3114424 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

可愛いに間に合わない(ファッションと猫と通販な日々)

2019.08.22
XML
『マトリックス』第4弾、正式発表!
キアヌ・リーヴスが再びネオに!
2019年8月21日  11時08分


ネオ(左)&トリニティ(右)がカムバック!
写真は映画『マトリックス リローデッド』より
米ワーナー・ブラザース・ピクチャーズが現地時間20日、人気SF映画『マトリックス』シリーズ第4弾の製作を正式発表した。第4弾には、シリーズ3作品で主人公ネオを演じたキアヌ・リーヴスと、ヒロイン・トリニティ役のキャリー=アン・モスも出演。シリーズを手がけたラナ・ウォシャウスキーが監督・脚本・製作総指揮を担当する。


【画像】空も飛べた!キアヌふんする主人公ネオ
マトリックス リローデッド (2003)

 『マトリックス』(1999)は、自分の生きる世界が機械の見せる仮想現実だと知った天才ハッカー・ネオ(キアヌ)が、人類の救世主として戦いに身を投じるSFアクション。革新的な映像やカンフーアクションなどが話題となり、『マトリックス リローデッド』(2003)、『マトリックス レボリューションズ』(2003)と続編が製作されている。
 
 米ワーナー・ブラザース・ピクチャーズのトビー・エメリッヒ会長は、各メディアに宛てた声明で「ラナ(・ウォシャウスキー監督)と再び『マトリックス』の世界に入れることに、とても興奮しております」とコメント。再びシリーズを指揮するウォシャウスキー監督について「ラナは、明確なビジョンを持った並外れたクリエイターです。彼女が『マトリックス』ユニバースの新たなチャプターとなる作品の脚本を執筆、監督、プロデュースすることにとても興奮しています」と期待を寄せている。

またウォシャウスキー監督も、声明の中で「私と妹リリーが20年前に模索したアイデアの多くは、より現代社会に近いものとなっています。おなじみのキャラクターを呼び戻せること、素晴らしき友人と再び仕事ができることに感謝しています」と心境を明かしている。

 米ワーナー・ブラザース・ピクチャーズとヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズが製作を担当する第4弾の全米公開日は現時点で不明。なお、Varietyは同作の撮影が2020年初頭にスタートする可能性があると報じている。(編集部・倉本拓弥)


関連


「マトリックス」第4弾の製作が発表、
キアヌ・リーヴス続投へ



米映画会社ワーナー・ブラザースは20日、SF映画「マトリックス」シリーズの4作目を製作すると発表した。主役の天才ハッカー、ネオ役にキアヌ・リーヴスが、トリニティ役にはキャリー・アン・モスが、再び起用される。

ラナ・ウォシャウスキー氏が、脚本、監督、製作総指揮を担当する。1999年の第1作「マトリックス」を皮切りに公開されたシリーズ3部作では、妹リリーと共に監督と脚本を担当してきた。

ウォシャウスキー氏は20日、「自分の人生に、あのキャラクターたちが戻ってくることがとても嬉しい。すばらしい友人たちと再び一緒に働くチャンスをいただき、感謝します」と、喜びの声明を発表した。

同氏は、「20年前にリリーと私が模索した、私たちの現実に関するアイデアの多くは、今では前よりもっと現実との関連が深まっている」と述べた。

「並外れた独創的」な監督

ワーナー・ブラザース・ピクチャーズ・グループのトビー・エメリック会長は、同シリーズがスクリーンに戻ってくることについて、「最高に興奮している」と述べた。

「ラナは本物の、先見の明の持ち主で、並外れて独創的な創造力の映画人だ。ラナがこの最新作で脚本、監督、製作総指揮を担当するので、我々はわくわくしている」

シリーズ3部作は世界的ヒット

同シリーズ3部作の世界累計興行収入は、10億6000万ドル(約1130億円)を超える。

20年前に公開された1作目では、人類が実は仮想現実の中に捕らわれていることを、キアヌ・リーヴス演じる「ネオ」が仲間と探り出す。世界的な大ヒット作となり、「マトリックス リローデッド」、「マトリックス レボリューションズ」とシリーズが続いた。

