242632 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

茨城県近代美術館 The museum of modern art, IBARAKI

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >

全て | カテゴリ未分類 | 「ふるさとを描く」展 | 「ふるさとを描く」展イベント | 「耳をすまして」展 | 「耳をすまして」展イベント | 所蔵作品 | その他 | 所蔵作品展 | 「輝く女たち」展 | 輝く女たち | ウルトラマン展 | 「輝く女たち」展イベント | アートフォーラム | 教育・普及 | 拡大版 ようこそ美術の森へ | 小川芋銭展 | 「ストラスブール美術館展」 | 「ストラスブール美術館展」イベント | 「須田国太郎展」 | 「堀井英男」展 | 鮭日記 | 「ワカラナイ」ノススメ | 熊田千佳慕展 | 所蔵作品検索システム | 「聖なるものへ」展 | 研修生もブログに参加! | 天心展 | 天心展&所蔵作品展 | 「フランス万華鏡」 | 中原淳一展 | H26「美術の冒険」 | 県芸術祭 | ワカラナイノススメ2 | H26 作家とアトリエ展 | 所蔵品展「命のぬくもり」「輝け!男たち」 | H26笑う美術 | ある日の風景 | ベン・シャーン展 | やなせたかしの世界展 | 6つの個展 2015 | 企画展「幸せはどこにある?」 | 第9回現代茨城作家美術展覧会 | あした天気になーぁれ♪ | エッシャーの世界 | H28乙女デザイン | H28県芸術祭 | H28総合造形展 | H28東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展 | 移動美術館 | ミュージアムキャラクターアワード2017

天心展

2014年03月11日
XML
カテゴリ:天心展

kinbee SS.jpg

は~い,きんびーで~す!

ここのところ天気はいいのに寒いなぁ。

さてさて、天心展第2部の続きは,だれが紹介してくれるのかなぁ?

 

まいまい

こんにちは,きんびー!展示解説員のまいまいです。

ブログ初登場で緊張するけどよろしくね!

 

kinbee SS.jpg

あ~っ,まいまいさんだ!

昨日は,いばらきネットテレビの取材を受けてたよね?

 

まいまい

そうなの、天心展をご覧になって、その感想とともにFACE BOOKやLINE、Twitterなどで天心展のことを掲載してくださった方に、特製の缶バッジを差し上げているので、紹介させていただいたの。

 

kinbee SS.jpg

なんだか盛り上がってたのは缶バッジのことだったんだね。

 

まいまい

取材にいらしたレポーターの方々も、さっそく、Twitterなどで紹介してくださったので、缶バッジを差し上げました。

 

Kinbee Kya! R-SS.jpg

それで盛り上がってたんだね!

スタッフの方々がスマートフォンや携帯電話の画面をまいまいさんに見せていたのは、そういうことだったんだ。

 

まいまい

これから天心展にいらっしゃる方で、FACE BOOKやLINE、Twitterを利用されている方には,ぜひ掲載していただきたいわね。

 

kinbee ha

そうだね。

そうだ、それでさぁ、天心展の第2部だけど、今日はどんなお話をしてくれるの?

 

まいまい

前回,まなみさんが天心展に第2部があることを紹介をしてくれたでしょう?

今回は,どんな作品があるか紹介していくよ!

 

Kinbee Kya! R-SS.jpg

わーい!ぼくすっごく気になってたんだ!

 

まいまい

じゃあ,展示室に入って正面にある「うつろふ」という作品からね。

女の人がガラス戸を少し開けたその間に立っている様子が描かれているよ。

ガラス戸には風景が映り込んでいるの。

 

kinbee ha

どうしてタイトルが「うつろふ」なのかな?

 

 まいまい

そうだね。

作者の宮北千織さんは,「少しでも目線を動かせば,映り込んでいる庭の景色や室内の様子は万華鏡のように変化します。」と話しているの。

 

 kinbee Ah! S.jpg

どういうこと?

