1705460 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

オンリーワン理念は、思いや志を文字にて表現してまとめたものです。言葉のチカラです。

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


新鮮美感@川島

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

「消費税はゼロ」は… New! しっぽ2さん

書籍の執筆作業開始。 New! 神谷商店さん

再生自家製炭酸水 20… New! 森3087さん

今日のつとめ田草取… New! ヨーガ1950さん

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

今がチャンス New! 宋休さん

晴れ間 New! いずみね〜さん

コメント新着

 新鮮美感@川島@ Re:垣根仕立ての自然薯(06/15) 自然薯の種である、むかごを埋めてから12…
 新鮮美感@川島@ Re:自然薯(じねんじょ)(06/09) 2012年で5年経過と云うことは 2019年の今…
 本人です@ Re:アケビの盆栽をつくってみようと思い立ちました。(10/16) 植え付けてから3年半になります。 3年た…
 新鮮美感@川島@ Re:AIと呼ばれる第4の波 (人工知能)(10/28) 兵器の革新は、火薬➡核➡AI と変革を遂げ…
 新鮮美感@川島@ Re:ウンダラ柿(蜂屋柿)(10/26) この時は、この柿から美味しい柿酢が簡単…

フリーページ

全33件 (33件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

商売繁盛の視点

2016/11/04
XML
カテゴリ:商売繁盛の視点
魚の開き、肉厚で見るからに脂がのっていそうだ!ベテランの売り手が「コレ美味いよ!安いよ 3枚で1000円だよ」と店頭で云われると御徒町のアメ横商店街を思い出しましす。この魚、どこからきたの?と尋ねてみたら、干物を作っている工場は仙台空港の近くであったため、東日本大震災の津波で流され3年も休業していたと教えてくれた。郡山駅中ビポットの奥にある魚屋さんは穴場です。今夜はニシンの開きを焼くことにしましょうか!
web検索してみましたら、「品質と鮮度の良い魚を」お届けする 日本一の魚屋「北辰」とありました。
この時代、どんな店なのかweb情報を検索すると概略がわかる時代です。


冷静に考えたら、いわし丸干し3匹で充分だった。
目の前に美味しいのが開いて置いてあるとたまにはいいかと大きいのを3枚セットでチョイスです。飛ぶように売れてました。それを見ていてついつられて買ってしまいました(笑)


お店のベテランさんに見える方が「脂がのってこの開き、美味しいよ、今日は3枚千円で安いよ」と声をかけられると、ほぅそうか美味しくてお買い得なのかと、、、では3枚別々のを頂戴!となるのです。






最終更新日  2016/11/06 04:47:09 PM
コメント(0) | コメントを書く
2016/03/15
カテゴリ:商売繁盛の視点
ふと思った。
繁盛店になる店とそうでない店がある。
その差はどこにあるのだろうか、探ってみたら面白いかもと思ったのです。
どこまで調べられるか、ちょっとこれチャレンジしてみましょうか。
そこで繁盛店とはどんなものか、
このblogにも「商売繁盛の視点」のカテゴリーで32編目の書き込みになります。

飲食店の場合を例に挙げて検証してみよう。

郡山市ではラーメン店の数が多い。
日本一のラーメンチェーン店の本部もあるが、どっこい個店だってファンという顧客が付いている店が多いのです。
駐車場が少ない店もあるがなんのその、食べたい味ならば客は足を運ぶのである。
客に支持される顧客数が多い店といえるでしょう。

美味い!ということでしょうね。
満足させるものがあるということでしょうね。
美味いという評判、うわさにのぼる店でしょうね。
超繁盛店ともなると開店前に人が並びます。

「美味い」という研究、美味研究は、
食材の吟味、調味料の吟味からして違いがある。






最終更新日  2016/03/15 12:12:02 PM
コメント(0) | コメントを書く
2016/02/12
カテゴリ:商売繁盛の視点

【驚きました】毎週金曜日のスペシャルランチはなんと3種類3皿のスパゲッティが運ばれてきますが830円です。「 この価格では、破産(830)です」のシャレなのか! と思うほどです。 郡山で生き残っているお店の中にはなんとも太っ腹の経営者が居ます。 スパゲッティ専門店 ミスター・ドリーム (郡山市名倉) 味は美味しいと評判の店なのですが、お客様サービスが 「ここまでの大サービスやるの」級です!

