20757814 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

Rakuten Profile


みきまるファンドさん

優待バリュー株に全てを賭けています。

フォローする

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

7512イオン北海道(… New! わくわく303さん

ヤーマン上方修正&… New! mk4274さん

メモ New! 4畳半2間さん

テノックス(1905)---… New! 征野三朗さん

西安回族街・回民街… モモンガ2006さん

台湾旅行から帰って… toms2121さん

週間パフォーマンス… らすかる0555さん

前日比△281,900円 かぶ1000さん

ふらつき slowlysheepさん

アークランドサービ… Night0878さん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Ranking

Rakuten Card

全2370件 (2370件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

優待株について

Nov 19, 2017
XML
カテゴリ:優待株について
 さて今日は 2017主力株概況シリーズ です。

 

 

 


 

 

​​​32位  9707  ​​​ユニマット リタイアメント・コミュニティ
   (東JQS、3・9月優待) ◎◎

 

 

 

 

 

 PF時価総額32位の準主力株は、ユニマットHD傘下で全国で多機能型介護施設『そよ風』を運営しているユニマットRCです。2015年に一度主力の一角として激アツで手掛け、その時は強烈な業績下方修正でノックダウンされ超絶損切りで命辛々逃げ出した銘柄ですが、その後の業績回復と指標的な割安さ、同業他社と比較した場合の異次元の相対魅力度の高さを評価して、今回恥ずかしながら再び舞い戻って参りました。(滝汗)


















 

 

 

 

 

 現在の株価は1555円、時価総額134億円、PBR0.96、自己資本比率は31.0%、今期予想PE6.52、配当利回り0.9%(14円)、総合利回り0.9%(14+0=14円、優待は0円換算)で、優待は100株保有で「自社直営グループホーム入居保証金20%割引+ 自社直営有料老人ホーム管理費250円割引」500株保有で「同500円割引」です。

 











 

 

 

 

 

 

 

 

 さて今日はここで、復習として介護関連銘柄の比較をしておきましょう。

 

 

 

 

2373 ケア21 (PBR2.53×PER12.56=31.78)

 

2374 セントケアHD (PBR2.16×PER16.53=35.70)

 

2398 ツクイ (PBR3.03×PER22.62=68.54)

 
2435 シダー 
(PBR3.71×PER31.71=117.64)


4355 ロングライフHD (PBR1.68×PER20.60=34.61)

 

6059 ウチヤマHD (PBR0.68×PER16.28=11.07)


6092 チャームケアC (PBR6.98×PER25.14=175.47)

 

9707 ユニマットRC (PBR0.96×PER6.52=6.26)

 

 

 

 

 世界一の高齢化がこれからも驚異的なスピードで進むことが高い確率で予想されているここ日本では、介護関連は「確かな成長産業」です。そのためどの銘柄も株式市場からの評価は高く、グレアムのミックス係数 は30~180 となってるところが多いです。





 そしてその中で、ミックス係数が10以下のユニマットRCが突出して異次元に安いことが分かります。(但し今期は特別利益込み。実質的なPERは10倍程度)後、ウチヤマHDもまずまず安いですね。。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 





 

​ ところで私は介護関連銘柄とは非常に相性が悪く、かつて超主力で戦った「6059ウチヤマの陣」では結果を出せず一敗地に塗(まみ)れました。






 その後改めて介護銘柄を分析し、新たに白羽の矢を立てた「9707ユニマットRCの陣」で2015年に2回目の勝負を挑みましたが、この時もまたしても敗北に終わり、多くの兵力を失い血を流しました。






 そのため今回の「第2次9707ユニマットRCの戦い」では、かなり兵力を絞り、半身の姿勢で臨むこととなりました。「そんなに苦手なら介護銘柄なんか触らなきゃいいじゃないか。」というもっともな声が自分の頭の中で囁いていますが、これからさらに本格的な高齢化社会を迎える日本ではこの業界の長期的な成長性は揺るぎませんし、私はどうしてもPF上位で有力な介護関連銘柄を持っておきたいのです。