シリーズ第3作の「マトリックス レボリューションズ」は、ハリウッド映画としては初めて、世界同時公開された。

2017年以降、シリーズ第4作の製作が噂されていた。当時は、ワーナー・ブラザースが「製作立ち上げの初期段階にある」と報じられていた。

(英語記事 The Matrix returns for fourth chapter)


『マトリックス』
キアヌ・リーヴス&キャリー=アン・モス続投で
第4弾決定!
クランクイン!

2019年8月21日 12:26
革新的な視覚効果で映像革命を起こした、俳優キアヌ・リーヴス主演のSFアクション映画『マトリックス』シリーズ。1作目の公開から20年の節目に、米ワーナー・ブラザースが第4弾を正式発表した。ネオ役のキアヌとトリニティ役の女優キャリー=アン・モスの続投が決まっているという。Varietyやcomingsoon.netなどの海外メディアが報じた。




映像革新をもたらした『マトリックス』
フォトギャラリー

人口知能と戦う未来の人間に“救世主”として選ばれた現代のコンピュータープログラマーでハッカーのネオ/トーマス・アンダーソンが、ヴァーチャル空間で闘いを繰り広げるSFアクション『マトリックス』。第4弾の監督はシリーズを通してメガホンを取ったラナ・ウォシャウスキー(前ラリー・ウォシャウスキー)が続投する。ウォシャウスキー監督は海外ドラマ『センス8』のアレクサンダル・ヘモン、映画『クラウド アトラス』の原作者・デイヴィッド・ミッチェルと共に脚本を執筆する。

 SNSをやらないキアヌからはコメントが出ていないが、キャリーは自身のインスタグラムにニュースを伝えるVarietyオンライン版の見出しのスクリーンショットを投稿。「感謝と興奮でいっぱい」とコメントし、再びトリニティを演じることを喜んでいる。

 『マトリックス』シリーズでは俳優のローレンス・フィッシュバーン演じるモーフィアスが欠かせないが、ローレンスの続投は伝えられていない。また、ウォシャウスキー監督と共に、三部作でメガホンを取った妹のリリー・ウォシャウスキー(前アンディ・ウォシャウスキー)監督の名前も上がっていない。

 情報筋の話では、第4弾は2020年前半に制作が本格始動するとのことだ。また、1作目が2019年に製作20周年を迎えたことを記念し、9月6日から2週間限定での『マトリックス』4D上映が決定している。


ウィル・スミス、『マトリックス』出演を断った過去を振り返り「誇りに思ってない」
ラリー&アンディ・ウォシャウスキー兄弟(現ラナ&リリー・ウォシャウスキー姉妹)が手がけた大ヒットSFシリーズ『マトリックス』。俳優キアヌ・リーヴスが主演を務める前にネオ役をオファーされていた俳優のウィル・スミスが、出演を断った理由を分かりやすく説明した。ウォシャウスキー兄弟の売り込みが“下手”だったらしい。

 自身のYouTubeチャンネルで、分かりやすく理由を説明したウィル。「誇りに思っていないが事実だ。俺は『マトリックス』のネオの役を断った」と切り出すと、『インデペンデンス・デイ』の後に別のエイリアン映画はやりたくないと、『メン・イン・ブラック』の出演も当初は断ったそうだ。すると製作総指揮を務めたスティーヴン・スピルバーグ監督から、真剣で説得力のある売り込みを受けてOKしたという。

 その後、当時はほぼ無名のウォシャウスキー兄弟から『マトリックス』出演依頼を受けたというウィル。2人は天才であることを証明したが、売り込みではそれを感じさせなかったという。ウィルは「格闘シーンを想像してくれ。君がジャンプすると、宙で止まるんだ。みんなは君の姿を360度見ることができる。君が宙で止まっている時にね。…その姿を360度で見られるカメラを作るんだ」と、当時のウォシャウスキー兄弟の話し方をマネて、斬新なCGと撮影テクニックで後のアクション映画に多大な影響を与えた『マトリックス』の有名な格闘シーンを説明されたことを振り返った。