 

 まいまい

つまり,目線の変化によって,ガラス戸の向こうに見える室内の様子と,ガラスに映っている外の景色が見え隠れして,対象がチラチラとうつろう様子を描いた作品ってことなんじゃないかな。

映り込んでいる景色が変化していく様子を想像すると面白いよね。

 

 kinbee SSS.jpg

なるほど~。

そういえば,前回まなみさんが第2部は大きな作品が多いって話してたけど…

 

 まいまい

そうそう!

「うつろふ」も大きな作品だよ。でも,もーっと大きな作品があるんだ。

「時空霊(TOKIDAMA)」っていう作品なんだけど,なんと横幅約17メートル!

これは東大寺の大仏様よりも大きいってことなんだよ。

 

Kinbee Kya! R-SS.jpg

えー!そんなに大きいの!

 

 まいまい

大きさもだけど,色使いもすごいんだよ!

赤や青,緑などの色彩が強烈で,力強い生命力を感じるの。

作者の濱田樹里さんは小さいころにインドネシアで暮らしていたんですって。

熱帯地方のジャングルで,カラフルな動植物を目にしていたのかもしれないね。

とても迫力ある作品だから,ぜひ展示室でご覧いただきたいです。

 

 kinbee sleep ss.JPG

ううう…ますます作品を見たくなっちゃったよ~。

 

 まいまい

ふふふ,ごめんねきんびー! 

天心展も残り10日となりました。

お時間のある方はぜひ近代美術館へおいでください!

ぼかしの彼方に天心や五浦の作家たちがイメージしたものを想像してみましょう!

 







Last updated  2014年03月11日 13時13分23秒

2014年03月10日
カテゴリ:天心展

kinbee SS.jpg

は~い、きんびーです!
展示解説員さんたちのリレーブログも大分佳境に入ってきたようだけど、今日は誰が登場してくれるんだろう?

 

yasuda 02 by n SSS.jpg

じゃん!きんびー久しぶり!
最近どう~?

 

 Kinbee Kya! L-SS.jpg

あ、まなみさんだ~。久しぶり!
ぼくはいつでも元気だよー!

 

yasuda 02 by n SSS.jpg

そう!それは何より。
では今日は私から、天心展第2部の紹介をしちゃうよ~!

 

kinbee ha

第2部って、2階での展示のこと?

 

yasuda 02 by n SSS.jpg

Yes!
1階の第1部で五浦の作家の作品をご紹介しているのは、もう知ってるよね?

 

s-きんびー(まじめ).jpg

うん!これまで登場してくれた展示解説員のみなさんが教えてくれたよ。
でも確かに2階は、美術館に入れないぼくにとっても、まだ謎に包まれているなぁ。

 

 yasuda 02 by n SSS.jpg

そうだよね。では説明しよう!

2階の第3展示室では「天心の思い描いたもの」第2部と称して、「天心が示した未来の日本美術の可能性」を探っていこう、という意図で展示を行っています!

 

 kinbee ha

天心が示した未来・・・。

 

yasuda 02 by n SSS.jpg

そう。これまでのブログで紹介してきたように、天心は様々な思いをもって五浦の作家たちを指導してきたの。

特に春草は「いずれ日本人が描いたものは、使っている画材の区分を超えて全て日本画と呼ばれるようになる」と言っていたんだよ。

第2部では、日本画の画材や技法を使いながらも、どんどん新しい表現方法にチャレンジしている現代作家の皆さんの作品をご紹介しています。

「天心の思い描いたもの」展は、ズバリ、ひと粒で2度美味しい展覧会というわけです!!

 

kinbee ha

おぉ~。なるほど~そうだったんだ!

 

 yasuda 02 by n SSS.jpg

フッフッフ。

きんびー、ひと粒で2度美味しいって意味もわかってくれたのね?

 

Kinbee Kya! L-SS.jpg

うん。聞いたことあるもん!

一石二鳥とか一挙両得ってことでしょ?

