1478041 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

静岡の畳屋の姉さんが語る株式会社新海畳店

PR

X

プロフィール


株式会社 新海畳店

フリーページ

お気に入りブログ

「 お試? 」 New! 喜文治さん

御殿場高原時之栖☆先… New! ヴェルデ0205さん

ハハハ!昭和の時代… New! トムとジェリーさん

今後のネットの世界… New! 夏々さん

2021晩夏 橋本 食… piso60さん

サイド自由欄


お問い合わせはこちら
無料メール相談窓口

ブログで紹介した畳について「詳しく聞きたい」など、何なりとおたずね下さい。
2021年09月24日
XML
カテゴリ:西伊豆

模様替えランキング

​こんにちは。​


​古民家と温泉と顔ハメが好きな静岡の畳屋の姉さんです。​



 今日は9月24日ですが、今から書くことは7月22日の出来事です。もう2ケ月以上も経ってしまったのか~。

 丁度東京オリンピックが始まった頃で、変則的な四連休の初日でした。その頃は、静岡県民が静岡県内に旅行すると、宿泊費1万円につき5,000円の補助が出るという制度がありましたので、それを利用して主人と二人で大好きな西伊豆に行ってきたというわけです。

 始めに
「伊豆文邸」に行きました。

 母屋も土蔵二棟も、美しいなまこ壁です!
 この建物は明治43年の建築で、かつては呉服商が営まれていたそうです。多分、広くて長い土間に面した小上がりの畳に着物や反物が広げられ、お客様がその小上がりにちょこんと腰をかけて反物を見て商談したのでしょう。
 土間の隅には珍しい「水琴壷(すいきんこ)」が置いてありました。高さ1mくらいの変わった形の壺で、「水琴窟」と同じ原理で滴る水の音が綺麗に響くそうです。

 伊豆文邸のすぐ横には、足湯顔ハメがありました。どちらも私の大好物です。face02

 訪れたのが夕方だった為か、それともコロナウイルスの蔓延防止の為か(この頃はまだ緊急事態宣言は出ていませんでしたが)お客さんが私と主人だけで、周辺もひっそりとしていました。
 緊急事態宣言が解除されたら、再び松崎町に活気が戻るといいなと思いました。
 
なまこ壁の顔ハメ





畳を通してお客様に感動とやすらぎをお届けします。
障子、襖、網戸の張替えも始めました。

株式会社 新海畳店






最終更新日  2021年09月24日 10時52分54秒
コメント(0) | コメントを書く
[西伊豆] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.