12375308 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

ショコラの日記帳

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

昨日のライブの打ち… New! らぶりーたわ子さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

金曜ドラマ『不適切… New! レベル999さん

雨で寒いのに梅の花… New! いしけい5915さん

覆面女子高生>『宇… New! ひじゅにさん

コメント新着

2012年06月18日
XML
カテゴリ:’12ドラマ

「父だけが知っていた殺人手法」

次回は最終回で、15分拡大版だそうです。(公式HPより)

第10話の視聴率は、前回の17.1%より下がって、13.5%でした。

 

まさか、舞子のお父さんが、お母さんを自殺に見せかけて殺したの??

ドラマの最後の方もそんな引っ張り方だったし、サブタイトルも「父だけが知っていた殺人手法」で、これ、舞子のお父さんの事みたいですよね(汗)

今回の犯人が10年前にどこかの飲み屋で偶然隣に座った男に教えてもらったという捨て山になる殺害方法、教えたのは舞子のお父さんかも?

でも、あの優しそうなお父さんがそんな事するはずないですよね?

お母さんが亡くなった少し前に親が亡くなって、その遺産が少し入って来て、それでお母さんの名前で、「マリコーポ」というアパートを建てたらしいです。

お父さん、財産絡みで妻を殺すような人にはとても思えないですが(^^;)

 

次回の最終回は、遂に、そのお母さんの事件をやるようです。

チョコザイが今回、捜査終了と同時に、今度は母の事件で捜査を開始しました。

チョコザイ、頑張って、昔の捨て山、なんとか解明して欲しいものです(^^)

 

そのチョコザイ、昏睡状態

と思ったけれど、よく調べたら、ただの睡眠だったなんて、医者が間違えるものでしょうか?(汗)

アタルの脳は開発され過ぎていて、睡眠導入剤入りの特製ケチャップを食べないと寝ないそうです(^^;)

最初は、SPB特製の睡眠導入剤入りのケチャップを食べていたけれど、途中から日本で買った普通のケチャップを食べていたので寝なくなってしまったとのこと。

そんな馬鹿なこと、あるのでしょうか?(^^;)

睡眠薬がないとずっと寝ないなんて(^^;)

とにかく、チョコザイが無事に目覚めて良かったです♪(^^)

“チョコザイ”というあだ名は、やはり「猪口 在」(いのぐち あたる)という名前を音読みした由来からのようです。

 

チョコザイだけでなく、犬飼さんも見ていた「シンクロナイズドスイミング刑事」は、記憶を深く眠らせる催眠効果があるようです。

記憶を消す事はできないけれど、水の渦で深く沈めるみたいです(汗)

アタルの記憶も沈めていたよう(^^;)

 

アタルの両親は退院したら、アタルと一緒に住むと言ってくれました。

その前に、1日だけ舞子の所に泊めてやってほしいとお願いしました。

舞子は2日間にして欲しいと頼みました。

舞子の休みが2日間だからでしょうか?

とにかく、両親と一緒に住めるようになって良かったです♪(^^)

 

舞子は、ずっと休みでしたが、このあとの2日の休みが終わったらどうするのでしょうね?

本当に刑事を辞めてしまうのでしょうか?

それとも刑事に戻るのか・・・

今までいつも捨て山を捜査していましたが、ずっと有給休暇だったのでしょう(^^;)

よくこんなに休みが取れたものです(^^;)

でも、ずっと捨て山を掘り起こして活躍していたのは皆が知っているので、刑事に戻りたいと本人が希望すれば戻れるでしょうね。

最後には刑事に戻って、また続編ができるようにして欲しいものです♪(^^)

 

さて、今回の捨て山候補の事件は、小暮 桃香(安倍なつみ)という女性が運転していた車が電柱に衝突し炎上、車内で死亡したというもの。

その車は舞子の母と同じコバルト自動車で、舞子の母の車も炎上したので、興味が沸き、舞子は勝手に、捜査しました。

沢さんが、第4話で登場した、民間の事故鑑定人の公原卓郎(平岡祐太)に依頼してくれて、舞子と公原が事件を調べました。

公原さん、以前登場した時と、ちょっとキャラ変わっていました(笑)

公原さんは同じ車を実際に炎上させたり、いろいろな実験をして検証して行きました。

車を何台も炎上させて、お金かかってますね。

廃車になるような車ならタダで貰ってこれるのでしょうか??

その車はガソリンが漏れて外が燃えても内部は燃えない仕様になっていました。

2回の実験のどちらも燃えませんでした。

なのに、なぜ事故車は中まで燃えたのか?

