1699706 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ニューロンとワイヤの狭間から

March 31, 2015
XML
このブログはcomfort.saloon.jpに移動しました。

該当する記事は「浜辺の歌の数奇な歩み」です。






Last updated  June 30, 2016 09:37:09 AM
コメント(4) | コメントを書く
[文化・社会・ネット] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:浜辺の歌の数奇な歩み(03/31)   崎山言世 さん
吉丸一昌先生と夢幻問答をしている崎山言世と申します。3番4番を想像してつくってみるとはなかなか面白い試みです。ただ、『音楽』編集の総責任者である吉丸先生は、編集者の牛山さんが無断で改作することなどありえない、憶測でものを書いてはならんと話しておられます。時代を下った証言の確かさについてもっと慎重な分析が必要だということらしいです。拙ブログ「言世と一昌の夢幻問答 尋常小学唱歌と早春賦の秘密」をご笑覧ください。 (April 1, 2015 10:36:23 PM)

Re[1]:浜辺の歌の数奇な歩み(03/31)   yuzo_seo さん
崎山言世さん、書き込みありがとうございます。

> 拙ブログ「言世と一昌の夢幻問答 尋常小学唱歌と早春賦の秘密」をご笑覧ください。

//blogs.yahoo.co.jp/kotoyo_sakiyama/63016205.html

ですね。続きを期待しております。

ただ、編集者による改変はあったと考えるのが妥当ではないでしょうか。その理由は以下の通りです。

・現在残っている3番の最後のフレーズが意味不明であること

・林古渓が3番が唄われることを嫌っていたようであること

・この裏付けとして、現在3番はほとんど歌われていないこと

浜辺の歌の発表年は1916年(大正5年)であり、出版物に不穏当な内容が含まれないよう、自主規制が行われたとしても不思議はないのではなかろうか、と私は考えております。編集者が、著者にことわるとややこしいことになると考えたとすれば、著者に無断で改変することもありえたのではないでしょうか。

もちろん、これは私の考えであり、真実であるという保証は全くないのですが、、、 (April 2, 2015 12:23:35 AM)

Re[2]:浜辺の歌の数奇な歩み(03/31)   崎山言世 さん
崎山言世です。風紀問題で世間を騒がせていた東京音楽学校に、風紀問題対策のプロとしてやってきたのが吉丸一昌先生です。重要なのは「はまべ」以降も、古渓さんはそれまでどおり『音楽』に何の変わりもなく寄稿を続けているという事実です。そんなに我慢ならないほどの問題があったのなら、古渓さんは寄稿をやめたのではないですか。編集主任の牛山充さんを貶めるようなことは、吉丸先生が許さないとおっしゃておられます。 (April 7, 2015 10:51:50 PM)

Re[3]:浜辺の歌の数奇な歩み(03/31)   yuzo_seo さん
崎山言世さん、書き込みありがとうございます。

>崎山言世です。風紀問題で世間を騒がせていた東京音楽学校に、風紀問題対策のプロとしてやってきたのが吉丸一昌先生です。

rasensuisha.cocolog-nifty.com/kingetsureikou/2014/06/3-8d42.html にこのあたりのいきさつが解説されていますね。このような背景があれば、風紀紊乱の疑いをもたれるような歌詞に対して自主規制が行われることも、ありそうなことだとは思われませんか?

>重要なのは「はまべ」以降も、古渓さんはそれまでどおり『音楽』に何の変わりもなく寄稿を続けているという事実です。そんなに我慢ならないほどの問題があったのなら、古渓さんは寄稿をやめたのではないですか。

発表に際して修正されたことに対しては、古渓も事後承諾をしていたのではないでしょうか。風紀が問題になることを回避したかったといわれれば、やむを得ないと考えることも理解できなくはありません。

でも、オリジナルの詩には思い入れがあって、一時復旧を試みたものの、うまくいかなかったということではないでしょうか。もちろんこれは、私の妄想に過ぎないことではあるのですが、、、

それにしても、林羅山の子孫の林古渓に本居宣長の子孫の本居長世、幸田露伴の妹の幸田延と、すごい血筋の人たちがこの時代の音楽には係わっていたのですね。 (April 7, 2015 11:41:52 PM)

