2606259 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

無題

PR

Category

カテゴリ未分類

(5611)

連続ドラマ

(0)

大河ドラマ『新選組!』

(0)

大河ドラマ『義経』

(0)

大河ドラマ『功名が辻』

(0)

大河ドラマ『風林火山』

(0)

大河ドラマ『篤姫』

(0)

大河ドラマ『天地人』

(0)

特別大河『坂の上の雲』

(0)

大河ドラマ『龍馬伝』

(0)

大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』

(0)

俳優・女優・タレント・スポーツ選手

(0)

日本史・歴史・時代劇

(0)

音楽・音楽番組

(0)

単発ドラマ

(0)

邦画(日本映画)

(0)

洋画(海外映画)

(0)

バラエティ・アニメ・その他のTV番組

(0)

TEAM NACS&OFFICE CUE

(0)

Recent Posts

Profile


やめたい人

Favorite Blog

オトナの土ドラ『そ… New! レベル999さん

家庭科の被服について New! k-nanaさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

価格比較ページへの… 楽天アフィリエイト事務局スタッフさん

あっという間に コッチネッラさん

昭和号 オイル交換 けんじPP1さん

一部Android端末でア… 楽天ブログスタッフさん

Calendar

Archives

2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12

Comments

str2000@ Re[1]:最悪…(10/14) ita_wind7さん 御心配をおかけしてすみま…
ita_wind7@ Re:最悪…(10/14) お体のほう、大丈夫でしょうか。 パニック…
str2000@ Re[1]:三十代最後の日(08/13) k-nanaさん ありがとうございます^^ nana…
k-nana@ Re:三十代最後の日(08/13) お誕生日おめでとうございます^^ こんな…
str2000@ 追記:文字数制限のため 精神的に行き詰ってる時って、 この手の自…
str2000@ おはようございます。 既に起きています。 ナチュラルハイで軽躁…
str2000@ 次の記事 既にUP済みです。
str2000@ Re:苛々極限その3|続・ペットの飼い主のマナー(07/27) つづきUP済みです。 もう止めたいけど、…
str2000@ Re:苛々極限その2|ペットの飼い主のマナー(07/27) 続きUPしました。 http://plaza.rakuten.c…
str2000@ 続きUP済みです。 追記してしまうと「最終更新日」の時刻が…

Rakuten Ranking

Keyword Search

▼キーワード検索

2013.07.27
XML
カテゴリ:

前の記事の続きです。


東京生まれJ-POP育ち・・・【送料無料】Grateful Days [ Dragon Ash ]
(別にZEEBRA好きではないから…Dragon Ashとkjは好きだったが…)
、団地暮らし→企業に開発された住宅地に育ち大きくなり・・・

高校時代は近隣公立校で同じ中学出身者が多かったにも関わらず、
高1のクラスには、おな中がおらず…
その頃は、まだ引っ込み思案だったので、
周りが話しかけてくれて友達が普通に出来た。
でも、高校卒業するまでは、あがり症で人見知りだった。

予備校時代は同じ予備校に通う高3時の同級生とつるんでいた。
在学中は特に仲が良かった連中ではなかったが、
自然とつるむ様になった。

大学は家から2時間かかる場所にあったが、、
たまたま高校の同級生が1人、同学部同学科にいたのだが…
氏名順の学籍番号も遠く入学直後のオリエンテーションでも別だったので…
これは自分から友達を作らなければ…と思い、
バスで隣の席だった人に、私から話しかけた。

幸い、そいつは、かなりの好人物だった。
人脈も広く…
彼の幹事で大学1年夏前の人生初合コンには、
男女合わせて50人が集まった。
私も副幹事的に集金とか手伝いをしたのだが、
さすがに収取付かなかった…

その辺りを切っ掛けに人見知りがなくなり…
当時、それほど自己主張も強くなかったので、
色々な人から誘われ…
当時は誘いを断れないというか…
楽しそうなところには、どこにでも顔を出していたので、
クラス内(学科の人数が多かったので、クラス分けされていた)はもちろん、
他のクラスから、友達の高校時代の同級生まで…
地方から出てきてる友人の友人が東京観光に行きたいって時に、
案内をさせられたりと…

かなり友達の多い学生生活だった。
プライベートで遊ぶ友人だけでも、
30人くらい居ただろう…

スキー旅行に行くとなれば、
10人以上集まっちゃうしね…

当時の私は、当たり障りのない人間だったんです。



その後…

社会に出て7年程、都心のど真ん中で働き…

人間関係に疲れたんですね…

この記事で、ここまで書いてきたように、
私は、根っからの人嫌いではないんです…


実際、動物が苦手だけど、人間の子供は大好きですからね。
姪っ子や友人達の子供たちからも基本好かれます。

まぁ、自分の子供を産んで育てる自身はありませんが…
鬱病を発症しはじめた頃から、そうなったんだろうなぁ…

7~8年前、テレビ番組で誰かが、
「子供を育てられるかどうか知りたかったら、
 まず犬を飼って育ててみなさい。
 犬1匹、責任を持って育てられないような人間には、
 子育ては絶対無理だから」
というようなことを言っていた…

