428868 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

高知に自然史博物館を

高知に自然史博物館を

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile

rhyssa05

rhyssa05

Freepage List

Archives

May , 2024
April , 2024
March , 2024
February , 2024
January , 2024
December , 2023
November , 2023
October , 2023
September , 2023
August , 2023
August 24, 2009
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 前回ご紹介した靖国事件についてである.
 動画に英文の字幕を入れたいという趣旨で,「米国からの便り」さん
http://kensirou2001.blog79.fc2.com/blog-entry-529.html
が翻訳を公募?している.そこで,たわむれに英語訳を作ってみた.状況を動画ときっちり突き合わせてないので,見当はずれの箇所もあると思う.この点を必ず検討したうえでご利用ください.絶対このままで無批判に使わないようお願いします.

 後半部分
http://ni0615.iza.ne.jp/blog/entry/1185373/
の始めのところだけ掲載します.

======================
P氏、二人の警官と共に靖国通りに出る。タクシーに乗車しようと試みる。警官は「危ない、あぶない」という。P氏を拘束するつもりはなさそうに見える。
Mr. P. walked out to Yasukuni Street. Two policemen followed him. Mr. P. tried to take a taxi. One of the policemen warned saying "Be careful!" At this point it seems that the policemen had no intention of arresting Mr. P.

P氏靖国通りの向こう側に行き、これで紛糾は無事終了と思われたが、チャンネル桜のカメラが執拗に追いまわす。肖像権侵害を訴えて、
(P氏)「そのカメラ許可ありませんね」
Mr. P. crossed the Yasukuni Street, and the trouble was apparently ending. However, Channel Sakura's camera still continued to follow him, consistently. Mr. P. pointed out that this was violateing his human right.
Mr. P: I did not give any permission to that camera.

そこに警官が5、6人現われ
(警官)「もうちょっとだけ・・・」
といいながらP氏の行動を規制する。警官の到来と共に追っかけてきた連中が騒ぎだす。明らかな状況変化。
Five or six policemen appeared now.
Policeman: Let them take your picture a little bit more.
Saying so, a policeman touched Mr. P., trying to stop him speaking.
Other people who followed Mr. P. began to complain. The situation was obviously changing.

(P氏)「それはいけません、(撮影の)許可ありません。パーミッションはないです。」
Mr. P.: This is not good. Filming me needs my permission.

警官たちは、P氏に体をおしつけるチェックシャツ男を排除せず。
(囲衆)「ファシスト!」
(水島総)「ファシストなんだこいつは」
A man with a check-striped shirt pushed Mr. P. with his body. The policmen did not keep this person from doing so.
Crowd: Fascist!
Mr. Mizushima: He is a fascist!

P氏、自分のカメラを構えようとする。
(P氏)「みんな止めないから、私もやめない
(水島総)「止めなくていいさ」
Mr. P. shows his own camera, demonstrating that he can also take a photograph.
Mr. P: If you don't stop filming me, I will take your picture.
Mr. Mizushima: That's OK.

自称チャンネル桜社長水島総、居丈高に、
(水島総)「さあ答えるんだ、なんで邪魔するんだ、私達の集会を。」
水島はまた警官達に虚偽を吹き込んでいる。
Mr. Mizushima, who calls himself as the president of Channel Sakura, said triumphantly:
Mr. Mizushima: Now answer my question. Why did you try to destroy our meeting?
Again, Mr. Mizushima told a lie to the policemen.

警察隊の「P氏拘束方針」を察知したか、いっそう言動が居丈高になる。
Now Mr. Mizushima was more radical, as if he recognized that the policemen were arresting Mr. P.
(水島総)「逮捕しろ! 逮捕!」
(囲衆)「念書を出させてください」
水島総は警官の肩越しにP氏に向けて手を出す。
(警官)「あぶない、あぶない。壊れちゃう」
(水島総)「壊れちゃってもしょうがない! 我々のところでやってるんだよっ」
P氏のカメラは壊して当然だという暴言である。
Mr. Mizushima: Arrest him. Arrest!
Crowd: Make him write a letter of apology.
Mr. Mizushima tried to touch Mr. P. who was behind a policeman.
The policeman: Don't do that. You are destroying his camera.
Mr. Mizushima: That's OK. He is doing this in our place.
Mr. Mizushima's words suggested that there was no problem if he destroyed Mr. P's camera.
=========================================

 ここまで書いて,「訳はセリフだけでかまわない」と「米国からの便り」さんが書いているのに気づいた.むむむっ.
 次回はセリフだけにしよう.





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  August 24, 2009 04:28:29 PM
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


こんにちは   ケンシロウ さん
 まだ遅くはありません。 訳してくれてありがとう。発言部分だけ頂きますね。笑  (August 24, 2009 10:08:42 PM)

ひき続き   Ladybird さん
 コメントありがとうございます.まだ遅くないようでしたら,ひき続きアップします. (August 25, 2009 04:44:57 AM)

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

背番号のないエースG@ Re:キットカットチョコレートの物語(07/29) 「風の子サッちゃん」 ~ Tiny Poem ~…
矢野 環@ Re:フグの川登り(03/02) フグ を 河豚 とかくのは、中国での文…
通りがけ@ ◎上杉鷹山公「参姫への手紙」  あなたはまだ稚(おさな)いので、人々…
通りがけ@ ◎上杉鷹山公「参姫への手紙」 別途述べた上杉鷹山公が隠居後に江戸屋…
通りがけ@ ◎上杉鷹山公 山形県にある日本古来古武術空手道場和道…

Headline News


© Rakuten Group, Inc.