008301 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

夏に西瓜を角に曲がりました

2021.12.15
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類




毎日、グリセミック指数、GI値について話していますが、この指数の本当の意味は何なのでしょうか?

グリセミック指数とは、食品のグリセミック指数(GI)のことです。 今日はグリセミック指数についてお話ししましょう。

グリセミック指数とは何ですか?

一般的にグリセミック指数は、消化管内でブドウ糖が早く吸収される食品ほど高く、私たち一般人には消化の良い食品と呼ばれることが多く低升糖米、逆に消化の悪い食品はグリセミック指数が低くなっています。

糖尿病や肥満は、食べる量を増やしたり、動く量を減らしたりすればいいというような単純なものではありません。

多くの人は、糖尿病や肥満は、食べる量が多く、動く量が少ないことが原因だと考えています。 実は、思っているほど簡単なことではないのです。

糖尿病は糖代謝の異常、肥満は脂肪代謝の異常によって引き起こされる。

高グリセミック指数2つのトリックで太る。

インスリンは、糖、脂肪、タンパク質の代謝を司る体内調整因子である。

糖質はインスリン分泌を促進することがわかっているので(すべての炭水化物、すなわちデンプンの最終代謝産物は糖)、高グリセミック指数食品はインスリン分泌の過剰かつ異常な増加を促進するのです。

高グリセミック指数食品は消化吸収が早く、血糖値を下げるためにインスリンの分泌を過剰に促し、早期の空腹感をもたらし、食事量や次の食事を増やして摂取カロリーを増やし、脂肪をため込んでしまうのです。

また、高血糖値の食品は、摂食に関連する脳の領域を選択的に刺激する。 そのため、血糖値の変動と神経への刺激が組み合わさり、高グリセミック指数食品は非常に太りやすいのです。

グリセミック指数が高い食品は何ですか?

まず、私たちが普段食べている食品の主な成分から見てみましょう。

糖質の主な供給源は全粒粉ですが、100%ではありません。 例えば、小麦は糖質が主成分で、タンパク質が約12%、脂質が少量含まれています。

主なタンパク源は肉、卵、牛乳、豆類だからといって、100%タンパク質というわけではありません。 例えば牛乳には、タンパク質のほかに乳糖(糖質)とクリーム(脂質)が含まれています。

植物油と動物油が主な脂肪源で、精製植物油は最大で99%以上です。

グリセミック指数が高い食品は、そもそも糖分が多く含まれているはずだということが分かっています。 以上からわかるように、全粒粉とそれに由来する加工食品は、グリセミック指数が高い食品のカテゴリーに入る可能性があります。 (全粒粉は加工・調理方法によってグリセミック指数が異なる)。

タンパク質を主成分とする肉類、卵、牛乳、豆類、脂質を主成分とする植物油、動物油も低血糖であり、根菜類以外(各種菌類、魚介類を含む)、ナッツ類、一部の果物も低血糖であるとされています。

消化の良い食べ物は?

次に、先ほども言ったように、ブドウ糖に消化吸収されやすい食品は、グリセミック指数が高いということです。 消化吸収のよい食品とは?

つまり、精製して殻や皮を取り除き、過度に加工した全粒粉で、食物繊維が大きく減少している。 私たちの過剰な調理と相まって、でんぷんは混ざりやすく、消化されてブドウ糖になり、すぐに吸収されてしまいます。

クリービーの20年ルール:精製された炭水化物が10年、20年その国に存在すれば、肥満、高血圧、糖尿病、循環器疾患は予想通りにやってくる。

精製炭水化物とは、パスタ、パン、ビスケット、ドーナツ、パンケーキ、スナック菓子、ケーキ、スーパーで見かける様々な食品など、精製された食品を指します。


関連記事:


糖尿病は血糖値上昇の危険性のひとつに過ぎない! よりクリティカルです。


高血糖はとても危険です、これらの食品を食べると血糖値が急上昇します、今後は間違った食べ方をしないようにしましょう


血糖値が高くなると、体に大きな害を及ぼすことがあります。 糖尿病とは別に、4つの危険性を知っていますね。








最終更新日  2021.12.15 17:29:43
コメント(0) | コメントを書く


PR

日記/記事の投稿

カテゴリ


© Rakuten Group, Inc.