1541867 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぷち てんてん

PR

X

カレンダー

プロフィール


ぷちてん525

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

2021.03
2021.02
2021.01
2020.12
2020.11

キーワードサーチ

▼キーワード検索

購入履歴

2005.11.19
XML
あ~、今年はこの時期、再びハリー・ポッターのシーズンになりましたね~。
前作はアクシデントで公開が遅れたものね。

先行上映を見てきました。
ネタバレしないで(というかネタバレする事がないかも)感想を。

☆ハリー・ポッターと炎のゴブレット☆(2005)
マイク・ニューウェル監督

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

ストーリー
今回で第4作目。
伝説の三大魔法学校対抗試合が復活。
その試合になぜか選手として選ばれてしまったハリー。
こうして危険な試合に挑む事になってしまった、過酷な試合だが本当の試練はその先にあった・・・

~~~~~~~

こういう原作がヒットしている映画は難しいよね~。
原作の雰囲気をどう伝えるのか。

今回は、いよいよ物語もヴォルデモードの出現を迎えるわけで、ダークな雰囲気が一杯になってくる。
かなりアクションはスピード感があり、割と画面も暗めかな~。

いつもの明るくも悲惨なハリーの人間界の家庭も出てこないし、楽しい楽しいお買い物もなし。
まあ、原作もそうだったけど・・・

クリスマスパーティなど、予告編でも見られるハーマイオニーのかわいさ、ハリーのりりしさ、ロンのちょっと拗ねた顔、見所だよね♪
ロンは私のお気に入り(笑)
なので彼の成長振りに、この先楽しみ。

かなりの量の原作を次に繋げるため、原作に忠実に仕上げてあると思う。
ある程度は流しちゃうのも仕方がない。
ポイントはしっかり押さえてあるので、安心して見る事が出来るはず。

~~~~~~~~

今回の「闇の魔術に対する防衛術」の新任教師役に、『トロイ』『キングダム・オブ・ヘブン』のブレンダン・グリーソン。

そして、うるさく付きまとう新聞記者にミランダ・リチャードソン。

そこらへんが新しい顔かな~?

マイク・ニューウェル監督は『完全犯罪』(99)、『トラフィック』(00)、『モナリザ・スマイル』(03)見ました。
トラフィックが面白かったかな~。

~~~~~~~~~~

さてこれで、やっと私も小説のほうの次の巻「不死鳥の騎士団」を読めるなあ。
実は買ったまんま、まだ読んでいないのだった。

前作の映画「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」は、この第4弾の映画公開にあわせてTVで放映されるね。
確か12・3だったね。
そちらも見て、楽しみたい♪











最終更新日  2005.11.19 21:37:28
コメント(25) | コメントを書く
[~2006年 映画・サスペンス・ミステリー] カテゴリの最新記事


サイド自由欄

設定されていません。

Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.