604504 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

みらいノ素(もと)

PR

プロフィール


miraicci

日記/記事の投稿

カテゴリ

コメント新着

miraicci@ Re[1]:個展決定(02/04) ♪大先生♪さん >元信者のSUN-SHANです mi…
♪大先生♪@ Re:個展決定(02/04) 元信者のSUN-SHANです 日本でKAI画伯の自…
miraicci@ Re[1]:5の不思議(12/07) ジジさん >ゾロ目や並び数字を よく見る…
ジジ@ Re:5の不思議 ゾロ目や並び数字を よく見るときは 何か…
miraicci@ Re[1]:朝市デビュー(12/04) む~さん63さん わーーー む~さん、…

バックナンバー

2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月

フリーページ

全476件 (476件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 48 >

アート・舞台

2011年09月23日
XML
カテゴリ:アート・舞台
自転車で図書館からpieni deuxで開催の花田さん個展へ、そして富士商店へ。
初めてのpieni deuxは空間そのものがとてもいい雰囲気。そこに花田さんの作品が静かに収まり、これまたいい雰囲気です。優しく時が止まってるような(いや時の動きが微かすぎてわからないような)静かな気持ちよさ。石鹸を使ったインスタレーションです。25日まで。
富士商店は開店2周年記念。江戸ブラシと江戸箒の2つの老舗が作る商品が展示販売されるというのでひそかに楽しみにしておりまして。こうした道具を今も作る人がいて、それを認める若い人たちが増えていて、日本はまだまだ大丈夫と思えるこの頃。「江戸屋」と「白木屋伝兵衛商店」ともに江戸時代の創業、どちらもそそられます。

そして、さらに自転車を走らせ油亀。
待ちに待ったというより、まさか岡山で作品展が観られようと思ってもいなかったからもうびっくり!!柳忠義さん・タナベヨシミさんの『パンドラ』。といってもご存じない方も多いでしょうが、わが家で福助コーヒーカップを笑ったあなた!!それこそが柳さんのお作なのですよ~。
実際はね、カップに入る容量が多すぎるので、この中でコーヒーもココアもさましてしまうので毎日の愛用品というわけには。で、今は炊事場の正面にドーン!!!
DSCN1314.JPG

洗い物したりご飯作ったりする時、いつもこいつと目があいます。毎日正面に見られる、こんないい置き場所はないのですよ、ふふふ。
しまい込むのはいやなのです。それほど私のお気に入りの福助カップ。お客様の前で使って何度も笑われてきましたが、めずらしく一目惚れして購入したカップです。作者の方ってどんな人だろう。意外に大まじめな人だったりしてーと勝手に想像を膨らませておりましたが……。今日は会場にいらっしゃってお話しましたところ、とてもチャーミングでユニークな感覚をお持ちのよかメンズ。今回はウルトラマンへのオマージュといいましょうか、赤色+銀色+ツノ的な…が組み合わさった作品など多々。息子は「円谷プロに叱られて欲しいわー」と賞賛のことばをもらしたほど(私らにとっては最大限のほめ言葉です!!)。どうやって使うの?なんのためにこれがついてるの?というのでなければもう満足しないほどに、器やお皿でありながら日常からの離れ具合がいいんです。
迷いに迷って結局何も購入しなかったのは、自分でもどれを選んだらいいかわからなくなったからだと思います。タナベさんの作品も個性的。顔がついてたりおままごとみたいだったり、全体がおもちゃみたいで可愛いの。25日まで。ヤバイですよ、行ってみてください。








最終更新日  2011年09月24日 09時10分00秒


2011年08月11日
カテゴリ:アート・舞台
今の若い人って全然ガツガツしてなくて、さらっと何かを表現するよね。それが私たちにどれだけスゴイものでも当人は熱く語ったりしないの。誰のためでもなく、自分を満たすためにやってるからこういうのが本当に自己表現というのかも。ちょっとかっこいい。

ローカルニュースで紹介されていた映像作家さんの作品展を観に行くつもりにしていたところ、同じ天神山プラザですごく興味をそそるペン画展も開催中と知りました。どちらも「天プラ・セレクション」の企画展。創作活動が認められた作家さんというわけですね。と、いうこともよく知らないまま友人を誘い、現地にて息子も合流。

佐藤安さんは波から展開される映像とノイズというんでしょうか、実験的な音楽で一種のヒーリングスペースのような空間を創り出しておいで。こちらでは映像の作品展というのはあまりお目にかかれないので新鮮でした。が、映像作家という人が地元に根付くようになるともう少し競争心も出て作品の質はどんどん上がっていくのかな。今はあまり比べようもないので、なんとも評価はしにくい気はしました。私たちの時代にはなかった「映像」という分野だからこそ、期待もするし楽しみではあります。

