉緑地公園で観察した珍鳥「ギンムクドリ(銀椋鳥)」です。
カラムクドリやホシムクドリは、過去に国内でも何回か観察していますが、ギンムクドリは台湾(金門島)で数回観察した記録があるだけで、国内では初観察となりました(^o^ゞ
公園には10日ほど前から1羽が滞在しているだけで、他の野鳥と一緒に行動することなく自由に行動しているので、なかなか確実に出会えるとは限らないようですが、このエサ場には必ずやってくるようです。
午前中の早い時間帯に観察記録が多いようですが、もちろんその他の時間帯や午後でも観察でき、今回は到着が10時半頃と遅かったので、諦めかけた14時30頃やっと60~70m先の枝に留ったところを観察できました^^

☆大泉緑地公園で諦めかけた頃に遠くでようやく観察できた珍鳥「ギンムクドリ」
【ギンムクドリ(銀椋鳥)=はスズメ目ムクドリ科の鳥 TL 24cm 】
 <英名:Red-billed Starling>
ギンムクドリ(1)FK3A8629
ギンムクドリ(1)FK3A8629  ☆posted by 手持ちのまっちゃん

ギンムクドリ(2)FK3A8649
ギンムクドリ(2)FK3A8649  ☆posted by 手持ちのまっちゃん

ギンムクドリ(3)FK3A8590
ギンムクドリ(3)FK3A8590  ☆posted by 手持ちのまっちゃん

ギンムクドリ(4)FK3A8583
ギンムクドリ(4)FK3A8583  ☆posted by 手持ちのまっちゃん






最終更新日  2016年01月21日 18時03分50秒
コメント(4) | コメントを書く
2014年06月14日
カテゴリ:ムクドリ科の野鳥
今日は午前中、ふうさんと汐ノ宮方面に「アマサギ」を観察に出かけましたが、2羽しか観察できなかったので、急遽コメント欄で連絡頂いたこの近くの富田林の「ハッカチョウ」の様子を観に行ってきました。
ハッカチョウは30分ほど観察しました。 結果1ペアがちょうど営巣中で何回も幼鳥にエサを運んでいましたが、エサ場も遠くて一定せず、近くでは電線留りが多くて他も人工物ばかりで綺麗な画像が撮れませんでした(^o^ゞ

★富田林の建物で営巣中の外来種「ハッカチョウ(八哥鳥)」
【ハッカチョウ(八哥鳥)=スズメ目ムクドリ科 TL 26-27cm 】
 <英名:Crested Myna>
ハッカチョウ(1)IMG_6730
ハッカチョウ(1)IMG_6730  ☆posted by 手持ちのまっちゃん

ハッカチョウ(2)IMG_6691
ハッカチョウ(2)IMG_6691  ☆posted by 手持ちのまっちゃん

ハッカチョウ(3)IMG_6734
ハッカチョウ(3)IMG_6734  ☆posted by 手持ちのまっちゃん

ハッカチョウ(4)IMG_6657
ハッカチョウ(4)IMG_6657  ☆posted by 手持ちのまっちゃん

ハッカチョウ(5)IMG_6644
ハッカチョウ(5)IMG_6644  ☆posted by 手持ちのまっちゃん

ハッカチョウ(6)IMG_2041 by ふうさん
ハッカチョウ(6)IMG_2041 by ふうさん  ☆posted by 手持ちのまっちゃん

ハッカチョウ(7)IMG_2050 by ふうさん
ハッカチョウ(7)IMG_2050 by ふうさん  ☆posted by 手持ちのまっちゃん

ハッカチョウ(8)IMG_6741
ハッカチョウ(8)IMG_6741  ☆posted by 手持ちのまっちゃん






最終更新日  2014年06月14日 18時10分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年11月22日
カテゴリ:ムクドリ科の野鳥
10月中旬、大阪城公園で観察した「ムクドリ(椋鳥)」の集団水浴びです。
この日はまだまだ暑い日だったので、ムクドリが珍しく集団で水浴びしていました。皆んなで入れば怖くないなのでしょうか(;^_^A
【ムクドリ(椋鳥)=スズメ目ムクドリ科 TL 24cm 】

〇大阪城公園で観察した「ムクドリ(椋鳥)」の集団水浴び
ムクドリIMG_0102
ムクドリIMG_0102  posted by 手持ちのまっちゃん






最終更新日  2013年11月22日 18時01分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年09月21日
カテゴリ:ムクドリ科の野鳥
(本日更新2)大阪城公園で数年ぶりに再会した「コムクドリ (小椋鳥)」です。
コムクドリは渡りの途中、10羽程度きているようで、盛んに普通種のムクドリと一緒に、ムクの実を食べていました。お城では数年ぶりに再会しましたが、すっきりしたところには出て来てくれませんでした(;^_^A
[コムクドリ (小椋鳥):スズメ目ムクドリ科 TL 19cm ]