 ただこれは以前からなのですが、「ユニマット関連」の銘柄と言うのは親の都合で利益水準が大きくかつ突然にトリッキーにブレることがあり、自分の中では「要注意グループ」となっています。そして今のユニマットRCが指標的に同業他社に対して明らかに安いのも、多くの投資家に





 ​ユニマットリスク​





 が潜在的に共有認識としてあるから、と言う面が厳然としてあると個人的には考えており、その点は割り引かなくてはならないとも感じています。








 そのため、ここに関しては最大限の注意を払いながら、若干の疑心暗鬼と共に慎重に保有しているというところですね。(汗)





2017主力株概況シリーズ 免責事項






2017主力株概況シリーズ は私が主力で勝負している銘柄について、本当にその価値はあるのか、私を投資家としての次の、1つ上の無重力のステージに連れていけるだけの力があるのか、「リスク・リワード比」が優れた最強で最上かつ頑健な銘柄なのか、何か見逃している弱点はないか、戦い続けるのに必要な「銘柄としての鮮度」が落ちていないか、死んだ目の魚になっていないか、などを多角的に検討する目的で書くものです。記事内容は一般的に入手可能な公開情報(ただしIRへの蛇の様にしつこくて執念深い独自の取材内容を含む)に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものではありません。また市場と個別銘柄の未来がどうなるかは誰にも決して分からないため記事内容の正確性は保証しません。私には未来を予見する力は一切ありません。魔法の水晶玉は残念ながら持ち合わせておりません。そのため当シリーズに基づいて投資を行い、損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100.000%御自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

















Last updated  Nov 19, 2017 08:48:31 AM
コメント(2) | コメントを書く

Nov 18, 2017
カテゴリ:優待株について

 さて今日も通常の2017PF概況シリーズです。





561位 4678 秀英予備校 (東1、3・9月優待) 〇





 PF561位は、
静岡地盤で中学生向け集団指導塾が主力の秀英予備校です。





 現在の株価は469円、時価総額31億円、PBR0.82、自己資本比率は29.5%で利益剰余金はマイナス、今期予想PER70.00、配当利回り2.6%(12円)、総合利回り4.7%(12+10=22円)で、優待は100株保有で年2回500円相当の図書カードです。






 秀英予備校は業績も財務状態も今一歩ですが、1単元も低くてカジュアルに買いやすいですし、十分過ぎる程の総合利回りが出ていますし、優待族的には実に良い銘柄です。現行の優待制度が続く限りはこれからも楽しくホールドして応援していく予定です。







Last updated  Nov 18, 2017 02:19:14 PM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 17, 2017
カテゴリ:優待株について
さて今日は久々に2017PF概況シリーズです。







560位 3726 フォーシーズホールディングス(東2、9月優待) △







 PF560位の超微力株は、IT発祥で買収によって化粧品・健康食品の通販会社となったフォーシーズホールディングスです。





 現在の株価は496円、時価総額35億円、PBR2.31、自己資本比率は44.9%、今期予想PER34.69、配当利回り0%(0円)、総合利回り4.0%(0+20=20円、優待品は私の独断で額面の20%で換算)で、優待は100株保有で、10000円相当の株主優待券(5000円×2枚、※「フェヴリナ」・「サイエンスボーテ」で1枚ずつ利用可。また 株主優待引き換え限定商品10品 の内から2つを選ぶことも可)です。








 フォーシーズホールディングスは指標的にはやや高いですが、ま、優待狙いで1枚ホールドしていくのには大きな問題はないものと考えています。






Last updated  Nov 17, 2017 07:22:49 PM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 12, 2017
カテゴリ:優待株について
​さて今日はPF上位銘柄を紹介する 2017主力株概況シリーズ です。​

 

 

 

 

 

31位 4928 ノエビアホールディングス (東1、3・9月優待) △

 

 

 

 

 

 PF31位の準主力株は、訪問販売主体の化粧品会社のノエビアです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 現在の株価は7690円、時価総額2726億円、PBR4.61、自己資本比率63.2%で有利子負債は0、今期予想PER38.39、配当利回り2.0%(150円)、総合利回り2.5%(150+44=194円、ノエビアの化粧品は非常に人気が高くて戦闘力があるため、優待品は額面の100%換算)で、優待は100株保有で年2回税抜2000円相当の自社商品、1000株保有で税抜22000円相当の自社商品です。