 さっぱり意味が分からず、「なんだ、こいつら」的な表情を2人に向けた様子のウィル。「それで俺は『ワイルド・ワイルド・ウエスト』にした」と、不発に終わった作品名を挙げた。何とも言えない表情で「誇りに思ってないよ」と言うが、自分が『マトリックス』に出演していたら、うまくいかなかったと確信しているらしい。

 「キアヌもローレンス・フィッシュバーンも完璧だった」とウィル。自分が黒人なので、モーフィアス役はローレンスではなく白人のヴァル・キルマーになっていた可能性を語り、「俺が出演していたら台無しにしていた」と語っている。

★ウイル・スミスは大好きな俳優さんだ。
ネオをそれなりに立派に
演じてくれただろうが
今となっては、キアヌ以外は考えられない。
断って下さって感謝ぽっ


1作目から18年! 
3人そろったキアヌ、キャリー=アン、ローレンス -
Todd Williamson / Getty Images

『マトリックス』
ネオ・トリニティ・モーフィアス
のプチ同窓会が実現!
2017年2月2日  5時05分
キアヌ・リーヴス主演の大ヒットアクション『ジョン・ウィック』続編のプレミアが現地時間1月30日に米ロサンゼルスで行われ、同作でキアヌと共演するローレンス・フィッシュバーンが出席、さらに女優のキャリー=アン・モスもゲストとして姿を見せ、一世を風靡(ふうび)したSFアクション『マトリックス』(1999)のプチ同窓会が実現した。



 『マトリックス』は、謎の男モーフィアス(ローレンス)から、自分たちの生きる世界は機械が生んだ仮想現実だと知らされたすご腕ハッカー、ネオ(キアヌ)が、トリニティ(キャリー=アン)ら仲間たちと共に、人類の救世主として戦いに身を投じる姿を描いたSFアクション。日本のアニメやSF小説などの影響を巧みに取り込んだ哲学的な物語と、カンフーなど東洋テイストを積極的に取り入れたアクション、革新的な映像表現が話題を呼び、現在も熱狂的な支持を得ている。

この日、『ジョン・ウィック』続編の海外公式Twitterでは、プレミアで再会した3人の写真と共に「ネオ、トリニティ、モーフィアスの『マトリックス』同窓会!」とツイート。懐かしのトリオにファンからは「マジで泣いてる」「『マトリックス』が18年前とか信じられない」「トリニティがぜんぜん年をとってなくて驚いてる」など驚きと感動の声が続々と寄せられている。

 『ジョン・ウィック』は、引退したすご腕の殺し屋ジョン・ウィック(キアヌ)が、亡くなった妻から贈られた犬を殺したマフィアを血祭りにあげるスタイリッシュアクション。続編では舞台を前作のニューヨークからローマに移し、暗殺者ギルドの元同僚との約束を守るため、引退の身から再びカムバックしたジョンが世界的な暗殺者たちとの戦いに身を投じる。(編集部・入倉功一)


★ジョン・ウィックのキアヌも本当にイケてるどきどきハート
意外な面を見せ続けてくれて
飽きることを許してくれないキアヌウィンク
大好きよダブルハート

wikipediaより
『ジョン・ウィック』(原題: John Wick)は、
2014年に公開されたアメリカ映画。引退した凄腕の殺し屋の復讐劇を描くアクション映画。キアヌ・リーブス主演兼・製作総指揮。R15指定作品。

『マトリックス』など数々の映画でスタントやスタントコーディネーターを手がけたチャド・スタエルスキーの初監督作品。日本のアニメ[4]、マーシャル・アーツ[5]、殺陣[6]、香港映画のガンフー[7][8]、マカロニ・ウェスタン[9]から影響を受けたアクションが特徴。興行的成功を受け、続編『ジョン・ウィック:チャプター2』が2017年に公開された。

