241089 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

けん玉blogs

PR

プロフィール


task314

カレンダー

カテゴリ

<イベント情報2018>

●三石6段けん玉school
上田市内公民館1:30~4:00
8月18日(土)例会
9月15日 (土) 例会

●三石6段けん玉学校・飯田校
上郷別府上コミュニティセンター1:30~4:00
8月19日(日)例会
9月23日(日) 例会
10月28日(日) 例会

●けん玉イベント
2018年08月27日
XML
カテゴリ:けん玉の話
​​土日の全国大会、無事終了し、
先ほど帰宅。




今年は30回の記念大会、男女計32名で盛大だった。
毎年のこと、素晴らしい舞台だと思う。

優勝
男子 中田颯真(岡山県)
女子 山本朱莉(兵庫県)

勝っても負けても、この大舞台でけん玉ができたことは最高の経験になるかと思う。



一日、記録係をさせてもらった。ので写真は係りの席で撮ったものしかない。
全国大会に出場する子は皆じょうずなのだけど、フォームが抜群にきれいだな
と思った子がいましたね、負けてしまったけど。

相手の試技のときにガサガサ動くのは、マナーとしてどうかと思ったけど、
そんなことより青旗がたくさん上がってしまい、子どもたちが可哀想になった。

タイム競技のうぐいす~けんのとき、一瞬静止する

止まったかどうか、セーフかアウトの基準がわからんですわ。指導者がわからないのは
問題だけど、そもそもこんな曖昧なものをタイム競技に入れるべきでない、と思う。​

技の正確性を追求することは大いに結構なのだけど、観ているかたにわかりやすく
すべきであるのと、大会自体がけん玉の魅力を伝え、普及に繋げる要素もある。
こういうことも今後考えていくべきかなと、思った。

また。






最終更新日  2018年08月27日 10時28分37秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.