735641 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

GDAといっしょ(・∀・) GDBとは違うのだよ、GDBとは!

Apr 29, 2011
XML
カテゴリ:ドライブ・旅行
佐賀県の方に遊びに行ってきました。
偶然原発への案内板を発見、施設を見学してきました。(・∀・)

と言っても当然原発そのものを見学できるわけもなく、見学できるのは併設されている資料館のようなものです。

DSCN1110.JPG

この中に九州地区の文化を紹介した施設や、原発を紹介した展示や資料がたくさんあります。
かなり大きな施設です。
展示物は凄くお金がかかっていることが素人目にも分かります。
軽く数億は...。

大人よりも子どもが多かったです。
割とゆったり見れるぐらいの人数でしたが、GWも5月にはいると「仮面ライダー」や「たまごっち」などがやってきてイベントが本格化しますので、来館者が激増する予感_____。

DSCN1112.JPG

施設の上に登ると、その向こうにある原発施設が一望できます。
この階段を見ただけでも施設の大きさがわかると思います。
確か4階建てぐらいでした。

DSCN1119.JPG

風力発電の風車も多数設置されています。
山の上に突如立ち並ぶ人口建造物は、まさにARによって合成された物体のような違和感ですが、個人的に巨大建造物が大好きなので萌えです(笑)。

DSCN1115.JPG

これが原発の施設です。
現在は1号機と4号機が活動中で、他の二つは定期検査中だそうです。

たかだかこれだけの規模の施設で九州の30%の電力をまかなっています。
逆に言うと、こんなちっぽけな施設が、日本や世界を滅ぼす規模の厄災をもたらすことが出来る訳です。

大規模な敷地が必要な訳でもなく、これならば原発を建てることが出来る強固な岩盤さえあれば、首都圏に設置することも可能ではないかと思えてしまいます。

原発に行く途中で立ち寄った温泉の休憩場では、TVで福島のニュースが流れていました。
それを見ていた地元のおじさんはどんな気持ちで見ていたんでしょうね。

原発の近くには公園やグラウンドも併設されていて、たくさんの小さな子供や野球少年たちの声が響きわたっていました。
今回の福島の件はあくまでも人事なのか、それともあえて考えないようにしているのか、私にはホントのところは分かりませんが、私も含めて信用してるからこそ原発に近づくことが出来るわけで、その信用を裏切ることは絶対にしてほしくないと思いました。

次は施設の中を紹介します。
つづく_____。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(*´▽`*)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・



【送料無料】原発・大震災サバイバルブック 2011年 05月号 [雑誌]


【送料無料】検証東電原発トラブル隠し


【送料無料】週刊金曜日臨時増刊 原発震災 2011年 04月号 [雑誌]






Last updated  May 2, 2011 08:06:53 AM
コメント(0) | コメントを書く

PR

Profile


a☆1965

Category

Calendar

Rakuten Ranking

Rakuten Card

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.