監督
チャド・スタエルスキ
デヴィッド・リーチ(クレジットなし)[1]

脚本
デレク・コルスタット

製作
ベイジル・イヴァニク
デヴィッド・リーチ
エヴァ・ロンゴリア
マイケル・ウィザリル

製作総指揮
キアヌ・リーブス

出演者
キアヌ・リーブス
ミカエル・ニクヴィスト
アルフィー・アレン
エイドリアンヌ・パリッキ
ブリジット・モイナハン
ディーン・ウィンタース
イアン・マクシェーン
ジョン・レグイザモ
ウィレム・デフォー

音楽
タイラー・ベイツ
ジョエル・J・リチャード

撮影
ジョナサン・セラ

編集
エリザベート・ロナルズ


wikipediaより
『マトリックス』(The Matrix)は、
1999年のアメリカ映画。もしくは、それ以降のシリーズの総称でもあり、この映画を題材にしたアメリカンコミックのこと。1999年9月11日日本公開。

SF映画であるが、香港映画のカンフーファイトのテイストも含んでいる。ストーリーの各所にメタファーや暗示を置き、哲学や信仰というテーマも表現している。従来のCGにはない、ワイヤーアクションやバレットタイムなどのVFXを融合した斬新な映像表現は「映像革命」として話題となった。

1999年のアカデミー賞では視覚効果賞、編集賞、音響賞、音響編集賞を受賞。

マトリックス

The Matrix
The-matrix-logo.svg

監督
ラリー・ウォシャウスキー
アンディ・ウォシャウスキー[1]

脚本
ラリー・ウォシャウスキー
アンディ・ウォシャウスキー

製作
ジョエル・シルバー

製作総指揮
バリー・M・オズボーン
アンドリュー・メイソン
ラリー・ウォシャウスキー
アンディ・ウォシャウスキー
アーウィン・ストフ
ブルース・バーマン

出演者
キアヌ・リーブス
ローレンス・フィッシュバーン
キャリー=アン・モス
ヒューゴ・ウィーヴィング
ジョー・パントリアーノ
グロリア・フォスター

音楽
オリジナル
ドン・デイヴィス
ロブ・ドーガン
ジャック・デンジャーズ
チノ・モレノ
ハイブ
非オリジナル
レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン
マドンナ・ウェイン・ギャシー
ステファーヌ・グラッペリ
リーアム・ハウレット
ハリー・ジェイムス
グラント・マーシャル

撮影
ビル・ポープ

編集
ザック・ステンバーグ


★どうこの喜びを表したらいいだろうか!?
信じられない!!
夢じゃないの??
そんな感じ目
キアヌありがとう大笑い
ウォシャウスキー姉妹ありがとう大笑い

この映画を観る日を楽しみに生きていくわ星




wikipediaより
キアヌ・リーヴス
(Keanu Reeves, 1964年9月2日 - )は、レバノン出生のカナダの俳優・ミュージシャン。身長186cm[1]。
俳優[編集]

9歳のとき、演劇『くたばれ!ヤンキース』で舞台出演した。本人は少年時代を振り返り「僕はサニー・チバ(千葉真一)の映画とともに育ったようなものなんだ」と語っている[2]。この頃の影響がアクション映画への思い入れとなっていく[2]。

1989年に主演を務めたコメディ映画『ビルとテッドの大冒険』がヒット、続編も制作され、キアヌは「テッド役の10代の俳優」として世間に認知されるようになる。1991年には親友のリヴァー・フェニックスと共に『マイ・プライベート・アイダホ』に出演した。

1994年の映画『スピード』の大ヒットにより国際的スターとなった。続く『スピード2』にも出演オファーがあったが、『ディアボロス』と『死にたいほどの夜』に専念するために断った。

1999年の映画『マトリックス』が世界的に大ヒットし再ブレイク、3部作に主演し、人気を不動のものとした。

2014年に米中合作映画『ファイティング・タイガー』で出演するとともに監督デビューした[3]。


★うーむ。。
ファイティング・タイガー知らないぽっ
DVD出てる?
wikipedia。。あったぽっ
『ファイティング・タイガー』
(原題: Man of Tai Chi)は、2013年に中国とアメリカ合衆国が共同制作した武術映画。
概要[編集]

