1146383 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ホームメイドの資材紹介 ~Home Made~

PR

Category

Rakuten Profile


Home Madeさん

手づくり輸入住宅のホームメイド

フォローする

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

Home Made@ Re[1]:大きなガレージ・リモコン(04/04) sasayanさん > 情報、有難うございます。…
sasayan@ Re:大きなガレージ・リモコン(04/04) 拙宅は金剛産業施工のガレージですが、オ…
Home Made@ Re[1]:これが結構割れやすい(06/23) asakawa.kazutoshiさん > メッセージ、有…
asakawa.kazutoshi@ Re:これが結構割れやすい(06/23) はじめまして‼ HP&ブログを拝見致しま…
Home Made@ Re[1]:丸い頭のラッチ(バックセット)(02/05) 梅澤康二郎さん > 在庫はありますので、…

Freepage List

Headline News

Free Space

輸入住宅の施工・メンテナンスや資材の購入については、私たち ホームメイドにお問い合わせ下さい。

輸入住宅通信 powered by ブログ新聞maker

輸入住宅通信
by ブログ新聞maker




Favorite Blog

まだ登録されていません

Archives

全32件 (32件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

薪ストーブ・マントルピース

2017年02月01日
XML



今までいくつかマンテル(マントルピース)を紹介してきましたが、
大理石のものと言えば白いマーブル模様のものが一般的でした。

でも、私たちが見つけているマンテル・メーカーのものは、白以外に
いろいろな色のものを作ることが可能です。

写真のものもその一つ。全体的に黒い大理石となっていて、そこに
白い石目が入っています。何ともゴージャスですよね。

勿論、このマンテルもオーダーしてから手彫りして美しい形を
作り上げていきますから、細かな点で全く同じというものは存在しない
と言っても過言ではありません。

こうしたマンテルは、大理石を一旦細かく粉砕して、それを固めたもの
を手彫りしていくという手法を取ります。

そうすることで、石の中に自然に出来た小さな空洞などを避けることが
出来ますから、温度変化や衝撃による割れのリスクが少なくなると
いう訳です。

このメーカーは、アメリカ製ということを誇りにしていますし、職人魂
や職人気質といったものを大切にしています。

安価であれば多少粗雑でも構わないという人であれば、中国などの
ものでもいいのでしょうが、一生に一度の家づくりであれば妥協のない
家づくりをしたいものです。

<関連記事>: 手彫りのマントルピース

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。






Last updated  2017年02月01日 10時25分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年12月29日



昨日、フレンチ・デザインの美しいマンテルをお見せしましたが、
もう少し落ち着いた感じのものが欲しいという方には、こちらは
如何でしょうか。

デザインとしては、ギリシャ・ローマを基本としていますが、
欧米の建物の窓やドアの周囲に採用される飾りをマントルピースに
持ってきました。

こちらは複雑な装飾もなく、スタンダードな造りをしていますから、
昨日のマンテルに比べて随分お値打ちに調達出来ます。

ただ、北米では注文してから製作を開始しますので、船便の時間を
入れれば、おおよそ3ヶ月程度は到着まで待たなくてはいけません。

でも、国内にはない大きさと豪華さを味わえますから、新築や
リフォームの際に暖炉を入れたいとお考えの方には如何でしょうか。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。






Last updated  2016年12月29日 12時12分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年12月19日



もうすぐクリスマス・シーズンですね。

粉雪が舞い散る季節には、あったかな部屋でゆっくりと家族で
過ごしたいものです。

そんな時、薪が燃える炎を見ながら、楽しくお料理が出来たら
どんなにいいことでしょうか。

アメリカのエルミラ・ストーブという家電メーカーでは、
薪を使ったキッチン・オーブンレンジを作っています。

薪の炎で部屋を暖める他に、鉄の天板の上でフライパンやケトルを
温めて料理やお湯を作ることも可能です。

また、内蔵されたオーブンでは、薪の熱でパンを焼いたりする
ことも出来る上に、オプションでガスのオーブン・コンロを
追加することも出来ますから、薪ストーブが必要ない時期には、
ガスだけの部分で調理することも可能です。

ただ、これだけいろいろな機能を持ったストーブ・レンジですから
幅は1.2m程もあります。

キッチン用にお使い頂くことも可能ですが、セカンド・レンジとして
リビング・スペースや屋根のある屋外などに設置しても楽しいかも
知れませんね。

それにしても、アメリカでは国産にはない楽しい商品が一杯ありますね。

(尚、日本ではガス機器の国内適合認定が必要な為、ガス・コンロの
オプションは使えません。ガス種は日本も同じなのに、変ですよね・・・)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。






