216341 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

流れる葦

PR

カレンダー

お気に入りブログ

四国2021景勝地探し… やにゃんさん

バックル・イートの… Nishikoさん
玄鏡 taennさん
こちら25643 ヒロランさん

コメント新着

アイスココア@ Re:ヒロシのCMがお気に入り(02/23) 茨木市民なんですか。 私もです。 このcm…
pokkan@ ぱんなさん、お久しぶりです(^^) 日本語と英語でのミュージカル、私は楽し…
ぱんな@ お久しぶりです! 今回の『CHICAGO』は日本語と英語を織り混…

カテゴリ

バックナンバー

2022年07月
2022年06月
2022年05月
2022年04月
2022年03月
2022年02月
2022年01月
2021年12月
2021年11月
2021年10月

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2010年06月06日
XML
兵庫県立芸術文化センターにて、ミュージカルCHICAGOを観ました。
前回の初演の大阪千秋楽を梅田芸術劇場で観て以来です。

初演のときとは一部キャストの変更あり。
それに伴い、一部の曲が英語(日本語字幕あり)での上演。
好き嫌い別れるでしょうけど、私はこれも楽しかったです。
All that jazzを英語で生で聴けたのはかなりラッキー音符

私が「CHICAGO」に期待するものがちゃんとあって、満足な観劇となりました。
やはり「CHICAGO」は舞台で観たほうがしっくりくる。
愛欲や裏切り、殺しといった負の面をショー化して昇華しちゃうのは、舞台の上だからこそというか。
これを映像として成功させたロブ・マーシャル監督はすごいなぁとも思いますが。

フォッシースタイルで踊るダンサーさんたちのカッコよさを味わえるのも、舞台版の醍醐味。
大澄賢也さんの魅力をたっぷり味わえる公演でもありますよね。
河村隆一さんによる極めて陽性ナルシストなビリー像も舞台ならではって感じで好き。
現実にはあんな弁護士いないよねぇw
金澤博さんのエイモスも好き。
「ミスターセロファン」ってあんな内容なのに、なぜかテンション上がっちゃうんですよねぇ。


今回は笑いどころで客席から笑いも起こっていて、私もちょこちょこ笑ったスマイル
CHICAGOで笑えるかどうかって、人によってかなり違いがある気がする。
前回梅田芸術劇場で大阪楽を観たときは、劇中お客さんからほとんど笑いが起こらなくて、その割にカーテンコールは何回もあって「?」だったのです。
あのときは「こんなものか?」と思ったけど、今から思えばやっぱ不可思議だったなぁ、あれは。







最終更新日  2010年06月20日 12時57分06秒
コメント(2) | コメントを書く
[お芝居(観劇記録・メモ)] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.