石井司さんはマッキーの細・極細を使って白い紙に緻密な作品を描いていました。
いやいや、もうびっくり。身近な画材でこんなすごいのができちゃうの?!と。ご本人もいらっしゃったので「どこから描き始めるの?」「いつからこういうのやってんの?」とおばちゃん好奇心剥き出し(^_^;) 腕のタトゥーもかっこよくて「これもあなたのデザイン?」としつこいしつこい。地元にこんな有望な作家がいたんだなあと嬉しくもなります。
俄然注目です。


どちらも14日まで。お急ぎください。









最終更新日  2011年08月11日 19時50分02秒
2011年08月08日
カテゴリ:アート・舞台
昨日、ぼちぼち堂さんから聞いた「ベトナム水上人形劇」の話。
水の上でやる人形劇で、その動きが子供だましみたいに単純なんだけどかわいいのよーと。
探したらあるかなぁなんて言ってたんだけどさすがYouTube。なんぼでもあるじゃないですか。
たとえばこれ。なるほどなるほど、これはかわいい!!人形の顔が平坦でちょっと私に似てて親近感。ナマで見たいなぁ。

ベトナムはかわいいのが多いよね。
刺繍や絵付けの色合いや、日用雑貨の愛らしさったらもう。アジアのどの国よりもセンスがあって仕事も丁寧な気がするんだよね。小ずるいことばかり考えてるあの国やあの国よりも、ベトナムと仲良くしてほしいわ。これからの日本には大事よ。こんなほのぼのした気持ちを与えてくれる国だもの。






最終更新日  2011年08月08日 07時34分19秒
カテゴリ:アート・舞台
たくさんのお越しをいただきましてありがとうございました。
昨日は遠方から駆けつけてくれた友人や初めてお目にかかる方など、おかげさまで賑やかな最終日でした。

子どもの頃には「将来どんなになるか楽しみねー」と漠然と言われていたものですが、社会人になるだろう日を数年内に迎えるようになった今、「楽しみね」ではなくて「これが生かせる道があったらいいのにね」と。ないでしょうかね、生かせる道。画力はなく、ただ楽しくて描いていく道。自立して生活だけはしてもらわにゃ困るんです。

「次はどうするの?」にはしばらく作品展はお休みだそうですよ。来年ちゃんと3年生になれたら受験もしくは就職活動ですからね。またこんな風に作品展開く日が来ましたらどうぞよろしくお願いいたします。

宣伝くださった方、応援くださった方、お越しくださった皆様にお礼申し上げます。ありがとうございました。






最終更新日  2011年08月08日 07時07分12秒
2011年08月05日
カテゴリ:アート・舞台
何しろ取りかかりが遅く、それも1点1点にKAIにしてはたっぷりと時間をかけていたので「本当に作品展できるの?」。今年も作品展やりますよ~と大々的にPRした後で「やっぱりできませんでした」となっては皆様に申し訳ないと、いつもはお知らせする方々にも声をかけられず、また本人の資金準備不足でDM作れず。ギリギリにカラーコピー機で作ったDM代わりの「しおり」と友人知人への直前のメール連絡、ならびにこのブログでのお知らせ。こんなのではせっかく個展開いたところで誰も見てくれないわと思っていましたが、心優しい方々のおかげでなんとか1日10人くらいの方にはご覧いただいている様子(いつもの半分以下ではありますが、そりゃ当然!)。
それでも放送関係の方がご厚意で紹介くださったことも功を奏し、KAIのことをまったく知らなさそうなお客様もお越しのようです。ありがたい!昨日はお昼過ぎに立ち寄ったところ、Yさん、Sさん、Nさんと立て続けに知り合いの顔!!その時間だけで私は帰ってしまったのでお目にかかれませんでしたが、牛嶋さんもお越しくださったのですね。PRもありがとうございます。今回はこんな理由で事前にご案内できずすみませんでした(>_<)ゞ

高校の同級生や先輩、中学時代の仲良し。みなさん、ありがとうございます。
会期は日曜日まで。白いくつをお持ちくだされば、1000円にてちょんまげイラスト描くようですよ。








最終更新日  2011年08月05日 09時25分53秒
2011年08月02日
カテゴリ:アート・舞台
観に来てくれたまへ。ぐふっ、ふふふふふふ……






最終更新日  2011年08月02日 14時41分48秒
2011年08月01日
カテゴリ:アート・舞台
男子の作家さんたちはうらやましい限りでしょう。
本日の搬入は先輩3人が手伝ってくれるということで、昼前に昼食の差し入れにいったところ、おおおっ!!!演劇公演でも見覚えのある美人先輩が手伝ってくれとるじゃないですか!!!KAIの好きな「もやし系(←勝手に自分の好みをこう命名。もやしのようにひょろ~んとした天然系)」女子がふ、ふ、ふ、二人もおるじゃないですか!!!
トップクラスの成績という優秀な男子先輩も駆けつけてくれて、力強い援護です。

