3188336 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

りゅうちゃんミストラル

全36件 (36件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

音楽

2010.01.02
XML
カテゴリ:音楽
新年が明けて、珍しくCDショップに入った。
入り口近くで置いてあったのがスーザン・ボイルの「夢やぶれて」。

     

紅白にも出場した彼女は去年大ブレークした。
イギリスのオーディション番組に出場。
優勝こそならなかったものの、その歌声に多くの人は驚いた。
そして感動した。

このアルバムには"I dreamed A dream"はもちろんのこと。
"Amazing Grace"や"Daydream Believer"も収録されている。
"Daydream Believer"と言えば、惜しくも亡くなった忌野清志郎を思い出す。
清志郎バージョンも試聴できたので比較したら違いが面白かった。

私が行ったCDショップ。
スーザン・ボイルの隣にコニー・タルボットのCDがあった。
この二人は同じオーディション番組で有名になったという共通点がある。
48歳の中年女性と8歳の幼女。
この番組がなければ日本でCDが並ぶことはなかった。

さらにその隣に並んでいたのがヘイリー。
ニュージーランド出身の歌手で、透明感のある独特の声が持ち味。
フジテレビのドラマ「白い巨塔」で主題歌"Amazing Grace"を披露した。
スーザン・ボイルのバージョンと比較すると面白い。

人生というものは本当に不可解だ。
何が縁になるかわからない。

この世には埋もれている才能がたくさんある。
彼女はそれを証明した。

***********************
関連記事

スーザン・ボイル 夢やぶれて(I Dreamed a Dream)

夢やぶれて / スーザン・ボイル

***********************


※トラックバックは管理人が承認した後に表示されます。

バナーにクリック願います。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
その場合リンクは必要とはしません。
意見があればメッセージでどうぞ。
ただし荒らしと挨拶できない人はお断りです。
今のところメッセージは全て読んでいます。









最終更新日  2010.01.04 11:21:22
2009.10.25
テーマ:吹奏楽(3173)
カテゴリ:音楽
今年も吹奏楽コンクールの季節。
高校は今日25日に前半と後半に分かれて普門館で行われた。

     

バンドパワーに結果が出ている。

高校前半の部

高校後半の部

今年も淀川工科は金賞。
高いレベルを維持できるのはすごいとしか言いようがない。

「吹奏楽の甲子園」普門館で演奏した高校生にとって、今日は大変な一日だった。
緊張あり、友情ありで涙を流した高校生もたくさんいただろう。
この思い出を大切にしてほしい。

惜しくも普門館に行けなかった高校生と指導者。
「何が足りなかったのか?」を考え、悔しさを来年につなげてほしい。

以前、「笑ってコラえて」で高校の吹奏楽が特集されたことがあった。
その時に書いた記事がこれ。

「笑ってコラえて 吹奏楽の旅完結編」

この番組でも紹介されていたが、常連の淀川でも1年生の時は素人。
楽器に触れることさえまだおぼつかなかった。
それでも金賞を毎年獲れる。
それはどこの高校にもチャンスがあるということ。


私が応援している杉並区高校は全国大会へ進めなかった。
東京の支部大会で金賞だったがいわゆる「ダメ金」で代表権なし。
(東京の代表は片倉高と駒澤大学高。両校とも全国で金賞!)

定期演奏会は杉並、すごいんだけどなあ。

杉並高校定期演奏会2008

杉並高校定期演奏会にGO!

来年こそ頼むぞ杉並高校!