昭和っていう時代の有名なフレーズなんだよね。

 

yasuda 02 by n SSS.jpg

(きんびー、昭和っていうジダイって・・・。)

 

kinbee ha

それで、どんな作品が並んでいるのか教えてほしいなぁ。

 

yasuda 02 by n SSS.jpg

きんびーならそこを訊いてくれると思っていたよ。

第1部とは大分雰囲気が違うから、驚かれるお客様も多いんだ。

では!さっそく実際に作品をご説明していこ...って、もう仕事に戻らないといけない時間になっちゃった!

きんびーごめ~ん!!

 

kinbee sleep ss.JPG

えっ!そ、そんなぁ~...。

 

yasuda 02 by n SSS.jpg 

大丈夫!続きはちゃ~んとバトンを引き継いでおくよ!

あっ、ひとつ教えてからいくね。

第2部には迫力ある大きな作品もあるのよ。

おったのしみに~。(大きいことはいいことだ~♪ ズドドド...)

 

kinbee ha

あ~あ、行っちゃった...。

そしてまた、昭和のフレーズだし・・・。

 

(つづく)

 

 







Last updated  2014年03月10日 01時15分03秒
2014年03月09日
カテゴリ:天心展

Kinbee Kya! R-SS.jpg

は~い,きんびーで~す!展示解説員さんのリレーブログもそろそろ終盤だけど,今日は誰かな?

あっ!あやのんだ!

 

s-ayano007.jpg

こんにちは,きんびー! 

 

kinbee Ah! S.jpg

こんにちは!

あれ?ちょっと笑顔が引きつってるんじゃない?

 

ayono2

うう,ブログ初登場で緊張してるの・・・

 

kinbee SS.jpg

まぁまぁ。楽しんでってね!

そういえば,ミニガイドはどう?

 

s-ayano007.jpg

たくさんのお客様が参加してくださっているよ!

今回のガイドでは,天心展の第一部,天心が明治期に取り組んだ仕事の紹介を盛り込んで,天心の教えを受けた横山大観,菱田春草,下村観山,木村武山の4人の作家をご紹介しているの。

 

kinbee sleep ss.JPG

そうだよね。いいなぁ~,ぼく虫だから美術館の中には入れなくてガイドに参加出来ないんだよね・・・

あ,そうだ!この前あきさんが《阿房劫火》のことちょっと教えてくれたけど,その作品について何かガイド中にあった面白いエピソードを教えて!

 

s-ayano007.jpg

え?う~ん・・・(なんというピンポイントな無茶ぶり・・・)

じゃあね,この前のガイドの最後に《阿房劫火》をご紹介した時のエピソードがあるよ。

 

s-ayano007.jpg

私もとても好きな作品なんだけど,ガイドで武山の師である天心が

「実に素晴らしい色彩である。しかしこの大きな阿房宮が劫火に包まれたのである。各窓から吹き出す炎は決して舐めるような美しさではあるまい。そして轟々たる大音響が聞こえないだろうか。この絵にして音が聞こえたなら実に天下の名作であるが。」

と武山の色彩の巧みさを称賛しながらも,壮大な宮殿の炎上でありながら轟々たる大音響が感じられないと,その華麗さゆえに崩壊の迫真性に欠ける点を指摘する言葉を残したことをご紹介したの。

 

s-きんびー(まじめ).jpg

うんうん。

 

s-ayano007.jpg

そしたら,そのエピソードを聞いたお客様が,「じゃあ君なら,どう描いたら天心の言う轟々たる音がこの作品から聞こえるようになると思う?」っておっしゃって,一緒にじっくり作品を見て考えたりしたの。

 

kinbee ha

へぇ~

 

 s-ayano007.jpg

参加してくださったお客様と一緒に作品を見ることで,ガイド中に新しい発見や作品をもっと深く感じることができてとても楽しいよ!

 

Kinbee Kya! R-SS.jpg

うんうん,楽しそうだね!ますます参加したくなったよ!

