9556394 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

ドラマBiz『病院… New! レベル999さん

アルプスと伊那谷グ… New! 夢穂さん

もういちど家族に>… New! ひじゅにさん

さようなら、たまち… New! いしけい5915さん

今日の収穫 (コミ… New! BROOKさん

コメント新着

三連星@ 視聴率など New! 3~9日の視聴率です。 ドラマは3本です…
夢穂@ Re:【スカーレット】第19週ネタバレ(2/10~2/15)と感想&視聴率(02/08) New! アンリさん、唐突に出てきましたね なんか…
三連星@ ドラマ3本 ショコラさん入院と言うことですが、体力…
2011年12月21日
XML
カテゴリ:’11秋ドラマ

「聖夜に死者からの伝言をどうぞ」

最終話の視聴率は、前回の15.2%より少し上がって、15.4%でした。

このドラマの視聴率は、前半は16%台が多く、後半は殆ど15%台で、視聴率、安定していました。

平均視聴率は、15.93%でした。

 

「麗子には秘密がある」って予告編で麗子の父(高橋英樹)が言ったのは、サンタを信じてるって事だったんですね(^^;)

例えば、本当の娘ではないとか、もっと重要な秘密かと思ったのに、拍子抜けでした(汗)

それにしても、まさか天道静子先生(高橋ひとみ)が10年前からいなかったとは!(汗)

それは予想外で、びっくりでした。

佐藤武雄(石黒賢)が里見(菊池和澄)ちゃんの父親だろうというのは、予想通りでした。

でも、妻子がいたので、里見ちゃんには父とはいえなかったんですね。

10年前に天道先生が病死してしまったのに、佐藤が天道先生の名前で小説を書き続けて、生きているふりをしていたのでした。

よく10年間、ばれませんでしたね。

影山さん達、ファンは10年位前から作風が変わったと思っていたようです。

里見ちゃんは、母がいない事、6年前から気づいていたようですが、他の人、よく気づきませんでした。

いない人のゴーストライターなんて、里見ちゃんに愛情がないとできませんよね。

いくら売れても自分の印税にならないでしょう?

それとも、自分が自由に使っていたのでしょうか?

天道先生がいない事に気づいた宮地沙織(三浦理恵子)が、佐藤に印税、半分よこせと強請ったようですが・・・

きっと天道が背負った元夫の借金を返すのと、里見ちゃんの養育費等で、佐藤自身は殆ど使ってなかったんじゃないでしょうか?

 

とにかく、2つの殺人事件は、現場に「X」という文字が書かれていたので、同じ犯人かと思われましたが、実際は、違う人が犯人でした。

パーティーに皆に天道名義で招待状を出したのは、宮地沙織で、最初から剣持留美(上原美佐)を殺すつもりで、皆を集めたのでした。

他人の家に集めて殺すなんて、天道さんが生きていても、いい迷惑ですね(汗)

実際はいなかったのだから、佐藤はとても驚きました。

でも、宮地沙織が殺した剣持留美の遺体を天道先生のふりをさせて、利用してしまいました。

それを宮地に見られてしまい、天道がいない事がばれてしまいました。

宮地は自分のアリバイが欲しかったので、佐藤と手を組み、天道の振りをして、宮地と会ったと嘘のアリバイ証言をしました。

でも、宮地は更に、半分印税をよこせと言ってきたので、佐藤は彼女を殺してしまいました。

結局、一番、嫌な奴だったのは、宮地沙織でした。

佐藤は、留美の遺体の黒いマニュキュアが消えなかったので、それを隠すために、ダイイング・メッセージを書いたふりをして、指にインクをつけてマニキュアが分からなくし、「X」を書いたのでした。

それは、無意識のうちに、「Xゲーム」の「X」を書いてしまったとの影山の説明でした。

Xゲームとは、コールドや9回表までで、試合が終わること。

もうこの嘘を終わらせたいと思ったのだろうとのことでした。

 

そして、里見ちゃんは、佐藤を守ろうとして、トロフィーを投げたり、2番目の殺害現場に「X」の文字を書いて、連続殺人であるかのように見せかけたのでした。

佐藤を父だと思っていたから・・・

毎年、イブに買ってきたケーキはクリスマスケーキではなく、佐藤のお誕生日のケーキでした。

それは予想通りでしたが、まさか、クリスマスの影山さんの予定がケーキ屋「Noel」の店長との1打席の勝負に負けた罰のケーキ販売だったとは♪(笑)

麗子も一緒に売りました。

売り切るまでのノルマ、あと50個。

てっきり麗子が全部買い占めて終わらせるかと思いましたが、ちゃんと一緒に売ってあげたので、見直しました♪

早く寝ないとサンタさんが来れないので、早く売って帰ろうとのことでした。

大きな靴下も忘れてしまったとか(笑)

