Taiwan Diary

全222件 (222件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 23 >

中共

2022.05.18
XML
カテゴリ:中共
ジェノサイドCCP
臓器移植渡航の禁止


臓器移植の実施状況等に関する報告を行いました


本日、参議院厚生労働委員会に対して、後藤厚生労働大臣より「臓器移植の実施状況等に関する報告書」について報告を行いました。

この報告書は、臓器移植法制定時(平成9年)の参議院臓器の移植に関する特別委員会における附帯決議に基づき、毎年、厚生労働省において作成し、参議院厚生労働委員長宛てに提出しているものです。

つきましては、別紙のとおり、本日、参議院厚生労働委員長宛てに提出しました報告書を公表致します。

臓器移植の実施状況等に関する報告書


是非、こちらの動画もご参照ください。

メデイカル・ジェノサイド 大紀元






最終更新日  2022.05.18 07:52:29
コメント(0) | コメントを書く


2022.05.04
テーマ:中共(188)
カテゴリ:中共


山口県
岩国市






最終更新日  2022.05.04 09:56:33
コメント(0) | コメントを書く
2022.02.04
カテゴリ:中共
脱炭素ビジネス

地球温暖化なんてどうでもいいのよ。
金儲け優先。生きるためだからいいのよ。
と、言うわけかな?

人権なんてしょうがないヨ、CCPの問題だから。
だから媚中なのよ、お金儲けができればいいのよ。

自身の家族が拘束され被害を受けるまで気づかないのか。

残念なことです。



■脱炭素電源の新規投資促進へ 新たな「長期収入保証制度」が検討中。

電源の新規投資を促す目的で、新設電源に対し、長期間の固定収入を確保する新たな仕組みが検討されている。対象は発電・供給時にCO2を排出しない電源(脱炭素電源)に限定する方向性が示されており、2023年度の導入を目指し、有識者会議で議論が進められている。






最終更新日  2022.02.04 09:20:42
コメント(0) | コメントを書く
2022.02.03
カテゴリ:中共





大陸内での石原慎太郎氏への批判記事。
当然、ネット民のコメントも同調。
マスコミの報道の異常さは、日本も今や負けていない。

情けない限り。

批判されているということは、足跡を評価できるということです。
生前の活躍に改めて感謝し、日本国の国民の生命と財産を護る政治家、
日本人がひとりお亡くなりになりました。

合掌



日媒:日本右翼政客石原慎太郎去世


上世纪70年代,石原慎太郎曾与其他右翼势力一起组建右翼政治团体“青岚会”,并资助日本右翼青年在钓鱼岛上建造灯塔。2012年春天,石原抛出东京都购买钓鱼岛及其附属岛屿计划并进行募捐,此后日本政府决定将其“国有化”,导致日中关系恶化。

公开资料显示,石原慎太郎1999年—2012年曾担任东京都知事。

1970年代、石原慎太郎は他の右翼勢力とともに右翼政治団体「青嵐会」を結成し、日本の右翼青年による釣魚島への灯台建設に資金を提供した。 "国有化 "され、日中関係の悪化につながる。

公開されている情報では、石原慎太郎氏は1999年から2012年まで東京都知事を務めていたことが明らかになっています。



执著老kop
这货不是还写了个宇宙战舰大和号复活么~他的作品真的啥也不是~狭隘的民族主义者,说难听的就是个法西斯
02-01 14:30

昔のこだわりのあるコップ
この人は宇宙船ヤマトの復活作も書いている~彼の作品は本当に何もない~偏狭なナショナリストで控えめに言ってファシストだ
02-01 14:30






最終更新日  2022.02.03 15:16:33
コメント(0) | コメントを書く
2021.12.31
カテゴリ:中共
須田慎一郎氏が虎ノ門ニュースで、ご紹介。
知らんかったわ。
こんなCHもあります。







最終更新日  2021.12.31 10:01:22
コメント(0) | コメントを書く
2021.12.28
カテゴリ:中共
フォーカス台湾

(台北中央社)外交部(外務省)は27日、中華民国(台湾)と断交したニカラグア政府が首都マナグアの旧中華民国大使館を中国に譲渡したことについて「強い抗議」を表明し、政府として強く非難した。また国際社会に対し、ニカラグア政府と中国政府の卑劣な行為を共に非難するよう呼び掛けた。