 


 

 

 

 

 

 

 1000株優待ではwebカタログの中から税抜22000円分の商品を選ぶことができます。今日は私の過去の選択例をいくつか見ておきましょう。



















 

 

 

 

 このような商品達でした。もちろんこれらの選択した優待品は全て姫の元へ旅立ちます。

 

 

 

 

 

 

 ちなみに、以前選択した商品の中には、

 

 

 

R0118530.JPG

 

 

 

 なんと 1本で18000円 (上の写真の左の商品)もするものもありました。

 

 

 

 

 

 

 化粧品の値付けは完全に頭がおかしい。

 

 

 

 

 

 

 というのがバリュー投資家としての率直な感想ですし、驚きで目が飛び出ますね。(笑)

 

 

 

 

 

 

​ こうしてみると、「化粧品会社というのは儲かって当然だな。」としみじみと思います。実際抜群のブランド力を誇るノエビアHDも、長年極めて高い利益率を謳歌し続けています。会社は儲かる、優待品で姫はより美しくなる、株価上昇で私も潤う、いいことばかりですね。なんだかどこかに深い深い落とし穴がありそうな気もしますが (笑)。。。。。。














 さて冗談はこれくらいにしてここで少し真面目な話をすると、今のノエビアHDの株価位置はバリュー投資家的な観点からは「ちょっと上がり過ぎ」だとは思います。ただ、







 ​株式投資で利益を伸ばすには、「株価の勢い(モメンタム)がある限りは、我慢してホールドを続ける。」ことがどうしても必要​






 であり、私も「ノエビアHD、もうガチで高いんだけどなあ。でも引っ張れる限りは極限まで引っ張りたい。出来ればそろそろ株式分割&優待維持があると最高なんだけどなあ。」と日々思いながら、自分の現在の基本戦略である






バリュー → モメンタム戦略



(不人気な時期にバリュー株としてそっと静かに買い、株価の上昇局面をグロース株として圧力強く楽しくホールドし、ついにモメンタム(勢い)が失われたときに迅速に売却し、ポッケに札束をねじ込んでドロボーの様に光速で逃げ去る投資法の事)







 に従って粛々と保有を継続している所です。(汗)







Last updated  Nov 12, 2017 05:43:55 PM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 7, 2017
カテゴリ:優待株について
 さて今日は 2017主力株概況シリーズ です。

 

 

 

 

30位 7614 オーエムツーネットワーク (東JQS 1・7月優待) ◎◎

 

 

 

 PF時価総額30位の準主力株は、2292エスフーズ傘下の食肉小売業のオーエムツーネットワークです。前回の19位からは少し順位を下げての登場となりました。ここは万年不人気ですが非常に地力のある玄人受けする銘柄で、大相撲で言うと「安美錦関」のような存在です。



 

 

 

 現在の株価は1440円、時価総額102億円、PBR0.83、自己資本比率は74.1%、今期予想PER8.80、配当利回り1.7%(24円)、総合利回り2.1%(24+6=30円)で、優待は年2回、1・7月に100株保有で自社オリジナルギフト商品の30%割引販売








 

 

 

 

  プラス年1回7月に、500株保有で3000円相当、1000株保有で5000円相当の自社取扱商品(ハム・ソーセージ)もしくはアウトバックステーキハウスで使える食事券です。




 

 




 

  私はこの数年は、アウトバックステーキハウスの食事券を戴いています。











 

 


 それではアウトバックステーキハウスの実際を見ていきましょう。








 






 私はこれまで色々と食べたのですが、今までのところではこのハンバーグ・ステーキが一番美味しいと思いました。結局、自分はとても「安く出来ている人間」なんですね。(汗)

















 
 見て下さい、この断面図。 凄い「肉密度」でした。 ♬





 

 
 ちなみに、この食べ放題のパンがまた美味い。

 

 

 

 

 

