2903474 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

TEA&GARDEN ちょっとひとりごと

TEA&GARDEN ちょっとひとりごと

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

朝寝嬢

朝寝嬢

Freepage List

January 26, 2024
XML
カテゴリ:美術館・博物館

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​
先日、
会期終了してしまったけど、
相変わらずマイペースに載せていきます。

^ ^;






去る12/8に行ってきた、
​『テート美術館展』​の続き。



今回でラスト。










前記事

『テート美術館展 その1』。 | TEA&GARDEN ちょっとひとりごと - 楽天ブログ (rakuten.co.jp)

『テート美術館展 その2』。 | TEA&GARDEN ちょっとひとりごと - 楽天ブログ (rakuten.co.jp)

『テート美術館展 その3』。 | TEA&GARDEN ちょっとひとりごと - 楽天ブログ (rakuten.co.jp)










​​『テート美術館展』​​








​大阪中之島美術館​にて開催。









前庭はこんな。






​いろんなオブジェがある。​​​


















現代美術になっていきます・・・




第4章 光の効果
Light Effects


​​に対して科学的な関心​を抱き、​​
アーティストたちは​
実験的な芸術表現をするようになりました。​

​​1830年代における写真技術の発明は、​​
​​​光の特性効果を生かす
革新的な方法をもたらしました。​​​












第5章 色と光
Colour and Light

​​美術工芸、​​
​​​デザイン総合的な教育​を目指した
バウハウス(ドイツ)では、​​

幾何学的な形態を用いて​​
​​​​光と色の関係​考察するアーティストたちが​​​
大きな足跡を残しました。​






Room11









​​​​​​​​​​​​​​​​​​

​​​​​​​​​​​​​​​​​​カンディンスキー

『スウィング』





​​​『絵画は音楽のように抽象的であるべきだ』
という考えに基づいて、
多くの作品を残した。


色同士の関係性が生み出す
視覚的効果を探求。








うーん・・・

現代美術って​
ちょっと​よくわからない・・・​






カンディンスキーの言ってること、
正直全然わかんない。



^ ^;










やっぱ印象派がいいわぁ。

色のグラデーションの美しさとかが好き。
















第6章 光の再構成
Reconfiguring Light


​​9世紀半ばに発明された電球は、​​
​​20世紀に入ると人々の生活に浸透するとともに、​​
​​産業の発展多様化に伴い​​
​​広告にも利用されるようになりました。​​

​こうした時代背景もあり、​
第二次世界大戦後のアーティストたちは​
光との新たな関係性を見出してきました。​







この展覧会、
章立てと部屋の順番が
伴ってないんだよね・・・
微妙に。



展示室の大きさとかの都合かもしれないけど、
ちょっと戸惑う。

;・∀・









Room10

バチェラー

『ブリック・レーンのスペクトル2』








都市生活を送る人々
​光と色を
どのように経験するのか​
に着目。



​​色鮮やかなライトボックスを用いて、
​都市を想起させる​ことを試みた作品。









これもちよっとよくわかんなかった・・・





現代美術ってホント、
興味ないのだよ・・・


~_~;










​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

​​第7章 広大な光
Expansive Light​​​

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

​​多様な表現を試みる現代美術でも、​​
光は重要なテーマであり続けています。​















Room15

​エリアソン​

​『黄色VS紫』​









これね、
動くのよ。

が。



くるくるっと一周回の。




つぶやいてた人がいたけど、
​日食​とか​月食​みたいな感じ。














展示のラストを飾るのはコレ。


Room16


​エリアソン​

​『星くずの素粒子』​












​​鑑賞者は、
​吊るされた
多面体に反射する光​
に満たされた空間に
身を置くことで、
自らの行動が
どのように世界に作用するのか
意識することができる。







…ってことらしいけど、




ごめん、
やっぱりよくわかんない。

現代美術苦手。


;^ω^











ただこれ、
すごくきれいだった。

とても印象的なのは確か。
















現代美術に興味がなくて、
さっぱりわからないので、
この辺りはささっと見た感じ。​




でもエリアソンの二つの作品は、
理解はできなくても
​見ごたえはある​というか、
わかんなくても
見たい気持ちにさせられるというか・・・​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

​​​​​​​​​​​​​​​​




このふたつはじっくりと見たかな。


^ ^;













展覧会を見終わって、
​歩いて大阪駅(梅田)に​行くことに。


二階のエントランスを出て、
そのまま(連絡)通路を東へと。









ちょっとしたお庭があったり。









地上へ降りて
堂島川沿いを歩く。





大阪駅までのこの散策
すごく好き♪



​*´▽`*​​​​​​​​​​​






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  January 26, 2024 04:53:20 PM
コメント(0) | コメントを書く
[美術館・博物館] カテゴリの最新記事


Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.