 

s-ayano007.jpg

天心展のガイドは,平日は午後2時から,土日・祝日は午前10時からと午後2時からの2回,20分程度行っています!

ブログをご覧の皆様,ぜひ近代美術館にお越しください!! 

 







Last updated  2014年03月09日 17時36分13秒
2014年03月04日
カテゴリ:天心展
kinbee SS.jpg 

は~い,きんびーで~す。

あっ!まりさんだ。

s-owada003.jpg

こんにちは,きんびー。

展示解説員のまりです。ブログ初登場です!よろしくね。

 

Kinbee Kya! L-SS.jpg

まりさん,今日は天心展の会期はもう折り返しの日だね。

 

s-owada003.jpg

そうだね。今日から作品をいくつか展示換えしたのよ。

 

kinbee ha

え~!知らなかった。

ということは,すでに天心展をご覧になった方でも,さらに楽しめるってことだね。

 

s-owada003.jpg

そうなのよ。たくさんの方に足を運んでほしいわね。

 

kinbee_back.jpg

でもぼくは虫だから展示室に入れないんだ・・・

 

s-owada003.jpg

よし!落ち込んでるきんびーのために展示換えした作品5点のなかから,菱田春草の作品をふたつ紹介するね。

 

Kinbee Kya! L-SS.jpg

やったー!どんな作品かな? ワクワク

 

s-owada003.jpg

まず,「鹿」という作品です。

春草 鹿

長野県の飯田市美術博物館から出展していただきました。

とっても人気があるらしいの。

 

Kinbee Kya! L-SS.jpg

わぁ,表情がかわいい!

s-owada003.jpg

水面に映った姿もよく観てね。

つぎは,ふたつの作品を一対でご覧いただく「春秋」という作品。

 

kinbee ha

あっ,一対って,え~と,対幅っていうだよね。

 

s-owada003.jpg

え~,きんびーよく知ってるわね。

 

Kinbee Kya! L-SS.jpg

それはね,天心展を担当した井野さんから前に教えてもらったことがあるんだ。

それより早く観たいなぁ。

 

s-owada003.jpg

それでは,お見せしましょう。 

 

春秋 

 

Kinbee Kya! L-SS.jpg

この作品にも動物がいる。

左はハトで,右はイタチかなぁ?

 

s-owada003.jpg

こちらも,飯田市美術博物館から出展していただきました。

きんびーが動物大好きだから紹介しましたよ。 

 

Kinbee Kya! L-SS.jpg

飯田市美術博物館に感謝! 感謝!

 

s-owada003.jpg

次は,展示換えの作品ではないけれど,私のお気に入りの作品を紹介していいかな。

 

kinbee Ah! S.jpg

うん,知りたいなぁ。

教えて。

 

 s-owada003.jpg

横山大観の「隠棲」という作品だよ。

 

kinbee Ah! S.jpg

まりさんはどんなところが好きなの?

 

s-owada003.jpg

絵には人が描かれているけれど,春草の「鹿」や「春秋」の動物よりも小さく描かれていて,それなのに表情がとってもよくてね。

この「隠棲」という作品は,ぜひ展示室でご覧いただきたいんです。

私は透き通った空気と張り詰めた緊張感が伝わってくる感じが好きなの。

その場所でぼーっとしてみたいなって・・・

 

kinbee SS.jpg

う~ん,とっても観たいなぁ。

ねえねえ,まりさん。他の作品ももっとみたい~!

 

s-owada003.jpg

しょうがないな~。

それじゃあ、次は展示解説員のあきこさんがお気に入りの作品を紹介してくれるわよ!

 

Kinbee Kya! L-SS.jpg

やった~!

次回も楽しみだな!

 

 







Last updated  2014年03月05日 16時47分02秒
2014年03月02日
カテゴリ:天心展

kinbee SS.jpg

は~い,きんびーで~す。

展示解説員さんたちによる天心展のリレーブログは,これまで7人が登場してくれたけど,次は誰かなぁ?