PR

Free Space

リンク集
移転先
悲しきネット
オリジナル文書
最近読んだ本
日付クリックで紹介記事へ
科学の発見

6/19

悩みどころと逃げどころ

6/16★★

科学を語るとはどういうことか

8/20

ハイゼンベルクの顕微鏡

8/11

主役はダーク

8/5

ビジネス・インサイト

6/14★★

仕事道楽

4/19 4/26★★★

思考停止社会

4/5

日本はなぜ敗れるのか

3/29

クドリャフカの順番

3/22★★★

宇宙を織りなすもの(上)

3/11 3/15★★

宇宙を織りなすもの(下)

3/20

哲学と現実世界

2/15★★

いま哲学とはなにか

2/8

日本は原子爆弾をつくれるのか

2/7

新聞社

2/1

ジャーナリズム崩壊

2/1

東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ

1/18★★

ヴァンデミエールの翼
 
12/21(1) (2)★★

心の脳科学

12/14(1) (2)★★★

民族とネイション

12/7★★★

アインシュタイン,
特殊相対論を横取りする

11/16(1) (2)

時間と存在
11/9(1) (2) (3) (4)★★

唯脳論

10/26(1) (2)★★

迷惑メールは誰が出す?

10/19

ブログ論壇の誕生

10/13(1) (2) (3)★★

生命とはなにか

9/15

悲劇の誕生

9/14(1) (2) (3)★★★

心/脳の哲学

8/3(1) (2) 8/31 9/7★★

ナショナリズムの克服

8/24

集中講義―日本の現代思想

7/27(1) (2)

「日本文化論」の変容
7/13(1) (2)★★

Googleを支える技術

6/22★★

単一民族神話の起源
6/15(1) (2)★★

古代史の基礎知識

6/10

ユーゴスラヴィア現代史

5/25★★

カラシニコフ自伝

5/18★★

マックス・ヴェーバー入門

5/11★★

オタクはすでに死んでいる

5/8

超ひも理論を疑う

4/6

さよなら妖精

3/2

愚者のエンドロール

2/17★★

哲学の誤読

2/3★★

一般相対性理論(ディラック)

1/13★★

ぜんぶ手塚治虫

2007/12/31★★★

相対性理論(パウリ)

12/24★★

プロレゴーメナ(カント)

12/23 12/9★★

はじめてのインド哲学

12/3★★

日本とアジア

11/25★★

東洋的な見方

10/7★★★

部分と全体(ハイゼンベルク)

9/24★★

天才の脳科学

9/8

論理学入門

9/2★★

カミとヒトの解剖学

8/26

科学の危機と認識論
科学の危機と認識論
8/17

主観的、間主観的、客観的

8/15

物理学と神

7/16

官僚とメディア

7/14

ネットはテレビをどう呑みこむのか

7/1

哲学者の誕生

6/24

科学哲学の冒険

6/17

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神

6/1

Calendar

Comments

yuzo_seo@ Re[1]:「ノルウェイの森」、そのココロは、、、(02/25) happaさん、書き込みありがとうございます…
happa@ Re:「ノルウェイの森」、そのココロは、、、(02/25) とても興味深く読みました。初めに訳した…
yuzo_seo@ Re:#1446 虚数時間の物理学―4元速度と運動量―(08/26) ちょっと訂正。 力の時間成分はゼロと書…
kotoyo_sakiyama@ エントロピーといえば エントロピーといえば……、そうだ、『エネ…
yuzo_seo@ Re:改作の汚名をそそぐ(04/09) 崎山言世さん、どうもありがとうございま…
崎山言世@ 改作の汚名をそそぐ 4題目の存在を否定したのではありません…
yuzo_seo@ Re[3]:浜辺の歌の数奇な歩み(03/31) 崎山言世さん、書き込みありがとうござい…
崎山言世@ Re[2]:浜辺の歌の数奇な歩み(03/31) 崎山言世です。風紀問題で世間を騒がせて…
yuzo_seo@ Re[1]:浜辺の歌の数奇な歩み(03/31) 崎山言世さん、書き込みありがとうござい…
崎山言世@ Re:浜辺の歌の数奇な歩み(03/31) 吉丸一昌先生と夢幻問答をしている崎山言…

Category

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.