 このアウトバックステーキハウス、利益率が高くてOM2のドル箱のようです。以前に質問があってIRに電話した時も担当者の方が、「とにかくアウトバックステーキハウスが好調で、、、」と嬉しそうに仰っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 以上、OM2ネットワークは現状指標的に十分に割安ですし、優待内容も上記の如く素晴らしいですし、PF上位銘柄として全く不足の無い極めて良い銘柄であると認識しています。というか、どの銘柄も大きく上昇している今の相場では、OM2ネットワークの「相対的な割安感」は以前よりも上昇している様にも思います。ま、いずれにせよ、これからも楽しくホールドして応援していく予定です。







Last updated  Nov 7, 2017 07:28:36 PM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 4, 2017
カテゴリ:優待株について
さて今日はいよいよクライマックスシーズンに突入した、このブログの根幹を成す、2017PF概況シリーズ です。

 

 


 

559位 3232 三重交通グループホールディングス(東1、3・9月優待)◎

 

 

 

 

 

 PF559位は、近鉄系で傘下にバスの三重交通と不動産デベロッパーの三交不動産を持ち、東急ハンズFCも併営している三重交通グループホールディングスです。



 

 

 



 

 現在の株価は480円、時価総額515億円、PBR1.20、自己資本比率は25.6%、今期予想PER13.37、配当利回り1.7%(8円)、総合利回り5.8%(8+20=28円、100株優待のヤフオク平均落札価格の1000円で計算)で、優待は下記の通り色々とてんこ盛りです。

 









 

 

 

 

 

 

 

 100株優待の肝はJR名古屋高島屋の中にある名古屋店と久屋大通にあるアネックス店及び三重県桑名店で利用できる「東急ハンズ」買物割引カード(5%割引)1枚




 

 

 

 

 

 

 と三重交通・名阪近鉄バス共通路線バス片道乗車券2枚

 

 

 

 

 

 

 

 で、この2つでヤフオクで1000円に評価されているということです。普通に全国で使える東急ハンズの買物割引カード(5%割引)を手に入れようとすると、約38万円を出して3289東急不動産HDを500株買わないといけないので、名古屋圏限定とはいえ4万円台の投資でハンズの割引カードが手に入るということには一定の意義があるということでしょう。







 さてここ三重交通GHDですが、私は名証1部から東証1部への昇格イベントを狙い撃ちして 





2014年に超主力株 





 として戦い、結果として幸運にもまずまずの利益を得たことがありました。




 今はその時の激戦の形見が1枚ポートフォリオの片隅に静かに眠るのみですが、「またいつか、ここ
三重交通GHDの様なリスクとリターンの関係が最高に優れたクールな銘柄を見つけたら、ガツンと大きく勝負したいな。」といつも思っています。







Last updated  Nov 5, 2017 08:31:57 AM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 2, 2017
カテゴリ:優待株について
 さて今日は久々に通常の2017PF概況シリーズです。 

 

 

 

 

558位 8230 はせがわ (東1、9月優待) 〇

 

 

 

 PF558位は、仏壇仏具の小売専門店で業界トップのはせがわです。










 

 

 




 

 現在の株価は513円、時価総額96億円、PBR0.95、自己資本比率は53.0%、今期予想PER19.14、配当利回り1.5%(7.5円)、総合利回り4.4%(7.5+15=22.5円)で、優待は1年以上の継続保有を条件として、100株保有で1500円相当の九州特産品(昨年はカタログより選択)です。








 今日は私が過去に戴いた優待品を具体的にいくつか見ておきましょう。






 2016年です。






















 2015年です。


















 2014年です。



















 


 

 はせがわは指標的な割高感もありませんし、1単元が比較的小額ですし、非常に高い総合利回りが出ていますし、PF下位銘柄としては実に良い銘柄であると認識しています。これからも現行の優待制度が続く限りはのんびりとホールドしていく予定です。







Last updated  Nov 2, 2017 07:41:45 PM
コメント(0) | コメントを書く
Oct 27, 2017
カテゴリ:優待株について
さて今日は当ブログ一番人気を誇る 2017主力株概況シリーズ です。

 

 

 

 