実は、桃香の元彼の新しい彼女、宝井真美(広澤草)が桃香の車の中に持ってきたガソリンを撒き、燃やして炎上死に見せかけたのでした。

車が事故を起こしたのも、真美がタイヤにクロロフォルムを注入していたからでした。

それらの手法は、真美が10年程前、たまたまスナックで隣の席になったオヤジに聞いたとのこと。

彼はその方法で、妻を捨て山に見せかけて殺害したようです。

それを見習って、捨て山にできると思って実行したのでした。

「捨て山は新たな捨て山を作るんですね」と、野崎も捨て山を粗雑に扱っていた事を反省したようでした。

この教えた男が舞子の父でありませんように。

舞子の父は、15年前に妻が亡くなる前は、コバルト自動車の設計士だったそうです。

今は、アパートの家賃収入で生計を立てています。

いやはや、限りなくグレーですね(^^;)

掘り起こしてみたら、もっと辛い結末だったという事のないよう祈っています。

昏睡状態がただの睡眠になったように、ガラっと変わる事は大いにありそうなので(^^;)

最終回、とても楽しみです♪(^^)

 

【第10話粗筋】 (Yahoo TVより)

昏睡状態で病院に運ばれたアタル(中居正広)を心配する沢(北村一輝)、舞子(栗山千明)、アタルの父・誠(市村正親)、ラリー井上(村上弘明)らが病院に詰めかけた。母・ゆり子(原日出子)は、アタルのために思い出のおにぎりを持ってきたがアタルに変化はなく、このまま目覚めなかったらと心配は募るばかり。 病院にいる間に舞子は、アタルの両親から小さい頃のアタルの様子、ラリーとの出会い、何故アメリカに渡ったかなど詳しく知る。 そんな時、小暮桃香(安倍なつみ)という女性が運転していた車が電柱に衝突し炎上、車内で死亡したという連絡が入って・・・。

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (視聴率は関東地区)

第1話]19.9%  [第2話]16.9%  [第3話]10.9%  [第4話]13.8%

第5話]14.5%  [第6話]17.4%  [第7話]13.5%  [第8話]14.7%

第9話]17.1%  [第10話]13.5%

 

公式HP(最終回予告)

 


送料無料■サントラ CD【TBS系日曜劇場「ATARU」オリジナル・サウンドトラック】12/6/6発売

 

楽天はTBをかけられないので、ミラーブログ『ショコラの日記帳・別館』へお願いします。

<トラックバックURL>

http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/54995361

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2012年06月24日 17時38分43秒
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:【ATARU】第10話感想と視聴率(06/18)   megumi さん
「10年前に一見捨てヤマに見せる殺害方法を教えてもらった」という発言ですが、本当にこの男、舞子の父なんでしょうかね?

だいたい「捨てヤマ(事故扱い)」って言葉、通常刑事だけが使う隠語のはずで
舞子が刑事になってから初めて知った言葉なのではないかと思います。

身内が不可解な亡くなり方をすれば
遺族は警察に『真相究明』を強く求めるはず。
そのような人間が捨てヤマなんて言葉を使うはずがないと思うのですが。。。

お父さんがコバルト自動車の元設計士であり
マリコーポが妻が実父から相続した遺産を
お母さんの事故死によって相続して建てたなどと
いかにもお父さんが怪しいかのようにリードしていますが

これまでも「いかにも怪しい」と疑われる人物は真犯人ではない」というのがATARUでもおなじみのパターンだったので
お父さんが母殺害の真犯人というのもミスリードであってほしいですね。


(2012年06月18日 19時38分48秒)

Re[1]:【ATARU】第10話感想と視聴率(06/18)   ショコラ425 さん
megumiさん
お返事、遅くなってしまって、すみません。

>「10年前に一見捨てヤマに見せる殺害方法を教えてもらった」という発言ですが、本当にこの男、舞子の父なんでしょうかね?
>だいたい「捨てヤマ(事故扱い)」って言葉、通常刑事だけが使う隠語のはずで
>舞子が刑事になってから初めて知った言葉なのではないかと思います。

どうなんでしょうね?
粗筋や宣伝を見ると父みたいですが、意外と違うかもしれませんね(^^)

>身内が不可解な亡くなり方をすれば
>遺族は警察に『真相究明』を強く求めるはず。
>そのような人間が捨てヤマなんて言葉を使うはずがないと思うのですが。。。

もしも、殺した犯人ならそういう言葉を使っても不思議はないですが、私は父は犯人ではないと思うので、ミスリードだと思います(^^)

>お父さんがコバルト自動車の元設計士であり
>マリコーポが妻が実父から相続した遺産を
>お母さんの事故死によって相続して建てたなどと
>いかにもお父さんが怪しいかのようにリードしていますが
>これまでも「いかにも怪しい」と疑われる人物は真犯人ではない」というのがATARUでもおなじみのパターンだったので
>お父さんが母殺害の真犯人というのもミスリードであってほしいですね。

私もこれはミスリードだと思います♪
真犯人、意外と大物かもしれません。
大物俳優が登場するらしいので(^^)
(2012年06月24日 18時07分53秒)


© Rakuten Group, Inc.