7561219 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

ひよっこ 第152回 New! レベル999さん

ひよっこ、先週の水… New! らぶりーたわ子さん

グッバイ、ナミダク… New! ひじゅにさん

iOS11でアプリから画… New! 楽天ブログスタッフさん

占い

コメント新着

くみ1@ 9/26 New! おはようございます。 いつもありがとうご…
三連星@ やすらぎの郷、実質的には終了 New! きょうの回でやすらぎの郷は実質的には終…
2012年10月28日
XML
カテゴリ:’12ドラマ

副題「クリー夢」

新聞ラテ「学校狙う透明人間!?腹黒教師が衝撃変身」

第3話の視聴率は、前回の10.7%より上がり、12.9%でした。

今回は、日本シリーズ中継が延長され、40分、遅れて始まりました。

いつ始まるか分からなかったので、録画した人が多いかと思いましたが、上がって良かったです♪

日本シリーズを見て、そのままドラマを見た人もいたかも?

 

『悪夢ちゃん』、今回も面白かったです♪(^^)

遂に、彩未(北川景子)、「先生はサイコパスです」と嘘を言い、ブログに書かれている事は全部本当だと認めてしまいました(汗)

窓から飛び降りようとした生徒を止めるためとはいえ、これからどうするのでしょうか?(汗)

私は、ここのセリフの後半、とても好きでした♪

「先生はここにいます。

先生はサイコパスです。

本当は異常かもしれない。そう思って生きています。

あのブログに書かれてある事は、全部、本当です!

先生は笑いたくもないし、泣きたくもない。

皆に嫌われないようにしているけど、好かれたくもない。

殺したいけど、殺さない。

さて、どっちの先生が本当で、どっちが嘘でしょう?」

彩未、クリームを手に塗り、その手を掲げて、

「先生は消えましたか?

自分を消す事なんてできない。

本当の自分なんてものはいない。

人間はどこへ逃げようと、自分から逃げる事はできないのよ!

嘘と本当がクリームのように溶け合って生きているのが人間だからです!

先生は異常かもしれませんが、これからもそれを抑えて生きていく事はできるでしょう。

赤根君、従って、透明人間はいません。

はしゃいでいないで、座りなさい」

 

このドラマって、悪夢が本当にならないよう解決するのがメインですが、結構、哲学的ですね。

「人間はどこへ逃げようと、自分から逃げる事はできない」とか、

「嘘と本当がクリームのように溶け合って生きているのが人間だから」とか、好きです♪

これは最後の方の彩未のセリフでしたが、最初の方に、

「その嘘も先生の一部ですからね」と、校長先生が彩未に言ったセリフもありました。

今回は、人間は嘘と本当がクリームのように溶け合っているというのがテーマのようでした。

善と悪ではなく、本当と嘘。

嘘をつかない人間なんていないでしょう。

嘘と本当がクリームのように溶け合って、どこからが嘘で、どこまでが本当か、分けにくい場合も多いかもしれません。

 

透明人間は、彩未のクラスの赤根祐輔でした。

結衣子(木村真那月)がまた悪夢を見て、彩未に相談しましたが、彩未を中傷するブログがまた更新されて、彩未はそれどころではなくて、取り合わず、自分で解決しろと・・・

保健室の先生・琴葉 (優香)が出てきたので、結衣子は琴葉にその夢の中身を話しました。

琴葉は本気にしませんでしたが、結衣子が言った通り、女生徒が鉄棒から落ちて、足をねん挫したと担任の先生が連れて来て・・・

でも、結衣子の話だと、その子は本当は頭を打っていて、死んでしまうとの事。

その子は、気持ち悪いと吐いたので、琴葉は結衣子の話の通り、頭を打ったかもしれないと思い、すぐに救急車を呼ぶよう指示。

病院での検査の結果、本当に頭に小さな血腫があり、すぐに取り除き、助かりました。

琴葉は驚いて、結衣子の言った通りになったと、彩未に連絡。

彩未は、それより、結衣子が来た時、保健室に誰かいなかったか聞きました。

誰もいなかったと言いましたが、よく考えたら、ベッドに彩未のクラスの生徒、赤根祐輔がいたと思い出しました。

祐輔は父子家庭で、父親はタクシーの運転手。

夜勤だとたった一人で、この日もおなかが痛かったのに、誰にも気づいて貰えなかったと保健室に来たとの事。

結衣子が帰ってからまもなく、治ったと彼も帰ったそうです。

彩未は赤根と聞いても、顔を思い出せませんでした(汗)

赤根は存在感が薄くて・・・

 

赤根は、結衣子から聞いた話を元に、「トーメーコウソク」という題で、透明人間の漫画を書いてクラスの生徒の机の上に置きました。

それが下手な絵で、誰の物なのか分からなかったので、彩未の元に届けられました。

でも、その漫画の通り、隣のクラスの女生徒が頭に怪我をしたので、これは予言書だと、皆、騒ぎ始めました。

皆に注目されて、赤根は喜び、漫画がエスカレートしました。

自分で校則を作り、違反すると、処刑だと言って処罰。

その漫画通りに、机を落としたり、落とし穴を掘って、先生を落としたり・・・

でも、それは予言ではなく、自分で、漫画の通りにしていただけ・・・

漫画家志望の榎本歩夢が怒りました。

ノートの近くでクリームを買ったレシートを見つけたので、そのレシートの店に行って、その買った時間前後の防犯カメラを見せて貰えば、犯人が分かると提案。

でも、彩未はそこまでやる必要はないと言いました。

榎本「どうしてですか? この人間のやった事は犯罪なんですよ。

 何が予言だ! 全部、それを書いた奴がやったに決まってるんだよ。

 僕は真面目に漫画家目指してるから、許せないんです。

 漫画を馬鹿にすんな!」

生徒「いいぞ! 榎本」

榎本「透明人間なんている訳がない。 もしいたら、僕が顔を描いてやるよ」

 