最初にスープが運ばれてきて、次に最初のスパゲティ皿が運ばれてきた時に、この普通の大きさの皿で、、、今一度メニューの価格表を確認してしまいました。

今を遡ること40年前に郡山に引っ越してきたとき「うえのの分厚いとんかつ」に度肝抜かれた。五百渕・ジャルダンのカニピラフも大皿だった。その系譜が連綿と今に引き継がれているのかもしれません。


  • 12671802_1099926173371887_785169531621950353_o.jpg
  • 12696955_1099926016705236_8032193718495296045_o.jpg
  • 12697480_1099926020038569_789714261409138280_o.jpg
  • 12698406_1099926003371904_1283753216806256430_o.jpg
  • 12710717_1099926176705220_1153778850165064597_o.jpg
  • 12747320_1099926186705219_3757875344782222380_o.jpg



ずいぶん久しぶりの訪問でした。ここのデザート、冬から春(4月末まで)にかけて「いちご」なんですが、これが甘くて美味い! 在庫切れの場合もありますが、いちごお勧めです。









最終更新日  2016/02/20 11:57:48 AM
コメント(0) | コメントを書く
2015/07/12
カテゴリ:商売繁盛の視点
店外まで人が並び、混んでいる店は期待感が増し、活気があり、盛りはたっぷりおもてなし感満載、普段仕立ての明るい応対があり 安心感がただよう店内です。郡山の伝説のラーメン店 ますや分店も こんな雰囲気だったことを思いだしました。この店と同じように毎日が満員御礼の店だった。三丁目の夕陽の映画が話題になりましたが昭和の懐かしさを思いだすような雰囲気がここにはあります。

味でいえば、この位のラーメンを出してくれるところは、郡山市内にはけっこうありますが、この店のような繁盛店にまではなっていない。そういう意味ではこの店は、大衆店がお客様本位での対応を積み上げてゆくとこのような繁盛店になりうるという見本になるかと推察できます。それこそ百年家業の秘訣をこの店ではうかがい知ることができる店といえるでしょう。

お盆にのせてラーメンを持ってくるのですが、満杯によそられたつゆが運ばれる途中にこぼれているのだ。ここの店の普通盛りはよその店では大盛りであろう。食べログの先行書き込みをみていたので「中華そば」を頼んだわけです。知らずに大盛りを頼んだら完食するのにえらく大変な目にあうだろうことが中華そばを食べるとわかります。

私のここの中華そばの食べ方を書き記しておきます。
最初は、持ってきた中華そばをそのまま麺とスープをいただきます。
途中で、白コショーを振って、また麺とスープをいただきます。
次に、お酢を蓮華に一杯分注ぎ込んでスープをまろやかにしていただきます。
半分をすぎたころ今度は、黒コショーを振っていただきました。
麺とスープの量が多いので、途中で味を自分の好みに修正しながらいただきます。

唐辛子とラー油は今回使いませんでした。


  • 仙台屋  中華そば.jpg


  • 仙台屋食堂.jpg






最終更新日  2015/07/14 12:43:41 PM
コメント(0) | コメントを書く
2015/03/13
カテゴリ:商売繁盛の視点
 

たのしみは ふと食べたくなる 焼き鳥を のれんをくぐり 足運ぶとき

  • s-御通し.jpg


  • s-ねぎま.jpg


ここの焼き鳥は、肉のサイズが大ぶりです。
他店に比べて1本あたりの重さもあるということです。
もちろん目の前で焼き上げます。

なぜ大ぶりの焼き鳥なのか推察するに
もともと肉屋さんを近所でやっていたので仕入れ原価が違うのでは!
あるいは太っ腹でお客様に喜んでもらう心がけなのかもしれません。

看板をみましたら、「お食事処」なのです。
午後5時〜11時までの6時間営業なのです。

カウンターに座って食べていると、「肉だんご1000円分」頼んでいたものですがと電話注文された方が受取りにきます。

隣で頼んでいた「鶏からあげ」600円が凄いボリュームにちょっとびっくり!