***********************
関連記事

第57回全日本吹奏楽コンクールin普門館・高校部門

↑普門館で実際に聴いた印象を記事にしている。
チケットが手に入りにくいので、こうした記事は貴重。

吹奏楽コンクール

↑こちらも普門館での模様を記事にしている。
私もいつかは普門館に行ってみたいものだ。

***********************

※トラックバックは管理人が承認した後に表示されます。

バナーにクリック願います。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
その場合リンクは必要とはしません。
意見があればメッセージでどうぞ。
ただし荒らしと挨拶できない人はお断りです。
今のところメッセージは全て読んでいます。









最終更新日  2009.10.27 11:29:12
2009.09.27
カテゴリ:音楽
今日、歩いていたら歌声が聴こえた。
見れば小編成のコーラスがデパートの前で歌っていた。

     

アンジェラアキの「手紙」
松田聖子「瑠璃色の地球」

そして、「カントリーロード」だった。
この曲は映画「耳をすませば」の主題歌。
mixiなどでこの映画のことをコメントしていたので縁を感じた。

私はこの映画が好きで、モデルとなった聖蹟桜ヶ丘にも2回行った。
2回目にはデジカメ持って、「ここはあのシーン」という場所を撮影。
こんなブログ記事にした。

「耳をすませば」の舞台、聖蹟桜ヶ丘

今日のコーラスは男性4人、女性5人に指揮者と伴奏のキーボードひとり。
ただ技術がどうのこうの言うよりも気になることがあった。

ソプラノ担当している人が、いかにも楽しそうだったこと。
音楽は楽しくなければならない。

コーラスの公演は5時過ぎと6時から。
私は5時からの回を途中から聴いた。
デパートの前は、席が臨時に設けてあったが座っているのは3人くらい。
それでもいい。
観客がひとりでもいれば。
歌う側はその人のために歌える。
私はそのひとりになろう。

そして6時からの回を再び聴くために待っていた。
すると、あのソプラノの方が曲目を書いたカードを配りに来た。

私は思わずこう言った。

「あなたは素晴らしい。だっていかにも楽しそうだから」

女性はきっぱりと答える。

「楽しいですから!」

今まで何回か吹奏楽とか合唱の催しには出かけたことがある。
一番気になるのは演じている方が楽しいかどうか。
これが技術的なことより私には大切だ。

映画「天使にラブソングを」ではないが、楽しめなければ音楽ではない。

「瑠璃色の地球」も久しぶりに聴いた。
最後は「見上げてごらん夜の星を」。
あの、日航機墜落事故で亡くなった坂本九の持ち歌だ。

私は聴いていて、いつの間にか涙が出ていた。
今日はいいことなかった1日。
でも音楽はそんな日を忘れさせる効果がある。

リクエストを募集していたので紙に書いて指揮者の方に出したら驚いていた。

いつか同じ場所を通った時。
私のリクエストが流れていたら。
さぞかしびっくりするだろう。

私は身近な音楽を求めている。
そしてそれは私だけではない。
それを再認識した時間だった。

楽しい音楽をありがとう!



バナーにクリック願います。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
その場合リンクは必要とはしません。
意見があればメッセージでどうぞ。
ただし荒らしと挨拶できない人はお断りです。
今のところメッセージは全て読んでいます。









最終更新日  2009.09.27 20:35:49
2009.06.09
カテゴリ:音楽
オーディション番組「Britain'sGotTalent」で有名になった歌手のポール・ポッツ。

     

ポールがフジテレビに8日、出演した。
と思ったら同じ日に8歳のコニー・タルボットも神奈川テレビに出演。
彼女もまた同じ番組に出ていたライバル同士だ。
ともに素晴らしい歌声を披露した。

ポール・ポッツは「誰も寝てはならぬ」の他に「青い影」を。
コニーは「Over The Rainbow」を歌った。

この世には多くの才能が埋もれている。
歌声も奇跡だが、この二人に出会えたこともまた奇跡だ!




