980066 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

小学校教員による話のネタ帳

2019.06.09
XML
カテゴリ:雑学
 和紙人形美術館前にあった、チェンソーで作られた「ふくろう」。

 とても縁起の良い鳥とされている。
 頭部に耳のように出っぱった部分があるものは、ミミズクと呼ばれる。

 なぜ縁起の良い鳥というかというと……

 まず、野生のネズミ(病原菌の温床になることが多い)を食べるから。

 そういえば、さいとうたかを著、『サバイバル 』でも、
 主人公が、ネズミに悩まされ(​かまれて熱を出した​)、フクロウに「フライデー」(と記憶している)という名前をつけて飼っていた。
 ずいぶん助けられていた。


 
 そして、グルリと首を一周させることができるので、
「首がまわる(資金繰りに困らない)」と喜ばれている。

 また、当て字にすると……
 「不苦労(苦労せず)」
 「福朗(幸福で明るい)」 
 「福老(幸福な老後)」 
 「福楼(幸福な御殿)」
 「福籠(福をカゴに取り込む)」といろいろ縁起の良い言葉になる。
 
 ……というわけで、大変縁起の良いものと考えられるようになった。

 また、「​先見の明を持つ鳥として、イソップ物語​」の中にも登場します。
 とてもおめでたい。






Last updated  2019.06.09 06:14:22
コメント(0) | コメントを書く

PR

Comments

幹雄319@ Re[1]:母の日テストが面白い!(05/07) 坂東太郎9422さんへ はい。拝見させてい…
坂東太郎9422@ Re:母の日テストが面白い!(05/07) ご無沙汰しております。お元気ですか? い…
幹雄319@ Re[1]:年に数日の美しい風景(12/29) 青い鶴さんへ  ですよね。  さすが、プ…
幹雄319@ Re[1]:小さい頃の思い出(12/26) 青い鶴さんへ  コメントをありがとうござ…
青い鶴@ Re:年に数日の美しい風景(12/29) これ 最高ですね

Favorite Blog

恒例のサントリー見… New! 森3087さん

どこまで育つか? New! mama-gooseさん

札幌学院大学コミュ… みらい0614さん

6~7月の展示のお知… にゃ-にゃ-村村長さん

最近、購入した商品 Lemon♪さん

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.