本作は俳優キアヌ・リーブスにとっては主演ばかりでなく、初めて映画監督として映画の演出を務めた作品である。

制作はアメリカ側はキアヌ・リーブスの代表作『マトリックス』を手掛けたヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズとユニバーサル・スタジオ、中国側は国営映画会社中国電影集団(英語版)と万達電影。主役の一人はマトリックスでキアヌ・リーブスと共演したタイガー・チェン、アクション・ディレクターはマトリックスでアクション指導を行ったユエン・ウーピン[2]。

日本では、当初劇場公開はされずに『キアヌ・リーブス ファイティング・タイガー』という邦題でソフト発売のみが予定されていたが、その後期間限定で劇場公開されることが決定した[3]。

ファイティング・タイガー

Man of Tai Chi

監督
キアヌ・リーブス

脚本
マイケル・G・クーニー

製作
レモア・シヴァン

製作総指揮
チャン・ダーシン
ハン・サンピン

出演者
キアヌ・リーブス
タイガー・チェン
イコ・ウワイス
カレン・モク
サイモン・ヤム

音楽
チャン・クォンウィン

撮影
エリオット・デイヴィス

編集
デレク・フイ

製作会社
中華人民共和国の旗 中国電影集団
中華人民共和国の旗 万達電影
アメリカ合衆国の旗 ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ
アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・スタジオ

あった!!






もうひとつリブート企画


キアヌ・リーヴス『コンスタンティン』再演に意欲!
 2019年5月22日  9時02分


『コンスタンティン』
(原題: Constantine)は2005年制作のアメリカ合衆国のファンタジー・アクション映画。フランシス・ローレンス監督、主演はキアヌ・リーブス。上映時間は121分。原案はDCコミックス刊行のアメリカンコミック『ヘルブレイザー』(Hellblazer)。

まず2005年2月8日に香港で公開。おって2月18日にアメリカとカナダで公開された。日本公開は4月16日。配給はワーナー・ブラザース。

宗教色が強い作品であり、キリスト教にまつわる単語や人物名、宗教観などが取り入れられている。また、エンドロールの後にも続きのシーンがあるという、アメリカ映画には珍しい構成になっている。

『コンスタンティン2』の制作が決定されたが、スタッフ・主演・公開時期は未定[3]。







『キアヌ・リーブス』
ピクシブ百科事典

概要

本名はキアヌ・チャールズ・リーブス(Keanu Charles Reeves)。
レバノンの首都ベイルート出身。移住したカナダのトロントで育つ。
キアヌ(keanu)とはハワイ語で「山々を渡る涼しい風」もしくは「絶えず神の意識に集中する者」を意味する言葉から派生した名前であり、叔父のヘンリー・キアヌ・リーブスにちなんで付けられた。
カナダ、アメリカ合衆国、イギリスの三重国籍だが本人曰くカナダ人である。
親日家として有名であり、日本と関わり深いエピソードが多くある。
エキゾチックな雰囲気の容姿と、役を選ばない確かな演技力で魅せる俳優である。
また、色白で線の細い容姿とは裏腹に鍛え上げられた筋肉の持ち主であり、数々の映画で激しいアクションシーンを体当たりで演じている肉体派俳優でもある。彼の名を不動のモノにした「マトリックス」でも華麗なカンフーアクションや激しいガンアクションをこれでもかと披露している。





2018.10.15
『西遊記女儿国 TheMonkeyKing3』関係記事まとめ 
2018.10/15までのもの (一応終結したので)


★最近のお勧め

『三蔵、妊娠したってよ』
第百五十六段 ~夢に逃げる~



J-COM関係ドタバタ関連早見表 (2018.06/18現在)