 

tamai.JPG

は~い,ゆっこで~す。

きんびー!リレーブログも中盤ね!

 

Kinbee Kya! L-SS.jpg

あ!ゆっこさん!

「ワカラナイノススメ」以来だね!

 

tamai.JPG

久しぶり~。

ところで偕楽園の梅も咲きはじめて,水戸にたくさんの観光客がいらしているわね?

 

Kinbee Kya! L-SS.jpg

嬉しいー!

天心展もにぎわっているもんねー!

 

tamai.JPG

そうなの!

毎日開催している私たち展示解説員のミニガイドにも,たくさんお客さまがいらっしゃっているのよ。

 

kinbee ha

本当!?

ぼくも参加したいけど,虫だから美術館には入れないもんなー。

 

kinbee sleep ss.JPG

残念だあ~。

 

tamai.JPG

あぁそうだ!ごめんごめん!,,,,

う~ん,じゃあ今日は特別にきんびーが知りたいこと何でも教えてあげる手書きハート

 

Kinbee Kya! L-SS.jpg

えっ本当!やったー!

それじゃ,ゆっこさんの好きな虫は?

 

tamai.JPG

えっ,好きな虫ねぇ~・・・

あのね,きんびー。そういうことじゃないでしょ?

 

kinbee ha

だって,知りたいこと何でもって・・・

 

tamai.JPG

天心展のリレーブログなんだから,天心展に関することにしてよ。

それに,好きな虫って,私がノリで「好きな虫はハチよ~」なんて言うわけないじゃない!

ハチは危ないし・・・・ははっ,アブナイですって,そりやハチはアブじゃないわよね・・・

 

kinbee sleep ss.JPG

はぁ~,その乗り突っ込みはどうかと・・・

 

kinbee ha

うっうん,それではですね。

前のブログで こん さんが教えてくれた菱田春草についてもっと知りたい!

春草は,横山大観と仲が良かったって言ってたよね?

 

tamai.JPG

そうね。

大観は6歳年下の春草の事をとても尊敬していたわ。

ふたりはアメリカやヨーロッパにも一緒に行ってニューヨークやロンドンでは展覧会を開いたこともあったの。

 

kinbee SSS.jpg

へぇ~。それはすごいね!

それなら春草が36歳でこの世を去った時,大観はどんなに悲しかっただろうね。

 

tamai.JPG

本当,そうねえ。

そういえば,第一展示室に入ってすぐの所に大観と春草の作品が並んでいるの。

大観の作品は「寒天」といって春草の作品は「柴舟」と言うのよ。

 

kinbee ha

カンテン? え? あの透明のゼリーみたいなー?

 

tamai.JPG

ふふふ。私もはじめはそう思った。

「寒天」は寒い空を表す中国の言葉よ。

ふたりの先生である岡倉天心が「寒天」という画題を与えて描かれたのがこの二つの作品なの。

 

kinbee ha

へー。じゃあ大観の「寒天」は分かったけど,春草はなんで寒い空を表す作品として「柴舟」を描いたの?

それに「しばふね」ってなーに?

 

tamai.JPG

ガスや電気のない時代,寒い日は薪を燃やして暖をとっていたでしょ?

その薪を「柴」とも言うの。

春草は,たくさんの柴を積んだ2艘の舟が水面に浮かんでいる様子を描いて「寒天」を表したのね。

私はこの「柴舟」が好きなの。

観ていると,寒そうだけど,たくさん積まれた薪からそれを使って暖まっている人たちの姿が浮かんできて,なんだかホッとするのよ。

 

Kinbee Kya! L-SS.jpg

なるほど~それで「柴舟」かあ。

わぁーすごく観たくなった!

 

kinbee sleep ss.JPG

,,,,あ! ぼくは美術館に入れない!

 

tamai.JPG

あっ!そうだった! 