テーブル席では、家族でディナーの方々
座敷席では、宴会客。いろんなニーズに応えているのです。

美味しくて、ボリューム感があって、値ごろ感もある店なので
口コミなどで客が集まってくるでしょうね。
常連客に支持されていることが推察されます。

年季のはいったご主人と女性陣3名の連係プレーで忙しく切り盛りしています。

  • s-鳥起 看板.jpg


  • s-鳥起1.jpg


お食事処 やきとり 鳥起
福島県郡山市安積町笹川字四角坦17-19








最終更新日  2015/03/13 12:22:50 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/10/08
カテゴリ:商売繁盛の視点

朝の散歩中に、蝶が花の蜜を吸っている光景が目にとまりました。蝶々は、なかなかのグルメ族だなぁ~と頭をよぎりました。花も実をつけるためのおしべとめしべとの媒介をしてもらうためのご褒美として蝶に美味しい蜜を用意していると云うわけです。花は、実をつけるという目標実現のために、美味しい蜜を与えるわけです。蝶にとっては命の糧となる花の蜜です。花と蝶との関係には、結果としてギブ&テイクがみてとれます。

アサギマダラなどにとっては、何千キロも移動するそのエネルギー源なわけです。蝶にとっては、かけがいのない命の元でもあるわけです。花にとっては、自分の子孫を残すための目標実現のしくみとして、蜜をつくって用意するわけですね。花にとっては、子孫を残すための第一関門であり、とっておきのしかけでもあります。

また、孔雀の雄などは雌を誘うためには、美しい羽根を広げてその美しさを鼓舞します。選んでもらうための健気なプレゼンテーションです。子孫を残すために、演ずるプレゼンテーションです。言い換えれば、気に入ってもらい、選んでもらうためのプレゼンテーションです。

自然界において動物は、選ばれるために、ときとしてみごとなプレゼンテーションを展開するのです。自然界において植物は、選ばれるために、みごとなギブ&テイクの仕組みを持っています。動物も、植物も、命の存続を計る上で、それぞれに気に入ってもらえる工夫や選ばれる工夫をしているのです。

この競争社会で、あなたは、顧客に選ばれるために、どんな工夫をされていますか。顧客に選ばれるための魅力ということです。蝶が花に集まるのは、蜜という魅力があるからです。蜜の香りをふりまいているのです。孔雀は、精一杯の美しさをアピールして魅力ある姿を認知してもらおうとしています。

相手に、認めてもらえるだけの魅力をアピールするということです。孔雀は、目に訴える魅力で勝負しています。(相手を魅惑する戦術) 植物は、蜜という香りと美味しさのご褒美を用意しています。(相手を喜ばす報酬を用意)

100年続く企業の特徴は、、、1000年続く企業の秘訣は、、、等々、巷では、そのノウハウをあれこれと分析されたりしていますが、自然界には、有史以来連綿と続く植物の種の繁栄と継続のしくみにこそ、そのヒントがあるのではないでしょうか。


あきないは 周りの人を 喜ばせ 楽しませてこそ そこに価値あり







最終更新日  2014/10/08 04:57:27 PM
コメント(2) | コメントを書く
2013/10/23
カテゴリ:商売繁盛の視点

堤下の八剣伝の跡、カラオケのあるビル目指して来てと

facebook友人から、ご飯食べませんかとおさそいを受けて案内されたわけです。

11種類のランチメニューの中から、バラちらしすし定食が美味しい!という情報で、ではそれに決定!

刺身がバラに切ってあるので食べやすく、確かに美味しい、ボリューム感もあり、満足。

価格はなんと650円で食後にコーヒー付き。とってもリーズナブル価格です。

毎日ちがう定食を頼んでも2週間のローテーション、ご近所のサラリーマンが羨ましい。

夜のメニューもリーズナブルメニューがオンパレードのようですので、次回は夜の探訪を試みたいものです。

  • s-ちらし寿司.jpg


  • s-ランチメニュー.jpg


約20年前だったろうか、居酒屋村さ来やつぼ八が開店したときにカルチャーショック的でしたが、この店に入ると居酒屋はすいぶん進化していることを感じますね。昼のランチで頻繁に来店していると夜も抵抗なくすんなり来店してしまうかもしれませんね。









最終更新日  2013/10/24 12:02:38 AM
コメント(0) | コメントを書く
2013/10/21
カテゴリ:商売繁盛の視点

たのしみは 食べログ人気 いちばんの 店を探して 訪れるとき

万物生々 物は生きている、
このお店の店主、女将さんの所作には
感謝する心が随所にみてとれ、それが
伊達屋の空気になっています。


19日の土曜日、福島市音楽堂でコンサートがあり参加してきました。
16時終了後、朝食・朝食を食べておりませんでしたのでお腹がすいたので、さてどこにしようかせっかくだから福島市で美味しいところはどこかということで、食べログ検索してみました。
トップに掲載されていたのが「伊達屋」さんでした。書き込みを2~3読んでみましたら、これは足を運んでみようとアイパッドのマップ検索で調べて移動です。

