672331 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

uniawabioyoyoの前立腺がん日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


uniawabioyoyo

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

uniawabioyoyoです@ Re:路地の声・父の声 ~中上健次を探して~(11/29) ブログをお読みいただき、ありがとうござ…
作業員の知人@ Re:カマド排煙部から大刀出土/八戸・法霊林遺跡(10/14) これから、また八戸で発掘作業のお仕事に…
青森・匿名希望@ Re:カマド排煙部から大刀出土/八戸・法霊林遺跡(10/14) ちなみに、そのベテラン作業員の名前は、…
豆腐の水切り@ Re:「豆腐の水切り」簡単に手間なくできるやり方(12/08) 豆腐の水切りについては、 0896240183 を…

Freepage List

Headline News

2021.12.03
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
●是川縄文館で考古学講座が開かれました。

是川縄文館では「装い 身を飾る人びと」という秋季企画展が開かれています。



企画展に関連して、”縄文人が「装う」意味”と題して、明治大学・研究知財戦略機構・黒曜石研究センター特任教授の栗島義明さんが講演しました。

以下は、講演の内容です。

是川は特殊な遺跡です。低湿地にあるため、木などが良質な状態で見つかっています。90%を超える遺跡では、これらが消えてしまったため、石しか発掘されていません。

縄文人は、石、土、木、貝などで装身具を作りましたが、ある段階からは、社会的な意義を持つようになったと考えられます。

ただ、装身具の機能が特定できないことが多く、それには理由と背景があります。

①木などの有機質の装身具が残りづらい
②遺構との共伴関係が不明
③人骨に伴う事例がほとんどない

そうした中で、ヒスイは出土例が多く、分布論的な検討が可能です。

ヒスイ製の大珠が、人骨と共に出て来ました。これは胸の附近にありましたので、胸飾りだと想像されます。

環状集落の中心にある墓のある場所の、更に中心にある墓からヒスイが出ていることが多いです。この事から、ヒスイ製大珠はムラ長が保有していたか・その象徴だった可能性が高いです。

社会の安定と役割分担があって、定住生活が出来るようになりました。

狩りのうまい者、植物の毒の有無を見分けたり、どこにあるかを知っている者、呪術や弁が立つ者などが、重要視されると、その貢献度に合わせて、身分まではいかなくても、優劣が付くようになりました。

特に最後の呪術や弁が立つ者には、女性が多かったと想像されます。

そういう人たちへの区別や、他の集落と区別するために、装身具は使われました。

ヒスイは新潟県の糸魚川でしか採れません。それが全国に広がっていることから、一定の流通経路があったものと思われます。

それは集落単位ではなく、地域(社会)単位での交易推進で、交易網が存在していた可能性があります。

社会集団の規則を守り、それを伝えるために、縄文人は地元の産物だけでなく、遠隔地にある希少な財や材の入手を積極的に進めていました。

希少性という事が大事です。遠隔地ほど価値が増大します。模造品を制作したほどです。

この事は、定住生活の成立を説明する、重要な観点です。

なお、富山県や長野県からは、ヒスイではなく、代わりにコハクが出土しています。このコハクの産地は、千葉県銚子産です。

縄文時代の装飾品の一部を掲載します。



















更にたくさんの展示があります。

●八甲田山中にある谷地温泉で、食堂の窓から、野生の「テン」を見ました。後ほど、報告します。

●クマ目撃情報

①三沢市三沢淋代平、三沢オートキャンプ場付近 30日午前10時半頃、1頭

②階上町角柄折蝙蝠、オリエンタルファーム付近 1日午前9時20分ごろ、1頭






Last updated  2021.12.03 10:49:05
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.