〇大阪城公園で数年ぶりに再会した「コムクドリ (小椋鳥)」
コムクドリ(1)♂IMG_4571
コムクドリ(1)♂IMG_4571  posted by 手持ちのまっちゃん

コムクドリ(2)♂IMG_4538
コムクドリ(2)♂IMG_4538  posted by 手持ちのまっちゃん

コムクドリ(3)♂IMG_4532
コムクドリ(3)♂IMG_4532  posted by 手持ちのまっちゃん

コムクドリ(4)♂IMG_4453
コムクドリ(4)♂IMG_4453  posted by 手持ちのまっちゃん

コムクドリ(5)♀IMG_4502
コムクドリ(5)♀IMG_4502  posted by 手持ちのまっちゃん

コムクドリ(6)♀IMG_4482
コムクドリ(6)♀IMG_4482  posted by 手持ちのまっちゃん






最終更新日  2013年09月21日 18時13分22秒
コメント(4) | コメントを書く
2013年04月18日
カテゴリ:ムクドリ科の野鳥
先週、高知県の繁殖保護施設で観察した絶滅危惧種の「カンムリシロムク(冠白椋)」です。
バリ島(インドネシア)のサバンナ林に生息する固有種で、昆虫などの小動物・果実・種子などを食べる雑食性です。
ペットにするための捕獲や森林伐採などで絶滅寸前まで減っていますが、各国の施設で飼育下で繁殖させた個体をバリ島に帰すという「カンムリシロムク保護プロジェクト」の取り組みが行なわれているようです。
自然下では2001年には6羽にまで減ってしまったようですが、現在では数十羽まで回復しているようです。ちなみに飼育下では、各国でおよそ1000羽が暮らしているようです。
[カンムリシロムク(冠白椋):スズメ目ムクドリ科 TL 25cm ]

〇高知県の繁殖保護施設で観察した絶滅危惧種の「カンムリシロムク(冠白椋)」
カンムリシロムク(1)IMG_6220
カンムリシロムク(1)IMG_6220 posted by (C)手持ちのまっちゃん

カンムリシロムク(2)IMG_6242
カンムリシロムク(2)IMG_6242 posted by (C)手持ちのまっちゃん






最終更新日  2013年04月18日 18時24分02秒
コメント(4) | コメントを書く
2013年02月03日
カテゴリ:ムクドリ科の野鳥
今日は天気が良かったので、ふうさんと隣県の和歌山に飛来のしている珍鳥「カラムクドリ(唐椋鳥)」を観察に出かけてきました。
ポイントに到着し暫くすると、カラムクドリがピラカンサの実を食べに現れてくれました。4羽観察できたのですが、ピラカンサの実はもう殆ど食べ尽くされていて、この子達もエサを求めて移動するのでしょう。
カラムクドリは、冬季は東南アジアや台湾等で越冬しており、日本では数少ない冬鳥として九州南部から南西諸島に飛来します。本州では稀な迷鳥としてしか観察できない珍鳥です。
[カラムクドリ(唐椋鳥):スズメ目ムクドリ科 TL 19cm]

〇和歌山で観察できた珍鳥の「カラムクドリ(唐椋鳥)」
カラムクドリ(1)IMG_6669
カラムクドリ(1)IMG_6669 posted by (C)手持ちのまっちゃん

カラムクドリ(2)IMG_6581
カラムクドリ(2)IMG_6581 posted by (C)手持ちのまっちゃん

カラムクドリ(3)IMG_6446
カラムクドリ(3)IMG_6446 posted by (C)手持ちのまっちゃん

カラムクドリ(4)IMG_6659
カラムクドリ(4)IMG_6659 posted by (C)手持ちのまっちゃん

カラムクドリ(5)IMG_6458
カラムクドリ(5)IMG_6458 posted by (C)手持ちのまっちゃん

カラムクドリ(6)IMG_6796
カラムクドリ(6)IMG_6796 posted by (C)手持ちのまっちゃん

カラムクドリ(7)IMG_6687
カラムクドリ(7)IMG_6687 posted by (C)手持ちのまっちゃん

カラムクドリ(8)IMG_6782
カラムクドリ(8)IMG_6782 posted by (C)手持ちのまっちゃん








最終更新日  2013年02月03日 16時15分14秒
コメント(6) | コメントを書く

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.