バナーにクリック願います。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
その場合リンクは必要とはしません。
意見があればメッセージでどうぞ。
ただし荒らしと挨拶できない人はお断りです。
今のところメッセージは全て読んでいます。









最終更新日  2009.06.11 14:07:05
2009.06.08
テーマ:ニュース(77373)
カテゴリ:音楽
辻井伸行さんがバン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝した。

     

会場が総立ち…全盲の天才ピアニスト辻井伸行が優勝(zakzak)

辻井さんは生まれながらにして全盲。
そのためピアノの練習も他の人とは違った方法で行う。

私も演奏を聴いてみたが、素晴らしかった。
人間の可能性は計り知れないものだ。

何よりすごいのは、彼の努力とともに両親。
「ピアノをやらせよう!」と思うところがすごい。

おめでとう辻井さん!

***********************
関連記事

辻井伸行さんがバン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝  

辻井さん、バン・クライバーン国際で優勝



バナーにクリック願います。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
その場合リンクは必要とはしません。
意見があればメッセージでどうぞ。
ただし荒らしと挨拶できない人はお断りです。
今のところメッセージは全て読んでいます。









最終更新日  2009.06.11 15:54:10
2009.06.01
カテゴリ:音楽
スコットランドに住む48歳の女性、スーザン・ボイル。
イギリスのオーディション番組で見事な歌唱力が話題となった。
しかし決勝では惜しくも2位。優勝はダンスグループの「Diversity」。

英歌姫ボイルさん 惜しくも2位 48歳、オーディション視聴者投票で(東京新聞)

     
  
決勝で彼女は再び「I Dreamed a Dream」(夢やぶれて)を披露。
ミュージカル「レ・ミゼラブル」の有名なナンバーだ。
すばらしい歌唱力だったが、2位に終わった。

優勝発表の瞬間、彼女は一瞬悔しそうな表情を浮かべた。
しかし優勝したDiversityを称えたコメントは立派だった。

彼女が残したものは何だったのか?
それは以下のように表現できる。

1、この世には優れた人がたくさん埋もれている。
2、優勝できなくてもスーザン・ボイルはスコットランドの誇り。
3、「レ・ミゼラブル」を世界に再び広めた。
4、オーディション番組と動画サイトは時に役立つ。

彼女が歌った「I Dreamed a Dream」は絶望の歌。
男に捨てられたファンティーヌが希望を夢見ながらも不幸を背負う。
そして非業の死を遂げる。悲しくも美しい曲だ。

1995年に行われた「レ・ミゼラブル」10周年記念コンサート。
世界中から集められた出演者たちは「ドリームキャスト」と呼ばれた。
ファンティーヌ役はルーシー・ヘンシャル。
最近ではブロードウェイで観客数現象を解消すべく、リア・サロンガが呼ばれた。
(リアはエポニーヌ役で10周年記念コンサートに参加。
リアの「On My Own」には鳥肌が立った)

多くのミュージカルファンは、自分好みのキャストでイメージを脳内に残す。
では、スーザン・ボイルはどうか。
私は断言するが、スーザンの力量はリアやルーシーに負けていない。
スーザンの歌声は強く印象に残る。
彼女は誰かの真似でなく、彼女自身のパフォーマンスでファンティーヌとなった。
そこに彼女の存在価値がある。
だからこそ彼女は多くの人に受け入れられた。
それはかつてこのオーディション番組で優勝したポール・ポッツも同じ。

あるイギリスの新聞はスーザンが優勝できなかったことをこう表現した。

DREAM OVER

彼女が歌った「I Dreamed a Dream」とのシャレなのだろう。
しかしこの表現は正しくない。

ファンティーヌは失意の中死んだ。
遠くにいる娘の将来をバルジャンに託して。

そしてバルジャンはファンティーヌ娘、コゼットを育て、守った。
彼女の婚約者もバルジャンが命を削って守り抜いた。

ファンティーヌとは違い、スーザンは生きている。
優勝できなくてもまだ未来がある。
夢を持ち、実現させる時間が彼女にはある。
夢は少しも終わっていない。

今後、彼女の歌声を聴く機会はあるだろう。
音楽会社が彼女の才能を放っておくわけないからだ。

それにしてもこのオーディション番組。
無理にスーザンを優勝させなかったのはいい判断。
彼女はすでに優勝に値する何かを手に入れたのだから。

ミュージカルファンは世界中にいる。
スーザンのように人を感動させる人はまだまだ埋もれているに違いない。
それを考えただけで、すごくうれしくなる。

優勝できなかったがスーザンは見事!
いいパフォーマンスをありがとう!




