みっかの部屋

フリーページ

2005/03/27
XML
テーマ:吹奏楽(3271)
カテゴリ:音楽
久々に真面目に練習する気になりました。(笑)
適当にやっていた、音階練習を考えることにしました。
というのも、先日、某掲示板で、先生が生徒に「新学期までに音階を完璧にしてくること」と書いてあって、完璧ってどういうことだ???と思ったからです。
私のスケールの練習の位置づけは、指ならし的なだけで、やらないよりはやったほうがまだ指が動くな・・・くらいなものでしたから。
それを「完璧に」って。
どの程度が完璧というのだろう???
っていうか、完璧になんだから、もちろん妥協は許せないんだよな・・・
と思って、完璧を目指して練習を始めました。
まずはハ長調の音階から。
あれれ・・・
吹けるけど、完璧とは程遠い。
メトロノームを使ってやってみると、高音のサイドキーを使うところで、もたつく感じ。
あれれ・・・こんなに出来てなかったっけ???
どこがダメなのか、ゆっくりのテンポにして確かめてみる。
すると、上がりきって降りてくるときに、右手のEキーを離すのが遅れているのがわかる。
簡単に言うとミファミレドシラソと降りてくるときの、ミからレに移る時に、右手のサイドキーを離すのが遅れてるんですねぇ。
それをとっても意識してもう一度ゆっくり。
慣れてきたところで、少しずつテンポを早める。
ちょっともたつくとまた一つテンポを落として・・・
これを1時間くらいしつこくしつこく繰り返しました。
最終的に、自分で納得いく範囲で、16分刻みで126のテンポまで上げられました。
でもこれってCのスケールですから・・・(ドで始まるスケールね・・・)
他にEsのスケールもやりましたが、テンポはまったく上げられず。
8分刻みで、156くらいがやっとでした。
どうしても転ぶので、タッカのリズムでやってみたり、またテンポを落としたり。
♭ミから始まるスケールですが、シ・ミ・ラにフラットがつくのですねぇ。
♭ラは今度は左手サイドキーを使うんですね・・・
小指が遅れるんです・・・
ブランクのあった○年間で、左手は本当に衰えました。
左手を使わなければならないトリルなんかは、本当に下手っぴ。
それを意識して、もう一度・・・
ここでも、高音のドレ♭ミファ♭ミレド♭シのあたりで、転んじゃう。
この部分だけを抜き出してやってみようとするんだけど、指が全体の流れで動くことを覚えているので、この部分だけいきなりやろうとするとなかなか動いてくれない。
この部分抜き出し練習はかなり効果的のような気がします。
そのあとに全体を通してみると、前とは違って楽に動くようになっていました。
最終的に指が動きを覚えるまで、みっちりやるしかなさそうです。
若い人なら、きっとすぐ覚えてくれるんだろうな。
私の指は、きっと若い人の3倍、いや5倍はやらないと、動いてくれないような気がする。
それでも、やっていると、音と音のつながりがスムーズになったり、音と音の間に余分な音が入らなくなったりしたような気がする。
完璧にはまだまだだなぁ。
完璧にするなんて、一日中練習したって、何日かかることか・・・
でも、今までいかに適当に練習していたことか思い知らされますね。
しばらく音階練習にはまりそうです。
これが、曲に生かされるのはいつになることか・・・
ただ音階だけでもだめなんだろうし。
このほかに、3度、4度の跳躍をするスケールだとか半音階や、アーティキュレーションの練習も必要だろうし、何より苦手なタンギングをしなければ・・・
でもね、タンギングほんと苦手で・・・
舌ったらず?なのか、にぶいんです。
今回サーカスビーを演奏するにあたって、怒涛のタンギングは、こっそりダブルでやったりしています。
この曲、高校のときにもやったことあるけど、あの時も、できなくてダブルにしたのです。
そもそもリード楽器でダブルタンギングなんて邪道のような気もしますが、コツさえつかめば、ダブルでもごまかせる時はある!!のです。
音が同じことが原則ですが・・・私の場合。

そうそう、今日は実家で練習したのですが、子供達も楽器を持って行って3人で練習しました。
上はサックスなので、私の楽譜を色々吹きたがります。
フラジオの音がある曲をやりたがるのですが、まだ教えるのはちょ~~~早いと思って、そこを抜かして吹けば?というのですが、しつこいので指使いを教えて、私が音を出してやると、なんと真似して出ちゃったんです。
上の♭BとC。(ソとラ)
これにはびっくり。
まぁ出すだけですけどね。もちろん曲の中でなんてまだまだ使えませんが・・・
私だってフラジオなんて高校3年生のときにはじめて出せるようになったのに・・・
それも♭Bがどうしても出せなくて、Cしか出なかったのになぁ。
感覚だけで吹いてるんだろうけど。
それに、この子ったら、耳がいいので、たった今聴いていたCDとか真似して吹けちゃう能力を持っているわけです。
ジャズとかやりたいなら、いいのにね。
私は全然だめですわ。