店内はすでに満員で外に並んで待てるように椅子が用意されております。
5名ほどで空きがでるのを待っておりました。
足元から冷えてきましたが、この寒さが味をまた引き立てるのでしょうね。

  • 伊達屋全景 (2).jpg


  • 伊達屋全景 (1).jpg


  • 店内がガラス戸からみえます.jpg


  • 塩ラーメン.jpg

注文したのは「塩ラーメン」680円でした。
伊達鶏のチャーシューと海苔とネギがのったシンプルな塩ラーメンです。
最初に蓮華でスープをすくって飲んでみました。
期待を裏切らないスープです。
次に麺を口に運びます。気がつけば一気に麺とチャーシューを食べてしまいました。
あとはじっくりとスープを蓮華で味わうといった状況でした。

たまたま座った席が正面カウンターの右端でした。
この席はご主人のラーメンづくりの作業が見えます。
できあがったラーメンをカウンター台にのせるのが、すぐわきでした。
どんぶりのスープの滴りを天ぷらの敷き紙の上に載せて吸収させています。
どんぶりのわき面も別の敷き紙で両脇から押さえて吸収しています。
こんな丁寧な作業をしている店をみたことがありません。

店主の「塩ラーメンできあがりました」と声をかけます。
女将さんの「はい、塩ラーメンです」とまた確認の声をかけるのです。
この掛け合いの響きがじつにいい店内の空気を醸し出しています。

食べたあとの料金の支払いも、女将さんはお釣りを渡したあとその両手をさりげなくお客様に合わせる所作が身に付いているのです。

美味しいラーメンだけでなく、ここのお店のおもてなしは実に見事です。企業理念は張り出してなくともこの店の働く人の人柄や姿勢がみてとれるのです。一杯のラーメンを心をこめてつくっているのが伝わるお店です。


伊達屋
福島県福島市南沢又字下番匠田22
















最終更新日  2013/10/26 01:01:25 AM
コメント(0) | コメントを書く
2013/08/09
カテゴリ:商売繁盛の視点
  • 本日の写真.jpg


今朝の新聞折込みにlineマークを発見。
顧客の囲い込みマーケティングですね!

B4チラシ折込みです。
lineでつながればあとは随時、情報発信コントロールが可能です。
スマートフォンやタブレットの普及がすすんでいます。

これはLINEを活用したマーケティングですが

twitterでしたらフォローを呼びかける。

facebookでしたらfacebookページの「いいね!」ポチッ!お願いの参加呼びかけ。

店頭POPや卓上POPで呼びかけてもよいわけです。









最終更新日  2013/08/09 11:43:50 AM
コメント(0) | コメントを書く
2013/07/07
カテゴリ:商売繁盛の視点

たのしみは ひさかたぶりの この店の いつもの味を 楽しめるとき

宇都宮に行くとこの店に足を運ぶことが多い。「餃子の正嗣」鶴田店です。
  • s-正嗣 .jpg


  • 焼き餃子と水餃子を1皿ずつ頼んだ。いずれも6ヶですから計12ヶです。
    先に届いたのが水餃子でした。
  • s-水餃子.jpg


  • この店では多くの客が水餃子の中に「醤油・酢・ラー油」を加えて味を調整して自分好みのつゆにしてからいただきます。 
  • s-たれ 水餃子 .jpg


  • s-餃子.jpg


  • ・焼餃子 1人前(6ヶ) 210円に 水餃子 1人前(6ヶ) 210円 おみやげの 冷凍餃子3人前(18ヶ)600円 しめて1020円でした。



  • s-冷凍餃子.jpg

ふと、人気店の餃子の味を自分なりに味比べしてみようと思ったわけです。名物、宇都宮餃子を代表する「まさし」と「みんみん」です。店内では焼きたての熱々の餃子を口にほうばるわけですが、いっぺんに両方の餃子を味わうというわけにはまいりません。そこでおみやげの冷凍餃子をそれぞれ買い求めてきての味比べというわけです。
ちなみに食べ比べは、餃子をフライパンで焼いたら、タレをつけずにそのまま餃子だけを食べ比べてみるのです。その方が餃子の特徴がよくわかります。 茹で餃子にしても同じように、それぞれ餃子だけをそのまま食べ比べてみます。食べ比べが終わってからタレをつけていただきます。








最終更新日  2013/07/14 07:40:36 PM
コメント(0) | コメントを書く

全33件 (33件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.