Last updated  2016年12月19日 11時46分33秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年11月25日



ここの処、急に寒くなってきて暖房が恋しくなってきましたね。

日本では、ファンヒーターかエアコンをお使いの方が多いですが、
北米では全館暖房のセントラル・ヒーティングや薪式の暖炉を
使うご家庭が一般的。

でも、暖炉って聞くと、ログハウスとか古いクラシックな
インテリアを思い浮かべるのでしょうが、アメリカやカナダでも
モダン・リビングがトレンドなんです。

そうした中、ウッドストーブ・メーカーのPacific Energy社では、
NEO 1.6 Insertという埋め込み式の暖炉を使ったインテリアを
紹介しています。

如何でしょうか。クラシックなインテリアではなく、明るく
モダンなイメージのリビングでもよく合っているでしょ。

これからは、日本でも暖房器具自体が部屋のオブジェになる時代が
来ます。そうした時に化石燃料を使わず、自然に近い暖かさを
感じる暖炉や薪ストーブは、どんどん流行っていくかも
知れませんよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。






Last updated  2016年11月25日 12時38分47秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年08月26日



先日、フレンチ・デザインのマンテル(マントルピース)の
デザイン図をお見せしましたが、同じメーカーのもので、
こんなデザインのものも見つけました。

何と名前は、「ヘラクレス、グレコ・ローマン」。

グレコ・ローマンと言っても、レスリングではありません。

グレコとはギリシャを、ローマンはローマを表しています。

つまり、ギリシャ・ローマ時代の様子でヘラクレスをデザインした
暖炉飾りという意味です。

大理石を砕いたものを固めて作ったものを、ヘラクレスの形に
彫り込んでいますから、重厚感や彫りの深みは素晴らしいものが
ありますね。

でも、このマンテルは、先日紹介したフレンチ・デザインのマンテル
の3倍くらいの値段がします。

彫りもすごいが、値段もすごいですね。まさに、家宝です(笑)

ただ、北米でなくこれを日本で作ったら、それこそ何百万円に
なってしまうでしょうから、お値打ちと言えばお値打ちかも
知れません。

やっぱり、こうしたものを作る文化、買える文化、使う文化が
あるというのは素晴らしいことです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。






Last updated  2016年08月26日 16時49分43秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年08月23日



以前マンテルをご購入頂いたお客様から、来春開業のフレンチ
レストラン兼結婚式場にW1,500mmくらいの大理石調の
マントルピースを探しているというお問い合わせを頂きました。

以前お渡ししたものも素敵なデザインで、お客様のHPにも
施工後の写真が載っていますが、それはそれは豪華です。

今回私共が提案させて頂いたものは、それより一回り大きめで
幅が1,570mmと結構大きめのマンテルです。

デザインもなかなかエレガントで美しいでしょ。

北米で作られている石のマンテルは、本物の大理石を細かな粉
にして、それを再度固めて模様を削り出すという手法を取ります。

恐らくそうした方が、石の中にあるかも知れない空洞を避ける
ことが出来ることと、材質が均一化して割れや欠損のリスクが
軽減されるからだと思います。

勿論、見た目や手触りは大理石そのものですから、結婚式場に
設置頂いても全く遜色はないと思います。

普段輸入住宅の新築やリフォーム、メンテナンスを手掛ける
私たちですが、こうやっていろいろな方面から資材の調達の
相談を頂けるのは嬉しい限りです。

勿論、新築等でこんなマンテルを採用したいという方でしたら、
おうちのプランニング・施工をやりますよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

<関連記事>: まさに大理石のマントルピース Mondavi (2008年5月9日)






Last updated  2016年08月23日 16時17分40秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年05月19日
フレンチ・マントルピース


ライム・ストーンを細かく砕いて固めた素材で出来ている
キャスト・ストーンを、手彫りして作られている暖炉飾り。

今までいくつかご紹介してきましたが、こちらのマンテルも
なかなか美しいデザインをしています。

商品名は、「ルイ13世」。フランスのブルボン王朝が始まった頃の
王様をモチーフにした、如何にもフレンチ・デザインに相応しい
名前が付けられている。

このマントルピースの最大の特徴は、何と言っても優雅な曲線美
と豊かな装飾だろう。

薪やガスを使った暖炉にこんなマンテルを入れたら、さぞや
ゴージャスなリビングが出来ることでしょうね。

まさに、家宝です(笑)

こうしたデザインの輸入資材や建築をご希望の方は、ご相談下さい。






Last updated  2015年05月19日 11時43分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年04月16日
マントルピースの煙突


長かった冬も終わり、ようやく本格的な春がやってきました。

寒い冬の間、お世話になった薪ストーブですが、10年に一度
くらいは煙突掃除をしていらっしゃいますか?