バナーにクリック願います。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
その場合リンクは必要とはしません。
意見があればメッセージでどうぞ。
ただし荒らしと挨拶できない人はお断りです。
今のところメッセージは全て読んでいます。









最終更新日  2009.06.01 12:12:46
2009.04.18
カテゴリ:音楽
最初に断っておく。才能は外見で決まるわけではない。

英オーディション番組、47歳女性に喝采 ネットでも人気(CNN)

      

47歳の中年女性、スーザン・ボイルさんは正直、華々しさと縁がない女性。
だがその歌声は観客を魅了した。

彼女が披露した曲はミュージカル「レ・ミゼラブル」の「I Dreamed a Dream」。
コゼットの母親になった貧しい女、ファンティーヌが厳しい人生を歌う。

95年に行われたレ・ミゼラブル10周年記念コンサート。
ファンティーヌ役はルーシー・ヘンシャルだった。
その後、ブロードウェイでフィリピ出身のリア・サロンガがこの役を演じた。
「I Dreamed a Dream」は、実に悲しくて美しい曲だ。

この「Britain'sGotTalent」では、「外見に似合わない美声」が売りの番組なのか。
あの、一晩で有名になったポール・ポッツもそうだった。

この世には埋もれている人材がたくさんいる。


バナーにクリック願います。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
その場合リンクは必要とはしません。
意見があればメッセージでどうぞ。
ただし荒らしと挨拶できない人はお断りです。
今のところメッセージは全て読んでいます。









最終更新日  2009.04.24 14:33:34
2008.04.29
カテゴリ:音楽
異色のオペラ歌手、ポール・ポッツが来日した。

波乱万丈のオペラ歌手:ポール・ポッツ、日本上陸(BARKS)

   

日本ではあまり知られていないが、この人の声はすごい。
いつもは携帯電話のセールスマン。
だがオペラになるとすごい能力を発揮する。

彼は、「Britain's Got Talent」というオーディション番組に挑戦。
見事チャンピオンになる。
映像がyoutubeに残っているので紹介する。

Paul sings Nessun Dorma high quality video/sound

Paul Potts Britains Got Talent SemiFinal Time To Say Goodbye

彼こそは現代の奇跡だ!

***********************
関連記事

ポール・ポッツ観た~  

↑彼の来日コンサートに行った方の記事。

おすすめリンク

クリックで救える命がある ブログランキング・にほんブログ村へ 2005-11-09 14:49:02
吉川友梨ちゃん捜索の輪! 拉致問題でのブルーリボン運動 募金サイト イーココロ!

フォトの容量増やして!

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
その場合リンクは必要とはしません。
意見があればメッセージでどうぞ。
ただし荒らしと挨拶できない人はお断りです。
今のところメッセージは全て読んでいます。









最終更新日  2008.04.30 11:22:06
2008.04.08
テーマ:吹奏楽(3173)
カテゴリ:音楽
題名のない音楽会の新司会者に佐渡裕が就任した。

       

黛敏郎羽田健太郎と続くこの番組の司会者。

黛敏郎の時代には、こんな企画もあった。
とても興味深いので紹介する。

佐渡裕、『題名のない音楽会』司会者に決定!
  ~強烈だった、かつての『題名~』秘話~


佐渡といえばバーンスタインの弟子。
この番組の司会者としては適任と言える。
エネルギッシュで変わった視点での音楽が楽しめそうだ。

これまでと同様にクラシックの普及に期待する。

クリックで救える命がある ブログランキング・にほんブログ村へ 2005-11-09 14:49:02
吉川友梨ちゃん捜索の輪! 拉致問題でのブルーリボン運動 募金サイト イーココロ!