リー・ペイスとエドワード・ノートン
に関する記事のまとめ。
常に未完
 




『三蔵、妊娠したってよ』シリーズ早見表
↑ってことでヨロシク♪↓最近のもの
第百四十五段~大天使~第百四十六段~孤独~
第百四十七段~運~第百四十八段~勅~
第百四十九段~誅滅~第百五十段~巡り合い~
第百五十一段~別れ~第百五十二段~養父~
第百五十三段~あの二人~第百五十四段~マザー~
第百五十五段~赤い幻~第百五十六段 ~夢に逃げる~

⇩以下の5カテゴリは娘が担当☆
[堀込/キリンジ/小田和正/オフコース/フジファブ他] カテゴリの記事
↑大好きなアーティストのライブ情報やレビュー等
2017.05.24から娘がこのカテ担当☆
[娘・いろいろ] カテゴリの記事
[書き起こし早見表サウンドクリエイターズ・ファイル] カテゴリ
[コーネリアス/Cornelius/小山田圭吾] カテゴリの記事
[♥どんま娘のフジファブ普及活動の日々] カテゴリの記事





















★★







You can buy Rakuten products without handling charge!

Looking for items from Japan? Rakuten International Shipping Services

楽天国際配送サービス開始!

楽天国際配送-ご購入商品を海外にお届け!-

海外からでも楽天市場でショッピングできます!

★★










Last updated  2019.08.26 13:10:30

PR

Profile


すみれゆきの

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Archives

Category

↓↓★印は娘 ◆印は母担当↓↓

(2132)

★★娘の『どんま日記』★★

(11)

★どんま娘トンデモ闘病記↑早見表♪

(103)

★どんま娘のフジファブ普及活動の日々

(1281)

★堀込/キリンジ/小田和正/dipヤマジ/コーネリアス/エレカシ

(712)

★書き起こし早見表サウンドクリエイターズファイル

(4)

★コーネリアス/Cornelius/小山田圭吾

(203)

★娘・いろいろ

(1015)

◆◎健康・ダイエット・美容◎

(22)

◆😹ペット用サプリ・猫慢性腎不全等

(8)

◆😹我が家の猫さま腎不全サプリ

(1)

◆😹ママおっぱいヘンよ!乳腺腫瘍にゃん日記

(33)

◆😹🐶🐰ペット関係お勧めグッズ

(71)

◆アジアの音楽

(176)

◆アジア以外の音楽

(97)

◆映画・テレビ・華流・韓流

(8335)

◆『三〇〇〇・・・』シリーズ早見表

(2)

◆高昌王と玄奘三蔵のシリーズ

(1)

◆スランドゥイル王リー・ペイス/ボードゥアン王エドワード・ノートン他

(1970)

◆リー様ノートン氏馮紹峰先生キリンジ小田和正他記事まとめ

(19)

◆母・いろいろ

(318)

◆母の京都祇園祭'18/下関上臈参拝'18/下吉田行'18/玄奘三蔵を訪ねて他

(14)

◆『美』Gustave Moreauギュスターヴ・モロー他

(194)

セルゲイ&マチュー他(舞踏関係)

(129)

◆モデル

(21)

◆太極拳 気功 関連

(44)

◆スポーツ

(20)

◆ファッション レディス

(6890)

◆ファッション メンズ

(799)

◆ファッション キッズ

(265)

◆パーティ・フォーマル/結婚/卒業/入学/入園

(1686)

◆バッグ/ウォレット/財布/パース /手帳/時計/アクセサリー

(658)

◆シューズ

(444)

◆ハット/キャップ/帽子/メガネフレーム/サングラス/傘etc

(97)

◆七五三/ランドセル/学習机/結婚/孫/贈答

(1302)

◆話題商品/剣武器/お雛様/五月人形/鯉のぼり/ハロウィン/コスプレ

(1067)

◆グルメ/福袋/敬老/クリスマス/お節/お年玉/バレンタイン

(698)

◆楽天トラベル

(56)

◆インテリア・食器・雑貨

(166)

◆◎家電◎

(19)

◆L

(45)

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.