殆どの皆さんは、何年もの長い間使っていても一度も掃除を
したことがないというお宅もあるんじゃないでしょうか。

ススやヤニが煙突内部に付いたり、チムニー・トップの穴を
塞いだりすると、煙が室内に逆流したり、不完全燃焼で
一酸化炭素中毒なんてことにもなりかねませんから、
定期的な掃除メンテナンスが必要です。

来冬また安全に使う為にも、この春以降に掃除をして下さい。

冬になって薪ストーブが使えないなんてことにならない為にも、
使い終わったこの時期にしっかりきれいにしておくことが、
大切ですよ。

マントルピースや輸入住宅のメンテナンスでお困りの方は、
お問い合わせ下さい。






Last updated  2015年04月16日 10時54分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年10月29日
暖炉の煙突メンテナンス


愛知県東海市で外装のメンテナンスをしている輸入住宅 F邸。

以前記事に書いた通り、レンガ積みの外壁やアスファルト・シングルの
屋根は、状況のチェックをするだけで、特段にメンテナンスすることは
ないんですが、窓周りや屋根の軒などの周辺部分の補修や化粧直しが
必要となります。

ここのおうちは、それ以外に薪を焚くマントルピース型の暖炉が
ありますから、この機会に煙突の掃除やチムニーの鈑金塗装や
防水メンテナンスを行いました。

長年ストーブを使っていると煙突の内部にススやタールが付着する
ものですから、定期的な掃除をしないと煙突から火を噴くなんて
ことになるかも知れません。

このおうちは、長い間雨に曝してヤニを抜いて乾燥させた木を
薪として使って頂いたので、10年以上経っていても意外と
きれいな状態でした。

チムニーを覆う鈑金も状態はいい感じでしたが、防水処理と赤い
色をした錆止め塗装をして万全を期します。

勿論、最後に仕上げの塗装もやりますよ。

メンテナンスは、手間暇と細かな心遣いが大切ですが、なかなか
ここまでやってくれるところはないかも知れません。

家のメンテナンスやこうしたデザインの建築をご希望の方は、
ご相談下さい。

この輸入住宅の詳細は、下記作品紹介をご覧下さい。

作品紹介:レンガ積みの家 憧れの洋館 ~F邸~






Last updated  2014年10月29日 11時29分46秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年10月21日
ガス暖炉


愛知県春日井市でリノベーションした輸入住宅 H邸。

外装に加えて、インテリアも本格的に手を加えたという
記事を書いてきましたが、こんなものも設置してみました。

それが、このガス暖炉。

以前は、ただ壁に穴が明いているだけのマントルピース風の
空間だったのですが、そこに暖房機能と癒しの炎を演出する
ガス暖炉を置いてみました。

薪を使った暖房用ストーブとは違って、煙突を接続する必要は
ありません。ですから、ここにはガスの引き込みと電源としての
コンセントを新たに追加しました。

都市部では薪を調達するのも一苦労ですし、着火がうまく
いかないとか、煙突や暖炉内の掃除が大変とか、ご近所への
迷惑とかが気になるなんて人もいらっしゃるでしょうから、
そんなご家族が気軽に暖炉の雰囲気を味わえるガス暖炉は
持ってこいかも知れません。

もっと気軽に電気式暖炉なんてものもありますが、炎が
どうしても作り物的な感じになってしまいますし、暖房機器
としてはあまり機能を果たしてくれないということを
考えると、ガス暖炉は夢と機能の両方を楽しめるいい素材
かも知れません。

新築だけでなく、リフォームやリノベーションを行う際に、
ガス暖炉や薪ストーブ、電気式暖炉の設置をしたいという方は、
ご相談下さい。






Last updated  2014年10月21日 11時17分37秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全32件 (32件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.