***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
その場合リンクは必要とはしません。
意見があればメッセージでどうぞ。
ただし荒らしと挨拶できない人はお断りです。
今のところメッセージは全て読んでいます。









最終更新日  2008.04.11 14:42:46
2008.03.26
テーマ:吹奏楽(3173)
カテゴリ:音楽
今年も、吹奏楽定期演奏会の季節がやってきた。
3月26日は都立杉並高校。第26回の今年は杉並公会堂で行われた。
多くのファンに聴いてもらうため、定演は昼と夜の2回に分けて行われた。
私は夜の部を聴いた。

(以下の写真はクリックで拡大する)

開演だ!  SUGINAMI  ポップスステージ

杉並サウンドは健在。
いい音楽を聴き、幸せになれた。
ほぼ満席の観客も、大いに満足しただろう。

ポップスステージ  ポップスステージ  ポップスステージ  

「ザッツSUGINAMIテイメント」と題されたポップスステージは大いに楽しめた。
実に多くの衣装を用意して演奏、ダンス、手品(すでに伝統か?)。
観客からは「すごいね!」の声が上がっていた。

ポップスステージ  ポップスステージ  ポップスステージ

楽天のブログでは、これ以上写真を公開できない。
この演奏会の写真は、以下のページでも紹介している。

2008杉並高校吹奏楽部定期演奏会

知らない人のために書いておくが、杉並はレベルの高い音楽を維持している。
「吹奏楽の甲子園」と呼ばれる全国コンクールにも出ている。

この高校の音楽監督で指揮者の五十嵐先生。
彼の存在なしに杉並高校の吹奏楽はありえない。

この日、「仲間たちへ~シャクルトン、伝説の南極遠征~」を演奏することになっていた。
作曲者の清水大輔さんがこの会場にいた。
そこで五十嵐先生は言う。
「演奏会にサプライズはつきもの」
生徒には内緒で、清水大輔さんに振って(指揮して)もらおうという。

高校の定期演奏会は「青春ドラマの最終回」だと思う。
3年生にとって最後の舞台。
卒業後も音楽が続けられる部員は多くないだろう。
だからこそこの演奏会は大切な思い出。
泣いて当たり前だ。
今年も卒業生の紹介で何人かは泣いていた。
今まで学業との両立とか苦しいことがあったのだろう。

だがこれは終わりではなく始まりだ。
4月にはまた新入生が入ってくる。
コンクールに向けた厳しい練習が待っている。

気が早いけど、来年の宣伝をしておく。
09年の定期演奏会は3月27日に予定されている。
場所は今年と同じ杉並公会堂。

来年は杉並高校定期演奏会にGO!

***********************
関連記事

杉並高等学校吹奏楽部の底力

クリックで救える命がある ブログランキング・にほんブログ村へ 2005-11-09 14:49:02
吉川友梨ちゃん捜索の輪! 拉致問題でのブルーリボン運動 募金サイト イーココロ!


***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
その場合リンクは必要とはしません。
意見があればメッセージでどうぞ。
ただし荒らしと挨拶できない人はお断りです。
今のところメッセージは全て読んでいます。









最終更新日  2008.03.29 19:11:02
このブログでよく読まれている記事

全36件 (36件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

PR

日記/記事の投稿

プロフィール


りゅうちゃんミストラル

バックナンバー

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

奈良の古刹、霊山寺… リュウちゃん6796さん

一 夢 庵 風 流… 慶次2000さん
韓国ソウル便り 私の… whitebear319さん
日々是徒然 思緒里さん
ニューロンとワイヤ… yuzo_seoさん
画像満載ホテルレビ… 豊年満作さん
タイとタイ語に魅せ… Lamyai_daengさん

ニューストピックス

カテゴリ

カレンダー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.