私も結構、大きくなるまでサンタさんの存在、信じていましたけど♪(笑)

とにかく、影山さんのイブの予定も麗子の秘密もクリスマス関係で、大したことではありませんでした(^^;)

でも、明るい終わり方で、清々しかったです♪

 

このドラマ、やたら軽くて、決められたパターンがあったので、好き嫌いがはっきり分かれてしまったかもしれません。

私は後半、気楽に結構、楽しめました♪

この感じなら、また続編、作れそうですね♪

視聴率も意外に健闘していて、今の所、『家政婦のミタ』(23.4%)、『南極大陸』(18.0%)、『相棒』(16.6%)、『私が恋愛できない理由』(15.95%)に続いて、5位(15.93%)です♪(12/20(火)迄の集計)

『私が恋愛できない理由』は、最終回がこのドラマの最高視聴率の18.4%だったので、最後に抜かれてしまい、残念でした。

 

【最終話粗筋】 (Yahooテレビより)

ミステリー作家たちが集まる天道静子(高橋ひとみ)の家で、ついに起きてしまった2つ目の殺人事件。現場に佇んでいたのは、血染めのナイフを手にした影山(櫻井翔)だった。発見した宝生麗子(北川景子)は、影山を問いたださずにはいられない。なぜなら、影山こそ、最初に殺害された剣持留美(上原美佐)の時から、事件の背後に見え隠れしていた男だったのだ。そして、今回の宮地沙織(三浦理恵子)殺害に関しては、殺害直後と思われるタイミングで凶器を持ち現場にいた......。問い詰める麗子に対し、ここでも影山は厳しい言葉で犯行を否定する。  こんなシリアスな状況下においてまで暴言を吐く影山に思わず「クビ!」と「逮捕!」を連発する麗子。そこへ現れた風祭京一郎警部(椎名桔平)は、千載一遇のチャンスと影山を殺人容疑で逮捕、警察署に連行してしまう。  連行された影山は、風祭の厳しい取り調べを受ける。「明日のクリスマスイブまでになんとしても真実を吐かせる!」と意気込む風祭の尋問にも、頑なに口をつぐむ影山は、ついに留置場に入れられてしまう。  留置場の水でティータイムを楽しむ影山のもとに、高価なコートを着た大柄な男(高橋英樹)が近づいて来る。謎の男にいつにない敬意の表情を見せる影山。男は麗子の父、清太郎だった。そして清太郎は真剣な表情で影山に「実は...麗子には秘密がある」と、ある重大な隠し事を伝えたのだった......。

 

【視聴率推移と過去レビュー】 (視聴率は関東地区)

第1話]18.1%  [第2話]16.1%  [第3話]16.4%  [第4話]16.7%

第5話]15.9%  [第6話]14.9%  [第7話]15.1%  [第8話]15.4%

第9話]15.2%  [最終話]15.4%  [平均視聴率]15.93%

 

【登場人物】

影山・・・櫻井翔(宝生家執事)

宝生麗子・・・北川景子(宝生財閥の一人娘。国立署刑事)

風祭京一郎・・・椎名桔平(国立署警部。風祭モータース御曹司)

並木誠一・・・野間口徹(刑事)

山繁 悟・・・中村靖日(鑑識員)

宗森あずみ・・・岡本杏理(婦警)

江尻由香・・・田中こなつ(婦警)

 

佐藤 武雄・・・石黒賢(天童静子の担当編集者)

天道 静子・・・高橋ひとみ(超売れっ子ミステリー作家)

宮地 沙織・・・三浦理恵子(事件の被害者。グルメ・ミステリー作家)

立花邦夫・・・橋本さとし(ハードボイルド・ミステリー作家)

川俣 宗助・・・佐戸井けん太(トラベル・ミステリー作家)

国岡次郎・・・やべけんじ(ユーモア・ミステリー作家)

剣持留美・・・上原美佐(事件の被害者。新進気鋭のミステリー作家)

田口米子・・・青木和代(天童家の家政婦)

天道里見・・・菊池和澄(静子の娘。中学1年生)(幼少期:栗本有規)

宝生清太郎・・・高橋英樹(麗子の父親。「宝生グループ」総師)

ケーキ屋「Noel」の店主・・・山田明郷

留置所の男・・・田中要次

 

公式HP(最終話粗筋)

 


 

楽天には、TBをかけられないので、ミラーブログ『ショコラの日記帳・別館』へお願いします。

<トラックバックURL>

http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/53538250

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ   人気ブログランキングへ 

できましたら、応援クリックよろしくお願いします♪(^^)







最終更新日  2011年12月22日 12時32分28秒
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.