29位 7551 ウェッズ (東JQS、9月優待) ◎◎

 

 

 

 

 

 PF時価総額29位の準主力株は、アルミホイール主体の自動車部品・用品卸でトップクラスのウェッズです。前回2016年は26位でしたが、この1年間株価がほぼヨコヨコで推移したことにより、少し順位を下げての登場となりました。




 

 

 

 



 

 現在の株価は711円、時価総額115億円、PBR1.00、自己資本比率は73.6%と良好、今期予想PER9.54、配当利回り3.7%(26円)、総合利回り3.9%(26+2=28円)で、優待は1000株保有で2000円相当、2000株保有で5000円相当、10000株保有で10000円相当、20000株保有で20000円相当のクオカードです。








 








 

 ↑ このくらいの高額のクオカードが財布に入っていると、コンビニで「王様気分」で買物が出来て非常に気分がいいんですね。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 さてウェッズはあまり成長力はないですが、指標的に十分に割安ですし、またしっかりとした総合利回りも出ていますし、自己株式の償却をするなど「株価に意識を向けた経営」をしてくれていますし、非常に安定感のある良い銘柄です。







 ところで前世紀の大投資家のジェラルド・M・ローブは、



 



あなたの持っている銘柄全てが資金全体の値上がりに貢献すべきだ。それは、ボートの漕ぎ手全員が力を出し切らなければならないのと同じ理屈である。







 と述べました。







 そして私はこのローブの金言を常に胸に抱いており、ポートフォリオ最上位銘柄に関しては、リスクとリターンのバランスを極限まで突き詰めて考え、常に最も期待値が高いと考えるところでコチコチに固めて戦っています。








 ただ、正直に言うと、そういった銘柄ばかりだと「ちょっと疲れる」のも事実なのです。尊敬するローブ先生に反論するわけではないのですが、実際のポートフォリオ運営ではある程度の「遊び」がないと何だか楽しくないし、リラックスして戦えないのです。あまりにもキチキチにPFを組むと、なんというか精神的に「最短距離でコーヒーの絞りかす」になってしまいそうな、燃え尽きてしまいそうな感じがするんですね。








 そういった意味において、指標的に割安で株価推移も実にマイルドなここウェッズは、私にとって心地良い「午後の紅茶」的な銘柄なのです。これからもポートフォリオのこのくらいの順位で緩々とホールドして応援していけたらいいなあ、と考えています。





2017主力株概況シリーズ 免責事項




2017主力株概況シリーズ は私が主力で勝負している銘柄について、本当にその価値はあるのか、私を投資家としての次の、1つ上の無重力のステージに連れていけるだけの力があるのか、「リスク・リワード比」が優れた最強で最上かつ頑健な銘柄なのか、何か見逃している弱点はないか、戦い続けるのに必要な「銘柄としての鮮度」が落ちていないか、死んだ目の魚になっていないか、などを多角的に検討する目的で書くものです。記事内容は一般的に入手可能な公開情報(ただしIRへの蛇の様にしつこくて執念深い独自の取材内容を含む)に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものではありません。また市場と個別銘柄の未来がどうなるかは誰にも決して分からないため記事内容の正確性は保証しません。私には未来を予見する力は一切ありません。魔法の水晶玉は残念ながら持ち合わせておりません。そのため当シリーズに基づいて投資を行い、損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100.000%御自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。







Last updated  Oct 27, 2017 08:05:44 PM
コメント(2) | コメントを書く
Oct 24, 2017
カテゴリ:優待株について
 さて今日は通常の2017PF概況シリーズです。






557位 8103 明和産業 (東1、3・9月優待) ◎






 PF557位は、化学品、樹脂主体の中堅商社の明和産業です。
















 現在の株価は514円、時価総額215億円、PBR0.73、自己資本比率は47.5%、今期予想PER11.93、配当利回り1.6%(8~12円)、総合利回り2.5%(8+5=13円、優待はクオカードのみで計算)で、優待は100株保有で年1回500円相当のクオカード(保有半年以上が条件)などです。




