ニカラグアは今月10日、台湾との国交を一方的に断絶。ニカラグアに駐在している台湾の職員を23日までに全員退去させるよう通知した。外交部によれば、台湾側は極めて限られた時間の中で、大使館をニカラグアのカトリック教会にただ同然の価格で売却。22日に契約を結んだ。教会側も大使館を適切に保存、運用することを約束したという。

だが現地メディアは26日、
オルテガ大統領
旧中華民国大使館の没収と中国への譲渡を命じたと報道。

ニカラグアの検事総長事務所が発表した声明を公開した。
声明には
「台湾は中国の不可分の領土の一つであり、
先に登記された関連の不動産や家具、
設備などは中国の所有とすべきで、
いわゆる取引や譲渡、寄贈は認められない」
といった旨の内容が書かれている。

台湾の外交部は
「台湾が中華人民共和国の一部であったことはない」と強調し、
「台湾の外務に干渉する権利は中国共産党にはなく、
わが国の国有財産を継承する権利もない」と批判した。

(游凱翔/編集:名切千絵)

https://japan.focustaiwan.tw/politics/202112270006






最終更新日  2021.12.28 11:40:48
コメント(0) | コメントを書く
2021.12.27
カテゴリ:中共


韓国を利用する中共に屈してはいけない。

00:09:24 北京五輪 政府代表見送り 橋本会長ら出席へ
00:39:22 皇位継承策先送り 政府有識者会議
00:53:17 布製マスク処分費用6000万円 厚労相
01:31:30 特集コーナー「櫻井よしこ の きょうの出来事2021」






最終更新日  2021.12.27 12:39:20
コメント(0) | コメントを書く
2021.12.26
カテゴリ:中共






最終更新日  2021.12.26 07:13:21
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:中共(188)
カテゴリ:中共
2021.12.22【中国】習近平大丈夫?中国共産党内部に異変‼️人民日報が鄧小平礼賛❗【及川幸久−BREAKING−】






最終更新日  2021.12.26 06:44:02
コメント(0) | コメントを書く
2021.12.22
テーマ:中共(188)
カテゴリ:中共







天安門事件とは?中国が民主化の炎に燃え、非暴力の象徴「タンクマン」を生んだ約2カ月をふりかえる。


一体何があったのか

いわゆる六四天安門事件は、第二次天安門事件とも呼ばれる。第一次は1976年、周恩来(しゅう・おんらい)首相の死を悼もうと天安門に集まった市民が、政治勢力を増していた毛沢東の側近グループ「四人組」への批判を展開したものだ。

第二次天安門の発端となったのは、リベラル派で親日家としても知られた胡耀邦(こ・ようほう)元総書記が1989年4月15日に心筋梗塞で亡くなったことにある。胡を悼むために学生たちが天安門広場に集まると、要求は胡の名誉回復などから、中国の民主化を求める声に変わっていった。

当時の中国のリーダーは趙紫陽(ちょう・しよう)総書記と、保守派の李鵬(り・ほう)首相。そしてその裏には、趙を抜擢した鄧小平(とう・しょうへい)がいた。共産党は当初、この運動を黙認していたが、4月25日に鄧小平が学生の運動を「計画的な陰謀で動乱だ」と認定。これを受けて翌日の共産党機関紙・人民日報には「動乱」を批判する社説が掲載された。

これを受け、学生たちの反発は強まる。学生たちが目をつけていたのは、5月15日に予定されていたソ連のゴルバチョフ書記長の訪中だ。中国のみならず世界のメディアの目が北京に注がれるタイミングで、自分たちの要求をアピールする狙いがあったのだ。

ゴルバチョフ書記長は予定通り中国にやってきた。すると、比較的運動に寛容だった趙紫陽が「重要な問題は依然、鄧小平同志が舵を取る」と、鄧小平が未だに影で実権を握っていることを明かしてしまう。学生たちは翌日、鄧を「独裁者」などと直接非難する「五・一七宣言」を発表。その後、共産党政府は戒厳令の発出に踏み切るなど、両者の溝は決定的に深まっていくことになる。

この時点で、天安門広場には知識人やマスコミも加わり、およそ100万人が集まっていたとされている。

ゴルバチョフ書記長の帰国後、趙紫陽は天安門の学生たちの元へ足を運ぶと「来るのが遅かった」という言葉を残し去った。趙はその後、2005年に亡くなるまで公の場に姿を見せることはなかった。




(抜粋)






最終更新日  2021.12.22 16:53:15
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全222件 (222件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 23 >

PR


© Rakuten Group, Inc.