028615 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ひたすら本を読む少年の小説コミュニティ


小説コミュニティ

楽天広場の皆さんの素晴らしき小説を紹介するコミュニティです。
参加希望の方は下記の「入口」よりお願いします。

入口


このボタンを押すと小説一覧に飛びます

HTMLタグ置き場

好きな本ランキング

UP!は新しく登録された方です。
一週間経つと消えます。



「何故人を殺してはいけないのか」投票箱

 
小説コミュニティ
作品名作者HP作者のコメント
「本を読む少年」ようこそひたすら本を読む少年→小説コミュニティ管理者 小説をリンクしてほしい方是非来て下さい彼岸と此岸との狭間における思想を持ち、あてもなく人を頼る16歳の『僕』。三人称単数で書かれた作品です
「レイオノレー」angelsatomi世界を征するという伝説の砦の鍵を握った姫君と、彼女を守護する個性溢れる仲間たちの恋と冒険と謎解きの物語。純愛ファンタジー。
「こにゃん日記」

「読みきりナンセンス・ショート小説」
しましまこにゃん癒し系長編猫小説と、いろんなジャンルの短編小説を書いてます。
涙あり、笑いあり、切なくなったり、げらげら笑ったり、ぞお~ッと怖くなったりしてください。
「兄弟仁義」財津3139兄弟仁義。それはファミコンに一途に思いを馳せた時代錯誤な兄弟が織り成す、笑いあり涙ありの感動スペクタクル超大作である。
「門の外」Kogarashi何かに悩む女。その女を異常なほど愛す男、屈しなく愛す男。哀しく不思議な一日一日が過ぎていく。必死にもがきながらも、彼らはその日々を脱出できるか、自分次第だ。そんな物語です。
「稚拙な幸福論」Kazunoただの人間が描く何処にでもある物語ですが、よろしくどうぞ。
「オリバト0」賛否両論すごい連載終了まで多大な時間をかけた作品です。オリバトとして面白いか不安ですが登場キャラクターには愛着がありますw是非読んでくださいw
『旧校舎の幽霊』他7作品ふーたろー
主に高校生を主人公としたシリーズ物を、フリーページなどに掲載しています。
UP!「ぎこラーメン」からあげ6289ギコとジエンの小さなラーメン屋
今日も色んな出来事が起こってる
ほのぼのコメディ小説
UP!「2080 Ex-OS」伊倉第三次世界大戦を舞台として、人型兵器Ex-OSを駆る運用実験部隊に焦点を当てたSFミリタリー小説。
UP!「絶望と希望の狭間」伊万里★これはブリーチの原作沿いの連載です、女主人公と一護とのパラレル&恋愛物をテーマにしています
UP!「黒い兎と白い狼」闇殺漆黒白い狼を思う黒い兎、黒い兎を食べた白い狼、二匹は生まれ変わり、人間となる。
二人は絵本を手にお互いを探し回り・・・。
UP!「A sad tale」闇殺漆黒名前も出ない主人公の一人語の小説。主人公の思考思想などを主人公の心の声が語る。
主人公はなんなのか。そして世界に思いつく疑問を解き明かそうとする。
UP!「不思議の国のアリスとニセアリス」ブルーアイ2ファンタジー小説。もしかするとファンタジーギャグ小説かも?純真な女の子アリスと毒舌ばかりの女の子ニセアリスの冒険物語です。
UP!「命の灯」光里 鼎え~と その他いろいろかいております。ジャンルもいろいろです!!
UP!「楽園(エデン)に吼える豹」なまけいぬ「豹」のDNAを宿した少女、アスカ・清里は、若干27歳にして国防総省の重要幹部、元帥に抜擢されたシン・藤堂のボディーガードをすることに。だが、すべてに心を閉ざす藤堂は、アスカに対しても冷淡で・・・
UP!「路地裏」蒔楽(まくら)つたないオリジナル小説です。愛はあるものの書きたいがままに書いているので稚拙なモノですが、お暇でしたら暇つぶしにでも読んでみてください。主人公の千夜(チヨ)と灯時(アカトキ)の冒険?というかトラブルパニックモノです。
UP!「コンドルの系譜」風とケーナ18世紀のペルー。過酷な被征服下におかれていたインカの人々が、その高潔な魂にかけて、征服者に立ち向かっていく姿を描きます。長編歴史ロマン。
UP!「逆さまボーイ」melon2718歩くことは楽しい。ブルーシューズで街の中を歩くのだ。窪谷瓜人は目的もなく歩くだけで満足した。そして歩くたび、瓜人のココロに目に見えない澱が溜まっていった。そんなダメ予備校生の青春を描く
UP!「じゃがいも戦争」activeその戦争は「じゃがいも」        が原因で起こった戦           争・・・・・・。
UP!「仮面弁護士」activeその男は今日も仮面をつけ        弱者の為にがんばっている。
ここに次の作品名が入りますここに次の作者名が入りますここに次のコメントが入ります














2006.08.17
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
秋の夕暮れ。

空に漂うあかね雲。

夏の匂いがほのかに残る9月の初旬。

僕はある山のふもとで暮らしていた。



小さな丘が至るところに突出している。

その中の、ある丘の上に小さな家が建っていた。

僕が帰るころには既にあたりは闇に染まっている。

その中でポツンと浮かぶ灯の光。

その灯を見ると僕は立ち止まってしまう。

しばらく何も考えず … [続きを読む >>]





Last updated  2006.08.17 14:07:35
コメント(37) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.