またやってしまったね! ごめんごめん!

ほら,きんびー! 

図録もあるし,インターネットから見られる所蔵作品検索システムなら作品を拡大して観ることもできるよ?

元気出して!

 

kinbee_back.jpg

知れば知るほど本物が観たくなるのになあ。

観に来られる人が羨ましい,,,。

 

kinbee fry SSS.JPG

はあ。お花の蜜でも吸ってこよ~。

 

tamai.JPG

ははは,,,(汗)。

美術館の庭の梅も咲き始めているみたいだしね!

 







Last updated  2014年03月02日 21時04分44秒
カテゴリ:天心展

ミュージ君sss.JPG

はーい!ハロー!
ミュージ君です。
ねえねえ、きんびー。GSさんのブログリレーにちょっと割り込んでもいいかな?

天心展会期中の日曜日だけの特別な過ごし方のお話なんだ。

Kinbee Kya! L-SS.jpg



わあ!ミュージ君。なになに?教えて!


ミュージ君sss.JPG

実はね、天心展会期中の毎週日曜日には、茨城大学紙芝居研究会の紙芝居を見ることができるんだ!!

kinbee ha


えーっ!紙芝居!?
どんなものを上演するの?

ミュージ君sss.JPG

「天心~時を超えた出会い~」という紙芝居だよ。
茨城大学の学生が岡倉天心はどんな人だったか小学生のお友達にも分かりやすい内容だよ。
この紙芝居は、今回の展覧会のために作ってくれたんだ。

kamisibai


kinbee ha


へぇー。
すごいねえ!!!

ミュージ君sss.JPG

話は、2011年3月11日からはじまります。
そう、あの大地震の日。大きな地震が時空を歪ませて、岡倉天心が現代にタイムトラベルしてしまうんだよ。

kinbi-

ええっ!それからどうなるの!?

ミュージ君sss.JPG

気になる続きは美術館でね。

お話も上手だから、紙芝居の世界にひきこまれちゃうこと間違いなしだよ。


Kinbee Kya! L-SS.jpg

うん!
ぼくも、やってみたいなー。
会期中の日曜日っていうと、9日と16日に見ることができるんだね!
わー!みんな、見に来てほしいな!!










Last updated  2014年03月02日 16時41分39秒
2014年03月01日
カテゴリ:天心展

kinbee SS.jpg
は~い,きんびーで~す。
あっ!和久井さんだ!
今、天心展のミニガイドやってるんだって?

wakui02 by y S.jpg
きんびーは虫だから参加できないよ。じゃあね!

 

kinbee sleep ss.JPG
ひどい!入れないのは知ってるよー!
(なんだろう?これまでも入れないってことは何回も言われてきたけど,「じゃあね!」が超高速過ぎる~!まあ,和久井さんって冷たい人ではないはずだから・・・)

 

kinbee ha
ねぇ,ミニガイドはどう?

 

wakui02 by y S.jpg
たくさんのお客さまが参加してくださっているの!
今回の天心展の第1部では,天心とその教えを受けた,横山大観,菱田春草,下村観山,木村武山の4人の作品を紹介しているんだ。

 

kinbee SS.jpg
そうなんだ!
いつもの所蔵作品展でも横山大観たちの作品を紹介していると思うけど,どう違うの?

wakui02 by y S.jpg
私たちのガイドは,天心と五浦の4人の作家それぞれのエピソードなどを盛り込んでいるの。
あと明治期に天心が取り組んだ仕事もガイドに盛り込んだりして、天心のことをわかりやすくご紹介させていただいているのよ。

 

kinbee ha
(ああ,よかった。ちゃんと教えてくれてる。)
ますます参加したくなったよ!

wakui02 by y S.jpg
ブログをご覧の皆様はぜひ近代美術館にお越しください!
天心展のガイドは平日は午後14時から、土日、祝日は午前10、午後2時から行っています!

 

aya
天心展も盛況だけど、所蔵作品展も忘れないでね!

