000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

伊東良徳のとき・どき★かるちゃ~

伊東良徳のとき・どき★かるちゃ~

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

カレンダー

バックナンバー

2024年06月
2024年05月
2024年04月
2024年03月
2024年02月

カテゴリ

コメント新着

Sometimes★@ 主催者が落ち着いてるのもいいですね シバヤマさん、コメントありがとうござい…
シバヤマ@ Re:シャルダン展(11/03) いい展覧会でしたね。お金を一杯かけてゴ…
Sometimes★@ 記事に関係ないコメントは削除しています 先ほど記事に関係なくサイト紹介をし相互…
Sometimes★@ すぐそこにもありそうなところが怖いですね zebraさん、コメントありがとうございます…
zebra@ その道を 極めようとしたために・・・・ きのう レンタルDVDで新作に ありました…

プロフィール

Sometimes★

Sometimes★

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

ニューストピックス

2010年01月16日
XML
カテゴリ:映画
 モーリス・センダックの絵本を映画化した「かいじゅうたちのいるところ」を見てきました。
 封切り2日目土曜日、新宿ミラノ1は(入場者プレゼントの厚紙の王冠を配ってましたけど)1割足らずの入り。もともと定員1064名のミラノ1でやるには無理がある映画だと思いますけど。

 母親と姉と3人暮らしの少年マックスは、かまって欲しくていたずらを繰り返すが、姉クレアは友だちとのつきあいに忙しく、母親は仕事で追い立てられ新しい恋人もできてマックスにばかりかまっていられない。それでかんしゃくを起こしたマックスは台所で暴れ、母親から夕食抜きを言い渡されたのをきっかけに動物の着ぐるみウェアをきたまま家を飛び出し、たどり着いた海をヨットに乗ってこぎ出し嵐の中を見知らぬ島にたどり着く。そこは怪獣たちの住む島で、怪しんで食べてしまおうという怪獣たちに食べられないために自分は王様だと宣言したマックスは、怪獣たちの1人キャロルに気に入られて王様として遊びを指揮するが・・・というお話。

 別に邪険にされているわけでもなく母親は可能な範囲でマックスに付き合っているのに、自分が一番でいたいとさらにかまってほしいといたずらややんちゃを続けるマックスの姿は、寂しいのはわかるけどちょっとひんしゅくもの。そのマックスが、怪獣とお友達になり、「王様」として怪獣たちの好き嫌いや気まぐれをぶつけられる側にまわり、一番の友だちになったキャロルにかんしゃくを起こされて、家に戻る成長ストーリーになっています。ある意味、自分を外から見せられて冷静に受け止められるようになるってパターンです。
 しかし、ストーリーとして味わうには、あまりにもシンプル。
 予告編でも使われているマックスと怪獣たちが楽しく遊び続けるシーンは長くは続かず、どちらかというと怪獣たちのしんみりとした場面の方が多くなっています。
 見どころは、あまり長くないマックスと怪獣たちの歓喜に溢れる幸せそうな映像と、着ぐるみだと思いますが怪獣たちのうれしそうな表情のかわいさ、悲しそうな表情の切なさくらいです。その部分で楽しめないと、見続けるのはつらい/眠いかなと思います。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2010年01月16日 23時50分28秒
コメント(0) | コメントを書く
[映画] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.