 明和産業は指標的に十分に安く、PF下位としてはとても良い銘柄であると評価しています。






Last updated  Oct 24, 2017 07:53:57 PM
コメント(0) | コメントを書く
Oct 22, 2017
カテゴリ:優待株について

​さて今日は 2017主力株概況シリーズ です。





28位 3515 フジコー(東JQS、3月優待) ◎◎





 PF時価総額28位の主力株は、不織布・フェルト総合メーカーのフジコー​
です。今回PF上位の一角に初登場となりました。





 現在の株価は3485円、時価総額35億円、PBR0.35、自己資本比率は72.6%と良好、今期予想PER13.94、配当利回り1.2%(40円)です。フジコーの優待は1000株保有で2000円相当のクオカードなどでしたが、2017年9月に5株→1株への併合があったため、来年2018年3月期の優待内容は現時点では不明です。ただIRによると、「いずれにせよ制度を廃止することはない。」とのことでした。

​​​​






 さて、私が典型的に好きな優待バリュー株の条件として、


 


 ​超低PBR、好財務、不人気​





 という事があるのですが、





 ​フジコーはその全てを高いレベルで満たしている小粋な銘柄​





 です。






 フジコーは長年利益水準が低くて苦しんでいましたが、この数年でようやくまともに利益の出る体質に変貌しています。IRによるとその理由は、以下の3つとのことでした。





1. コストダウンによるもの。原材料を安く仕入れることに力を入れている効果が出ている。具体的には海外製(中国や韓国)の安いボロ布をうまく使いこなせるようになり、ようやく利益が出始めた。




2. 生産工程の改善の効果。




3. 2016年3月期に固定資産の減損処理のデカいのをやったこと。そのおかげで減価償却負担が無くなった。






 またフジコーの高度で精緻な不織布加工特殊技術による電極用フェルトは、大規模蓄電池であるNAS電池(極材にナトリウムと硫黄を用いた高温作動型二次電池)​​
の心臓部に使われているのですが、このNAS電池は今後大きな伸展が期待されています。​​









 更にこの
大規模蓄電池には、NAS電池のライバルとしてレドックスフロー電池(バナジウムなどのイオンの酸化還元反応を利用して充放電を行う蓄電池)というものもあるのですが、これに関して ​フジコーは住友電工との共同特許の取得​ を目指しています。







​​




 この大規模蓄電池に関して、「NAS電池とレドックスフロー電池のどちらがより有望なのか?」 もIRに質問したのですが、「今のところNAS電池が先行している。ただ(フジコーは)両者に関与しているので、どっちも伸びて欲しいと願っている。」とのことでした。








 そしてこの、





 ​大規模蓄電池は、太陽光発電や風力発電等の不安定な出力を平準化させるため、あるいは余剰電力を貯蔵するために、エネルギーマネージメントの観点から、資源に乏しい日本にとっては今後大変重要な存在になっていく​





 と考えられています。









 以上、





​ 超低PBRで業績急改善中&大きな将来性のある「大規模蓄電池関連銘柄」であるフジコー





 を、今後PF上位の一角として楽しくホールドして応援していく予定です。




2017主力株概況シリーズ 免責事項




2017主力株概況シリーズ は私が主力で勝負している銘柄について、本当にその価値はあるのか、私を投資家としての次の、1つ上の無重力のステージに連れていけるだけの力があるのか、「リスク・リワード比」が優れた最強で最上かつ頑健な銘柄なのか、何か見逃している弱点はないか、戦い続けるのに必要な「銘柄としての鮮度」が落ちていないか、死んだ目の魚になっていないか、などを多角的に検討する目的で書くものです。記事内容は一般的に入手可能な公開情報(ただしIRへの蛇の様にしつこくて執念深い独自の取材内容を含む)に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものではありません。また市場と個別銘柄の未来がどうなるかは誰にも決して分からないため記事内容の正確性は保証しません。私には未来を予見する力は一切ありません。魔法の水晶玉は残念ながら持ち合わせておりません。そのため当シリーズに基づいて投資を行い、損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100.000%御自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

 





​​







Last updated  Nov 20, 2017 07:56:09 PM
コメント(2) | コメントを書く

全2370件 (2370件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.