 

kinbee ha

あっ、あやさん!急にどうしたの?

 

aya

展示解説員さんたちがリレーブログで天心展を盛り上げてるから、私も負けてられないなって思って所蔵作品展のPRをしに来ました!

 

kinbee ha

所蔵作品展って、今、木内克(きのうちよし)の作品がたくさん出ているんでしょ?
もう,ブログでは紹介しちゃったよね?

 

aya

そうだよ。

でもね,天心や五浦の4人の作家さんたちも茨城ゆかりの先人だけど,なんたって木内克はここ水戸出身。もっともっと地元のみなさんにも知っていただきたいし・・・・

それでね,3月8日の土曜日には,天心展ミニガイドとあわせた新しい企画を所蔵作品展で用意いたしました~!

きんびー,次のブログでぜひ紹介させてね。

 

Kinbee Kya! L-SS.jpg

うん,いいよ。

なんだかワクワクするな~!

 

 







Last updated  2014年03月01日 10時17分51秒
2014年02月28日
カテゴリ:天心展

kinbee SS.jpg

は~い!きんびーで~す!

今日は、展示解説員のなるみさんに聞いちゃおっかな。

こんにちは、なるみさん!


s-kajiyama001.jpg

ふふ、ブログ初登場でちょっと緊張するわ。

でも,こうしてきんびーとお話出来て嬉しいです!よろしくね。

 


kinbee SS.jpg

よろしく!

ねぇねぇなるみさん、今日は木村武山のお話が聞きたいな!

ぼく,天心展の図録をみたんだけど、武山の「熊野(ゆや)」に描かれている着物の色も、模様の繊細で細やかな表現も、とても綺麗だったよ! 


s-kajiyama001.jpg

きんびー、良くみてるのね!

武山は明治9年に茨城県笠間市に生まれているの。

特に、花や生き物を描いた花鳥画や、お釈迦様や仏像の絵を描いた仏画が有名なのよ。

 

kinbee SS.jpg

今展覧会でもひまわりの絵を描いた大きな絵を展示してるみたいだね!

 

s-kajiyama001.jpg

そうね。ひまわりもあるしカラスの絵もあるわ!

さっき、きんびーは「熊野(ゆや)」の着物の色も綺麗だったって言ってたけど、武山は色彩感覚が優れていたと言われているの。

花鳥画の華やかな装飾性は見とれちゃうくらい綺麗よね。

今回展示されている「阿房劫火(あぼうごうか)」の幻想的な炎の美しさにも注目してみてみてね!

Kinbee Kya! L-SS.jpg 

図録でみただけでも、燃え上がる炎の紅さにドキドキしちゃったよ!


s-kajiyama001.jpg
「阿房劫火(あぼうごうか)」は武山の代表作の一つよ!

ちなみに武山は、度量が大きく面倒見が良かったので周りの人からも慕われていたそうなんだけどね...。

絵の具の使い方はちょっと荒々しくて、画室は絵の具だらけだったらしいの(笑)

 
kinbee Ah! S.jpg

意外!あんなに繊細な表現をするのに... 

 

s-kajiyama001.jpg
武山は豪快な性質を持っていた反面、繊細でしとやかな面も持っていたそうなの。

絵の具の溶き方もとてもなめらかだったとか。

そんな二面性があったから、大胆な構図であり、また繊細で細やかでもある整然とした美しい絵が描けたのかもしれないわね。


Kinbee Kya! L-SS.jpg 
そうなんだ~!

作家さんによって絵の個性があって面白いね!僕もっと作家さんのこと勉強してみるね。

 

s-kajiyama001.jpg
よ~し!きんびー、私も負けない!

お客さんにミニガイドをもっと楽しんでもらえるように、私も勉強頑張るわ!







Last updated  2014年02月28日 12時10分05秒
2014年02月24日
カテゴリ:天心展

 kinbee SS.jpg

は~い,きんびーです。

天心展がますます賑わってきたね!