最終更新日  2005/03/27 09:30:00 PM
コメント(6) | コメントを書く
[音楽] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


初めまして★   マコ(・ω・`) さん
スケールの練習・・
マコも本当にいい加減にやってました・・
もうすぐ3年生だし、ちゃんと全調のスケールを
完璧に吹きたいなぁとも思いますが・・
なかなかスライドを覚えるのが面倒くさくて・・笑

でもみっかさんの日記をよんで
やっぱりマコもすべてのスケールの
音程、音色、リズム、発音、はやさを完璧にして
最終的にはいろいろなアーティキレーションで
やりたいと思いました^^
(2005/03/27 09:43:44 PM)

わかります   まめはや さん
なんか私も真剣にやると結構ちゃんとできていなかったりしてあせります^^;
もう私の年ではごまかしのテクニックがきっちり?!身につきだめですね・・・私も最近、基礎頑張ってます(^^♪ (2005/03/27 11:11:36 PM)

Re:初めまして★(03/27)   みっか^^ さん
マコ(・ω・`)さん

こんばんわぁ。
もうすぐ3年生ですか!
頑張らなくちゃねぇ。
先輩として、後輩をしっかりと面倒見てあげてね。
金管楽器と木管では基礎でも大切な部分が全然違うように思います。
金管はどんな練習がいいのかなぁ?
色々調べてみてね。
きっとスケールは木管の方が大切だと思うので。
金管は何をさておいても息のコントロールと支えが必要だよね。
もちろん音階練習は必要なんだろうけど、効果的な練習方法もとっても大事。
日記に書いた「完璧に音階をやっておきなさい」と言われたのはこれからプロを目指す音大生の人なのね。
だから中学生なら、目指すところ(やっぱりコンクールかな?)曲を吹く上で弱点を自分で見つけ出して、そこを吹けるようになるために、どんな練習が必要なのかを考えた上で基礎練習を組んだ方がいいと思います!
きっとね全調のスケールをやる必要はないと思うよ。
もちろんできたに越したことはないはずだけどね。
限られた時間の中でやるなら、効果的にって話です。
わかるかな?
いまやってる基礎練習の意味をよく考えながらやること。
そうすると自然にもっとこうしたほうがいいかな?ってわかってくるはずだと思うよ。
頑張ってね!!! (2005/03/28 12:21:37 AM)

Re:わかります(03/27)   みっか^^ さん
まめはやさん

ごまかしのテクニック・・・
うぅ~~耳が痛い!!!(笑)
自信ないところも堂々と吹けば上手く聴こえたりね・・・
ビブラートでごまかしたり・・・
まっ、色々ありますね。
さぁ基本基本・・・(笑)
(2005/03/28 12:28:46 AM)

音階   xx_matt_xx さん
スケールは、いつでも自在にふけるようになっておく必要がありますよ。
早く吹くのがいいわけではなく、一つ一つの音を丁寧に、音程に気を配りながら、できればチューナーで確認しながらやったほうがいいですよ。そのほうが、楽器にも正しいピッチを教える事ができますからね。
速さは、メトロノームで少しずつテンポを上げていくと、絶対できますから、自分のペースで確実にやっていくといいですよ^^ (2005/03/29 11:27:36 AM)

Re:音階(03/27)   みっか^^ さん
xx_matt_xxさん

はじめまして。
書き込みありがとうございます。
音階練習はすればするほどはまっていきます。深みに・・・(笑)
ただ指を動かすだけじゃなく、音色・音程・音量なんかを考えながらすると、限りなくすることがありますね。
がんばります!!
(2005/03/30 07:12:07 PM)

PR

X

プロフィール


みっか^^

コメント新着

HIRO-MICKEY@ Re:吹いてますか?(11/12) お久しぶりです! 吹いてますよ(^-^)v 最…
みっか^^@ Re[7]:香りの記憶(08/15) せんじろさん うわーーーーーー!!!!…
せんじろ@ Re:香りの記憶(08/15) 当時の香りの張本人です(笑) このように思…
みっか^^@ Re:お久しぶりです(05/30) yanさん ひさしぶりです! お元気でし…
yan@ お久しぶりです お子さん方、だいぶおおきくなりましたね…

お気に入りブログ

まだ登録されていません

キーワードサーチ

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.