それは、結衣子の悪夢に触発されて、彩未が見た明晰夢の通りでした。

彩未は驚いて、怖くなりました。

 

夢では、その後、赤根が窓から飛び降りようとし、彩未が駆け寄り、止めようとして、失敗。

赤根は飛び降りてしまいます。

でも、羽の生えた夢王子がのっぺらぼうを2人、両手に持って上がってきます。

夢王子「君が落としたのは、こののっぺらぼうかな? それとも、金ののっぺらぼう?」

彩未「夢王子、まだいたの? なんで金ののっぺらぼう?」

 

その夢を思い出しました。

彩未<何なのこれは。あれもまさか予知夢なのか?

 怖い! 何なの、この感覚は。一体、何なの?>

 

結衣子の気持ちが分かったでしょうか?

 

赤根「いるよ。透明人間はここにいるんだよ。 見てろ!」

と窓に近寄り、飛び降りようとしました。

 

彩未は、夢とは違い、前の台を倒し、前述の通り、

「先生はここにいます。先生はサイコパスです~」などと言って、皆の注目を集めました。

窓から飛び降りようとしていた赤根君は、彩未の言葉を聞いて止まりました。

生徒A「ゆ、祐輔、おまえ、はしゃぎすぎだよ。

 な、何が透明人間はここにいるだよ。 そ、そこまですんなよ」

生徒達「そうだよ、そうだよ」、「早く窓から降りろよ」とか・・・

赤根「そうだな」と、微笑んで窓から降りる。

皆、笑う。

彩未「空気を読んで笑うな!」と言い、ドンと机を叩く。

彩未「先生もこれからは、なるべく、もう無理に笑わないようにします」

手を顔の前に開いて、ひっこめ、笑顔が消える。

彩未「それでは授業を始めます」と、怖い顔。

 

無理に笑わない方がラクかもしれませんね。

でも、まだブログを書いた犯人が分かっていません。

ブログには、新たに「サイコパス先生は、結婚する気もないくせに男と付き合い始めた」と書かれました。

ブログの主は、彩未の家に志岐(GACKT)が通っている事まで知っているようです。

どこかで、見張っているのでしょうか?

怖いですね。

彩未は、志岐にその事も相談しましたが・・・

志岐「僕は、君がサイコパスでも異常人格者でも構わない。

 君への興味が益々大きくなるだけだ」

学者としてのようで、喜んでいいものかどうか?(汗) 

夢の映像化は心理学にも新たな光を与え、そこに予知夢者が現れたら無限に活用法が広がるとの事。

「それ、やろうとしているのは君と古藤教授だろう。

古藤結衣子を使って未来を変える。

そんな研究が成功したら、確かにこの現実で夢は無限に広がる。

僕も仲間に混ぜてほしいんだ」

志岐の言う事も尤もな気がします。

また彩未は、未来を変えてしまったのかもしれません。

古藤教授は、予知夢者の人権が確保されないと世間に発表できないと。

確かに、そうかもしれません。

好奇な目で見られてどんな目に遭うか・・・

志岐と古藤教授(小日向文世)が対立していて、一見、志岐が悪者に見え、古藤教授がいい人に見えます。

でも、本当に古藤教授がいい科学者がどうか、まだ分からないような・・・

嘘と本当のように、善と悪もクリームのように溶け合っているような気がします。

執事とディナー、『謎解きはディナーの後で』を思い出すセリフも楽しかったです♪

このドラマ、今期一番好きなので、来週も楽しみです♪(^^)

 

【視聴率推移とレビューリンク】 (関東地区)

第1話]13.6%  [第2話]10.7%  [第3話]12.9%

 

【第3話あらすじ】

結衣子(木村真那月)は、他のクラスの女子が鉄棒から落ちて頭を打って死んでしまうという悪夢を見る。夢が現実にならないよう、結衣子は彩未(北川景子)に訴えるが、相手にしてもらえない。彩未をサイコパス扱いして中傷する謎のブログが更新され、彩未はいら立っていた。ブログの主は彩未の家に志岐(GACKT)が通っていることまで知っているようで、ブログの内容は学校に広まってしまう。そんな中、5年2組で「トーメーコウソク」というタイトルのマンガが描かれたノートが見つかる。好きな女の子のハンドクリームを塗って透明人間になった少年が主人公で、ストーリーは結衣子が見た悪夢とほとんど同じだった。まもなく、女子生徒が鉄棒から落ちて頭を打つという事件が起こる。5年2組の生徒たちは「トーメーコウソク」が予言書だと言って騒ぎ始める。その後、学校では「トーメーコウソク」のストーリーをなぞった事件が続発するようになり...。

 

 

楽天はTBをかけられないので、ミラーブログ『ショコラの日記帳・別館』へお願いします。

<トラックバックURL>

http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/55992019

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ   

応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)

 

10/27(土) 6026HIT







最終更新日  2012年11月03日 19時36分36秒
コメント(8) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.