これがKAIひとりだと「えーっと、この壁に作品が4点並ぶから、等間隔にするとして……うーんうーん…」と恐ろしく時間がかかるところですが(私は自分の感覚を信じて適当にやっちゃうけど)、先輩たちはそこのところちゃちゃっとやってくれるので作業もスムーズ。大助かりですよ、先輩ありがとうございますっ。

今頃は演劇部の友だちを中心にプレパーティーの頃でしょうか。
というわけで、今回は私も会場仕上がりを見ておりません。明日が初日、楽しみです。








最終更新日  2011年08月01日 17時37分05秒
2011年07月31日
カテゴリ:アート・舞台
……ですが、まだ描いております。

気に入らないところは塗りつぶして描き直し。1枚1枚これまでにない程に丁寧に仕上げてる……のに、それが伝わらないのはなぜなのでしょうかね。


初めて作品販売いたします。
似顔絵コーナーもあるようです。

2日11時スタートです。何とぞよろしくお願いします。







最終更新日  2011年07月31日 19時40分31秒
2011年07月30日
カテゴリ:アート・舞台
うへ、うへへへへ………お代官様。今日はこの上総屋、少々お願いがございまして参った次第にございます。お代官様もご承知の通り、『悪人大首絵』なる絵画お披露目を八月二日より執り行うことになっておりますが、何分この上総屋、少々要領が悪いようでして。お恥ずかしい話、この期に及んでまだ作品制作中という……
そのため告知活動がほとんどできず仕舞いにございまして……そこを何とか、お代官様のお力で……うへへへ………


という作品なのかどうなのか。


KAIは当初「歌舞伎の絵を描くのはやっぱりおもしろいわー」と何点か描いていたのですが、やはりイキイキと本領発揮なのは時代劇の方。なんだかんだで10数点展示予定です。
ですが、それより告知不足で誰も見に来てくれないんじゃないかしらと(^_^;) テレビ取材もいただく予定になっていますが、このままでは何のために個展開くのかわからないようなことになりゃしないかと。皆様のクチコミが頼りにございます。「なんかおもしろそうな個展があるよ~」と吹きまくってくださいませんかね。

8/2~8/7 11時から17時
上之町會舘にて。
※岡山市北区天神町のオリエント美術館付近。裏手に神社があり、その境内へどうぞ。









最終更新日  2011年07月30日 21時09分21秒
2011年07月26日
カテゴリ:アート・舞台
友人Aさんにお誘いいただき、初めての瀬戸内市立美術館。
何の展示やってるの?と聞くと、「アール・ブリュット展」のフライヤが添付メールで送られてきたので、行く行く!!行きます!!だって大好物なんですもん。県内で開催のアウトサイダーアート、アール・ブリュット展の類はこの数年もらさず行ってるくらい。が、これはノーチェックだったのです。と言いますか、会場の瀬戸内市立美術館の存在を知らなかったのです。

フライヤのコピーにある「何故これほどまでに驚嘆と感動をよぶのか?」というのは本当にいつも思うところ。Aさんとふたり、すごい!すごい!おもしろい!を連発しながら会場をぐるり。DVD上映のコーナーでは時間も忘れて制作風景に見入ってしまいました。
いちばん気に入ったのは、白い画用紙にペン1本で俯瞰から見た町の風景を描いたもの。サヴァン的要素があるのでしょうか、作者は写真を見ることもなく記憶にとどめただけの風景を軸に描き始め、やがて自分の想像と融合させた町を作っているようです。1点に1カ月以上時間をかけるのだそうで、その細かな描きこみに驚嘆です。
製図用の方眼紙に円や直線で設計図らしいものを描き、コンパスの先でやったのか穴をポツポツと開けたもの。縄文時代の焼き物のようなトゲトゲだらけのオブジェ。窓を覗けばシートまで綿密に作られていた紙製の電車。地球防衛軍の指令書という不思議な文字アート。どの作品にもそれぞれの世界観があり、好きとか嫌いのレベルを超えて、ただのめりこんで作ったというようなパワーが感じられます。

おもしろい作品展です。
瀬戸内市立美術館は牛窓町にあります。図書館や役場などが一緒になってる施設のようで、美術館はエレベーターで4階。窓からは海まで見えます。この展示は9/4までですのでまだまだ大丈夫!私、また行きたいです。









最終更新日  2011年07月26日 14時30分30秒

全476件 (476件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 48 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.