596827 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

運命が見える瞬間

運命が見える瞬間

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

カレンダー

コメント新着

大曲修司@ Re:新しい年は天災と戦争の危険が?(12/28) 動物的な直感力を養っています
悦子@ Re:家電量販店はサンプル展示場? なるほど。確かにそう考えると納得です。 …
えつこ@ Re:満月より明るい彗星 アイソンという名前がとてもオシャレな感…
大曲修司@ Re:女性の心の底を知りたい人へ(05/30) 占いではモテるはずだったのですが、強欲…
酔凰@ Re:天皇の賢明なご決断(05/02) 「八瀬童子」というの隆慶一郎さんの小説…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2011/06/01
XML
カテゴリ:櫻井秀勲の目
果たして「地震学」は科学なのか? 
イタリアで地震学者7人が過失致死罪で起訴された。

一昨年4月、イタリア中部で起こったラクイラ地震は、309人の犠牲者を出したが、その前、半年間にわたって微震がつづいていた。住民は危険と言っていたのに、学者たちは「避難の必要はない」と、安全宣言していたというのだ。

犠牲者たちの家族はこれに怒って、学者たちを訴えたのだが、これは日本にとっても、非常に重要な裁判になるだろう。

日本では「想定外」の一言で、なんでも許されてしまう。そうであるなら、地震学は果たして科学なのだろうか? もし良心的な学者であるなら、現時点の地震学では「予知はできない」と、いうべきなのだ。

関東大震災の折、微震が長期間つづいたにもかかわらず、東京帝大地震学教室の主任教授、大森房吉は「大地震はない」と発表した。

実はこれは、弟子の今村明恒助教授が「大地震は来る!」と発表したことへの、当てこすりだったといわれる。自分より弟子が、華々しくマスコミで扱われたことへの嫉妬だった、とも伝えられている。

つまり、地震学が学問であり、科学であったとしても、こういう非科学的な論拠がないとはいえない。イタリアの裁判でも、こうした醜い学者同士の争いが出てくれば、有罪もありうるのではないか?

日本でも集団訴訟があったほうが、地震学、原子力の将来のためにいい、と私は思う。なにせこの国の原子力安全委員会は、大地震当日の3月11日、臨時会議を5分で終了。14日5分、17日5分と、なんにもしていないのだから。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2011/06/01 11:00:47 AM
[櫻井秀勲の目] カテゴリの最新記事


プロフィール

早稲田運命学研究会

早稲田運命学研究会

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

© Rakuten Group, Inc.