犬が苦手な私が犬を育てられるわけもなく…

昔から責任の重さってのから逃げ出す癖があったんですよね…



話を戻します。

本来、人見知りのはずの人間が、
10代の終わりから20代まで、あまりに多くの人間と接し過ぎた…

特に都心で働いてた時代が一番悪かったのかな…
都会ってところは、
本当に色々な人が集まっていて…

人が多すぎて、いろんな見えない力が飛び交ってるんですね…

まぁ、見えるものにも、いっぱい嫌なものがあった。
その筋の人相手に仕事をしなきゃいけないこともあったし…

世の中の裏側というか、ダークな面を一気に見過ぎたんですねぇ…


今、振り返ると、
うつ病過敏性腸症候群を発症したのって、その頃ですからねぇ…

同時に人間不信という社会不安障害も発症していたんだと思う。

病院にも言ってないし、症状はあっても病名はわかってなかったけど…

その前から神経性胃炎と胃酸過多はあったので、
その症状で調子が悪いんだと思ってたんです。


その反面、楽しいこともいっぱいあったんですけど…

我々世代が社会に出たのってバブル崩壊後なんですけど、
私は一般的なバブル景気より、バブルが遅れて来た業界にいたので…


仕事も遊びも、かなりバブリーだったんですね…

創業して間もないベンチャー企業で、
会社規模は大きくないけど、
他業種に手を広げていって…

私は、その会社のメインの仕事に従事していたのですが…
仕事の拘束時間はハンパないけど、残業手当は青天井だし、
忙しい時は、本当に1日中休む暇なしだし、
能力が認められれば、それなりの裁量権は与えられるし…
仕事ぶりが評価されれば、給料は上がっていくし…

その上、朝まで飲むことも、それほど珍しく無かったし…

ほんの数か月間ですが、
残業手当がつかない上司より、手取りの月収が多かったですからねぇ…

その前に昇格の話もあったんですが…
若い頃の私は、先のことなんて考えてなかったし、
その時が楽しかったから、
仕事の内容が変わるのが嫌だったんですよねぇ…
責任が重くなることに対しても自信がなかったし…

一旦は断りました。
(入社直後にも新規事業へ誘われてるから2回断ってるんだな…)
この時に受けていれば、管理職としてのスキル、
ベンチャー企業の経営への参画経験が身に付いていたのかもしれない…

そうすれば、それが土台となって、
今の精神的な不安定さは和らいでいたのかもしれない…

その後、しばらくしてからですねぇ…受けたのは…
結果、バブルがはじける寸前だったんので、
敗戦処理をする羽目になりまして…

本業は持ちこたえていたのですが、
社長が海外(新興国)の不動産開発に手を出しまして…

それが見事に失敗…

日本の常識が通用しなかったんです…

そして会社は倒産…


団塊Jr.世代の私ですが、
もしかしたら、私はある意味「バブル世代」なのかもしれない…


実際、請求すればタクシー代出ましたからね…

だから、同世代の友人達と考え方が離れていったんだな…



でも、バブルは必ずはじける…

そんな生活をしていたから双極性障害になったんだろうと思う。

新入社員なら誰でも経験する苦労の一種ではあるけど、
ちょっとだけズレがあったんですね…
そのズレを切っ掛けに歯車が狂い始めた…

多忙でも、頑張ってれば報われる。って経験をした。
それ自体は悪いことではないが…
時代が変わった今、会社勤めで大事なのは、
個人としての仕事を頑張ることよりも、
対人折衝能力が大事になってくる。

まぁ、当時の私はも、それが無かったわけじゃないですけど…

20代半ばと30代半ばって、私にとって「モテ期」でしたからねぇ…

20代半ばも時は、男にもモテた。
(変な意味じゃなく。職場におかまさんもいたけど…笑)

30代半ばの時は、男からは、あまり持てなかったですねぇ…
あと同世代の女子からも持てなかった…

自分に対して一番無理をしていなかったというか…
ありのままの自分を受け入れられていた時期だったんでそうねぇ…

でも30代で同世代からモテなくなったのは、
精神年齢が周りに追い付かなくなってしまっていた結果で…

バブルな業界に身を投じ、それがはじけ、
歯車が狂った結果…
私の病状は、波を繰り返し、
一時的には回復しながらも、徐々に悪化していった…


パニック発作を初めて起こした時も、
実は、私は敗戦処理の最中だった…



この話は別途。

いい加減、寝ます。


さすがに今夜は酷いですねぇ…

認知行動療法の@「認知」は出来てるけど「行動」は出来ていない。

鬱は改善したし、パニック障害の改善にも多少の効果は感じてるけど…
実際、昨日今日と夕方デパスを飲んでないし…

躁に関しては、何の成果も出ていない…
(デパスを飲んでないから暴走してる?)

躁に対する対処法はブログを書かないことになるみたいですねぇ…


付けている記録から見ても、
ブログを再開して、7月に入って毎日書き始めるようになってから、
確実に就寝時間が遅くなってる…



結局、夕方から、
入浴、食事を挟んで、
合間にテレビを観たりしながらも、
9時間にわたってブログを書いた。

現在、午前4時半…

これは身体にも神経にも、かなり無理をさせている…

明日、1日寝てれば、少しは精神状態が落ち着くかなぁ…

そろそろ、完全オフ日を作らないと、
私の身体、本気で崩壊しそうですからね…


この締め方でも、わかる通り、
既に苛々は完全に治まっています。

でも、朝になったら、
自分の今現在の行動に後悔して、
自己嫌悪に陥って、自分に対して苛々するんだろうなぁ…

明日は寝てよう…

でも、1か所行きたいところがあるんだった…

それを早くに思い出せてれば、
少しは早く寝ようとしたのに…

まぁ、後悔先に立たずです。

今の私、後悔してもスイッチ入ると忘れちゃいますから…







Last updated  2013.07.28 04:35:57
コメント(1) | コメントを書く
[] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


おはようございます。   str2000 さん
既に起きています。
ナチュラルハイで軽躁状態なのか、
どこも痛くない朝です。

とりあえず、一旦、完結です。
書き残したことは、たくさんありますが、
次の機会ということにしよう…

(2013.07.28 09:14:53)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.