展示解説員さんのリレーブログ,横山大観,菱田春草の次は誰にしよっかな?

 

寺門

こんにちは,きんびー!

 

kinbee Ah! S.jpg

あっ,寺門さんこんにちは!

今日は,下村観山のことを教えてくれますか?

 

寺門

それじゃ,観山についてお話しするね。

観山は和歌山県出身なの。

紀州徳川家に使えていた能楽師の家に生まれたんだよ。

観山は,能に関係のある絵もたくさん描いているよ。

 

kinbee Ah! S.jpg

そうなんだ!もしかして,今回展示されている「大原之露」もそうなの?

 

寺門

そうだよ。『平家物語』という能のお話をもとにして作られたんだよ。

 

kinbee Ah! S.jpg

へぇー。観山は古典に詳しいんだね!

 

寺門

観山は小さい頃から絵が上手で,東京美術学校に入学してからは,天心から細かい指導を受けていたんだよ。

卒業してからは先生として東京美術学校で絵を教えていたよ。

 

kinbee Ah! S.jpg

そういえば,ひろみさんが大観は海外に行ったって教えてくれたけど,観山はどうだったの?

 

寺門

観山はロンドンに留学したのよ。

そこで西洋絵画の技法を学んで,それを日本画に取り入れてみたりしたの。

 

kinbee Ah! S.jpg

観山は日本画の発展のため色々なことをしていたんだね。

 

寺門

そうだね,きんびー。

天心が亡くなった後は,大観と一緒に天心が作った日本美術院をもう一度盛り上げようと頑張ったんだよ。

私たちも観山たちみたいに,みんなで力を合わせて天心展を盛り上げようね!

 

Kinbee Kya! L-SS.jpg 

そうだね。

たくさんのお客様に楽しんでいただけるといいね!

 

 







Last updated  2014年02月24日 09時47分34秒
2014年02月21日
カテゴリ:天心展

kinbee SS.jpg

は~い,きんびーで~す!

展示解説員さんのリレーブログ。3回目の今日は何を聞いちゃおっかなぁ。

あっ!あれは こん さんだー!

 

 konsho001.jpg

こんにちは、きんびーちゃん。

 

kinbee Ah! S.jpg

ねぇねぇ,こんさん。

今日は菱田春草について教えてくれますか。


konsho001.jpg

菱田春草は横山大観、下村観山、木村武山とともに五浦の地で新しい日本画の制作をしていた画家の一人だよ。

春草は眼病を患って五浦には1年半くらいしか滞在できなかったんだけど、たくさんの素敵な作品を描いた作家なんだ。

 

kinbee Ah! S.jpg

どんな作品を描いた人なの?


konsho001.jpg

春草は岡倉天心からの「空気や雰囲気」という課題について、とても真剣に取り組んだ作家とも言われているね。

色のぼかしやグラデーションで「空気や雰囲気」を表現しているよ。

今回の「天心の思い描いたもの」のポスターや図録の表紙は春草の「落葉」という作品なんだ。

遠くにある木はぼんやりと、手前の木ははっきりと、地面に落ちている葉も奥にあるものほど薄く描いていて、絵に奥行きを感じる作品なんだよ。

 

kinbee Ah! S.jpg

そうなんだぁ!

konsho001.jpg

他にも横山大観と仲が良かったこととか、イケメンな事とか、話したい事はたくさんあるんだけど、ブログには書ききれないなぁ。

「天心の思い描いたもの」では私たち展示解説員が毎日交代でミニガイドを行っているから、気になる人はぜひミニガイドに参加してみてくださいね!

Kinbee Kya! L-SS.jpg

そっかぁ,ミニガイドがあったね。

 

konsho001.jpg

平日は午後2時から,土日と祝日は午前10時からと午後2時からの2回。

毎回20分程度のご案内ですからお気軽にご参加ください。

 







Last updated  2014年02月22日 11時01分16秒

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.